Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女怖ぇ。クリエイティブな世界の男女にまとわりつく何かを描いた 『アニメがお仕事!』

アニメがお仕事! (石田 敦子

双子のアニメーター姉弟がアニメ業界で揉まれて、成長していく様子を描いた作品。弟が自意識とプライドと実力の葛藤に陥った後は、今度は姉が罠にハマる。もちろん男とは違う罠であることは言うまでもない。

「好き」を貫くのは難しい。
男性比率が圧倒的に高いプログラマーに比べれば、アニメーターは女性も多いが、男とは違うシンドサがあるのだろう。男である、女である、というのはクリエイティブの世界では本来関係ない。

はずだ。

だが「ない」と断言するのは欺瞞がつきまとう。関係ないはずなのに、時々、妙にまとわりついてくる事がある。それが何かはうまく言語化できない。しかし石田敦子はそれを漫画に落としている。自身の経験が反映しているにせよ、すさまじい執念である。

4巻の最後、194ページからはまさしく「女 怖ぇ」という他ない。この決断、この行動、あまりに潔すぎであり、カッコいい。そして男にはこれは真似できない。そう認める。女が怖いのか、福山イチ乃という女が怖いのか。

色々な女が登場するが、「好き」を貫いている女はみな、男以上の芯の強さを持っているし、自分の中にある「好き」と現実の両方を冷静に見ている。男のように熱狂して、夢見て、バカになって、燃え尽きるんじゃない。もっと鋭利にスッと通っていく決断と生き様がそこにある。
「私、おかしいんです、きっと。仕事のことしか考えられなくて。一生恋愛できないんじゃないかって思います。男の人をどうにかなるくらい好きになること、想像できません。
 堀内さんのこと好きです。でもそれが恋とは思えません。わからないんです、愛してるとかそういうの。仕事でうまくなる方が大切な気がします。おかしいんです、私」

スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。