Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零落企業カテゴリー

ふーむ。
日経新聞のリーク記事への過敏な反応、マスメディアへのもぐら叩き作戦で一時期は収まっていたものの、シャープ等の零落企業と同じカテゴリーで扱われ始めていますね。

朝日中学生ウイークリー:ゲーム業界の王様「任天堂」が赤字に
まー、決算の悪化は明快ですし、WiiUも期待薄、という状態で、一般のメディアがこうした認識をもつのは当然でしょう。

無論、PSVitaよりはマシなのも事実ですが、一般メディアから見れば、ソニーもシャープも任天堂も零落カテゴリーにすぎません。シャープは終わった企業、ソニーは終わりつつある企業、任天堂は落ちぶれた企業というランクの違いはあるでしょうが。「うちはあいつほど落ちぶれてない!」と叫ぶことは可能ですが、惨めな比較です。
  • 数年前の成功体験を忘れられず、延長戦上の戦略を押し通す。
  • ハードではなく、サービスに価値が移っているにも関わらず、価値あるサービスを作れない。
  • 経営陣が固定化されて、内輪向きになっている。
  • 取り返しがつかない事態になるまで、経営戦略の失敗を認めらない。
  • 5年、10年単位で見た時に衰退していく市場にしがみついている。成長市場に乗れてないし、生み出せない。

ソニーについては、ソネットの完全子会社化とGaikaiの買収でどういう青写真を描くかがポイントですね。キャッシュも少ないため、これで駄目ならジリ貧でしょう。PSVitaは国内で時間の問題で何とかなるでしょうが、海外では厳しいですね。ソニーはスマートTVへの布石を打ったのは良いのですが、スマフォとタブレットについてはイマイチですね。

任天堂については、逆ざやにならない3DSLLの投入や、ダウンロード販売の促進等、徐々に改善も進めていますが、「ゲーム専用機」自体が疑問視されている現状では、本格的な株価回復は遠いでしょうね。

スマフォだけでなく、タブレットも普及が進んでいます。
マイクロソフトがSurfaceを戦略価格で発売するという話が出てきていますが、グーグルのNexus7やアマゾンのKindle Fireも低価格ですし、携帯ゲーム機が相対的に割高に感じてしまいます。
マイクロソフト Surface タブレット、Windows RT 版は199ドル・10月26日発売?

結局、専用機の価値を守るという方針自体が後ろ向きな「守り」の戦略に見えちゃうのは仕方ありませんよね。3DSもWiiUも、数年前のコンセプトの製品(DS、Wii)のブラッシュアップ版()ですし。5年以上経ってそんな製品で通用すると思ったのが馬鹿馬鹿しく、だから安売りするしかない。

問題はWiiU。ただWiiUを守るのに3年も5年も浪費してしまえば、時代遅れの商品を作る力しか残ってないでしょうし、目先の売上とプライドを優先して未来を失うか。目先の売上とプライドを捨てて未来を手にするか。さてどうするのか?

スポンサーサイト

コメント

>PSVitaは国内で時間の問題
ミクを初め、日本ファルコムや日本一ソフトウェア等PSに強いブランドやメーカー、PSPとのマルチ(3DSとではなく)が増えてきた現状を見るに、初期にすっころんだ影響はあるにせよある程度の市場は築けそうですね。

>ダウンロード販売の促進

あれって何か意味あるんすかね?
定価で高いし、店頭DLとか言っても結局二度手間だし
小売に対する配慮()らしいですけど導入してる店も少ない
コンビニ業界首位のセブンイレブンに導入したのはまあ良いと思いますが、やるならせめて主要コンビニは網羅しないと。

都市部はともかく地方はコンビニの数自体が少ない上に各社の勢力が偏ってますから
GEOが参入してる割にTUTAYAが参入してない、逆にオンラインストアでは逆だったりチグハグな印象
そもそもGEOとセブンイレブン以外大手家電量販店ばかりで、専門店やチェーン店も全く参入してません。
見はなされたのかしたくても出来ないのかは知りませんがどっちにせよ
任天堂系が良く売れると言われているイオンやトイザらスすらありません(子供に対する配慮?ネットネイティブ世代舐めんなって話ですし、そんなもん、わざわざ買ってから家でネットにつなげとか言う意味不仕様が悪いに決まってる。ディスクシステム以下じゃないか)

eショップ以外のオンラインショップに関しては意味不明にも程があります

小売に対する配慮ならeショップ自体やめればいいし、露出を増やして売上増やしたいだけなら素直にアマゾンに頼るか、携帯電話の課金インフラに乗せればいいのに

いやそもそもそれ以前にeショップに直接クレカ登録させろよって話ですが。わざわざ端数残させる姑息でセコイ作戦よりもずっと売れるだろうし、クレカ登録できる時点で、あるいはキャリアから任天ポイント登録できる時点で一線は既に超えているわけで

今の所ラインナップは任天堂の新作だけ(って言うかニューマリオと鬼トレだけ)ではラインナップはvitaどころかPSP以下ですし
つーか、せめて任天堂(と株ポケ)の主要DL作位店頭DLで出すくらいの発想は無いの?

結局、総合すると鳴り物入り勝つ後出しの割には実質使い辛くてがっかりです。
まー、やらないよりはマシでやっと重い腰を上げたか的な評価にならんこともないですけどね。ぱちぱちぱち

wiiより改悪された投票システムは何とかならんもんか
あのシステムだとどんなソフトも大抵星4~5になるから何も機能してないのと変わらん。

つーかUIと言えばwiiの時点では(あくまで当時のレベルにしては、あるいは他の日本企業も糞だったから)マシだったのにDSi以降どんどん糞になるばかり

改善したと言っても、初めからそんなもん指摘される前にやっておけと言うレベルの基本的なミスが多い
誰か社内でとめなかったのでしょうか?あるいはわかってた人がその時期に任天堂に見切りをつけて去ってしまったのでしょうか?

ハードウェアのそれに対しては、結局新しいの買えって事になるので、特に初期の25000円で買った人はますますバカを見る羽目になります

実質5000円以上も高いにも関わらずLLの方が売れてると言うのは一見LLが人気のように思えますが、
逆に言えばそれだけ払っても3DSが不満だった(買ったにせよLL待ちだったにせよ)って事ですし…

逆ザヤして売っても不満が残るハードって一体何のかと
で、5000円高いとは言え、逆ザヤにならないLLのほうが高くても売れる…

これも「最初からそうしておけ」と言いたいレベルのミスですね
少なくとも15000円に無様に値下げする位なら、価格据え置きでLL登場!(それに伴って旧型は値下げします)とやった方がまだ反発や失望はユーザーにも株主にも与えなかった
旧型を無様に値下げして、E3等大きな場所でなくひっそりとLLを出したことで余計に「失敗したからテコ入れ」と言う実態が強調されてどうするんですかと

カプコンのあのCM見るとせめてモンハン出す前位にはそうしておきなさいよ、そういう「外交」ができないから「強奪」しても定着しないんだよ…

専門店がDL販売をしないのは導入にかかるコストが高いからだそうです
ショップブログのコメント欄で読んだんですが
「(前略)仮にPOSレジ導入に30万かかったとしても任天堂商品でそれだけペイするにはかなりの期間がかかり現実的ではないです
それが直ぐにペイできるだけの規模のあるお店なら可能かと(後略)」
ということだそうです

>通りすがるさん

それ自体失策でこれまたちゃんと想定しておけ(少なくともコストさえなんとかなれば参入の意志がある所はするって事ですから)って話ではあるんですけど、それだと専門や小規模の店はわかるんですけど、上で言ってるように大手ですら家電量販店以外は少ないということの説明がつきません。

そんなにもう将来性がないと思われてるんでしょうか
家電量販店はテレビ初め専用機のオワコン化、PCも価格暴落、スマホは多くの人がキャリアのショップで購入しますから藁にでもすがる思いでとびつきましたが(それでパッケージゲームの入荷を絞るリストラの意味もあるのかもしれませんが)その他の業界は「ゲーム専用機なんて言うオワコン向けサービスには興味ない」ってレベルなんでしょうか

小売に配慮なり対策しようとした頃には既に商材としての魅力がないから撤退されていた…
となれば本当にありがちではありますが衰退業界の悲劇ですね

>名無しさん
今のご時世POSレジを使ってない店舗なんて少ないのですがPOSにも色々機能があります。
今回のDLカードについて言えば、店舗で会計清算すると同時に販売データを転送しなければならないのですが、この機能のありなしが導入、非導入店の違いとして出ています。
大ざっぱに言うと、リアルタイムでデータを送受信するPOSと、1日1回その日の販売データをまとめて送受信するPOSがあるわけです。
どちらのPOSを利用活用しているかは全体的な店舗戦略によります。ゲーム売り場のことだけで判断なんて出来ません。任天堂がどーこーなんてあまり関係ないですね。サービスのひとつにすぎません。

店舗でのDLコード販売はそんなに長続きしないんじゃないですかね。値段的な施策が打てないし。ミもフタもない事を言えば任天堂の自己満足に過ぎないと思うし。
個人的にはDLコード販売よりニンテンドープリカの販売手数料を上げてくれた方がうれしいかな。(ムリムリ)

任天堂のDL販売は「店頭販売への配慮(笑)をしたつもり」と、そういいつつ「量販店・コンビニも引くような圧倒的に任天堂に都合のいい歩合」、その挙句「システム改修費用は販売事業者の自己負担(=これプリペイドと同じなんで結構面倒です。精算終えてから初めてコードを有効化する処理とか。しかも近い将来にコード販売がなくなって直接決済移行なんて任天堂自らが畑ごと焼き払うのは誰の目にも見えてる。なにそれ、美味しい?)」。

そうしてまたしてもユーザーの利便性は最後の最後まで優先順位リストの末尾にも載らないような状態。

「死の香り」たっぷりですね。

既に数年にわたってDAIKIさんを始め任天堂のネット戦略の欠如を憂う表明があったというのに、この前時代的というかまったく合理性に欠いた施策の連打はちょっとネットのビジネスかじったことがある人間なら血が引きそうなくらい、目がくらくらするような腐臭がします。

ところでポケモンセンター限定色のLLが予約販売のみで発売されるようですが、あの事業部門も昨対割れかなにかで売上対策なんですかね。

>名無し さん、通りすがる さん、 唯一 さん、ぶらりん さん
小売店への配慮については、アリバイ的なものでしかない、というのが皆さんのご意見のようで、それには同意します。いずれにせよ、過渡期の措置であって、来年早々にやめてもおかしくないレベルの物でしょう。任天堂の流通への配慮は、伝統的に在庫リスクを流通側に負わせている事の裏返しでもあります。バーターですよね。

ネットサービスに関してはかなり根本から間違いだらけではありますが、ネット部門を管轄する役員がいないのも問題でしょうね。IT企業においては、エンジニアリングに対しての理解度が求められることもしばしばありますが、プログラマ出身の岩田社長がネットワークサービスに関して理解度が薄かった、というのが悲劇でしょう。

なまじっか自分が素人であると自覚していれば、ネットワーク担当役員を立てるという判断もありえたのでしょうが、自分が玄人だと思い込んでいれば、そういう選択はできません。この辺は、ネット事業の重要性を知っていながらも本質的な理解ができなかった出井氏@ソニーや、結局はハード屋でしかなかった久夛良木氏@SCEのような悲劇ですね。

まあそもそも、仮に岩田社長がネットワークサービスに対しての理解度が高かったとしても、ネットワーク担当役員は作るべきでしたけど。その点については、社内政治というかバランスの問題で、大胆な組織改編ができなくなっているのではないか、という疑念もわきますが。

経営陣が10年近く固定化されているのがおかしな話です。事業の柱=担当役員=派閥となってしまい、派閥間の競争がゆるやかな物であったとしても、新しい事業の柱を打ち立てたり、既存の柱を統廃合できなくなってしまう。そういう大企業病にかかっている、と思えてなりません。実際、この10年、任天堂は新しい製品カテゴリーを生み出せていません。iPadを大きくなったiPod touchと言ってしまう社長、という問題の本質はそこにあるのかな、と思います。

シャープも町工場が大きくなったと揶揄される事がありますが、任天堂も新社長になって10年も経つのに、結局その体質が抜けてないのだな、と眩暈がしますね。ベンチャーのようにトップの果断な決断で動くこともできず、良い意味での大企業のように客観的な経営ができない。

まあ町工場的であるから、DSやWiiのような奇襲戦法ができたのだとも思いますし、それが原因で3DS&WiiUのような失策をおかしてしまうのも自然の道理なのかもしれません。良い面と悪い面が両方出ました。そんなもんですよね、長期的には。

いずれにせよ、若手がヒット商品を出すとか、ベテラン経営陣が考え方を変えればそれで済む、というレベルの問題ではなくなってきたのでは?という疑いがあります。

驚きのあまり、何度も読み返してしまいました、このご時世に、「ネットワーク担当の役員がいない」ですと…!?いやいや、これは私の読み間違いか、目の錯覚だろう、まさかこの時代にそんな馬鹿な!?と何度も読み返し、改めて愕然としました。
全く畑違い、ITとは程遠い業界で働いておりますが、それでも随分と前からきちんと取締役にIT担当、と割り振られてますけれどね(まあ、その役員が深い部分まで理解できているかどうかはさておいて)
こんな社内体制でWiiUを発売するとは、どんな結果になるのか、逆に楽しみになってきました。

ところで、全く見当違い、と言われそうですが、個人的には任天堂はあの規模(とはいってもさほど社員数は多くはありませんが)なのにも関わらず、社内に労働組合がない、というのが以前から気になっています。
業界的に組合とか無縁であるかもしれず、そもそも「組合」という組織に拒否感を抱いている方も多いかと思いますが、私が勤めている企業では労使関係はまあ良好ですし、何よりも組合があることによって、「会社の上層部に社員の声が届く」という、互いにとっての利点があります。
経営陣も社員も、結局は会社を繁栄させる、という同じ目的の為に働いている訳ですし。
社内の風通しさえ良ければ、別に組合を結成する必要もないのでしょうが、どうもそうは見えない、というか、あれだけ大きな企業であるにも関わらず、どうも「中小の町工場」感が拭いきれない気がします。

一発逆転狙いで、社外からIT関係の大物+技術者大量、をヘッドハンティングでもしてくれば、大分風向きも変わる気がしますが、どうですかね?

>桜木 さん
会社ホームページやwikipediaを参照してもらえれば、驚くべき実態()がわかります。

代表取締役一覧
代表取締役社長 - 岩田聡
代表取締役専務 - 森仁洋(経営統括本部・本部長)
代表取締役専務 - 波多野信治(営業本部・本部長)
代表取締役専務 - 竹田玄洋(総合開発本部・本部長)
代表取締役専務 - 宮本茂(情報開発本部・本部長)
常務取締役 - 松本匡治(管理本部長兼総務本部長兼財務部長)
常務取締役 - 鈴木英一(海外本部長)
取締役 - 君島達巳(米国任天堂CEO)
取締役 - 竹村薫(人事本部長兼人事部長)

というより、ソフトウェア開発のうち、「企画開発本部」相当を担当する役員がいまだに居ないことも、不思議なことです。組織体制がDS前後で止まっており、組織レベルで時代の変化にまったく付いていけてない事が浮き彫りになります。

労組については、そもそも役割が今の時代にマッチするのかという疑問もわきますし、基本的には高待遇の会社のため、必要かというとピンときません。まあ労組が無い話は割と有名なので、任天堂ファン系のサイトや辞典などをお調べになると、その辺のエピソードも出てくると思います。

> 社外からIT関係の大物+技術者大量、をヘッドハンティング
基本的に「内向きな」会社の典型ですから、外から大物を連れてきても、社内で孤立して終了、になりそうな気が・・・。天の声が抜擢する以外は難しい気がします。シャープから浅田氏を招いて、会長に据えたこともありますが、あれも山内氏の手腕だったはずですし。

権力バランスを突き崩すことのできる天の声が積極的に動かない限り、何ともならないんじゃないかな、と。ただ今さらそこまで積極的に動くのか、動いたとしてあてがあるのかは不明ですね。組織論のレベルでいうと、非常に問題がある状態になってきました。一人のクリエイターが画期的な製品を世に出せば解決するというようなレベルではなく、構造的に「ハマった」かもしれないな、と思います。

まー、キャッシュはまだまだ持ってますし、会社としては優雅な「老後」を送るのもありなのかもしれませんね。緩やかに老いていくも一興。WiiUを売ろうとあがき、もがく今後の数年間が「失われた数年間」になってしまうのは明白なだけに、残念でなりません。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。