Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まー、マネタイズの時代って事じゃないのかな、普通に。

はてなと別れ、メルマガを始めるぼく
この辺が発端なのかな、と思いますが、下記のような呟きが……
https://twitter.com/naoya_ito/status/237826261022568448
アルファブロガーとか言われてた人のメルマガって、一線退いた芸能人のその後のディナーショーみたいなもんでしょ? 嫌すぎるよねw

うーむ。
香ばしいというか微妙というか……。
つか、はてな辞めてグリーに行って、結局何を為したのかよくわからないけどやめちゃった人がいうと、味わい深いですね……。
コンテンツに対するスタンスがよくわからないという意味で。

上記つぶやきに対するはてブの反応は
http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/naoya_ito/status/237826261022568448
ま、冷静ですね。

この2年ほど?で、メルマガを始めるブロガーが増えているのは確かですね。
まさかオレ速がメルマガ始める時代が来るとはね。

この5年ぐらいの流れとして、「オープンで無料なコンテンツが提供されていて、広告で稼ぐほかない」モデルから、「クローズドでソーシャルで部分有料なコンテンツでしっかりマネタイズ」モデルへ切り替わってきた訳ですよね。

エンタメではソーシャルゲームの台頭が最も大きな現象ですが、ニコニコ動画やHuluといった動画サービスへの月額プレミアム課金の浸透なども目立ちますし、コンテンツはもはやマネタイズできて当然です。無論パッケージ販売の時代とは形態は違いますが。

ゲーム機においても、結局勝ったのはしっかり会費を徴収していたXbox Liveであって、無料をうたい文句にしていたPSNはプレミアムモデルを導入したし、無料以外には何のとりえもなかったWiiチャンネルは過去の遺物となり、WiiUはあれだけ馬鹿にしていたXBOX LIVEやPSNの後追いを堂々とやってのける。

はてなはこの時代の変化に対して何もコミットできなかったから、時代の寵児(?)から古臭いサービスに転落したのだし、無料以外には何のとりえもないサービスを自己満足的に続けていた任天堂は、すっかりネットサービスの周回遅れに落ちぶれました。

無料()ですよ。


じゃあ今後どうなるかというと、ソーシャルファウンディングのような事例が象徴するように色々な意味でお金を集めやすくなり、もっと少額の課金決済が浸透して気軽にお金を出せるようになるんじゃないか。日本は色々と縛りがあるので、海外込みでの潮流の話ですけど。

海外のゲーム開発を語る上でkickstarterが欠かせなくなったように。あー、まー、社長が「Kickstarterって何よ?」って真顔で言いそうな会社ではあるけども() GDCではもう二度と喋らない方がよいね、ほんと。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>DSよりはマシと言うとりえはあったのではないかと

そういえば、はてなと任天堂も組んでたなあ
もう誰も思いだす事は無いでしょうが

一時は国産GPUメーカーとして名高かったDNP社も上場公募時以下で推移してますし
最近「任天堂関連銘柄」はどれも冴えませんね。

直接部品を納品してるとかだったら、そりゃあれだけ売上高落ちればそうなるってのはわかるんですけどね
3DSLLでもコスト減らすような設計上の工夫はほとんど見られず、アダプタ排除して誤魔化しちゃうような企業ですから、他のコスト削減も下請けに転嫁してるんじゃないでしょうか

>管理人のみ閲覧できます
>北米で任天堂専門雑誌媒体であった「Nintendo Power」が廃刊だそうです。
(略)
>廃刊の理由が「任天堂が商標利用許諾契約の延長に興味を示さなかった」だそうで、
>関係者が「任天堂とはとにかく付き合いにくい」と吐露しているあたり「さすが」だなとおもいます。

情報提供、ありがとうございます。
コストカットなのかどうかも、よくわからんですよね。

コストカット関連は中小企業の精神論みたいなものばかりが面白おかしく漏れ聞こえてくるので、何とも……。まー、「意識改革」というか「精神論」というかは表現の問題かもしれませんが。中小企業じゃあるまし……。

目先のコストカットよりも、「機会損失」や「開発リソースの無駄遣い」こそ恐れるべきですが、それができないなら、中小企業のあほ社長が社員に精神論を説くような状態、つまり経営層と従業員層に乖離がある、あるいは経営層の一部がそう思い始めている、って事でしょう。無意味ですね。

まー、そりゃ、楽天とかグリーとか、IT企業のくせに微妙に体育会系っぽいノリの会社なら、ソフトバンクみたいな企業なら、社長がエイエイオー!しちゃうのも有効なんでしょうけど、任天堂って勢いより丁寧さを大切にするような企業でしょ? ケチ臭い事をやっても、意味ないと思いますけどね。

ワンマン系の中小企業や腐った大企業にありがちなパターンで、社内政治や上司の顔色をうかがうようになって、どんどん内向きになっていく。経営陣の入れ替わりが少ない事も含めて、任天堂への批判ポイントとして、「内向き」すぎるとよく言われますが、確かにこの数年はその欠点が表層化してます。3DSの2万5000円という価格付けとかね。馬鹿かと。あんなものがまかり通ってしまうのはおかしな事ですよ。

そういう判断ミスで失った金の大きさを考えれば、目先のお金をケチるよりも、機会損失を防いだり、リスクコントロールを進める方が優先なんですよ。人員の拡大ペースは徐々に上がってきているし、本社が1000人にも満たなかった時代とは違うわけで、マネージメントの手法も多少は変えざるを得なくなっている、という当たり前の事が突きつけられているのでは。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。