Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボヤの話続き

切込隊長のまとめが素晴らしいですね。
やまもといちろうBLOG:新清士さんがドラクエ10のダイス機能を賭博開帳とやらかした件で余波

この件は、過剰に心配しすぎた筆者の記事が明らかに「やぶへび」過ぎで、しかも本来伝えたい相手(ゲーム業界関係者)とは異なる層(投資家?)が過剰に連鎖反応を起こしてしまったという点で、不幸でした。とはいえ、ゲームファンが思ってるほど、シンプルな問題でもない、というのも指摘が必要な所であって、4Gamerや切込隊長の記事は適切なフォローになってます。

発端となった記事に対する一部のゲームファンの反応は、いささか感情的、単純すぎるもので、「また新清士か!」「また日経か!」「日経はそろそろ訴えられろ」「サイコロ売ったら賭博罪になるのかよw ばーか、ばーかw」「ドラクエと穢れたモバグリを一緒にすんな!」というような意見が非常に目につきます。

ゲームファンの心の中における認識としては、それは至極当然なのですが、行政や法の論理はゲームファンの側に立っているわけではない、という事も留意しておく必要があるでしょう。国内のコンピュータゲームの歴史を振り返ってみれば、理不尽な規制や批判を浴びたことは何度もあるのですしね。

前回の記事で指摘したとおり、報道のスクリーンショットの左上に「ソーシャルゲームに新たな懸念浮上」というテロップが表示されていた事例を見ても、マスメディアやその視聴者である一般人にとっては、ゲーム専用機向けの月額課金ゲームである『ドラクエⅩ』も、ソーシャルゲームと区別がつかないわけです。運営会社が課金ガチャはしないと宣言したところで、そんなものを読んでいるのはゲームファンだけであって、一般人は知りません。

「サイコロを売ったら賭博罪なのかよw」という声に対しては、賭博に使うとわかっていて故意にサイコロを売ったら賭博ほう助になる、という事例も、上記リンクの記事で指摘されている通りです。無論、意図的にやったはずがなく、企業がリリースで否定するのは当然です。

ただ……。

はてなブックマーク - 新清士さんがドラクエ10のダイス機能を賭博開帳とやらかした件で余波
はてブにおいても指摘されている通り、アップデートでシリーズ伝統のカジノがオープンするかどうかは、慎重さが要求される所でしょう。名前もそのまんまですしね……。

従来のMMOの感覚で進めていたのか、シリーズの伝統だから問題ないと考えていたのかはわかりませんが、割とさらっと地雷原に踏み込もうとしていたのかな、という危惧は起こります。そう考えると、新氏の過剰反応は明らかにやぶへびで、勇み足で、「ボヤ」につながっちゃったけど、誰も何も指摘しないまま、アップデートでカジノがオープンして「大火事」が起きてしまった……可能性も留意してもいいのかなと思います。

ボヤが起きたのは残念だけど、ボヤで済んで良かったよね、と。
まー、新氏がそこまで踏まえて、ああいう記事を書いたのかはわかりませんし、運営側もすごく安心できるシステムを準備していたのかもしれませんし、ifの可能性の話にすぎませんけど。


従来のMMOユーザーとは異なる一般層が遊んでいる事によって、かつて通り過ぎた問題が再浮上する事や、オフライン時代の伝統をそのまま引き継ぐと思わぬ問題が発生する事は、今一度確認しておきたいところではあります。お客さんの幅が広がるというのは、とても良い事のように言われがちですが、その一方で従来のお客さんでは考えられなかった問題が発生するリスクもまた、頭にとどめておく必要はあります。

例えば、DSが一般層に大量に普及した際、悪気なく親が子供にマジコンを買い与え、対策されればマジ切れするなんて事例もありました。ゲームファンでは考えられない論理ですが、そもそもゲームに興味の無い人達なんてそんなものだ、という事です。オンラインゲームにまつわる諸問題、とりわけRMTにしても、同じことです。

ゲームユーザーが拡大するというのは、ゲームファンが増える事と同義ではありません。ゲームファンとはまったく異なる倫理観と行動原理をもった人達が同じフィールドにやってくるという事であって、当然メーカー側にも、ゲームファン側にも、思わぬ問題が発生し得るわけです。そして、最初は関心のなかった人達のごく一部がやがて関心をもってくれて、ゲームファンの仲間が増えていきます。

否応もなく、ゲームを遊べる環境や端末は増え続けており、ゲーム専用機ユーザーは減っても、ゲームユーザーは増え続けています。ゲームという大陸は今なお拡大を続けています。東端と西端の住人は全然違う事を考えているかもしれません。けれども1つの大陸にいる事実は揺らぎませんし、様々な問題が起こるでしょう。それを1つ1つクリアしていく意思が大切ではないかと思います。


スポンサーサイト

コメント

>従来のMMOユーザーとは異なる一般層が遊んでいる
これがすべてでしょう。実際ドラクエ10の意義ってMMO未経験者を引き込むことなんですから、基本的にドラクエ10のプレイヤーはオンラインゲームの右も左もわからない素人ばかりだという認識であるべき。
わりとありがちなトラブルがあったとして、スクエニは「これはオンラインゲームにおいては当たり前」なんて考え方は持つべきではない。当たり前なことがなぜ当たり前なのか、ゲームを通して初心者ユーザーに伝えていく必要があると思います。専門用語もあまり使うべきではない。
ドラクエユーザーの考え方とカブるかわかりませんが、パッケージは買ったら全てが楽しめる、というのが根っこにあるはずで、追加DLCなら取捨選択できるからまだしも、プレイするだけでも月額がかかる、というのが最大の不満点としてくすぶっているんじゃないかと思います。(ただでさえ基本無料ゲーがあふれるこのご時世)
もちろん僕のような人間からしたら月額¥1000なら安いほうだと思うし、基本無料+アイテム課金制だったらもっといろいろ悲惨なことになりかねないので月額課金制で問題ないとは思います。ただそういうのがわからないユーザーを相手にしようと決めたのですから、どこまでも慎重かつ丁寧であり続けなければいけないと思います。

せいぜいネットで叩かれるくらいでニュースになったり株価に影響が出たりなんてことになるとまでは思いませんでしたが、起こるべくして起こったトラブルだとも思います。
運営スタッフは自身のオンゲー知識を一度リセットして、初心者目線で客観的にドラクエ10というゲームを見直してみるべきではないでしょうか。

>唯一さん
まー、おっしゃるとおりです。
ライトユーザーというのは異質な人達が入ってくるという事で、その良い面と悪い面があるわけですが、良い面だけがもてはやされる傾向が強すぎました。

「社長が訊く」あたりの論調がまた曲者なんですが、ライトな人達が入ってくれば、ゲーマーもメーカーも業界もライトユーザーもハッピネス♪という、もはやゲームファンと業界人が誰も信じてないような虚言に満ちてますよね。無論、ユーザーベースが増えなければ、いずれは滅んでいきますから、それを否定するわけではありませんが、虚言が過ぎるのは考え物だなと思います。ライトユーザーを相手にするネットサービスの運営は、異質なお客さんを相手にする事の意味を今一度、再認識していただければ、と思います。

しかしこの問題、「どうぶつの森」等でも起きなければいいな、というのが個人的に感じている所です。仕様の詳細がまだ見えてませんので、なんともいえませんが、割と無邪気にトレード機能を拡充し始めると、火事るかなと危惧します。フリーのバザーみたいな物ができてしまうと、RMTの温床になりますからね。無料だからRMTとは無縁、みたいな浅い認識ではなく、現時点におけるRMT問題を踏まえたうえで、適切な仕様で進めていただきたいものです。

>唯一さん

>起こるべくして起こったトラブルだとも思います
ですね。
ネトゲなら当たり前とか、なんの意味もない
また、月額が云々の「正当性」なんてのも客からしたらそんなもん知ったこっちゃないんですよ。
「向こうはタダなのにこっちが有料なのはおかしい」とね。
「正しいか間違ってるか」じゃないんです。客にとっては。

「客商売」やってりゃ誰でもわかる事ですけど、現場から離れてしまうと机上の空論とまで言ったら言い過ぎでしょうが、「正しいが、客は納得しない」論理をただ単に押しつけ、「確かに間違っているが、実際の客の意見」を暴論としてはねつけてしまうだけになるんでしょうか
(難癖付ける人の為に一応断って置きますが、月額ダメと言ってる訳ではありませんよ。そういう客は2012年現在では実際に無視できない程に上ると言う「現実」を述べてるのあって、どちらが道徳的に?商売的に?「優れているか」と言うような神学論争をする気はありません。どうせ数年もたてばわかる事ですし)

まー、ネット上のアマチュア様はせいぜい新清士や日経のせいにしてればいいよ。って気はします
実際株が下がる事態になって、「プロ」はそうは済まない訳ですが

>「社長が訊く」あたりの論調がまた曲者
業界人はこうなる事はみんなわかっててニヨニヨなま暖かい目で見てましたがこうなりましたね。
まー、実際DAKINIさんの言うとおりボヤに過ぎない訳で、むしろ早めに顕在化してくれて良かったという面もありますね。

ボヤを「ボヤに過ぎないから安全!」と強弁して「メルトダウン」に陥ってしまった事例もまたコンシューマーであれソシャゲであれ枚挙にいとまないのがきがかりですが。はてさて…

>ゲームファンと業界人が誰も信じてないような虚言に満ちてますよね
実際、wiiは予想通り滅んでしまいましたからね。

>名無しさん さん
一方で「お客さん」の意見をまともに聞きすぎても運営ができない、というのがネットサービス、特に無料と有料を組み合わせたタイプのネットサービスの現実でもあります。運営からお客さんの顔が見えないために、運営がお客さんに到底納得してもらえない論理をふりかざす事がある一方で、直接顔を突き合わせないから、過剰にクレームするお客さんも増える事もありますし。

この辺はもうサービスとしてのブランドと信頼感をどうやって担保していくか、各社が実際に悩んでトライしていく領域ですね。ハッピネス♪が訊く的な幻想世界とは無縁の現実で。

最近のMMOでは、月額課金と従量課金を組み合わせている事例も今さら感がありながらも、上手くやってる事例が出てきてますね。

カジノは既にゲーム内で予告されてますから、いずれはオープンするでしょうね。

従来のオフラインのドラクエだと、基本的にユーザーが儲かるような確率に設定されてましたし、もし大金をスッてしまってもリセットも可能でした。
(ゲーム内のセリフに「カジノに行くならおいのり(セーブ)してからの方がいいぜ」なんて入ってたくらい)

MMOでオートセーブになったドラクエXはどういう風に運営するんでしょうねぇ。

> 町田 さん
> カジノは既にゲーム内で予告されてますから、いずれはオープンするでしょうね。
うーん・・・・。
RMT対策をよほど万全にしておかないと、それこそ「賭博罪のほう助」ではなく、「賭博罪」扱いされかねないリスクは高いですね。ダイスは元々ゲーム内マネーを賭けるための機能ではない、と主張できますが、カジノはそういう主張ができず、RMTと絡めて、行政から横やりが入る可能性はあります。

過去のMMOはどうなんだ?という意見もあるかもしれませんが、結局問題が大きくなって、行政が動き出すまでの間は、単に注目を集めてないだけなんですよね。その辺はコンプガチャの事例でもわかるとおりです。後から違法という判断や指摘が下ることはありえることです。

RMTに関しては、消費者庁ではなく、警察が気にしている事案でもあり、ソーシャルゲームやオンラインゲーム業界では、一般ユーザーの想像以上に神経質になってきている問題です。コンプガチャ騒動の伏流として、警察からの介入も懸念されていた事ではありますし。コンシューマー系の会社の方が危機感が薄いという一般論はあるのですが、とんでもない地雷を踏む前によく検討してほしいと思います。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。