Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増えるTGS来場者。ソーシャルとスマフォの台頭で一般層へ拡大

「東京ゲームショウ 2012」、来場者数は今年も過去最高を更新
シリーズ大作がズラリ、ソーシャルゲームの特別アイテムの配布など

東京ゲームショウの来場者数が今年も過去最高を記録したようです。PSVitaが初登場した去年を越えるというのは、なかなか凄いですね。ソーシャルゲームのアイテム配布等の効果も大きく、ビジネスデーよりも一般デーの方が来場者増が顕著でした。

初の大規模出展となるブシロードがプロレスのリングを設置して話題を呼んだ他、gloopsも大幅にブース面積を拡大し、グリーも最大規模の面積になりました。カードゲームが目立った去年と異なり、ネイティブアプリのゲームが大幅に増加し、試遊台に並ぶユーザーも明らかに増えていました。ソーシャルゲームのブースはアイテム配布で集まっているだけ()という状態からは脱しつつあります。

大手ゲーム各社がスマフォ向けのタイトルを展示していた事も印象的で、セガやコナミはブースの1/3近い面積がソーシャル系で埋まっていました。『MGS ソーシャルオプス』など、いよいよソーシャルゲームも3D表現が導入されていく流れが示されましたね。

その分コンシューマー向けの中堅タイトルの展示面積は比重が減って、大作や有名作品に絞られた結果、それらのゲームの試遊台にユーザーが集まり、かなりの行列を作っていました。コンシューマーゲームのほうが試遊にかかる時間が長いことも混みやすい理由の1つでしょう。


ファミリーコーナーの来場者も3万人を超えて、去年からぐっと増えています。客観的な数字からも、東京ゲームショウがもはやゲームマニアと業界人だけのイベントではない、と言えます。メディアの取材においてはソーシャルの台頭がはっきり報じされるようになりました。一般来場者の増加などを見ても、ソーシャル勢がゲームの一角としてなじみつつあるのは否めないでしょう。

ネットでしか情報に触れてない自称ゲームファンがショウに参加している一般の人達を「あんなのはゲームファンじゃない。あんなのはゲームイベントではない」と揶揄しているのだとしたら、非常に滑稽な構図です。

コンプガチャ騒動の前後においてやや感情的な言説を吐き出す人達もいらっしゃいましたが、ビジネスとして定着してきた以上、なじむのは時間の問題でした。パチンコ等と一緒にしてゲームから分離したいという感情論はわからなくもないのですが、大手ゲーム各社が堂々とそこで収益を上げ、CESA会長もF2P万歳と講演しているような現在、切り離すなんてあり得ないんですよ。

SCEや任天堂のようなゲーム専用機メーカーはいわば抵抗勢力の筆頭ですが、SCEはPS MobileやクラウドゲーミングでF2Pになじんでいこうとしています。任天堂もいずれは……というのは、鵜之澤氏が暗に文脈に載せたものの、誰も本音ではわかっている事です。

もはや業界の流れをリードする影響力はありません。そもそも任天堂は開発は新機軸のソフトを作る一方で、ビジネスモデルは他社の後追いが多く、かつての光ディスクへの対応やDL販売への対応などが良い例です。いずれ後追いするのはお約束です。おじいちゃんは色々と言い訳を付けないと動けないから面倒ですよね。

そもそも業界の雇用状況を考えれば当然でしょう。どれだけの人材がソーシャル系に流れたと思ってるのか。学生の雇用においても、既存のコンシューマー業界が吸収できているかといえば……ね。大量の若者を雇い入れてこそ元気な産業と言えるわけで、”老人ホーム”や”おっさんホーム”がガタガタ言うな、というのが客観的な評価でしょう。


スポンサーサイト

コメント

まー、ネットで喚いてるだけの人達なんてリアル業界人にはどうでもいい事ですよ

うーん、グループス買収、現金一括決済ですかあ。キャッシュジャブジャブですね。日銭がちゃりんちゃりんと入ってくる世界は行動規範もスピードも変わりますよねえ。

リリースまで数年もキャッシュ・フローを他の糧で支えながら、いざ当たるか外れるかも分からないタイトル立ち上げる、なんて畜産で牛育ててるんじゃないんだから!って感じになるのでしょうか。やれやれ。

これで膨大なキャッシュを手にした人たちが二周回目にどういう展開を見せてくれるのかが楽しみです。豪快なExitでスイスにでも別荘持って悠々、で終わっちゃいけないのだよ。

それにしても安いな。この買収。バランスシートが悪かったのかしら?

>ぶらりん さん
コンプガチャショックでソーシャル系の株価が落ち込んでましたから、上場ではなく、売却を選ぶマインドが広がっていた、というのが大きいでしょうね。インブルーも、グループスも、元々ゲーム会社ではないので、どこに買ってもらってもオッケーですしね。もっと稼げるかもしれないが、個人としては十分な巨額ですから、売り逃げを選ぶのは当然といえば当然です。

また、エンタメ世界戦における覇権という点でもネクソンは有望視されている企業ですからね。国内のゲーム大手はもちろん、任天堂やソニーに買われるよりも、はるかに良い夢が見られるでしょう。ゲーム専用機はアジアでの普及が進んでないため、将来性が無いですからねえ・・・・。

>豪快なExitでスイスにでも別荘持って悠々、で終わっちゃいけないのだよ。
やー、普通に悠々自適で終わりでしょう。少なくともゲーム業界に還元するようなマインドはまったくもってないでしょう。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。