Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなか面白い記事があったので、メモ。

スクエニプロデューサー安藤武博氏のブログ“スマゲ★革命”第二十八回 「星葬ドラグニルという戦い~その2~」
また、なにより一番衝撃だったのは「このゲーム、お金とるのかよ!」という意見が増えてきたことです。「お金を支払ってゲームを遊ぶなんて考えられない」というお客様の登場は、時代の気分を象徴しているといえます。多くのF2Pタイトルが無課金でも時間さえかければ、課金者と遜色が無く遊べるように創られていて、無料で遊びつづけるお客様が全体の8割~9割を占めていることを考えると、こういった考え方もショッキングではありますが納得できます。


UBI: PC市場では9割以上が海賊版。そこでF2Pは強力な武器になる
「通常、PCではプレイヤーの約5~7%のプレイヤーしかF2Pに課金しません。ですがやはり通常、約5~7%のプレイヤーしかどっちにせよおカネを払っていません。残りは海賊版なのです。

「違法コピーの比率が93~95%程なので、それは結局同じような割合です。プレイする人から得る収入はより長期的なものなので、わたしたちはコンテンツを提供し続けることができるのです。

まー、基本的には、環境変化が起きたという事であって、F2Pやソーシャルゲームというものが良いとか悪いとかいう次元で語る事ではないのですね。アーケード→コンシューマーに業界の中心が移ったのと同じ流れです。

ただ、コンシューマーにおけるパッケージゲームという「温室」は、ゲーム専用機メーカーに莫大な富と権力、そしてサードパーティ各社に安定した市場を長期にわたって提供してきました。業界の長期的な発展に寄与したのは間違いありません。しかしその役割を終えつつあるのも確かです。無論いきなり明日消え去るわけではないし、今のアーケードゲーム程ミニマムになるには時間が掛かるでしょう。

とはいえ、アーケードゲームのメーカーがいつまでも声高にアーケードゲームの素晴らしさを説き続けていっても虚しく響いたように、やがてはメインの舞台から退場します。老兵は去るもので、大声で喚き散らすものではありません。これから5年、10年かけて、そうなっていくでしょうね。


TGSの足音が聞こえてきましたが、業界のゲームイベントも主役の顔ぶれが入れ替わりました。任天堂とマイクロソフトはE3以外のショウからは撤退し、欧州のGamescomはSCEとグリーのみ。世界各地での大規模なゲームイベントを見ると、

  E3:SCE、マイクロソフト、任天堂、グリー
  Gamescom:SCE、グリー
  TGS:SCE、グリー
  China Joy:DeNA、グリー
  Taipei Game Show:SCEアジア

となっており、ゲーム専用機メーカーの退潮傾向が鮮明です。特にPCゲームの強い欧州やF2Pが当たり前のアジア地域では存在感を失っており、「ゲーム専用機」市場や文化が実は限られた地域の「温室」に過ぎない事がわかります。

任天堂が主張していた「ゲーム人口」がじつは「ゲーム専用機人口」に過ぎず、ゲーム人口拡大戦略が出鱈目なものだった良い証左です。そんな事はみんなわかってたけど、ゲーム専用機がステージの中央にあったから、大きな異議を唱える人が誰もいなかっただけですね。

……と言っても最近はご自慢のゲーム人口拡大戦略もすっかり言わなくなりましたけど。結局、自社の調子がいい時にさも自分達が頭の良い戦略を続けているからだ、と自画自賛するための戦略()だったって事です。F2Pの方がよほどユーザー人口を拡大しています。プレイ人口と購買人口の乖離が起きてしまうのがF2Pの性質ですが。


WiiUにせよ、3DSにせよ、革新的なソフトが無いとよく言われますが、任天堂の失敗は経営サイドの方が大きいんですよね。ネットワーク戦略がお粗末で、DSとWiiで最大化したユーザーを囲い込むことをせず、逃してからアカウント付のネットワークサービスを導入し始めるとかね。そもそもソフト開発ってのは、そうそうホームランが出るわけないんだから、その間をどう繋ぐかが采配の見せどころでしょう。「4番打者がホームランを連発しないから負けた」なんて言う監督はただの無能ですよ。

そもそもセンスの欠如したWiiチャンネル、自己満足の本体内蔵ソフト、3年もかけた鬼トレ(3か月で作ったと言われた脳トレとの対比がまさに喜劇的)、短期間で作った焼き直しソフト群、……。こんな事をやらせておいて、革新的なソフトが出てこないのは当然でしょう。開発リソースの無駄遣いもはなはだしい。

しかし視点を変えれば、早めにコケることができたのは悪い事ばかりではありません。早めに立ち上がる事ができますから。転んでもまた起きればよい。数年前には、DSの次の次、Wiiの次の次あたりでドツボにハマるのかな、と思ってました。逆にいえば、DSとWiiの次の世代を乗り切れるぐらいの力はあると思ってましたが、それは勝手な希望的観測で、3~5年早かった。

それはショッキングだったけど、結局あのまま勝ち続けられるほどの布陣ではなかったのだし、半端に有能で、次世代でドツボにハマってしまうより、今苦しんだ方が長期的に見たら良いのかもしれません。所詮そこまでの企業だったという事。思い上がってはいけない。ほんの短期間とはいえ、アップルやグーグルと比較してもらえてよかったね、という。

早くどん底まで落ちて、早くそこから這い上がる。
それをポジティブに捉えるほかないんじゃないかな。どこの会社だって、そうした状況に直面しているんだから。まずは眼前に広がるWiiUという地雷原をどれだけ最短で駆け抜けられるか。ダメージコントロールが重要でしょう。一時的な売上よりも、時間の浪費、開発リソースの浪費が恐ろしいという事を忘れないでほしいのですが。ま、どうだろう……?


スポンサーサイト

コメント

PS2のときのSCEと同じでこけてるっていう認識がないんじゃないですかね?

おくれ

社長が時代の流れについていけないことと「玩具屋」の限界じゃないですか?
だからと言っても代わりがいないのでどうしようもない
いちいち社長が表に出てきてDLC等を否定するのはどうかと思いますが
据え置きでも完全な周回遅れでWiiUはEAが次世代PSBOXとのマルチから外すこととUBIも金ケチることを発信してますし過去のマルチタイトルがメインなんでしょうけどどうするつもりなんですかね

その前に任天堂が特許法違反で詰みそうになってる。

>いちいち社長が表に出てきてDLC等を否定するのはどうかと思いますが
あー、発言をちゃんと読んでませんが、『FE覚醒』のあの展開は何なんだろう?と不思議に思います。二枚舌が酷すぎるんじゃないでしょうか。

>据え置きでも完全な周回遅れでWiiUはEAが次世代PSBOXとのマルチから外すこととUBIも金ケチることを発信
んー、まあ、3DSも海外ではいまだに微妙ですし、海外の退潮傾向はいかんともし難いですね。
3DSも、値下げで数字は作ったものの、既にDSの販売台数には到底届かない事が明らかですし(ま、DSL発売以後のDSの売上は凄すぎますからね)。

幸い、PSVitaが立ち上がってない現状があるので、コンシューマーゲーム市場においては相対的なポジションはキープしていますが……。時間の問題ですからねえ。PSVitaの最大の問題は、国内の現状よりも、海外で全然売れてない事ですね。PSPと比べてもガッカリな結果で、SCEにとってもPS4とPSVitaのリソース配分が悩ましいところでしょう。


そういえば、任天堂やSCEに対して厳しすぎる、もっと建設的な発言をしろ、批判しかできないなら、放っておけ的な事をコメントする方がいらっしゃって、はあ、そうですか・・・・と呆れてしまったのですが(汗

それって糞評論家気取りの馬鹿の態度ですよね。全然誠実さが無い。

例えば、3年前のシャープを批判しても、シャープ社員はせせら笑ったかもしれません。ソニーを批判してもソニー社員は「いくら批判されても、ソニーは絶対にテレビをやめない。変わらない」と言ったかもしれない。でも現時点ではどうでしょうか?

潰れるか、事業を切り売りするか、ぐらいの切迫感は出てきてますよね、正直。

2010年の年末にシャープは「ガラパゴス」なんていう、糞くだらない商品をだし、1年程度で撤退しました。片意地張って、日本らしさでござーい、ガラパゴスでござーいと宣言しておいて、ぶざまなものです。それがたった2年以内です。

日本自体が地盤沈下している状況で、「変わらない」という言葉自体が愚かしいし、本当に変わらない企業はわざわざ「変わらない」なんて思いもしない。片意地張っている時点で、すでに脳裏には浮かんでるわけですよ(苦笑 まー、先例であるセガにしても、ドリームキャストを発売したその日には、「ハード撤退なんて絶対に無い」と思っていたでしょう。

馬鹿なことには馬鹿と言ってあげるのが誠実というものです。人気取りのブログという訳ではありませんから、馬鹿なものを目にして、適当に建設的っぽい意見をでっちあげて、糞記事を書くなんて真似はしません。本当に建設的な意見が浮かべば、書きますけどね。信じてもいない事を書く気は無いんです。

まー、そりゃ、信じてもいない、SCEと任天堂の一発逆転策()を並べ立てる事はいくらでもできます。できますが、アクセス数を稼ぐために適当な事を書くような時代でもありませんし、そんな事は興味ないので、正直に思ったことを書くのみですね。それが気に入らないなら読まなければよい。

年々、正直にストレートに書くようになっています。突き詰めると、結局は個々の製品の問題ではないのではないか、という所に行きつくんですよね。経営とか組織のパワーバランスみたいな事が原因なのではないかという事が見えてきて、それはパッと解決する事ではないから、一見非建設的に見えるんですが、本当の問題を避けてしまうほうが不誠実ですよ。

だって駄目なものはいくら言っても駄目なんですから。そりゃね、駄目な商品があって、さらに競合商品が駄目すぎて、相対的にマーケットのポジションが良くなる、という事はありますよ。ありますけど、結局それは駄目なものが良くなった訳ではないんです。

ゲームキューブというガラクタがあって、あの頃もね、ゲームキューブなんてさっさと損切りすればよかったんですよ。当時はブログだったか、掲示板だったか、普通のホームページだったかな? あの頃にも正直にそう書いてました。けど、それは非建設的な意見と言われれば、非建設的な意見ですね。でもさー、どう振り返っても、ゲームキューブはさっさと切り捨てるべきでしたよ、事実としてね。

ゲームキューブとのハード的な互換性は、Wiiの性能面での足かせでもあるし。中途半端に生かそうと思うから、Wiiも結局駄目になってしまった。糞みたいな物は切り捨てるしかないんです。半端に何かに転用しようとか、生かそうとか、そう考える事が単にセコイだけで、何の生産性も生み出さないどころか、恐ろしい事に成功その物を短期間に減衰させてしまう事もあり得るんです。Wiiのようにね。

僕は一貫して、この10年以上、ゲームキューブはクソだと書いてきましたが、WiiUが発売されるに至った遠因の1つであるWiiの性能不足などを見ても、やはり正しかったと思います。クソなものはクソというべきだし、切り捨てるべきは切り捨てるべきなんです。言っても無駄かもしれないが、正しいと思ったことは書くべきでしょう。

ふーむ。やれやれ、結論ありきで噛みついてくる意見は面倒くさい……。今でもたまに3か月に1回ぐらい、こういう人が現れる。熱狂的な人達も出没する事がほぼなくなってきたんですがね(苦笑

うちのブログ(掲示板の頃なども含めて)は10年以上、基本スタンスは変わってないんですが。駄目なものは駄目と言う、という姿勢はずっと一貫してます。

自分が嫌いな物を誉められると反論したくなるとか、自分が好きな物を批判されると反論したくなる、みたいな反応は熱狂的だなあ・・・・と呆れる事はあってもまだ可愛げがあります。ただ、反論ができないし、かといって情緒的な反対も書きたくないという人がたまにいらっしゃって、そういう人はスタンスが変わったとか何とか言い出すんですよね。

結局、自分が気に入らない事を書かれると、「あなたは以前と変わってしまった」とか「真面目にやれ」的な難癖をつけるという事であって、書いている側としては「へえ?」と思うぐらいで、正直よくわからない。

ブログを何年も続けていて面白いのは、このタイプの人には1つの傾向があって。
「否定的な事ばかり書くな。それでもクリエイターか!」というような事をコメントする人に限って、ポジティブな視点の例は出さないんだよね(苦笑 「俺にはどこを誉めたらいいかわからないけど、否定的な記事ばかりだとムカつくから、何とか誉めろ」って事でしょうか?

まー、察するに要は「黙れ」と言いたいのかなと想像はつきます。
しかしねえ、実に馬鹿馬鹿しい。コメント欄あたりで黙れと言われて、黙る人なんているわけないでしょうに。そんなんで黙るなら、炎上した時とか、熱狂的な人達が1日に何件も投稿していた頃に、とっくにやめてますよ。


このブログはたまに思い出して、ゲームを中心にコンテンツ業界の現状に関して感想などを書き散らすような場所ですから、無理に毎日更新するために記事をでっちあげる必要は無いし、信じてもいないような事を書き散らす必要はない。

業界が上り調子の時はイケイケな記事が増えたり、傾いている時には批判的な記事が増えるのは自然なことでしょう。そんなに数が変わってるかな?と不思議には思いますが。自然でいいでしょう、自然で。

正しいと思った事はそのまま書けばいいと思うんですよ。オブラートにくるむ必要もない。こんだけ長い期間、ネット上で文章を書いていると、そういう包装は面倒くさいんですよね。昔はオブラートに包んでいた事もあったけど、今はそういう必要もないから、馬鹿なことは「果たしてどうなるか予断を許さない」みたいな書き方はせず、「馬鹿ですか」と書く事はあります。でもそれって、昔より、誠実になったという事だと思うんだよね。


そもそも現状のSCEと任天堂は誉める方が不自然でしょう。決算を見てどこをどう誉めるの?
そちらの方が無理がある。なんでそんな不自然な事しなきゃいけないの? ここは任天堂 or SCEを応援するブログでも、膨大なアクセス数があるようなブログでも無いんだから、正直に書けばいいと思うのだけどね。

最近 sony reader で電子書籍にドはまり中でして、そして「なぜか」紙の本の購入量も増えました。ww

しかし、GALAPAGOSストア、どうなるんでしょうね?
本来GALAPAGOS端末を売るためのエサだったはずなのに、端末だけが撤退で、取り残されてる。

国内の電子書店としては気を吐いているようですが、本業への貢献度が説明しづらいと思うので、会社が傾いている状態ではどうなるか?

ソニーも笑えん状況ではありますが、端末の商売が一応回っているようなので、深刻度ではこちらの方が上かと。

>寿方 さん
> しかし、GALAPAGOSストア、どうなるんでしょうね?
電子書籍端末はアマゾン一強になりそうですしね。
楽天のKoboも、初動の台数だけは多少出ましたが、台数が出ればストアの購入は上向く事を示したのは良い前座っぷりでしたorz

>電子書籍端末はアマゾン一強になりそうですしね。

アマゾンの懸念は「出る出る詐欺」状態になっていることですね。
9月はじめに新機種の発表があるようですが、日本市場参入についても、何かわかれば良いのですが。
実現の目処すらわからない可能性に付き合うのは、疲れます。

>台数が出ればストアの購入は上向く事を示したのは良い前座っぷりでしたorz

すいません。この一文のおっしゃりたいことが理解できません。(おれの頭がわるいのか?orz)
もう少しかみ砕いて説明していただけると、助かります。

「わたし、気になります!」(チョットアザトカッタカ?)

>寿方さん
http://facta.co.jp/article/201209004.html
> ソニーと楽天の両社にコンテンツを提供している出版社の電子書籍担当者は、「ソニーの『リーダーストア』では
> 売れても1タイトルにつき月間数冊程度。コボ・イーブックストアは注目が集まっていることもあるだろうが、
> 同じタイトルでも既に数十冊売れている」と一定の評価をする。

三木谷社長も炎上インタビューの中で、他の端末よりも書籍が売れていると語ってましたが、Kindleが出てくる前に「可能性」を示したのは一定の成果として評価しています。しかしそれは結局、大本命のKindleが出れば、もっと凄いだろうな、と思われるだけでしょう。本命が出る前の「整地」「前座」に過ぎないのだろうな、と。

なるほど。
どうもありがとうございました。

具体的な反論も代替案も書くことが出来ないから筆者の人格否定をせざるを得ないんでしょうね。
俺の大好きな物を否定するな!一切悪口をいうな!という論調がコンシューマーゲー関連でも目に付くようになってきました。
直近で言えば任天堂は宗教的だ~なんて書いていたニュース記事に、
そういった宗教的な方々が筆者を人格否定したメールが晒し挙げられていましたし。

自分が好きなものが否定されていたとしても、
それに実際ダメな点があって、
しっかり反論が出来ないならぐぬぬと黙っておけばいいのになーと思います。
VITAの売り方や、現任天堂ハードの存在そのものについてなんて実際ダメなとこが多々あるんですし。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。