Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1ラウンド終了というか。

なぜZyngaはこけたのか?
なかなか良いまとめになっています。
  • デベロッパの過剰と一般消費者ゲーマーの減少
  • 広告クリックがコスト高に
  • Facebookはゲームスパムにうんざりした
  • 画面が小さくなり、利幅も縮小
環境変化に対して適応能力がほとんど無かった。初期の成功方程式に囚われてしまったという事でしょうね。ミッドコアと呼ばれる領域への進出があまりに遅すぎました。まだすべてが手遅れになった訳ではありませんが、戦略転換が急務です。

まー、モバゲーやグリーがそれほど賢かったわけではなく、両社とも糞みたいな会社をとてつもない巨額で買ってますし、モバゲーはロワイアル、グリーはドリランドの成功体験からなかなか抜けられてなかったですからね。ただ彼らが幸運だったのは、最初からモバイルに特化していた事、早期に高ARPU型アプリへ切り替えられた事です。

AmazonがZyngaを買収するという噂や推測も出ています。
Amazon Needs To Buy Zynga

環境変化が加速しているので、合従連衡もスピーディになってますね。ネクソンによるgloopsの買収も決断は早かったですが、決定が早いに越した事はない。IT系ベンチャーの世界ではスピードは非常に価値があります。F2P分野の競争の激化にともない、開発費がどんどん上がってますからね。デカい所とくっついて地歩を固めなきゃいけない。


国内のプラットフォーム乱立っぷりもなかなか凄まじいですが、アップルがWebアプリのようなゲームは審査で落とし始めているので、ネイティブアプリの水準はこれから1年で上がっていくでしょう。アップルの思惑は
  • webアプリが全盛になると、アップルを迂回した課金ができてしまうのが気に入らない。facebookも軍門に下ったのは記憶に新しいだろ?
  • iphone5が出てきて性能が向上し、携帯ゲーム機とじゅうぶん戦えるようになった。ユーザー体験を向上させる意味でもiphone5クオリティのゲームが必要だ。そう思わないか?
  • つまりグッバイ、任天堂。グッバイ、SCE。グッバイ、MS。そろそろ踏み潰していいだろうか?
という3点ですね。
任天堂もSCEもモバゲーもグリーも、現在のアップルからすると羽虫みたいな物なんだな、としみじみ感じます。プラットフォームは欧米企業が押さえ、世界的なオンラインゲームパブリッシャーはアジア勢が押さえていくという流れが強まっている中、日本企業各社がどう動いていくか。


島国というか列島民らしく、いまだに国内しか見てない人が多いのがなかなか難儀ではありますね。80年代、90年代の日本なら、澄ました顔でお行儀の良い事を言ってればよかったし、ある意味2000年以降は表層的に取り繕う必要性が高まった時代ではありましたが、2010年以降はそんな場合ではない事が明らかになってきた時代ですよね。

国内で殴り合いしながら、マウントポジションで殴るのは卑怯、卑怯、俺の正義が許さねえぜとか言ってる間に、近隣からやってきた連中に機関銃で撃ち抜かれている、みたいな事が今起きているんですけどね。いやはや。温室の時代の感覚が忘れられない人達がまだまだ多いのが残念です。


スポンサーサイト

コメント

もうずっと前から思ってましたけど、国内の情勢、海外の情勢を見誤ったのが今のこの惨状の原因かと思います。今や5~6千のソフト代と専用の高価なハードなんぞ買わずともゲームなんてタダでも出来る。こういった流れを把握出来なかったから、国内ゲーム市場は縮小どころじゃアカン事態になった。・・でも悲しいことにここまで事態が進行しても大半の人は既に無関心。まっ持ってあと2年あるか無いかかと、まっこれだけ猶予が任天堂もWiiUは売り抜ける・・かな?今度の神値下げは半年では遅いかもですが。

>ati- さん
専用機ビジネスの悲しさ。ハードは将来予測が極めて重要ですが、予測能力が低い事がWiiの後半の失速や3DSの赤字覚悟の値下げなどに繋がりました。WiiUもあのコンセプトを発表したのは失敗です。WiiUまでは「敗戦処理」「後退戦」です。経済的損失とシェア喪失を秤にかけながら、環境適応したコンセプトのプラットフォームを作らなければならない。

率直に、後退戦に労力を奪われすぎですね。LTEが普及して、携帯電話以外も無線ネットワークを利用しやすくなるまで我慢の子、か。しかしそれも不透明な未来ですからねえ・・・・。携帯ゲーム機はスマフォとiPad miniに挟まれて殺されていくのかと思うと、悲しいですね。

据置機はなかなかシンドい事になってますが、ソフトメーカー各社ともここで引いたら二度と上がってこれないとはわかっているので、グラフィックスエンジンへの投資は続けていますが・・・・。タイトルをどうやって立ち上げていくかも含めて、見直しが必要です。ただ見直したところで机上の空論というのが業界の鉄の掟ですから、エポックメイキングなタイトルが出てくるのが大前提でしょうね。

その点、アニメのほうがビジネスの都合が大前提になって、方法論が変化していきますね。90年代の制作委員会方式の台頭、深夜アニメ枠の拡大、この数年の劇場アニメの急増など。まー、商業的に投資額が小さくなってきたから、クール数が減り、テレビから劇場へ逃げているだけではあるのですが。

リスクの少ない携帯ゲーム機やスマートフォンで成功したタイトルを据置機に上げていくという流れも期待したいんですが、あんまり上手くいってないのが実情。インタラクティブなメディアゆえに、(ハードによって自然ともたらされる)プレイスタイルの拘束が大きいのがネックですね。
ただ、もうビジネスが持たなくなってきているのは確かです。変わらざるを得ない。

まー、ここ数年でコンシューマーから離れたライト層はもう2度と戻ってこない、と言うのが業界の一致した見方ですね。

スマホやソーシャルの市場も2極化と成熟化の兆しが出て、やや誇張気味ではありますがソシャゲも本当に楽しむのには沢山お金がかかるというイメージ(実態がどうと言うよりイメージって重要)で離れた層ってのもいるんですけども、だからと言って今更専用機と数千円のソフトが「最初に必要な」(ライト層であればある程事前の情報で面白いとかつまらないとか判別出来ない訳ですから、本当にそのお金を払う価値があるほど楽しめるのかはわからない)専用機にライト層が戻ってくるとは考えにくい

だから「ライト層とは言っても、一応現時点で何かのゲーム機は持って(稼働して)るよ」ってレベルがボトム的なラインの生存圏を想定して生きるしかないんじゃないでしょうか

DAKINIさんの言うような流れもなくは無いレベルですけど、大成功と言うのは少ないですね
小成功、位ならポケモンの据え置き展開みたいな例が昔から結構ありますし、スマホゲーと据え置きのマルチみたいなゲームもまあそんなに珍しくは無い(特にマルチが当たり前の欧米では)ですが…

>スマホやソーシャルの市場も2極化と成熟化の兆しが出て、
>やや誇張気味ではありますがソシャゲも本当に楽しむのには沢山お金がかかるというイメージ

無課金層の離脱が強まった結果、アプリ雑誌系が軒並みひどい事になってますし、各社ともコアユーザーを捕まえる事に力点を置き始めてますね。一段と高ARPU志向になっているように感じます。

上場SAPもなかなか苦しくなっている所も出てますが、売上はそんなに落ちてないんですよね。コンプガチャや確率表示導入以降も、そこまで売上には影響していないのが実態。せいぜい微減程度でしょう。無論、リスクヘッジとして、脱カードを推し進めている会社も増えています。

利益の急落っぷりが酷い。
3つ理由があって、1つは広告宣伝費で売上を持たせているという事、1つは海外進出に伴うコストアップ、1つは国内における開発費・人件費の増加。

急成長するために、短期間に大量の人員を抱え込んだ弊害が出始めているので、今後1年以内にリストラをする大手SAPも出てくるでしょうし、チキンレース感があります。最後まで生き残った者が勝つ。

これから1年は、SNSゲームからスマフォ向けのネイティブアプリへと市場の中心が推移していくと思われますが、大手ゲーム会社はスマートフォン向けの弾を投入していく流れですね。上場SAPのうちの数社と既存の大手の数社が頂点に立ち、中小SAPは吸収されるか、離脱していくのかな、と思います。

>ここ数年でコンシューマーから離れたライト層はもう2度と戻ってこない
戻ってくる可能性があるとしたら、ゲーム機でのF2Pが本格化するタイミングでしょうねえ。

>戻ってくる可能性があるとしたら、ゲーム機でのF2Pが本格化するタイミングでしょうねえ。
ですね。

成功例も僅かですが出てきてますし

ネックとなるのはタダでばらまくってわけにはいかない物理的なハードですが、有料のサービス加入を前提にとか方法は検討はされていると思います。
確実に回収しなきゃいけないから、F2Pと言っても月額等支払わなければいけないシステムになりそうですが
VITA3G版がふるわない現状は携帯電話やスマホのモデルは流石に娯楽専用機では敷居が高いのでしょうかね?
データ定額通信が大して安くないのにハードが高いならキャッシュバックや端末実質タダになる他の方がいいって面もあるでしょうし

まー、今の所それ以前の問題として、既存ゲームのDL化すら変な所ですっ転んでる所がありますからねえ
小売への配慮とかそれ以前のレベルですね。

少なくともしょっぱなから容量不足なんて言う事をやらかしてる所はもうそれ以前の問題だと思いますねえ
http://www.tekken-official.jp/tag2wiiu/
ダウンロード版16.7GB
ほぼロンチタイトルでいきなりベーシックは役立たずでプレミアム(笑)を買わせようと言う魂胆かもしれませんがこっちでさえ半分以上の容量を食ってしまう仕様。これじゃどうせ外付けするから容量の差が殆ど意味は無くってしまう

結局外付けHDD必須で余計に高くなるしいドヤ顔で本体をコンパクトにしました!なんて言っても無意味
そんな所にお金や手間暇をかけるくらいなら内蔵容量をベーシックで今のプレミアム程度、プレミアムなら
更にもっと増やしておく。
あるいは外付けにするにせよ、USB2.0なんて旧世代はやめるべきだ
速度がダンチなんでですからね。

容量が容量ですからダウンロードするだけで時間がかかる訳ですけど、インフラもさることながら無線オンリーですし、そこがボトルネックになって遅いまま、なんてのじゃ話にならない

サード製だから関係ない、と言う姿勢じゃ結局サードは売れないし出してもらえないですよ
どうしても無理ならせめて容量を減らすのをお願いするのが筋じゃないか
そう言う事をやってない程連絡がしっかりしてないのか?
社長が訊くあたりで面白エピソード?みたいな扱いになってる、「3DSで任天堂側がこれだけの容量で十分だろうと言ってて、サードはそれじゃ足りない!みたいな事になって驚いた」ってのがあるんですが、真剣に考えなかった出のでしょうか?

本当にこういう所は駄目駄目で、何度も何度も新しいハードやが出るたびに指摘してきましたがが全くと言っていいほど直ってない…SCEさんやMSさんですらどんどんそう言う所は潰してくるだけの能力と誠意はあるんですよ。(初期PS3のHDD容量も、高かったからとはいえ今から見れば非常に心もとないですが、それでも次第に改善したわけで、いわんや今の状況で、というわけですよ)

WIIなんかリモコン以外は改善せずですよ。
そりゃちょっと売れなくなって値下げしただけで大赤字になりますわ
GCもそうだったし、初代GBを除いた携帯機も負けハードでもないのに寿命は短い

上と合わせて、元々ハード屋さんのSCEさんは勿論、良くハードに対して叩かれるMSさんにすら抜かれてしまったのが任天堂のハード設計水準ではないでしょうか

正直、ソーシャルブームとか世の中の動向に関係なくWIIDSブームがなかったらハード撤退していたでしょう。
現実に一度はブームになって大ヒットしたにもかかわらずこうして一番先に寿命が尽きる事態に陥ってしまったのがあるわけで。
ましてや今の厳しい状況において、そう言う論外の所ですっころんでるようじゃ話にならない
発売前に何度失望させれば気が済むんだと言う
所詮「撤退戦」ではあるのですが、だからといってここまで無様な事をやると、恐らく心情的にはまだ多数いるゲーマーの僅かな期待も失って、いつもの任天堂ユーザーにいつものゲームだけが売れるいつもの任天堂ハードでしかなくなる。



本当に、やってしまいましたな、と言うレベル
これではライトユーザーはその敷居の高さから手を出さないでしょうし、ゲーマー層ですら結局外付けHDD必須と言うブザマな醜態を発売前から晒す事になるし、実際その分だけ出費が増えるし見栄えも悪いし
なら今持ってるPS3やXBOX360でいいじゃないかとなる。

そもそも、今時光学ディスクが25GBなのにもかかわらず、8GBのハードを出すって舐めてるのかと
ベーシックじゃなくてコアシステムみたいな苦肉の策の劣化版でしょそんなもん
WIIの時もたった512MBとやる気のない容量(そしてシステムに半分以上使われるので使う容量はさらに少ない)でしたが、それもあってWIIにはパッケージゲームダウンロードなんて最初から最後まで無理でした。WIIウェアの容量も非常に厳しかった
これも失敗しましたが、また失敗の可能性が高まりました

WIIUもまた逆ザヤだそうですが、そうまでして一度普及させたゲーム機の寿命を縮めて、また短い期間に新ハードを出すのは長い目で見れば結局ユーザーの為にもサードの為にもそして任天堂自身の為にもなりません。

3DSも赤字まみれになりながら何とか国内はそれなりの普及台数を確保して、まがりなりにもゲームプラットフォームとしての体裁はとれましたが、正直この性能でどうしてここまで赤字に陥るほどのコストがかかってるのかと疑問を感じずにはいられません。



結局の所、基本的にハードの技術力の無さが根本の問題であり、それ故に性能が大した事がないのに逆ザヤに陥り、性能が大したことがない故に技術革新についていけずハード寿命が短い。故に短期間でまた新ハードを作らなきゃいけなくなり、そのハードもやはり技術力が無いので…

根本の所をどうにかしないと赤字まみれの体質が常態化してしまいます

ちょっとダイレクト()とか言う姑息な手段で今更触れてくるとは…

どうやら不安が的中したようで、ベーシックは外付けデバイスがなきゃ事実上DLは不可能で小規模DL専用ゲームやVC専用になりそうです。

Wiiの後継機ですね。勿論悪い意味でですが

プレミアムもゲーマーを想定してるならやっぱり足りないのは明白で外付けHDD必須というわけになりそうです。

結局本体にHDD内蔵しないのは美学(失笑)なんかでは無くてケチったからorHDD関係のトラブルを抱え込みたくないって言う自社の都合ありきなんじゃないでしょうか

本当に美学がちゃんとあるなら、スーパープレミアムとか銘打ってでも128GB位搭載するエディションを用意するとか、ベーシックでも半分以上を使えないなんていうブザマな事はせずとも16GB程度は搭載しておく。
あるいは死ぬ気で容量を節約するか(ROMカセットに固執した任天堂なら容量節約のノウハウもあるでしょう。)ですね

で、外付けが美学なんだ!と言う方向に言い訳もとい説明しても、前から言ったようにUSB2.0が足かせになる
少なくともバスパワー電流が足りないとか、HDD周りのリスクだとかは3.0にするだけでほぼ解決してしまうのですが、そんなに技術力がないのか、ただの1ポートもそうすだけのお金さえケチる程追い詰められてるのか(少なくとも、HDD内蔵したり内蔵メモリの容量を上げるよりはずっと安い筈ですが)

たったそれだけのために、ライトユーザーからして見れば複雑でハードルが高くなるだけ
ゲーマーからして見てもそこまでして遊べるのは現行HD機と大して変わらないのでは失笑すら起こらない

それともまた後付け後付けでこれらの問題に対応した新しい機種を買ってくれ、と言う商法なんでしょうか
もう「任天堂ハードの初期型は地雷」と言う時代なのでしょうかね。2万5000円で初期型3DSをつかまされたそれまでは任天堂に好意的だった人達はネット上のコミュニュティはともかくリアルではウンザリしてますよ。

> ロケット弾 さん
まあ任天堂は、低容量なタイトルが多いので、相変わらず自社基準という考え方なのでしょうね。米国もいよいよ流通が弱体化しつつあり、売れるタイトルだけが棚に並ぶ店も増え、結果として中堅タイトルが市場的に存在できなくなり、中小メーカーの撤退が進んでいます。

それを防ぐためには、ダウンロードソフト市場の育成が不可欠ですし、据置ゲーム品質の大容量のゲームを快適に購入できるエコシステムが重要になります。でなければ、中小ディベロッパーはモバイル分野へ逃げていく事になります。実際この2年でかなり移動が進みましたしね、欧米でも。

そういう意味では、間接的に自滅しているなあ、と感心するほかありませんね。近視眼的な美学には脱帽いたします。

>まあ任天堂は、低容量なタイトルが多いので、相変わらず自社基準という考え方なのでしょうね
3DSの教訓が全く生かされてませんね。

3DSはまあSDカードで拡張できはしますし、現状最大でも2GB程度ですので、大容量カードを買えば何とかなりますが
まあ低容量と言ってもベーシックではロンチの2つのタイトルすら入らないですけども
そして強制的にただでさえ遅い外付けのストレージ、それもレガシーなUSB2.0…はあ、これが2012年も終わりに出るハードですか?

枯れた技術のと言うより、これじゃただの時代遅れの技術ですよ

>ダウンロードソフト市場の育成が不可欠ですし、据置ゲーム品質の大容量のゲームを快適に購入できるエコシステムが重要になります。でなければ、中小ディベロッパーはモバイル分野へ逃げていく事になります


>そういう意味では、間接的に自滅しているなあ、と感心するほかありませんね。近視眼的な美学には脱帽いたします。

大した美学ですよ(苦笑)

まあおっしゃる通り「自滅」ですね。
スマホへの流れが歴史的必然だったとしても、滅びるべくして滅びたと言うか、存続する力量が無かったね。と言う感じ。

何がボトルネックを潰すんですって?思いっきりつまらない所でボトルネック作ってるんじゃないよと本気で呆れましたよ。で、結局改善すらされずにそのまま出てきちゃった。

仮にもしスマホがこの世に存在しなかったとしても、WIIDSブームがあってさえ、退場する世代が少し遅れただけに終わりそうです。
3DSも大赤字を見るにまだ逆ザヤ、WIIUもそうだとはっきりしてしまいました
すると来期も通年度で赤字でしょう。もう赤字体質が染み付いてしまってる。
去年は値下げしたから仕方ない。来期は改善する
今年はWIIUの準備があるから仕方ない。来期は改善する

来年は何で仕方ないとするつもりなんでしょうね?
WIIUの逆ザヤあたりが本命でしょうか

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。