Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地盤沈下しているという認識の中で再構築していく他ないのよね。

日本そのものについて、これからの日本に期待している人がどれだけいるのか。そう考えれば、ゲーム業界だけが突出して期待される方が不思議な話です。地盤が沈下している中、娯楽産業だけが浮き上がるのは難しい。日本のあちこちで起きている現象であって、ことさらゲーム業界だけ槍玉に上げるのは無理があります。
しかし次の「ゲームは日本が世界に誇れる産業だと思いますか?」という質問では「強くそう思う」、「そう思う」、「少しそう思う」と答えている人がほとんどで、「思わない」と回答したのはわずか10%であった。日本のゲーム業界は技術的には海外のゲームデベロッパーに抜かれてしまってはいるが、世界に誇れる物だという認識がまだあるのだろう。
(略)
最後に「海外のゲームソフトと日本クオリティ差」の項目では「日本をわずかに超えている」、「日本をはるかに超えている」と答えた人が会わせて64%もおり、日本のゲームクオリティは海外に負けていると思っているユーザーが大半のようだ。

技術はある程度まではいくら投資したかが反映されます。
より大きな市場をもち、その市場で売れるジャンルを抱える会社がより巨額の投資を続けて、さらに強大になっていくのは自然な流れです。一定の大きさを誇っていた国内市場に依存しすぎた日本企業が、海外に押されていくのも当然です。それほど日本と海外で売れるジャンルは異なります。

海外市場をリサーチして研究開発すればよいというのは道理ですし、今後はそこが問われていきます。が、もともと国内市場が小さかった韓国などに出遅れてしまうのは、家電などでも起きた話であって、足元の(高利益な)ユーザーが国内、社員も経営者もほぼ国内、という状況で、国内依存を避けるのは難しかったのは事実でしょう。これからの立て直しが重要。

数年前には「でも●●は違う」という意見もあり、そこに任天堂やカプコンあたりが含まれていたかもしれませんが、今この2社だけを別格として礼賛する人はいないでしょう。以前から売上に占める海外比率が高いだけに、他社と比べて比較的パッケージゲームの開発を維持できているのは確かですが、構造として国内感覚が強いのは変わりません。

カプコンが依存している『モンハン』はほぼ国内のみの市場です。任天堂は全世界で売れるIPを最も多く抱えている企業ですが、据置ゲーム機における退潮傾向が北米市場で鮮明になっており、近年のゼルダも不調。根幹のゲーム機戦略にしても、3DSは狭い国土と電車通勤文化に依存した「すれちがい通信」などに基軸に据えて、海外では魅力のない機能をごり押しする羽目になってます。Wiiのネットワーク戦略の失敗も、(北米に比べて)ネットに対する抵抗感が強い日本人センスが裏目に出た結果ともいえます。

無論この2社は相当マシな側ではあるし、海外売上の比率も高いのですが、要はそういう企業であっても、開発や経営、社員構成が日本に依存しすぎており、その弊害からは逃れようがない、というシンプルな事実が明らかになりつつあるのです。

個々のコンテンツが当たった、外れたという個別の戦いを積み上げても、大きな構造での戦いに勝てるはずもない。そこは謙虚に反省し、転換するほかありません。そしてそれはゲーム業界に限った話ではありません。


ユーザーの期待感うんぬんでいえば、日本のゲーム産業が立ち直る荒療治を断行するには、その過程において日本のユーザーの望まないゲームに開発リソースを割く期間が不可避に発生するでしょう。日本の大手企業の失敗というか不運は、海外市場で売れるようになるまでの間、日本のユーザーからも、海外のユーザーからもそっぽを向かれるソフトを出し続ける体力と根性が無かったことです。

海外向けと号令をかけて、いきなり売れるようになるわけもなく、売れないソフトを出しながらも、改善を加えていき、アプローチを見直し、時には組織構造にもフィードバックを掛けながら、売れるソフトを生み出せる体制を構築するほかありません。ただ、それにはえらく時間が掛かるわけで、それまでの期間赤字を垂れ流し続けることができるかどうか。それが許されたかどうかにすぎません。

2000年以降の10年間で、投資する時間は十分あったはずですが、資本投下という点では無理だったという事です。大手企業がさらなる大合併を進めていれば、資本体力はついたでしょうが、国内市場のボリュームがあったので、統合する方向には進みませんでした。「日本は家電メーカーが多すぎる。韓国みたいにもっとまとめた方がいい」という議論と同じ事は言えるのです。


海外においても、アクティビジョンブリザードの身売り話や、EAの買収の噂など、超巨大パブリッシャーもとても安泰とは言えませんから、日本のゲーム業界だけを槍玉に上げるのはちょっとおかしいのですが……。比較的好調なUbiSoftにしても、WiiU向けの投資金額は限定的ですし、携帯ゲーム機の比率は小さく、ソーシャルを含むその他分野が急激に伸びています。
パワーシフトが起きている中でどこに付加価値を持つべきかという視点が必要であって、足元への戦略的な再投資も含めて、見直すべき時期ですね。


スポンサーサイト

コメント

頼みの綱のUBIでこのザマなのだから、他サードについてはいうまいですね
>海外では魅力のない機能をごり押しする
海外で活躍してる業界人の方も指摘されてましたね。
まあ、そもそも国内でも一部のゲームにとどまってる気もしないでもないですが

>Wiiのネットワーク戦略の失敗
これは欧米はもとより日本でも完全に期待はずれで失策でした

元から、携帯ゲーム機の比率が小さいので、一足飛びにスマホにシフトしそうですね
・崩壊といってもいいほどのWiiのシェア低下
・3DSの拡大が鈍く、Wiiどころか、DSの減少分も埋められていない

厳しい現実が浮き彫りになってきましたね。
任天堂自身の4半月機決算も、縮小したとはいえ未だに赤字で、売り上げ高の減少は止まってません

>個々のコンテンツが当たった、外れたという個別の戦いを積み上げても
「局地戦」で「強奪」を繰り返しても、結局は全体のプラットフォームのエコシステムを見ることができないようでは効果は上がりませんね。

> ロケット弾 さん

> これを見て我が目を疑ったのだが、2008年4-6月期に比べて、2012年4-6月期の売上高は5分の1の規模となっている。
http://gamebiz.jp/?p=69308

見る影もない無残な売上ですね……。
最盛期の5分の1というのはジョークの世界。経営陣が総退陣すべき、と言われても反論できないレベルでしょう。老醜と頑迷さのハイブリッドには困ったものです。

WiiUという巨大な敗戦処理も控えており、これから貴重な2,3年を老廃物の処理で奪われてしまうのも悲劇すぎます。その期間、新しいビジネスモデルへチャレンジすることもできず、WiiU向けに続編タイトル等を出すことに貴重な開発リソースも奪われてしまう。負のスパイラルに入った企業の悲しい宿命ですね……。

任天堂はそろそろ真剣にソフト屋転向を考えるべきなんじゃないでしょうか。
ハード事業はやることなすこと未来にまったく繋がってないですよこれ。

> DAP さん
セガの先例を思えば、ただのソフト専業では厳しいでしょう。
大切なのはハードかソフトかではなく、新しい事業の柱があるかどうか。

それが打ち立てられてない間に、ハードを続けるとかソフトに集中するとかいうのは、議論として意味がありません。利益率の向上はあるにしても、ハードの売上が無くなれば、売上規模はがくんと減ってしまう訳ですし、他機種展開したところで、売上が倍になるという保証もない。

新しいことをまずやるべきですね。
その過程で、必要性があれば、ハードをやめればいいと思います。

セガは、アーケードという大きな事業の柱があったので、ソフト専業になっても問題はなかったと思います。そして、先端技術が集まっているアーケードの技術がコンシューマにも生かすことが出来ています。

しかし、任天堂は自らがゲームハードを発売し、そこに自社のソフトを独占的に乗せることで、ハードから得ることができる利益をほぼすべて独占することで、高収益企業として存続してきました。
でも、ソフト専業になったら、ハードの利益、サードからロイヤリティがすべて吹き飛び、自社ソフトの場合にはゼロだったロイヤリティが新たに発生します。ソフトによる売り上げはキープできても、収益はかなり縮小することが考えられます。
また、先端技術を養う土壌がなかったので、HD映像対応のソフトもまとも出せないとなると、マリオなどの過去の遺産をスマホへ低価格で展開するしかない状態になるかもしれません。

そうなったら、死しかないかも。
DAKINIさんの言われる本当に新しい事業を築かないといけない事態になると思います。

>まう さん
おっしゃる通りで、ゲーム専用機メーカーをやめたら、ビジネスは大幅に縮小してしまうでしょう。ゆえに専用機に特化するのはわかりますが、どのような企業でも、新しい領域を模索するのが自然であって、マイクロソフトはあまり上手くいきませんでしたが、かなり多岐に手を出して、まあXboxはだいぶいいところまできました。アップルはMacからiPod、そしてiPhone、iPadと事業を拡大し続けています。

任天堂にとって最大のチャンスはDSとWiiの時代でした。あそこで種まきすべきだったのに、腐ったWiiチャンネル、DS世代を延命させるためだけのDSiとDSiLLなど、近視眼的なハード戦略を繰り返し、自滅しました。

せめてネットワークアカウントの整備をしておけば……本当に愚か。プログラマ出身の社長とは思えないほど、ネットワークに関するセンスが欠如していますね……。

mixiにお詫びするなど3年8ヶ月遅いわ!
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2012/07/mixi38-fe46.html
切込隊長のmixiに対する嘆きは、そのまま任天堂にも当てはまりそうで笑えません。

> しかし、彼らは死んだ。何故か。志が低いからだ。あれだけ多くのユーザーを抱えながら、
> ビジネス提案ひとつこなすのに四半期まるごと待たせる。 着手が進まない。技術力は
> あるけど統括する力が弱いので「取り急ぎのリリース」さえもできない。重要なポジション
> の人が辞める。埋め合わせよう としてコニットとか買う。埋まるわけないだろ。
> ユーザーに対して、mixiが社としてどういう体験を持ち、どんなコミュニケーションをしてもらい、
> mixiの中に どれだけの交流の資産を築き上げてもらうのか、そういうサービスを
> 作り上げていく心が足りない。
>
> 金がないなら増資すればいい。人が足りないなら雇えばいい。だが志がない会社は
> 本当に駄目だ。あれだけのチャンスを両手いっぱいに抱えながら、 mixiは自ら死んだんだよ。
> 相場はお通夜になってるんだよ。そういう奴らに対して、お前は死んだと書いて何が悪い。
> 謝罪する必要がどこにある。ビデチャでも 新しいUIカスタマイズでも、新しいことじゃんじゃん
> やればいいじゃねえかと思うのに、ユーザーが望むんじゃないか? と思うような改変さえ
> 満足にできない死体は蹴っ飛ばしておけばいいんだよ。

ま、mixiほど死んではいませんが、死につつあるようには見えますね。

困ったことに「NEWスーパーマリオ2」のように、既存路線のソフトを短期で仕上げる能力だけは上がってるので、既存路線にしがみつく能力だけは高まっちゃってるというのが始末に負えません。局所最適化が進みすぎて、任天堂ガラパゴス王国だけはしばらく保ちそうだから、サードパーティ各社が逃げ出すか死に絶える状態になるまでは、戦い続けちゃいそうだな、という喜劇が頭に浮かびます。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。