Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビをどげんかせんといかん。

やまもといちろうBLOG:SCEの技術がサムソンに流出の可能性
E3の前には、SCEからクラウドゲーミングに関する何らかの発表がある、という憶測も流れていましたが、実際は何も無かったですからね。しかしLG、サムソンともにクラウドゲーミング企業と組んでいる点は注目で、韓国勢はゲーム専用機をスルーして、スマートテレビ+クラウドゲーミングでリビングにおけるゲーム市場に競争を挑むことになります。

とはいえ、テレビメーカーでもあるソニーにとって、クラウドゲーミングは実は相性の良いテーマです。サムソンが乗り出すとなれば、社内の抵抗勢力を説得する大義名分も手に入りますし、例えばまず手始めに、PSアーカイブをソニー製テレビでクラウド展開するのは悪くない戦略です。

西田宗千佳のRandomTracking SCE社長 アンドリュー・ハウス氏インタビュー
――それは、単純にPSPタイトルをダウンロード販売する、というのとは違う形、ということですね? 例えば、会員制の使い放題だとか……?

ハウス:色々あるとは思います。まあでも、まだ決定内容についてはお話できません(笑) ソニーとして色々検討している、ということで。デジタル配信だからこそ、すでに採算がとれたコンテンツを低コストに……といったことも考えられるでしょう。
PlayStation Plusにおいて、フルサイズのゲームを無料で提供していることを考えても、過去のタイトルを月額会費制で遊び放題にする、という可能性はあり得るでしょうね。さすがに携帯ゲーム機ではクラウドゲーミングで対応は厳しいかもしれませんが、テレビと据え置きゲーム機はクラウドゲーミングで対応すれば、一気に相当数のタイトルが揃うことになります。

ソニーにとって重要なのは、下記の3点です。
  • ゲーム専用機を1台でも多く売ることよりも、テレビを含めた自社の製品を1台でも多く売ること。
  • ハードウェア単体の付加価値を追求する考えを改め、ソフトウェアやサービスによって付加価値を提供すること。
  • 自社以外のハードウェアを含めたエコシステムを構築し、究極的にはハードウェアから脱却すること。
PS Mobile構想も一例ですが、ソニーはハードウェアを売る専用機モデルからの脱却を目指し始めています。マイクロソフトも同様の考えですが、マイクロソフトはWindows8によってそれを成し遂げようとしています。

E3でハッキリしたのは、ソニーは任天堂、アップル、マイクロソフトほどにはタブレットを重視していません。というより、タブレット型の端末を普及させる能力が無いので、あまり有効に絡められない、というのが実際でしょう。ソニー全体としては、タブレット普及の夢を追う前に、大赤字のテレビ部門をどうにかする必要があり、スマートテレビにPSNやクラウドゲーミングサービスを連携させて、付加価値を高めるほうがよほど重要です。

マイクロソフトは2画面連携については「Smart Glass」で十分と割り切っており、タブコンなどを導入して本体価格を上げるぐらいなら、Kinnectを同梱したほうがはるかに良い、という考えなのでしょう。また任天堂と違い、ある程度のコストをプロセッサ性能に割くつもりなのでしょうね。そうなると、タブコンにはコストは避けません。


任天堂はゲーム専用機から逃げられないメーカーですが、専用機の付加価値を追求するあまり、専用機のコスト感を上げてしまっており、自滅願望があるという風にも感じられます。リモコン(+ヌンチャク)、従来型のゲームパッド、タブコンの3種類が必要になるWiiUは明らかにいびつで、まとまりが無く、Wiiよりも遊び方が複雑に見えてしまうという致命的な欠点を抱えています。

むしろMiiverseのようなソーシャルネットワークであったり、マリオに代表される大型IPこそが真髄であり、そこを最大化する戦略を練るべきです。特にモバイルに関しては、敵視するのではなく、「入口」や「きっかけ」として有効活用する戦略に切り替えるべきで、メディアミックスを拡大しつつ、ゲーム以外のコンテンツはスマフォやPCにもガンガン提供していくべきでしょう。


蛇足
後藤弘茂のWeekly海外ニュース - E3で見えて“来なかった”ソニーの次世代PlayStation 4
「何も発表しなかったからと言って、何も発表しなかったことをもってPS4を語るなど造作もないことです」と言わんばかりのライター芸をまざまざと見せつけてくれました。後藤先生、なんて恐ろしい子……!?



スポンサーサイト

コメント

PS+はテコ入れせず放置、PS2アーカイブスは国内だけスルー、国内ユーザーが望むソフトは1本も出さない
PS4自体日本じゃ出さないんじゃないですか?
VitaソフトもSCEJは大量に確保してるようですが未だに発表しないしSCEJの妄想でしょう
こんな状況でクラウドゲーミングと言われても国内ユーザーは何も感じないんじゃないですか?
E3後ですし北米にむけての回答なんでしょうけどなんか複雑ですね

>自滅願望
既に、動画などで720Pしか出てない事からも明らかなように、やはり性能を上げられなかったようですね。
よって
>また任天堂と違い、ある程度のコストをプロセッサ性能に割くつもりなのでしょうね。
次世代XBOXが発売した途端徐々に劣勢になり、追い越されてしまうと言うのが見えてしまいます
前も言いましたがHDDもないですし

ようは今世代機の二の舞と言う事ですが、当時よりも明らかに任天堂(と言うか岩田氏の)の「神通力」は凋落していますから、「それでも任天堂ならやってくれる」という期待感が失墜したいま、サードパーティはWiiの時より更にあっさり見捨ててシフトしてしまう恐れもあります。

ゴトウさんのごもっともな憶測は横に置いておいて(笑)、最後の2文が最重要項目ですね。これがある程度の結論をつけない限り、コンソール単体のスペック・コストをぎちぎち詰め込んだところで、これから先のビジネスには過去の瓦礫を引き継ぐだけでなんの意味も持たないです。

720pで十分!と奇特な人達がまた暴れるときの為に言っておきますが、SDで十分!と言ったwiiがどうなったのかを考えていただきたい。
当時あれほど期待され持ち上げられていたWiiですらだ、まして今の誰からも疑問視されているWIIUをや

またそもそも本当に720pで十分ならPS3やxbox360で十分なわけで
ましてやアップルが更なる高解像度路線に行く以上、世の中はそっちに行くのが約束されている訳で
(当然、アンドロイド勢のライバルメーカーはスペック上で更に上をアピールするしかない)
日本の家電屋がHDに移行させることが出来て、アップルが出来ない訳がない
次期XBOXも半導体にコストをかける以上、将来的な拡張性は十分

正直、このくらいの事すらわからずに任天堂がアレを出したのだとは任天堂ファンとしては「信じたくない」です…
ですが、現実は残酷で株価は正直ですからね…
って言うかまた下がったんですか…

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。