Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長ノンストップ! 次の時代への投資が重要

コンプガチャ規制がどう影響したか。
ソーシャルゲーム各社の四分の一半期決算が出てきていますが、「ほぼ影響なし」という結論になりそうですね。
グリーは営業利益が2割減という日経報道がありましたが、DeNAに関しては影響が無いどころか、増収増益で成長が続いており、ソーシャルゲーム業界はまだまだ伸びていきそうです。「コンプガチャ規制で滅びろ」という呪詛は通じませんでした、残念!

まあ、そんなものですよね。

古い産業の呪詛なんて、新興産業にはまったく影響しません。
ソニーやシャープ、パナソニックが台湾や韓国のメーカーを小馬鹿にしているうちに、10年も経たずぶち抜かれてしまい、もはや勝てるなんて誰も思えなくなっている現状、乞食みたいに銭を分けてもらって生きながらえようとしている現状を見れば、答えは明らかです。

新しい勢力は未熟かもしれないが、同時に脅威である。
そういう認識を持てていれば、健全、健全。それを感情論で否定するようになってしまったら、ただの老醜です。老醜企業の末路はシャープなどが身をもって示してくれています。10年前の下請けを相手に乞食する真似になる。

無論、個別に企業を見ていけば、減益になった企業もありますが、人材獲得競争の激化によるコスト増だったり、開発費と広告宣伝費の高騰だったり、海外展開の投資だったりと、様々な要因によるもの。どちらかというと、RMT対策に関連したトレードの自主規制などの方が効いているんですよね。

集客という点では、モバゲーがIP物での成功例もあり、伸びてきているように見えます。グリーは『ドリランド』が落ちてきているせいか、全体に集客力が伸び悩んでいるような気配ですね。まあこの2社に関してはシーソーゲームのような競争関係がまだ続くように思います。

LINEを擁するNHN Japanがどれぐらい立ち上がってくるか。リアルソーシャルグラフのmixiも課金は当初苦戦してましたから、課金売上でトップ2に比肩するほどに成長するのは時間が掛かるかもしれませんね。

全体としては成長しつつも、勝敗が明確に分かれていき、企業の合従連合が進んでいくという、コンシューマーゲーム業界でかつて起きた出来事が繰り返されていくのでしょう。


そういえば、
So-netを完全子会社化。Gaikai買収に続く大型投資
クラウドゲーミングのGaikaiに続いて、So-netを完全子会社化したことで、平井ソニーの新戦略が徐々に輪郭を持ち始めてきましたね。自社に不足している部分を買収等で補うのは、スピードを重視する意味で大切ですね。

一方で周回遅れのサービスをなかなか改善しない近視眼的な企業もあるわけですが……。ゲーム専用機という狭い世界の中での短期のシェア争いに没頭して、その間にゲーム専用機の未来そのものが地盤沈下を続けている、というシュールな光景。

焼き直しのラインナップを揃えたり、脳トレの夢をもう一度に2,3年掛けたり、本体内蔵ソフトに無駄なリソースを突っ込んだり、シャープやパナソニックと共通する開発戦略のように感じます。

  1)本来の価値を見失って表層的な価値に固執する
  2)ユーザーが求めていない機能や性能に無駄な開発リソースを投じる
  3)内輪受けの機能を革新的と勘違いして新商品を開発する
  4)焼き直しにリソースを割きすぎる

近視眼的なシェア争いだけでなく、中長期的な展望を見据えた戦略も進めてほしいのですが……。「時間をお金で買う」という選択肢も今の時代は無視できないはず。

スポンサーサイト

コメント

日経に続いて朝日まで任天堂に歯を剥きましたねw
というか表面的な数字しか見てない人にはこういう解釈なのでしょうね。
特に流通サイドから見れば、ボリュームと消化率でしか見てないでしょうから、この認識で何も間違ってないとおもいます。

「ドラクエ10出足低調 前作の2割以下」。
http://www.asahi.com/business/update/0809/TKY201208090470.htm

WiiなどのコンソールではMMORPGと言っても入り口のネット契約から接続設定からなにもかもが障壁で、という時代遅れなプラットフォームだと断罪するのは「とりあえず横に置いておいて」、例えばMMORPG(笑)たるDQXを仮にですよ?「最初からスマホでMMORPGにしてたら」、どのくらいの数字が出たのでしょう。年齢層がぐっと上がりそうな気はしますが、逆にスマホのキャリア、量販店あたりは、この年齢層に向かって(2年契約縛りでしっかり儲けられる)ハードを実質無料(苦笑)でばらまくチャンスだったわけでしょう?F2Pありとなしの両方で仮説してみたら面白いと思うのですが。

>ぶらりん さん
少なくともドラクエ「モンスターズ」系であれば、ソーシャルゲーム化はいずれ時間の問題でしょう。カードゲームにも向いてますし、もともと携帯電話ではスクウェアエニックス自身が携帯ゲームのモンスターズを出してますからね。
http://www.square-enix.co.jp/mobile/game/dqmm/

まー、モンスターズモドキを狙ったのか知りませんが、レベルファイブの『ニノ国モンスターズ』は爆死しましたが。モバゲーで『レイトン』が核爆死、グリーで『ニノ国』が核爆死。ファミ通でグリー田中社長とレベルファイブ日野社長の対談記事まで載せて、テレビCMまで打ってたというのに、およそ考えられないスタートを切り、完全に黒歴史になりました。

http://www.4gamer.net/games/150/G015082/20120615100/
サービス開始1か月で、カード画像を全部差し換えとか、訳がわかりませんし。最初から高品質な画像で始めればよかったのに。古いverのカード画像の酷さはmixiがオープンプラットフォーム化した当初の時代に匹敵します。開発会社がなあ……。大手SAPはレベルファイブ程度の版権じゃ、乗ってこないって悲しい現実が見えてきます……。

ソーシャルゲーム化で爆死が続いたうえ、パッケージゲームも安易なバージョンアップ版の発売や、リパッケージ版の発売で、どんどん流通の信用とブランドパワーを低下させており、結局DSバブルの麒麟児で終わるのか、と思うと、残念ですね……。

濃いユーザーを取れないのが地味に効いてますね。
『タイムトラベラーズ』も評判はいいようですが、売上はパッとしません。絵が駄目すぎるわけで、ライトノベル市場で小説単独だけで頑張ろうとしてる作家先生()のような悲しさが。失敗という印象の強い『428』でさえ、各機種版を合計すれば、10万本を超えてますし、TYPE-MOONの名前を利用して、釣りかましてくれましたが、まあクソ外道なやり方であったとしても、売るための努力は感じます。ライトも取れないし、コアも取れない絵にしているのが理解不能です。

半端な物は駆逐されていくというのが、『ニノ国』『guild01』『タイムトラベラーズ』『ガンダムAGE』に共通した失敗点ですね。ライトな女性と子供相手に作る以外、取り柄が無い。任天堂でさえ『FE覚醒』では健闘してみせたのに。

話を戻して、『ドラクエ11』はどうあるべきかを考えるなら、スマートフォンは当然視野に入ってきますよね。3DSでソロゲームを出すか、スマートフォンで非同期型オンラインゲームでF2Pするか。ただ、ドラクエクラスなら、有料+アイテム課金でも成立させられるとは思いますし、まずは手堅くそちらから入るのではないかな、と思います(モンスターズではなく本編なら)。

あの大ヒットさせた「イナズマイレブン」すら、もう焼き直しを出すほど必死な状態ですからね。
まー、既に焼き直しが多い3DSですから徒にレベル5だけを揶揄するのもなんですが

AGEもガンダムブランドを使って、既にあらゆるグッズが記録的核爆死

まあガンダムブランド自体は健在ですし、バンナム自体は好調ですからバンダイナムコグループとしては数ある企画の一つがコケた程度のダメージで済むのでしょうが。
「ジブリなど異業種の大物とすら話を通せる日野社長」のカリスマイメージは大きくダメージを受けた事になります。
このあたりは任天堂の岩田社長のメディアの扱いと被るものがありますね。

>大手SAPはレベルファイブ程度の版権じゃ、乗ってこないって悲しい現実が見えてきます……。
まー、大手の超大型版権ならともかく、今や大手SAPの方が版権を選ぶ時代ですからね
これも時代の流れを感じざるを得ませんな。(いやレベルファイブも新興の会社ですが、IT業界でオワコンの代名詞になりつつあるmixiですら数年前までは期待の新興企業でしたからね)

>ライトな女性と子供相手に作る以外、取り柄が無い
やはり、一過性のブームって感じがしますね。

元々、DSバブルで大きく躍進したまでは良かったのですが、DSバブルの縮退の時にやった戦略が致命的でしたね。
まあ、一応バブルの縮退は見越せてはいたからPSにシフトしたり、余所のクリエイターを集めたり、ソーシャル系にも秋波を送ってはみたのでしょうが

>半端な物は駆逐されていくというのが、『ニノ国』『guild01』『タイムトラベラーズ』『ガンダムAGE』に共通した失敗点ですね。

>ライトな女性と子供相手に作る以外、取り柄が無い
任天堂ハードではとりえになりましたが、それ以外ではねえ…

>ぶらりんさん
まー、流石にネトゲそれもMMO失笑モノ…と言うのもまあもっともな事ではあるんですけど、逆に言うと一般新聞は悪意ある訳でもなくナチュラルにその程度にしか認識されてないって事ですからねえ。

>名無しさん さん
まー、勢いがあった分、群がってきた連中も多いでしょうし、キャッシュを食い潰されないうちに、リストラ等を推進できるかどうか、ですね。3DSの客層相手に有名クリエイターの名前で売れるわけがないのに、集めてみせてもねえ……。古き良きコンシューマーゲームを懐かしむ企業として、キャッシュを使い潰すまで過去に生き続けるのでしょうか。

大手ゲームメーカーが何だかんだでソーシャルやスマフォで利益を上げているのに比べると、中堅以下のメーカーのほうが転換できてないのが悲しい現状です。積み上げたIP、溜めこんだキャッシュ、厚みのある人材、なんだかんだで大手の潜在力ですね。

中堅以下ではもう肝心の「人」が残ってないんじゃないでしょうか。名の通ってる人はともかく、その下のエンジニア、クリエイティブは動きが速いでしょう。

というか、ここでのDAIKIさんの論調を理解できれば、そういう人達が何をすべきかは十分伝わってると思いますしw

> ぶらりん さん
まー、レベルファイブが良い例ですが、コンシューマーゲームの凋落傾向が続く中で、そこからこぼれ落ちたくない人材を吸収していった。しかしそのために、コンシューマー系しかやりたがらない層が凝り固まって、オンライン系に転換しにくい、というのはありますよね。大手は既に多数の従業員を抱えていたから、それをどうやってオンライン側に転換するかという事を経営陣が悩んできた訳で、その差が出ているな、と思います。

転換という意味では、SCEはプラットフォーム側やネットワーク側は転換が強制的にでも進められる気配がしますが、スタジオ側は縮小の一途かな、と。SCEAぐらいでしょうね、きちんと機能しているのは。

任天堂は「政治」なのか「力関係」なのか知りませんが、ちょっと病んでいるな、と感じています。「鬼トレ」等のDSバブルの夢よもう一度路線、3DS内蔵ソフトで自己満足路線、たいして貢献してないパルテナ、WiiUと3DSでスマブラを作るはずだったのに消えてなくなるプロジェクトソラ、……これら全てが岩田社長系統の開発ラインなんですよね。

こんなの駄目だって誰もがわかるはずなのに止められないというのは、他の経営幹部や直下の社員たちは何をしてるんだろうな、って不思議です。岩田社長が暴走してるのか、他の幹部から生暖かく見守られているのか。

まあ「上意」の強い会社は、「上意」が正しいことをしている勝ち戦の時は勢いが加速して非常に強いのだけど、「上意」が迷走している負け戦の時は下から意見や批判が上がってきにくい、という性質があります。ゲームキューブ中盤以降の負け戦っぷりも酷かったですしねえ。

PSPという外圧と2画面ゲーム機という山内氏の提案で、転換の「きっかけ」をもらったおかげで何とかなりましたが。結局、より上位からの「上意」とか、外圧が無いと、駄目なんじゃないの?というのが見えてきました。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。