Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種火が思わぬボヤになったような話ですね。

「ドラクエ10」揺るがす重大課題 基本機能を賭博に使うプレーヤー
この記事が大きな反響を呼び、なんとスクウェア・エニックスの株価下落につながった……。
はちま起稿:『ドラクエ10』で賭博行為やダイスでの詐欺が横行中! →株急反落、テレビニュースにすらなる騒ぎに

そしてスクウェア・エニックスが速攻でプレスリリースを出すという事態に。
おそらく運営方針にも少なからぬ変化が出るでしょうね。
「ドラゴンクエストX」に関する一部報道について


新氏の記事が事実無根のデタラメというつもりはありません。取り上げている個々の事象は実際にゲーム内で起きている事です。が、懸念を表明することに夢中になって「やぶへび」感のある言及が多いのも確かです。ゲームに関する知識が乏しい読者には、はたしてそれがどれぐらい懸念される事なのか、大いにあり得る/まあまあ普通に考えられる/もしかしたら……/ありえないけど可能性はゼロとは言えない、の区別がつきにくい。

個人的に一番驚いたのは、報道のスクリーンショットの左上に「ソーシャルゲームに新たな懸念浮上」というテロップが表示されていた事です。『ドラクエⅩ』はゲーム専用機Wiiで発売された月額課金型のゲームで、いわゆるソーシャルゲームとは異なるもの、というのがゲームファンの常識でしょう。しかし一般のメディアなんてものは、そしておそらく視聴者の大半にとっては、そんな区別なんてついてないんですよ。

オンラインゲームとソーシャルゲームの区別なんて付いてません。オンライン化されたコンシューマーゲームもソーシャルゲームと区別つかんのです。当然ですよね、ゲームファンの引いた区分なんて、ゲームに無関心な一般人が知るわけがない。


この騒動が着火から燃え上がるまで早かったのも、コンプガチャ騒動に絡んで「RMT」の問題が指摘されていたからですし、おそらく新氏が強めに懸念を表明したのも、その件があったからでしょう。ソーシャルゲームやアイテム課金ゲームに留まらず、かなり広い範囲でオンラインゲーム全般に規制が広がるのを恐れているのでしょうね。

この春からソーシャルゲーム業界ではトレードに対する自主規制が強まっています。それは警察を含めて行政側がRMTの問題に注目し始めたからです。より正確にはRMTとゲーム内の確率要素を組み合わせた場合に賭博が成立するのではないかという観点です。

a.運営による課金ガチャ+ユーザー間のトレード+オークションサイトでの現金取引
→パチンコの3点方式と同じようなもの!

という論理が成り立つのであれば、

b.ユーザー間の仮想通貨によるサイコロ賭博+ユーザー間のトレード+オークションサイトでの現金取引
→オンライン賭博と同じようなもの!

という論理だって成り立つ危うさはありますよ。残念ながらね。aの論法も、bの論法もどちらも非常に馬鹿馬鹿しいこじつけだと思いますが。

ゲームファンからすれば論外極まりないこじつけであっても、世の中にはゲームが好きな人達ばかりではないわけです。行政において規制を拡大したい立場の人間にとっては、ソーシャルゲーム業界だけでなく、従来手出ししにくかったコンシューマーゲーム業界に対しても、オンラインが絡めば対象にできる好機にもなり得ます。


ネトゲ研究日誌 - オンライン元年か?
 この騒動の少し前にソーシャルゲームのコンプガチャ騒動が起きていた。厳密にはコンプガチャよりもそれだけの課金を強いる内容がRMT市場を膨れ上がらせていた事が問題なのだが、彼らの策略で悪いのはコンプガチャ、コンプガチャを規制したから問題なしのような論調で流されてしまった。

 そして、彼らの売上は今日も変わっていない。つまり、アレに昔と同じか、それ以上の金を払う人達が存在しており、彼らが監視や規制をしようとも、今日もRMTが行なわれているのである。

 オンラインゲームがPCだけでしか遊べなかった時代はPCで遊ぶ事自体がマニアックであり、RMTと言えば隠語に近い専門用語だったのだが、ソーシャルゲームが普及し、国民的RPGがオンラインなどという領域に踏み込んだせいで、RMTが一般人でも知りそうな勢いになってきた。

 あまり内容を深く知らない人がRMTを聞けば、ゲームで現金が儲かるのかと勘違いするだろう。そして彼らの耳には月に40万や50万も儲けている人達の話が飛び込んでくる。そうなればどうなるか。今までの何倍もの人がRMT目当てにゲームをするようになるのである。それは当然、ハッキングやマネーロンダリングの数も増加させ、それは売る側のセキュリティ対策費へと跳ね返ってくる。

RMTはアイテム課金型のゲーム以上に、月額課金制のゲームで蔓延りやすく、セーブデータの販売という意味では完全無料提供されているオンラインゲームも対象になり得ます。仮にRMTが法的な規制を受ける事になったり、何らかの監督機関ができる事態になった場合、ソーシャルゲームやPCゲームに留まらず、コンシューマーゲームも対象に含み得るわけです。法の論理でいえば、たいした区別はありませんから。


ゲームファンの心の中では、ソーシャルゲーム、PCオンラインゲーム、コンシューマーゲームも間には絶対的な境界線が引かれており、RMT云々などは汚らわしいソーシャルゲームとPCオンラインゲームの世界の物であって、安全で安心でキッズも遊べるコンシューマーゲームの世界には関係ない事なのかもしれませんが、別に法律や行政で区別されているわけでも、一般人の認識として区別されているわけでもありません。ゲームファンが普通に考えてあり得ない事であっても、一般人や行政が「普通に考えて」くれる保証は何もないのですよ……。

望むと望まざるとに関わらず、ゲームという大陸は巨大になってしまった。東に端にいる住人からすると、西の端にある国はゲームではないのかもしれない。でもそんな境界線は、ゲーム大陸の住人にしか通じないんです。RMTはソーシャルゲームとPCオンラインゲームの問題で、コンシューマーは無関係、とはいかないんです。従来は、タイトル数が少なかったり、ライトなユーザーが接触する機会が限られていて、注目されていなかっただけなんですよね。厳然たる区別があるわけではない。

では業界としてどう身を守っていくかというと、対行政でのコミュニケーションと、隙を作らない事の2つでしょう。隙を作らないというのは、例えば運営会社がパトロールを強化してあからさまな業者やダイス屋詐欺のようなケースをさらに取り締まることです。完全な取締りはあり得ませんが、要はクレームが少なければ、問題が大きくなる事はありません。安全な範囲で楽しく遊べている分には、そもそもネットで騒がれる事はないし、騒ぎが拡大する心配もありません。

まー、今回は種火ぐらいの段階で話題が拡散&拡大しまくって、ボヤになったような印象ですが(汗 「ボヤを起こすな、ゴルァ!」という意見も多そうです。でもボヤで済んで、防火意識が高まって良かったという考え方もありますしね。やぶを突いて蛇が出たけど、龍じゃなくてよかったねというか。


スポンサーサイト

コメント

ドラクエ10は発売前は今までのMMOとは違うというのを売りにして一般層への浸透を狙ってたはずですが
あれこれがおきると、『MMOだから』が免罪符になっている。

やっぱり、MMOという枠からは抜け出せなかったんだなぁ、という感想。

ま、所詮スクエニ、ということで。

ドラクエ、任天堂ハード、子供のユーザー、賭博、現金と組み合わせてはいけない物が絶妙に組み合って今回のような状態になっているのがよく分かります。
サービス開始時点で隙だらけだったのはゲームの常識がある人には明らかでしたんで
やる気と金を出してさっさと運営廻りを強化してほしいものですね。
本当にDQ10だけにとどまる問題じゃないですし。

公式のフォーラムなんかを見ていると、
運営サイドも未だにMMOの常識を持ち出して挙がっている不満に対応しているケースが多々見受けられますんで
しばらくは何もしなさそうですが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。