Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーバランスの変化ですかね。

ゲーム業界全体として、ソーシャル系の売上比率が上がってきており、欠かせない一角を占めています。
2011年度ゲーム関連上場企業30社の決算状況を見る

興味深いのは、大手ソフトメーカーにおいて、ネットワーク事業系の役員が力を持ち始めていることです。

バンダイナムコゲームス
バンダイナムコゲームスは、元バンダイネットワークスの大下氏が社長に就任しました。元ナムコの石川祝男氏が会長に退いたことや、旧ナムコがバンダイナムコスタジオとして分離されたことなど、旧ナムコのパワーが後退して、バンダイ側が権勢を強めています。

セガサミー
セガサミーでは、ネットワーク事業をセガネットワークとして新会社に分離しました。里見会長の息子である里見治紀氏が社長に就任しており、将来の成長性が高い分野をゲーム事業から切り離し、サミーつか里見氏サイドが牛耳るという構造変化が起きています。

あのOE研も当然そちらに吸収されていますが、トップの菊池氏は『龍が如く for GREE』を手掛けており、コンシューマーゲーム部門の事実上のトップである名越氏の部下だった人物でもあります。

名将が将来伸びる場所に部下を送り込んだのか、ある種の下剋上的な野心を抱いて部下が名将の下を去ったのか、その辺は外野からはよくわからんのですが、現時点においてコンシューマーとネットワークの両事業に顔が利くポジションというのは強みですね。

コナミ
ゲーム大手の中では最もソーシャルゲームで成功した企業であり、関連事業の役員も出世しています。またこちらも面白いことに、ドラコレスタジオのエグゼクティブプロデューサーの兼吉氏が小島監督の下でメタルギアシリーズを手掛けていた人物だという点。名将が(ry

上記の3社はネットワーク事業系の役員やメンバーが権限を強化しており、パワーバランスは覆った~ほぼ覆りつつある状態と言っていいでしょう。それ以外の大手、スクウェア・エニックス、カプコン、任天堂はまだそこまで行っていません。

改めて、ネットワーク事業への転換が進んでいる3社は、コンシューマーゲームでのブランドパワーが弱い傾向があり、スクウェア・エニックス、カプコン、任天堂はコンシューマーでのブランドパワーが強い3社と言えます。


その中でスクウェア・エニックスはアイドスの買収等もあって、パッケージゲームでまだまだ世界戦を続けていく意欲も感じ取れなくもないのですが、その一方で『戦国IXA』『拡散性ミリオンアーサー』等のソーシャルゲームも着実に成長しており、FFとドラクエが共にオンラインゲームになるなど、ネットワーク事業への転換も見られます。

各方面での成功がそれぞれバラバラの部署で起きており、糾合されないあたり、パワーバランスが大きく覆らない一因ではあるのでしょうね。3~5年以内の地殻変動はありそうな予感もします。しかし多方面に展開しすぎているせいで、一方面で成果を挙げても影響が限定的で、容易にバランスが崩れない構造になっているようにも……。

和田社長の決算説明会での説明によれば、ヘッドクォーターの機能を北米、欧州へ分散するという戦略のようなので、J/A/Eがバラバラになってプレゼンスが弱体化したSCEみたいにならないといいなあ……と思います。

カプコンはネットワーク事業での売上は着実に伸びていますが、やはりコンシューマーゲームでのブランドが強すぎて、権力構造が覆る可能性は相当低い印象です。竹内氏、小林氏の後にはいよいよ辻本氏が控えてますし、ネットワーク事業系の幹部が入り込む隙が無い。このまま順当に辻本幕府の完成ですよねえ……。


任天堂は三大権力者のパワーバランスが崩れる何かが起きない限り、スピード感のある改革は難しいでしょう。が、敵対関係にあるという程ではないはずなので、お互いの顔を見ながら、ゆっくりとは変化していくのかな、と思います。

まー、Wiiチャンネルから何かしら芽が出ていたら、岩田社長の後光が強まって一気に物事が進んだのかもしれませんが、残念、サービスを回すセンスが無かったです、という結論でした。専用機ビジネスが弱体化していく流れの中で、ネットワーク事業の強化とIP事業の拡大という2つの選択肢にベットする他ありませんが、結局この会社にマッチするのは後者なんじゃないかなと思います。Zyngaではなく、Rovioであり、ディズニーなんだと。

IPをぶん回すという点ではゲームキューブ時代のカービィーやF-ZEROなど黒歴史っぽいのもありますが、この辺をどう強化していくか。ポケモンが設立されたのも、権利関係が複雑になったという理由もありながら、一方でIPぶん回すのが苦手というのもあったわけで、普通に考えると、IPぶん回す別会社を東京あたりに設立して、数年後の実績を見て、本体に吸収して幹部として迎えていく、みたいなパターンですかねえ?

ネットワーク事業については、三巨頭のどこかに紐づけると、色々とアレであるし、つかそれで上手くいくなら、Wiiチャンネルの頃にもっと上手くやれたはずだよな~。ネットワーク推進派の岩田社長が最も権勢輝いていた頃なのだし。mixiあたりを買収しても腐らせるだけだろうし、そもそも海外売上比率が8割の任天堂が日本オンリーの衰退SNSを買うメリットも無いしねえ……。

つーわけでネットワーク事業は遅々と進むんじゃないかと予想しております。今のうちに何かやっておくなら、IPの横展開のノウハウを蓄積しておくことかな、と。ゲームだけ作ってちゃいかんという事で。本体はそれでもいいけど、ディズニーを見習って、グループ内企業として色々と種を蒔いておくべきでしょうね。


総括すると、カプコンと任天堂は天上天下唯我独尊で頑張っていただきたい、という事でひとつ。


スポンサーサイト

コメント

まー、大方の予定通りって感じですね。
バンナム、コナミ、セガサミー等の「勝ち組企業」がどれもコンシューマーよりもスマホとオンラインのF2Pをコアビジネスに位置づけているのが象徴的。
コンシューマー外部だからこそできた客観的ジャッジが下された結果とも言えましょう
外部といえば、スクウェアエニックスの和田社長もそうですが、やはりこちらにシフトしていくのでしょうか

まー、IPさえあれば、ってのも既にバンナムが切り開いてくれたことですしね
プラットフォーム戦略はサードが売れない実績考えて無理でしょう

>任天堂は天上天下唯我独尊で頑張っていただきたい
まー、奇特な人たちによると株価が紙屑になっても良いらしいですから、好きなだけやれば?って感じ
くれぐれもコダック社やポラロイド社の無様な二の舞にならない事だけは任天堂ファンとしては切に願います

> ロケット弾 さん
セガサミーはコンシューマーゲーム事業を縮小にかかっているのが今年度計画からも読み取れますね。冗談みたいに低調な利益額です・・・・。まだF2Pのみにするのは時期尚早なため、いつでも切れるようにコンシューマーゲーム(の内製開発要員)を分離していく、というのが各社の判断で、バンダイナムコは非常に露骨ですが、コナミ、セガも同様ですね。

より正確には、コンシューマー部門を別会社として切り離す形、コンシューマー部門とネットワーク部門を切り離して競合させる形、コンシューマー部門からネットワーク部門を切り離したうえでボスの息子を社長に就任させる形、といった風に、形態には多少の差異がありますが。

>外部といえば、スクウェアエニックスの和田社長
ネットワーク事業への転換は当然進めていくと思いますが、和田社長はよく言えばリスクヘッジを非常に重視して、多方面に展開するのを好んでます。悪く言えば、権力の分散というか、有力な社長候補を作らないように経営している節も見られるので、短期間にネットワーク事業が糾合される可能性は低い気がします。

>奇特な人たちによると株価が紙屑になっても良いらしい
株式会社のため、そういう経営陣は当然、退任要求が強まっていくわけですが、もちろん菅直人(元首相)のように居直ることはある程度までは可能でしょう。とはいえ、無限にしらを切りとおせるわけもありません。

そこまで追い込まれる前に、経営が立て直されると信じてますが、一応、会社とはそういう仕組みなのだという事をお勉強してもらいたいものですね、ノイズ君達には(苦笑

任天堂に関しては「我が道を行く」ということで、そういうあり方もあるんだねーくらいの
捉え方でほっとけばいいんじゃないでしょうか。
DAKINIさんが仰る勝ち組GREE、モバゲー二社の今後の動向や中心に論を展開するほうが
理にかなってる気もします。
ともするとロケット弾氏のような偏った粘着気質な方が現れがちですし(笑)

>クーザ さん
まあこのブログも長いですからね。
気長に見守る姿勢が大切ではないですか。

ブログが若い頃には、アンチSCEの総本山と呼ばれたり、アンチ任天堂の総本山と呼ばれたり、そういう旬な時期もありましたし、熱狂的な人達が群がった時代もありました。合間に書評サイト化していた時期もありましたが、更新も落ち着いた現状、老衰していく業界各社を生暖かく見守る、という視座もまた「あり」かなと感じています。

まー、最近はやや「踏み込んだ」ネタが多いのも事実ですが。水上に浮遊しているネタにとどまらず、グロいネタが多いですね。老いた業界をウォッチするという意味では、それにあわせた下世話な話も書くのが妥当かなと思います。社内政治ダダ漏れってのもアレですが、ま、大きい所からはちろちろ漏れてきますよねえ。業界すずめであれば、知り得る程度の話ではありますが。

ネット企業についてはウォッチしている秀逸なブログがいくつかあるので、今更そこに分け入ろうとは思いませんし、残念ながら、ゲーム業界の人間としては、IT業界にはちょっとうとい部分があり、ゲーム業界ほどには語れません。ベンチャーが活発な業界だけに、資本関係を色々と追っていく必要があるし、グロい話があちこちに埋まっているので、ちと書きにくいのですよ。

ソーシャル界隈についても、もはやゲーム業界と切り離せる話題ではなくなりましたし、業界側の観点で語るのが妥当でしょうね。今更IT企業側の視点でこのブログをリニューアルする必要性は感じません。ある意味惰性というか余生といえますが、余生を送るフェーズに入った企業群を見守るにはふさわしい(笑

>冗談みたいに低調な利益額

「今後も収益が見込める事業ではないから撤退も視野に入れた縮小」
と見るほかないですねえ。

低すぎる利益目標も、最初からこの事業で設けることを睨まず、要するに赤字じゃ見栄えが悪いからって程度でしょうね。
販売本数が半減しても赤字を解消できるって事は、それ以上にコストをかける気がないと言うことですしね。

>アンチSCEの総本山と呼ばれたり、アンチ任天堂の総本山と呼ばれたり
それだけ影響力があるということでしょう
苦笑しつつ、ブロガーとしては名誉なことですと余裕を見せておきましょう

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。