Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主役不在、前座の喜劇ではあったのかな。

E3に関しての雑感などを書いてみましょう。

まず主役不在感。
アップルがいないE3に何の意味があるのか、真の主役がいないイベントのような気がしてなりません。

前座の3社について感想を述べるなら、まず任天堂のWiiUは予想の範囲内を出る事が無く、従来のゲームの「拡張」以上のものは感じられませんでした。マイクロソフトは安定路線を取っており、次世代機を匂わせて、現行機の勢いを落とす愚は犯しませんでした。SCEは海外のファーストパーティが充実してきており、PS4向けのラインナップには期待したいところですが、『Halo』のようなわかりやすいゲームではなく、やや凝りすぎたゲームが多い印象です。

また日本のパブリッシャーの存在感がますます希薄になり、海外に打って出る気概は感じられません。日本のゲーム業界は閉鎖的&衰退的な路線に入ってしまいました。もう駄目でしょうね。

それでは個別の事象を見ていきましょう。
一つは何度もダウン(ミス)をしていると,そこで「あなたの今の心境は?」と聞かれてコメントを残せるというもの。そしてもう一つが,スターコインを3個一度に入手したときや,ノーダメージでクリアしたといったスーパープレイをしたときに,同じように「あなたの今の気持ちを書いてください」と問われ,コメントが残せるようなものだという。

これらのコメントは,Wii Uの本体操作時だけでなく,ゲーム中にも取り込まれてプレイ中に目にすることになるという。例えば,ステージをプレイ中にほかのプレイヤーが繰り返しミスしたポイントにくると,先のコメントが表示されたり,ワールドマップ上に,各ステージでほかのプレイヤーがどんな偉業を残したかを見ることができるようになっている。
ベーシックな使い道ですが、王道でもあり、好感がもてる使い方ですね。

SNSゲームでは「ひとこと」「つぶやき」「日記」のようなコメント機能は当たり前になってますが、常套手段になりすぎて価値が落ちてしまっていたり、インセンティブ目当ての投稿ばかりになってしまった側面があり、価値をどう維持するかについてアイデアが必要でしょうね。ゲームに紐づいたソーシャル機能のため、スーパープレイの際のコメントとちょっとした上手いプレイの際のコメントをシステム的に区別して、希少なプレイ程多くの人に表示される、なんて事もできますし。

ソーシャルサービスにおいて重要なのは、情報のマッチングと価値の維持であり、無駄な情報があふれてしまうと、どれだけ素晴らしいサービスでもノイズに埋もれて死んでしまいます。その点ではモバグリ辺りは参考例としては不適切で、圧倒的にfacebookが優れています。

一点、不安があるとすると、任天堂は従来からサービスを始めた後の「改善」が不足しがちで、最初は注目を集めても、利用者が減退していき、最後には閉じてしまうという事例が目立ちます。KPIを取って、データ分析をおこない、アルゴリズムやその調整パラメータの改善を継続的に実施するのはネットサービスにおいては当然であり、facebookはもちろん、モバグリやCA辺りでも相当な練度に仕上がってますから、見習うべきでしょうね。

単純な例でいえば、どのコメントがきっかけでゲームを起動してくれたのか、とか、誰の影響力が大きいのか、とか、そういうちょっとしたアクティビティに関するデータ分析ですね。その種の分析は(一定以上の実績を上げている事業者であれば)常識的なものです。


[E3 2012]クラウドゲーミングサービス「Gaikai」,噂のパートナーシップのお相手はSamsungだった。E3 2012でGaikaiのDavid Perry氏にインタビュー
ある意味、E3最大のニュースと言えるでしょう。
スマートテレビ VS 据置ゲーム機という、従来から指摘されていた構図が鮮明に浮かび上がりました。スマートデバイスとゲーム専用機の大乱戦がさらに激化していくのでしょうね。


SCEは?
スルーですか、後藤先生?
そうです、スルーは妥当です。

ソフト面はともかく、プラットフォーム面ではろくな発表がありませんでした。まさに糞です。PS3とPSVitaの連動を北米で発表する意味はまったく無く、ゲームキューブ時代の暗黒任天堂王国を思い出してしまうほど、馬鹿げた行為です。「ゲームパラダイス」とかサイトを作って、PSVitaの情報はそこで流すべきでした。3DSをカンファレンスから分離した任天堂を見習って。

そして前座3社のどんぐりの背比べも終了。
今年のE3での、ゲーム機ベンダー3社のカンファレンスに共通していることもある。それは、ゲーム機各社の業績比べ的なプレゼンテーションが、ほとんどなかったことだ。例えば、うちはゲーム機本体がこれだけ売れた、うちはこれだけ新ユーザーを獲得した、うちではサードパーティがこれだけ儲かっている、といった自画自賛だ。2~3年前までは、こうした、他のゲーム機ベンダーと比較した、うちのプラットフォーム自慢が、盛んに行なわれていた。

 しかし、今では、そういったゲーム機対抗の発言はすっかり影を潜めている。代わりに目につくのは、旧来のゲーム以外の部分で、いかに自社プラットフォームが有用かという説明だ。ビデオコンテンツ配信などのエンターテイメント、ソーシャルネットワーキングなどの分野だ。3社とも、自分達の敵は、他のゲーム機ではないことに気がついている。モバイルデバイスや将来のスマートTVなどが、ゲーム機にとって最も手強い敵だ。だから、それに対抗して、ゲーム機に付加機能を加えつつある。
アップルに比べれば塵芥なのに、なに自慢してるの?という感じですから、当然でしょう。3社まとめてかかっても、無様に敗退するであろう状態で、背比べをされても滑稽ですからね。


CS系三社のE3カンファのレビュー(IGN)
マイクロソフト → 頑張ったんだから、収穫に走っても文句は言わないでおこうよ、みんな。
ソニー → PS3とVitaの連動。ジョーク?
任天堂 → 信じましょう、信仰心が試されているのです。


スポンサーサイト

コメント

一度は主催者が終了宣言したE3。リテーラー側に「こんなところでもメディア露出してくれなきゃクリスマスシーズンの発注計画がまとめられなくなる」と言われて、ベンダー側の「もういいよ。。。」を押し切って(しかもベンダー側のコストで)継続しているだけですから、そもそも多くを(ベンダー側に)期待するような機会ではもはやないかと。デベロッパーカンファレンスではないですし、ここでプラットフォームの話をしたところで、「??」でしょう。そういった意味ではE3に期待しすぎですw

逆に冷静に考えれば、古参が手を休める中で「こんな時でもないと見てもらえない!」とばかりにキラリ星が出てくれれば、それはそれで先行きの未来を占わせてくれたりして、深読み派には面白いです。今回のGaikaiとかね。サーバーサイドGPUと組み合わせてどんな世界になることやら。まあGoogleさんもApple君もスマートテレビ自体がコケまくってますけどね。。。。

。。。。これもSamsungよくやった!になっちゃうの?!。。。。


> PS3とPSVitaの連動を北米で発表する意味はまったく無く、ゲームキューブ時代の暗黒任天堂王国を思い出してしまうほど、馬鹿げた行為です。「ゲームパラダイス」とかサイトを作って、PSVitaの情報はそこで流すべきでした。

ここの意味がよくわからないのですが、"「ゲームパラダイス」とかサイトを作って"とあるということは、PS3とPSVitaの連動自体は無用ではなく、PSVitaの欧米での存在感のなさゆえに単に欧米ではロクな話題にはならない(日本ではなる)ということでしょうか。
それとも日欧米の相違は関係なく、チラシの裏にでも書いとけよってことでしょうか。

>今年のE3カンファレンスは3陣営タイ
http://www.forbes.com/sites/insertcoin/2012/06/05/sony-microsoft-and-nintendo-tie-for-last-place-at-e3/
>ビッグ3メンバーは全体的にかなり陰気なパフォーマンスであった。

>ソニーやMSは明らかに現在の古いコンソールを使う最後の年であったのにたいし、
>任天堂は最新機WiiUによる巨大発表の嵐で話題をさらうことに失敗した。

>私は今年が次世代機夜明け前の最後の年であることを理解しているが、
>ソニーやMSが隠されたカードを完全に公開したかどうかはわからない。
>しかし任天堂WiiUはステージ上での打ち上げに失敗した

まー、主役不在で負け組みと同士の争いと見られても仕方がないな

>アップルに比べれば塵芥なのに、なに自慢してるの?という感じですから、当然でしょう。
>3社まとめてかかっても、無様に敗退するであろう状態で、背比べをされても滑稽ですからね。

ま、虫けらみたいなもんですね
時代の流れはとめられず、負け組みが予定調和的に負けていく中での争いなんて興味を持てと言う方が難儀なもの。
「総選挙」がとっくに終わって、弱小政党に転落した後でもめても、政権与党だったころと関心のもたれ方が違いつつ、いまだに名にやってるんだこいつら、と言う目で見られも仕方がない面はあります。

まー、外からはどんだけこっけいなものであっても信仰心を嘲笑するのは良くないと思いますので、原始人を愚かとみなさずに寛大な心を持つ文明人の寛容さが必要ではないかと

>ぶらりん さん
E3は一度縮小した経緯といい、迷走してますね。
ハードメーカーはプレスカンファレンスの場を利用してきた経緯があるため、ソフトメーカーに比べると、E3発表のメリットを享受してきたのは確かですし、とりわけ任天堂がかなりのパワーを入れてきたのも事実ですね。


>さくらさん
> PSVitaの欧米での存在感のなさゆえに単に欧米ではロクな話題にはならない(日本ではなる)ということ
そういう事です。


>ロケット弾 さん
世界戦が進む中で、国内限定の「選挙」の結果が全体的にはあまり意味が無くなってきたのは確かですね。日本では存在感の無いマイクロソフトがワールドワイドでは権勢を誇っているのが良い例です。

SCEはPSVitaで全国大会→世界大会と進もうと思っていたものの、県大会で躓いてしまったような情けない状態で、ハード周りではろくな発表ができず、引き立て役にすぎませんでした。ファーストパーティのタイトルが良かったのは救いですね。

任天堂はうーん、海外受けという点では、3Dマリオ、メトロイド、ゼルダが不可欠にも関わらず、ピクミンとニンテンドーランドを押し出してきたのが不可解ですね。ピクミンは評価の高いタイトルではあるし、ゲームキューブで発売されたという不遇は考慮すべきですが、単純なセールスという点では欧米では(他のビッグIPに比べて)伸び切れてなかったIPです。欧米でハードを牽引するという点では、メトロイドとゼルダが無いと!

WiiUもサードもマルチばかりですしPS360ユーザーには何を言えばいのかわからない発表ですね・・マリオもありますが本体の値段によっては子供(親)の手が届かない存在になりますね
任天堂ハードの場合マリオやポケモンに興味ないと買う必要ないハードなので何かしらイメージ変える必要あるのでは?
日本でなんだかんだ言っても向こうが期待してたのはPS4とXbox720?でしょうし発表されてれば盛り上がったでしょうね・・それは来年の持ち越しだろうけどPS3兄弟の値下げはやっぱGCか?
WiiUはXbox720とPS4登場までの寿命ですが(360のおこぼれでそれまで持つかわかりませんが)少なくともWiiで掴めなかった2社の足首くらいは掴んで欲しいですね。

まー、3DS「にも」何のサプライズがなかったのが象徴してますね
vitaもいうまでもなく
元から据え置き主流の北米ではありましたが、完全にフェードアウトしたのが象徴的ともいえますね

「スマホに押されている」のはもうニュースにもならない時代になりましたね。
だって当然だから

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>opsさん
逆に言えば、寿命が短い任天堂ハードのように次世代機を焦って出す必要は無いのでタイミングを見極めてる面もあるのではないでしょうか?

ソニーは本業がキツイ故に冒険できませんが、ゲーム事業単体で見ればPS3の逆ザヤも解消して収益を上げる事は出来ています。VITAをテコ入れするにせよ。据え置きに集中するにせよ、あるいは本体や他社も巻き込んだPSのエコシステムを模索する方向に進むにせよ、今WIIUに対抗するため、据え置き市場の確保の為にリスクを取る必要性は薄いです。

MSはお金と言う点ではきにする必要はありませんが、最低でもヘイロー4が出るまで現行機で十分でしょう。
それよりも本業のウィンドウズとの連携、得意のネット方面に力を入れる事の方が重要視されます。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。