Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地盤が沈下すれば、天空のお城も下がっていく。

うっかり、また更新が空いちゃいましたね……。

その間にも3DSLLのすっぱ抜きで信頼性を高めた日経が任天堂の組織改革を報じています。本来の意味でのリストラに相当すると言ってよいでしょうね。リストラというと、解雇や希望退職がセットになっているイメージがありますが、本来は従業員の増減ではなく、組織の再構築を意味します。早めに手を打っておくのは当然ですし、経営として健全ですね。

任天堂、専門能力持つ社員処遇 ゲーム開発力強化
このほど社員に通知し、16日付で実施予定。高い専門能力を持つ社員を対象に「シニア・スペシャリスト」と「統括」という新たな役職を設ける。いずれも年俸制で任期を設定。管理職と同等の責任や権限を与える。

従来は例えばクリエーターでも部長など管理系の役職でしか処遇できなかった。専門能力を生かせる役職を設け、社員のやる気と創造性を引き出す。岩田聡社長はヒット作が小粒になり、収益をあげるのが難しくなったとみており、開発面のてこ入れが必要と判断したようだ。

このほか各本部の本部長を補佐する副本部長を現状の1人から4人に増やし、中堅社員を抜てきする。業務の執行体制を手厚くするとともに、次代を担う経営幹部の育成にもつなげる。

営業面では6月末に岡山営業所を廃止したのに続き、年末までに札幌営業所を閉鎖する。いずれも地方営業を担当していたが、大阪と東京の支店が業務を引き継ぐ。

ほかに、昨夏に始めた役員賞与の削減を今期も継続する。社員旅行の休止など福利厚生にも切り込んで経費削減を急ぐ。
要は、日本国内の市場サイズでは、もはやコンシューマー業界の人員を食わせられなくなっている、という事です。中小はソーシャルへ逃げていくか、潰れるかしており、大手も大胆な組織改編や人員整理を行っている。頂点に位置する企業でも、人員削減は無いにせよ、組織の大変更は必要になってきている。地盤が沈下しても、天空のお城が高度を保てればよかったんでしょうが、それは無理だった、という当たり前の話です。

そういう意味では、地盤沈下をどう防ぐかというエコシステム全体への施策も忘れないでほしいものですね。と書いている傍から、こんなニュースが。
gamescom、Wii Uタイトルも体験可能に・・・任天堂はブース出展せず

新ハードを投入する年にもかかわらず、ショウへの出展をしないというのはなかなか微妙な話。業界の盛り上がりが問われている情勢で、自社の利益のみを追求する姿勢はいかがなものか? グリーやサムスンの参加と対照的な事象です。
GamesCom 2012:出展社リスト、他

またこちらの話題も気になりますね。
桜井政博氏のプロジェクトソラ、6月30日をもって解散

まー、元々プロジェクト方式だったのは確かですが、せっかく集めたスタッフに対して安定した雇用を提供せず、いちいち解散するとは……。どれほど詭弁を弄したとしても、任天堂サイドのリスク回避でしかありません。立ち上げの頃には、岩田社長らがプロジェクト方式によるゲーム開発の可能性を語っていたこともありましたが、まさに失笑。別段そういう取り組みを広げる気もなく、単に桜井氏のプロジェクトのみ。詭弁の極み。

なんというか地上が沈むのはガン無視して自重を軽くしようと、荷物を地上へ投げ捨て続けているように見えてしまい、非常に悲しいですね。コンシューマーゲーム業界という地盤が沈下すれば、天空のお城も当然高度が下がっていくわけです。

はちま起稿:日本ファルコム、来期以降に「軌跡」シリーズを3DSなどに展開する模様
PSVitaが揺らいでいる間にせっせと切り崩し工作を進めるあたり、努力しているのは確かでしょうが、奪ってきた苗が自社の畑で育つかどうかが重要です。相手の畑が枯れてしまえば、自社の畑以外に行く場所など無いのだワハハハハみたいな前代的な論理は捨てて、謙虚な姿勢でプラットフォームを運営していっていただきたいものです。


スポンサーサイト

コメント

>新たな役職を設ける。いずれも年俸制で任期を設定。管理職と同等の責任や権限を与える。
悪い見方すると
『年寄りの比率が高くなりすぎて管理職が用意できなくなったので増やしました。』

ま、新興の会社でもない限り、ドコでも一緒ということでしょうね。

>T.S さん
まー、任天堂のように人員整理等をしない安定した会社の場合、どうしても年齢の高い層が居続けますから、若い社員ほど、管理職などには上がりにくくなるのは当然の事ですね。椅子が足らない分を補うのは仕方ないことでしょう。

ただ、当然副作用として、責任や権限が分散して、組織としての機動性が落ちていくリスクも高まります。というか、要は「普通の会社」になるのだと思います。どんな企業であれ、成長していけば、そうなるのは当然ですが。これからの10年という意味では、しばらくの悪い時代を経て、ディズニーのように再生するフェーズに突入するのかな、と思います。

「普通の会社」から「普通でない会社」に戻すには、創業者やそれに近い立ち位置の人間がでないとほぼ不可能なんですよね。グーグルは共同ファウンダーのラリー・ペイジがCEOになってから、サービスを再編していますし、アップルはもちろんジョブズが復帰してから蘇りました。岩田社長はとてつもなく優秀な経営者だと思いますが、しょせん雇われ社長でしかない。そこには限界があります。

株式会社という特性がある以上、巨大なリスクを負った決断を行うには、大株主との調整が不可欠ですが、やはり異なる2人の考えが一致することはありませんし、経営から離れた株主の場合には数字を理解できても、会社を取り巻く環境に対してリアルタイムの危機感を抱くのは難しい。仮に株式が無い場合でも、創業者というレジェンドはやはり特別な物がありますしね。

誘致するのはかまわないんですけど、
絶対売れないと分かりきってるのを出すサードもどうかと思いますね。
まぁファルコムはイースを外注でDSに出してリスク回避していましたし、
シリーズ本編を3DS独占にして、それがまったく売れず会社が危ない!なんて事にはならないと思いますが。

>奪ってきた苗が自社の畑で育つかどうかが重要です。
これが成り立つのって奪った側のハードがユーザー層にマッチしてた場合だけですからねぇ。
地盤沈下を加速させる行為だし、
それにのっかるメーカー各社も同罪ですけど。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。