Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末期患者を看取る気分というかね。

末期の光景とでも言うべきか。

ソニー株主総会2012年
老害がいつまでも寄生してるんじゃねえよ、という株主達の怨嗟が聞こえてきそうな株主総会だったようで、心が生暖かくなるような光景ではありますねえ。老醜の美とでもいうか。
大した話もないしね。特にゲーム絡みという点では皆無だ。ただ、多くはストリンガーがなんで残っているのか、という突っ込みが多くあり。なので、再任に関する議案に反対だ、という意見を述べての質問などが多かった。
(略)
また、会社側が回答すると前方の方から拍手が聞こえ、株主側が質問をしてストリンガーを辞めさせろ的な発言をすると、会場全体から拍手が聞こえ。

任天堂株主総会2012年
ソニーほど厳しい雰囲気ではなかったようですが、いよいよ経営陣に対しても批判が向いてきており、メンバーの若返りなども含めて、客観的な指摘が行われていますね。WiiUが失敗すれば、批判はさらに増すでしょう。
五人目の質問です。役員に女性がいないが、社内での女性の人材育成はどうなっているのか。

女性社員はたくさんおり、管理職やマネージャーとして活躍している人もいる。役員として選ぶ時にはこの1年最善の体制をとして選んでいる。たまたま女性は入らなかった。今後選ぶつもりが無いとか役員になれないということは思っていない。
取締役9人選任があるが、9名のうち8名が10年以上取締役をやっている。マンネリではないのか、どうお考えか。もう一つ...

たくさんの方が手を挙げていますので、一問でよろしいでしょうか。

では今の質問を取り消して、代表取締役が5人もいるにもかかわらず、所有する株式が100株とかもっていないが、経営者は任天堂の株式に興味がないのかお聞きしたい。

現在の経営体制が、株式が持っているかどうか出来るのではなく、能力発揮ができるのかどうかにかかっていると思っています。現状でこの9名が1年間任天堂を率いていくうえでふさわしいと確信し、提案している。持ち株の多い少ないで、経営に対する真剣さが違うということもない。

「difference」とか何とか喚いてみせても、結果が出ている企業がそれを言えば誰もが黙りますが、単に独自性という言葉を言い訳にして、旧態然とした体制を続けるのはただの逃げであり、怠慢にすぎません。異質? ただ古いだけでしょ。

まあ似たような光景は、ソニーや任天堂に限らず、あちこちで起きているわけです。

「丸ごと買収するぞ」 シャープが震える鴻海の圧力
 「今のおたくの株価なら、うちはシャープ本体を丸ごと買収することだってできるんですよ」

 その男がこうすごんで見せると、居並ぶシャープ幹部は一様にたじろいだ。震える声を絞り出し、必死にひとりの幹部がこう切り返した。

 「話が違うじゃないか……。あれだけ、われわれは対等なパートナーと言っていたじゃないか。それなら、この話は無理だ」――。
10年前の下請けに、買収するぞと恫喝されるというシュールな光景が素敵ですが、まあシャープに限らず、日本企業に共通して言えるのは日本独自だの、異質性だのという幻想に閉じこもり、現実逃避を続けた結果がこのざまですね。

もはや現時点で、サムスンに勝とうと本気で考えているメーカーがあるんでしょうか? 勝てるとは思ってないし、勝つ算段も覚悟も無い。惨めですよね、生きた死体になるまで連携も合併もできない。腐ったプライドだけで事業を継続している。

家電はそんな悲惨な有り様だし、ゲーム専用機もマイクロソフトに据置ゲーム機を食われ、携帯ゲーム機はアップルとサムスンのスマフォの前に市場を破壊されつつあり、おまけにクラウドゲーミングで専用機の居場所を駆逐されつつある……。

変えるべきは変え、守るべきは守る。
その分別がつかない輩が何か喚いたところで、世界戦で食われていくだけでしょう。


スポンサーサイト

コメント

まー、負け犬の戯言なんぞ聞いてる暇はねーんだよ。と言うのが株主の偽らざる本音でしょう。
シャープもまだそんな寝言を言ってたのかって感じ。

まー、株価がどうなっても良いと言う奇特な方々にっておくと、株価が地をはう企業の末路なんてこんなものですよ。

かってのブランド力だのそんなもん、なんの価値もなく玩具にされるだけ
まだ美味しい所だけ吸い取られたあげく、ゴミの様にポイ

> ロケット弾 さん
現時点ではまだ持ちこたえている分野や産業であっても、これから韓国、台湾、中国等々に脅かされていくわけで、「まだ大丈夫・・・」的な楽観論で現実逃避を続けている日本人が存外に多いのは哀れではありますよね。逃げ切れる年齢でもあるまいし。滑稽の極み。

天空のお城は空中に浮いているので、地上が完全に沈没したとして、海の底に沈んでも大丈夫なのか?
実は大丈夫ではない、という事がWiiの後半戦であったり、昨今の業績に表れているわけで、サードパーティがどうなろうとも、天空のお城は揺るがない・・・・という訳はなく、国内の業界が地盤沈下すれば、その分天空のお城の高度も下がっていく、というのが実態です。

業界としての連携度を高めていく事が重要ですし、結局は「情けは人のためならず」どおりに天空のお城のためになるんですけどね・・・・。唯我独尊思想の企業は、エコシステムという概念を理解できないようで、困ったものです。

>困ったものです
ですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。