Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E3はほぼ終了ですね。

3社のカンファレンスが終了。
まだ隠し球が残ってそうな気もしますが、大半は発表したと見ていいでしょう。


任天堂カンファレンスについては、非常に「らしい」内容。
2Dマリオを3DSとWiiUで同じ年に並行展開するの?
という点が一番の驚きで、他はまあ予想の範囲内のラインナップ。

「Wiiスポーツ」シリーズ再びかと思ったら、「WiiParty」+「WiiPlay」+「バラエティパック」的なゲーム集タイプのソフトを押してきましたか……ゲームファンとカジュアルユーザーの両方に訴求するという意味で、ニンテンドーランドという世界観は良い落としどころなのかもしれませんね。

非同期でネット経由でつながる「みんな」の存在がゲームをどれぐらい楽しくさせるか。そこら辺が鍵ですかねー。

率直にまったく新しいゲームはいまだ提示されておらず、既存のゲームの拡張に留まっているように感じます。タブレット型のコントローラによる拡張、性能による拡張、Miiverseによる拡張。面白ければそれでいいのかなという気はしますが、限界も感じますね。

ところで肝心要のゼルダがまったく発表されてないのは、カンファレンス後に取っておいた、という事でしょうか。


追記
(※コメント欄で感想を書いたので、エントリーにも追記として反映しておきます。)

> サードパーティも結局UBIが比較的頑張ってくれた程度
サードパーティのやる気のなさが伝わってくるカンファレンスでした。UBIは伝統的に任天堂びいきな会社ですから、あれぐらいのラインナップはWiiを振り返っても当然。問題は、あそこまでUBIばかりをクローズアップせざるを得なかった事でしょう。サードパーティを説得できてないな、という印象が強まりましたね。

PS3やXbox360のマルチタイトルばかりでは、コアゲーマーを納得させるには不十分。映像的に息をのむようなソフトは1本もなく、性能面では、Xbox次世代機までのつなぎ、というイメージが確定的になった、といえます。熱狂的な人達には、Xbox次世代機並みの映像に見えているのかもしれませんが・・・・。

率直にいえば、誰に売りたいのかが3DSよりも不明確な印象で、発表ラインナップにもそれが表れていました。ゼルダとWiiスポーツを共に押し出したWiiのローンチと比べても弱い。まあゼルダは出してくると思いますが、新作はさすがに間に合わないでしょうから、その点では弱い。

「ニンテンドーランド」に関しては、世界観として任天堂作品で固めることで、「WiiPlay」よりは期待できますが、「Wiiスポーツ」が初めて出てきた時の衝撃に比べれば、はるかに弱い。「WiiU Fit」は特に言及しなくてもいいかな。無論あったほうがいいソフトではありますが、他ハードやサードパーティも類似ソフトを出してきているし、インパクトは弱い。

非対称型の多人数プレイは、GBAとGCの連動をやっていた頃からのテーマで、それはそれで楽しいんでしょうし、決して悪いものではないのでしょうが、「王道」とは言えない。そこに尽きるかな。興味の持てるものではありません。

実はラインナップで一番期待できるのは、2Dマリオですよね。Miiverseをうまく使ってきそうだし。ステージ選択画面ではうまく使ってきそうだけど、ステージの中では、4人しか出てこないとなると、残念。おそらくネタを隠しているのかな?と期待してます。

「ピクミン3」は、タブコンとリモコンの共存を活かすという意味では、4人協力プレイにも期待したいですが、その辺がどうなるかがよくわからなかったですね。WiiUのコンセプトからしても、4人協力プレイは必須だと思いますが。手元のタブコンでは大きく映して、テレビ画面では広く映す、という使い方もできるでしょうしね。ただ、ゲーム全体の構造としては、従来の延長戦上なのかな……。


スポンサーサイト

コメント

>率直にまったく新しいゲームはいまだ提示されておらず、既存のゲームの拡張に留まっているように感じます
>限界も感じますね
ですね。結局、「7年遅れのHD機」としてしか見なされない恐れもあります
実際、新世代機が初めてお披露目されたという感じは異常に無い。

正直、現行HD機のタイトルメインだった他2社と比較して特段凄いってわけでもないって言う印象←ここ重要


パッドが2つついてくるのは嬉しいのですが、逆に言うとそれにコスト取られてるんだろうな。だから2つに表示するとFPSが半減してしまうのだろうと言う厳しい現実も見えてきました

今現在でさえ、若い世代(ゲーマーは言うまでもなく)のスマホ普及率はゲーム機全体より多く、ビジネスマン世代もそう、流石に子供や中高年層の普及率はまだまだこれからという気もしますけど、それでも今から発売するゲーム機よりは今後数年間での普及スピードは(ゲーム機側が世代当たり1版の普及台数になったと仮定してさえ)圧倒的であり、性能も固定の専用機に対して圧倒的速度出進歩しているしこれからもするので、そこまで拘る気も無かったのではと思います

サードパーティも結局UBIが比較的頑張ってくれた程度で、「いつもの任天堂機」のように、任天堂ソフトしか売れないのではないか、寿命が短いのではないかと言う疑念を振り払えなかったのではなかったのでしょうか

また株価暴落を心配しなきゃいけないのでしょうか

内蔵ストレージ容量が不明って事は、iiuやdsiから考えてゲーマーにはものたりず、初心者にはハードルが高いシステムになり、そこがまた足を引っ張ってネット周りがダメになる未来しか見えないですね
SDカードやUBSメモリを使えば今度は容量はよいが糞遅いイライラの原因になる。
せめてUSB3.0やSDXC等の最新規格に対応すればマシになったのに…orz

「最新」ゲーム機であり、数年はこのスペック固定で出すんだからそういう所をケチるなよ!って話です。
数ドルどころか数十セント以下レベルのコストを削るのがいかに大変か…って話はよく理解できますが、未来に目をつぶってまで目先の数十円を重視するほどは落ちぶれてないでしょ?いや好調の時ですらそういう傾向はありましたから最早「持病」と言っていいのでしょうか

逆にそれなら、もうアナログ端子差し込み口なんてゲーマーはいらないしHDMIがデファクトスタンダード化する以上いらないでしょう。
2014年1月からは実際アナログ接続が完全に著作権の関係で法的に売ることが出来なくなるので、今年の年末に発売するのですから実質1年しか持たない機能です

未だにSDテレビユーザーの為の配慮…って言っても、安い液晶テレビやPCモニタならゲームより安い価格で買えるご時世ですし、そのコストを削ってUSB3.0ポートを1つ増設してくれるかSDXCカードとその速度規格に対応してくれた方が何百倍も将来性がある。

こっちは後から搭載したとして、2つの規格に合わせたら結局劣ってる方がボトルネックになるか、実質切り捨て、再購入する羽目になる(対応できない事は無いがロード地獄が半端無いとか)事になりかねません。

直前にあれだけ噂されていたGaikaiとソニーの提携が実はGaikaiとサムソンの提携だった、というところはあんまりこの国では話題になりませんね。グローバル的にはこちらの方がWii Uで2台パット使えるということよりも余程インパクトある発表(顛末?)ですけど。

元々モバイルとテレビがターゲットと見られていたクラウドゲームプラットフォームからスルーされた家電王者ソニーの凋落としても、コンソール終了?という意味でも。

いやこれは言いすぎかな。。。ソニーはOnLiveと組むという噂もありますし。いや、今だとPlaystation MobileのTVプラットフォーム版をまた自分一人でやるのかな。。。。「Playstation Suite」が「Playstation Mobile」に改名された意義ってあまり深読みされてないですよね。自分はSuiteは上位概念で、モバイル向けがMobile、タブレット向けがMobileもしくはTablet、クラウド連携のTVセット向けがTV、ヘッドマウントディスプレィ向けが(以下略)とフォームファクターと接続形態別にブランチする準備なのかと思っています。妄想ですけどね。


>ぶらりんさん
そうですね。グローバル的にはそっちの方がずっと重要な「強者連合」って感じですね
キャッシュ的にも実技術力的な面においても

まあサムスンのエンタティメント、特にデジタル分野での経験を生かし、更に自国のPCオンラインゲームのリソースを生かせる時点として着目してのは業界では知られていたことですし、得意の半導体や液晶では日本勢を完敗させるまでに追い込んだものの、自分で仕掛けた大暴落によって、自身も赤字転落に追い込まれたりしていました(全体としてはスマホの好調で黒字ですが)から、新規分野として今のタ移民儀で手を出すのも
サプライズではあってもありえないことではありませんでした

そういえば、案の定任天堂は株価大暴落
現実は厳しいっすねえ…
ほとんどストップ安だった前回からはまだマシでしょうか

> ロケット弾 さん
GamePadは2個まで接続できるというだけで、最初から2個ついてくるという発言はなかったですね。当初は1個使うゲームが多いというように説明していましたし、まずは1個でしょう。

> サードパーティも結局UBIが比較的頑張ってくれた程度
サードパーティのやる気のなさが伝わってくるカンファレンスでした。UBIは伝統的に任天堂びいきな会社ですから、あれぐらいのラインナップはWiiを振り返っても当然。問題は、あそこまでUBIばかりをクローズアップせざるを得なかった事でしょう。サードパーティを説得できてないな、という印象が強まりましたね。

PS3やXbox360のマルチタイトルばかりでは、コアゲーマーを納得させるには不十分。映像的に息をのむようなソフトは1本もなく、性能面では、Xbox次世代機までのつなぎ、というイメージが確定的になった、といえます。熱狂的な人達には、Xbox次世代機並みの映像に見えているのかもしれませんが・・・・。

率直にいえば、誰に売りたいのかが3DSよりも不明確な印象で、発表ラインナップにもそれが表れていました。ゼルダとWiiスポーツを共に押し出したWiiのローンチと比べても弱い。まあゼルダは出してくると思いますが、新作はさすがに間に合わないでしょうから、その点では弱い。「ニンテンドーランド」に関しては、世界観として任天堂作品で固めることで、「WiiPlay」よりは期待できますが、「Wiiスポーツ」が初めて出てきた時の衝撃に比べれば、はるかに弱い。「WiiU Fit」は特に言及しなくてもいいかな。無論あったほうがいいソフトではありますが、他ハードやサードパーティも類似ソフトを出してきているし、インパクトは弱い。

非対称型の多人数プレイは、GBAとGCの連動をやっていた頃からのテーマで、それはそれで楽しいんでしょうし、決して悪いものではないのでしょうが、「王道」とは言えない。そこに尽きるかな。興味の持てるものではありません。

実はラインナップで一番期待できるのは、2Dマリオですよね。Miiverseをうまく使ってきそうだし。ステージ選択画面ではうまく使ってきそうだけど、ステージの中では、4人しか出てこないとなると、残念。おそらくネタを隠しているのかな?と期待してます。

「ピクミン3」は、タブコンとリモコンの共存を活かすという意味では、4人協力プレイにも期待したいですが、その辺がどうなるかがよくわからなかったですね。WiiUのコンセプトからしても、4人協力プレイは必須だと思いますが。手元のタブコンでは大きく映して、テレビ画面では広く映す、という使い方もできるでしょうしね。ただ、ゲーム全体の構造としては、従来の延長戦上なのかな・・・・。


>ぶらりん さん
> Gaikaiとソニーの提携が実はGaikaiとサムソンの提携だった
新勢力としては、今後の動向に注目ですね。伏兵。

プレコンファレンス終わりましたね。さて、感想。
MSは、HALO4以外はマルチ紹介で、全体的にインパクトはなし。
SONYは、ファーストの3つのゲームだけで持っていった感じ。VITAへのサードパーティーの大作投入は予定通りかな。
任天堂は、他の2社にキャッチアップに四苦八苦。1週遅れどころか2週遅れだったよう。

ちょっと思ったことだけど、MSとSONYは談合でもしているのか?
カンファレンスは、シューティングのMS、アクションアドベンチャーのSONYという印象でした。サードーパーティーもその方向で発表を分け合っていたように思えます。WiiUライク(あえてわかりやすいのでこの言葉を使いますが)の据え置きと携帯機(スマホ、VITA)の連動も。
数年前のサードパーティのEXCLUSIVEタイトルを奪取しあうような光景がなく、なかよくサードパーティのマルチを楽しんでいるようでしたね。サードも、個々の機種ではなく、XBOX360+PS3のHD機市場に参入しているような感じです。小さな井戸で血みどろの喧嘩をするより、APPLETVなどの新しい勢力へ共同で対抗していくことを選んだのでしょうか?

最後に、任天堂は、ゲームハードを止めたら?
HOMEをパクッたランドでしめくくったのもどうかと思いますが、2DマリオのようなコンテンツをコアゲーマーはWiiUには求めていない。YouTubeに投稿された「ムジャラの仮面」のようなHDのハイエンドなゲームをこのカンファレンスで見せるべきでしょう。だから、海外サードはWiiUをはぶる。その対策が、XBOX360のパクリのクラシックコントーラーでしょう。マルチのおこぼれすら危ういのでは、HDハードとしては失格ですね。一発芸より、ハードとしての基礎体力がまず大事なのに。そんなハードしか世に出せないのなら、潔くソフト屋になったほうがいい。
まあ、HD品質のハイエンドソフトをファーストからすんなり出せない状態では、ソフト屋もあぶないかも。

会場のピクミン3のデモでもまだコントローラは有線でつながっています。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。