Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらら、早かったですね。つかその時期に出るの知ってたのにスティック無しでLL投入したんですか。

2013年春発売と発表されました。
早かったですね。
『モンスターハンター4』の最新映像リポート! 新モンスターと発売時期も明らかに!【画像追加】【CAPCOM SUMMER JAM】

またもや拡張パッド(3DSLL用)が同梱されるんでしょうか。

春に出ることを知ってたのに、右スティック無しのLL投入したのか。
ハード戦略に関してはホント無茶苦茶だな……。
つき合うカプコンの開発陣は立派。

(※ハードメーカーは当然、発売時期はかなり事前に知ってます)


スポンサーサイト

コメント

まー、こういう旧態依然と言うか、ハードの筋の悪さが足を引っ張るなんて今何年だと思ってるのって気がしますね。

前のエントリでもありましたが、こういう所が日本企業の没落に繋がってる気がしてならない
場当たり的で一貫性が無いと言うか、企業のストーリー感が無いと言うか…

タイトルさえ奪えばそこで終わりでユーザーが何を望んでいるのかは考えていないんですかね・・・。

>2013年春発売と発表されました。
>早かったですね。
4が出る前にPSPで3rdGを出して3Gを買わなかったユーザーをフォローするものと思っていたので、
この速さに驚きました。
PSPから移行していないユーザーもPS系での展開は諦めて3DS買ってねってことなんでしょうか。
3Gを買わなかった350万人のPシリーズユーザーが4に対してどうするか非常に興味深いですね。

あ、そういえば当然右アナログスティックも別売りですから、実質値上げ幅はさらに膨らんでVITAとの価格差は更に狭まりますね。

VITAはライトユーザーにはまだ高いと言う所がネックですが、最初から右アナログスティックを搭載するなどそれ以外の面では優れていると言えます
PSPは現実に今まで最もモンハンを売ってきたハードであるという実績があり、今では非常に安価に買う事が出来ます。

本当に3DSで出すメリットあるのかねえ?

どこに何が出ようが心底どうでもいいですが、画面デカくする暇あったら右スラパつけろよと。しかし3DS戦略は今のところまんまDS時代の戦略を倍速でなぞってる感じですね。有名IPの取った取られたはゴシップ屋の飯の種になるだけで正直、今回のLLの発表見る限りは場当たり的な戦略だけだなと思わざるを得ません。モンハン奪いました→で?その次がないですよね。

モンハンも、プラットホーム間でユーザー不在の移籍騒動を起こして、ブランドが崩壊しかけたバイオと同じ事をしているね。学習しないのかな?
それより、クラウドゲーミングのGaikaiを、提携を通り越して買収。凄い札を手にしましたね。
SAMSUNGが道化だったね。

今回はSCEも早かったですね。SCEとはいえ、ソニー本社役員会で平井さんの先導がなければ出来なかったでしょうし、ソニー新社長としてのリーダーシップを対外的にアピールするのには小さすぎるくらいの買収規模だからスカってもまあ許せるってところだし、役に立つ事はあっても害にはならないディールではないでしょうか。

もう右スティックぐらいでグダグダやってるんじゃねえよ!って感じなんですが。国内ゲーム業界の人たち、本当スピード感がないですよね。

Flashでブラウザーゲーム動かしていた人たちも梯子なくなりそうですし、大丈夫なんでしょうか。実装の方はよく見てないんでどの位慌てているかサッパリ分からんのですが。。。。

> SAMSUNGが道化だったね。
サムソンとの提携は継続するようですし、それは当然でしょう。
ソニーごときのテレビ出荷台数ではクラウドゲーミングのインストールベースとしては不十分。買収したのはいいが、ソニー製テレビに限定されてしまうようであれば、金の卵を潰すような行為ですね。各社のテレビにサービスとして入っていくから、専用機ビジネスでは獲得できないインストールベースを短期間に確保できるのですから。例えば、「Gaikaiでゲームもできるテレビだから、他社製のテレビより少々高くても買ってもらえる!」などと時代錯誤の戦略をとれば、SCEは歴史的な愚者として名を残すでしょう。

>ぶらりん さん
ま、サムソンに横からかっさらわれなくて良かったね、という所でしょうか。
とはいえ、ソニー製のテレビにだけサービスが提供されても、出荷台数でどうにもなりませんから、他社を巻き込んで展開できるかどうかが肝要です。

ブランディングとしても「PlayStation」相当の物は入れておきたいですね。「Sony」が付くと、他社はOKしないでしょうから、PSブランドを押せるかどうか。

1.PS4に利用することでPS3以前のソフト資産を活かせる
2.ソニー製テレビで利用することでインストールベースの底上げと、専用機が展開しにくい地域でのビジネスが拡大する
3.各社のテレビと連携することでアップルに対抗する

2番までは社内政治で推進できますが、3番までこぎ着けられるかどうか。サムソンも野望はあるでしょうし、うまく落とし所を探れるかどうか、かな。パナソニックとの連合だけでは心もとないし、対アップルのみならず、対サムソンも戦うのは日本のメーカーの体力では不可能ですからねえ。プライドに固執して、3位に甘んじることなく、屈辱を得ても1位をめざす気概がほしいものです。

本格的にゲーム業界の戦争のルールが変わってきそうです。
クローズドなハードによる戦争からオープンな規格による戦争へ。

ソニーもSAMSUNGは重要なクライアントの提供元だから、今後も大切にするでしょう。
これからは、PSクラウド規格の端末をファミリーとして如何に増やしていくかどうかがポイント。
パナソニック、東芝、SAMSUNGとの連携を図っていくのでしょうね。

E3でのPERRY氏のこの言葉がちょっと道化すぎます。
「ソニー、MS、任天堂について語る場合、これからはSamsungを含めてください。これがSamsungのゲーム・ソリューションなのです」
この裏でソニーへの買収交渉をしていたとしたら。。。

>「PlayStation」相当の物は入れておきたいですね

そうですね。単純にわかりやすい分だけ「クラウドって結局良くわからない」「gaikai?よく知らない会社でわからないよ」と言うユーザーにもアピールしやすいだけではなく

「プレステ」ブランドにはやはりゲームの分野においては普遍的と言ったら語弊がありますが、単純に「ソニーのゲーム機ブランド」を超えたものがありますね。
プレステと言ったときに連想するものがFFやモンハン等他社製シリーズである点も特筆すべきことです。
任天堂ならマリオやゼルダ、MSならヘイローやギアーズというのとは対照的ですね。


日本では「ファミコン」の方がそれにふさわしいのかも知れませんが、欧米では別の名前ですし伝説的ではあっても少しオールド感が拭えませんし…

Gaikaiを使ったクラウドサービスは、きっと、PSクラウドかPSクラウド+じゃないかな。
でも、Gaikaiの買収は絶妙なタイミングでしたね。
E3でのSamsungとの提携発表やiPadでのデモの後ですから、SamsungもAppleもちょっとそっとでは連携を切ることが出来ない状態です。
図らずも、一番敵対勢力となりうるこの2社が買収劇でソニーのゲーミングクラウドに取り込まれた状態になりましたね。
今後、如何に早くPSフォーマット(PS、PSP、PS2など)のゲームを取り込んでいくかが勝負どころです。

さて、任天堂は3DSのACアダプターを値下げしましたね。値下げ後の価格が1000円だから、3DSLLとともに買うと19900円になりますね。ギリギリ2万をきる価格。きっと、いろいろ非難が出たから急に対応したのでしょうが、最初からこの価格でACアダプター付きにしておけばいいのに。すごく場当たり的。

>まう さん
> 図らずも、一番敵対勢力となりうるこの2社が買収劇でソニーのゲーミングクラウドに取り込まれた状態になりましたね。

うーん。
いやー、別に取り込まれたという状態ではないでしょう。サムソンはともかく、アップルはPS資産に興味があるかどうかも不明ですし。あくまでGaikaiとしておつきあいするだけで、ソニーがおかしな囲い込みを図るなら、OnLiveあたりと組んでもいいわけですし。ソニーという紐が邪魔なら、あっさり手を切ると思いますよ。

Gaikaiの買収でソニーがしてやったり、という理解はうちのコメント欄でも散見されますが、実際にはアップルやサムスンに油揚げをかっさらわれないように買収契約の締結を急いだ、という理解が妥当だと思います。

今やサムスンとアップルが強者であって、ソニーは弱者ですからね。弱者、必死ですね、と。ただし必死さは笑うべきものではなく、健闘を期待したいところです。

PS資産にしても、PS1とかPS2程度のゲームがはたしていつまで魅力を維持できるのか。リビングの大画面で楽しめるクオリティなのか。PS資産は年々摩耗していってるわけで、そういう意味では時限式の資産にすぎませんから、ソニーは展開を急ぐ必要があります。

サムスン相手なら、マイクロソフトが組むこともありえますしね。今世代の据え置きでは、事実上の覇者はXboxですから、ソニーと任天堂の今世代の資産なぞはたいした価値がありません。

> きっと、いろいろ非難が出たから急に対応したのでしょうが、最初からこの価格で
> ACアダプター付きにしておけばいいのに。すごく場当たり的。
そうですね。
任天堂のハード戦略に出鱈目さと計画性の低さを露呈してますね。
王者の振る舞いがすっかり失われてしまいました。

まあ、3DSの初期の頃のような、ネガティブな評判が拡大するのを過度に恐れているのかもしれませんね。だったら最初からまともな値付けをしろ、という点も相変わらず改善されておらず、情けない限り。

>今世代の据え置きでは、事実上の覇者はXboxですから、ソニーと任天堂の今世代の資産なぞはたいした価値がありません。

これはそれこそPSおよび任天堂ハードが撤退するまで日本のユーザーには理解できない感覚なんじゃないですかねw
国内は結局PS任天堂が強すぎるんで箱が勝っている世界なんて遥か遠く異世界の如くで、
今後も日本のコンシューマー市場が完全に衰退するそのときまで構図は変わらないでしょうし、
極めつけに国内で存在感示すためのTGSからMSバイバイしちゃってるわけで。

まぁゲーマー目線というか、コンシューマー業界ユーザー的な閲覧者が多い場所ですから、
少しでも喰らいついていこうという姿勢を見せた事を素直に評価してる人が多いのでは?
個人的な意見を言わせてもらえれば、結果が出るまで評価は出来んなってとこですかね。
反省するだけなら猿でも出来る事だし。

>DAP さん
まー、日本のゲーム業界はガラパゴス感が増してきてますからね。
一方で海外ゲームのローカライズも着実に定着してきていますよね。

カプコンと任天堂が頑張っているとはいっても、海外スタジオとの共同開発が当たり前になってきているのも事実。任天堂は海外向けの新規タイトルもめぼしいものがありませんし。カプコンは『ドラゴンズドグマ』で頑張ってましたが、日本での売上に対して海外がそこまで伸び切ってないのが残念ですね。

当面は凹んでおくターンでしょうが、さて巻き返しはどこで?という所が思案です。

>だったら最初からまともな値付けをしろ、という点も相変わらず改善されておらず
ですね。

WIIUもE3の時点での準備不足をみるに、またその二の舞を繰り返すのでしょうね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。