Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチャは悪だが、消費アイテム販売は善、という境界線の引き直しのチャンス。

コンプガチャ騒動の渦中に、それとは別の興味深い動きが起きていますね。

Amazonゲーム買い取りサービス

Amazonがゲームソフトの無料集荷を行い、ギフト券での支払いをおこなう、ゲームソフトの買い取りサービスを開始しました。

新品ソフトの販売が薄利で、中古ソフトの差額で利益を出し、TCGなどの他の商材とあわせて販売することで生き残ってきた街のゲームショップにとっては、非常に大きなインパクトがありますね。PSVitaでダウンロード版と物理パッケージの同時販売が始まり、3DSでダウンロード版併売の開始が発表されたことなど、ゲームショップを取り巻く環境は急速に厳しくなっており、小売店や問屋の淘汰が始まった、と言っていいでしょう。

任天堂の新しいダウンロード販売で伸びる店、つらい店
任天堂も上場以来はじめての赤字決算になるなど、ビジネスモデルが崩れ始めており、従来のパッケージビジネスからの転換が急務になっています。

コンプガチャ騒動によって、モバゲーとグリーの株価がナイアガラの滝のように下落する一方で、任天堂の株価も下落が懸念されています。

【7974】任天堂(株)
05/07 10,090円 前日比 -320円
05/08 10,000円 前日比 -90円


株価が1万円の「底」を割りそうな勢いですが、かなり粘っています。「底」が抜けると、次のスイートスポットがどこまで下がるか、心配ではあります。

1つ言えるのは、ソーシャルゲーム系の企業の売上が落ち込んだところで、ゲーム専用機が復権して、ゲーム専用機メーカーの業績が上がる、という風には誰も考えていないという事です。

うーん、残念でした!
まあコンプガチャが中止になったところで、今さらF2P化の流れが逆流することはありません。当たり前の話ですね。

しかし好機到来という捉え方も可能ではないですか。
はちま起稿:産経「ガチャ規制 → ネット課金規制 → 任天堂がヤバイ!」

産経の論調は無茶苦茶ですが、発想を変えてみると、むしろ今の状況は好機到来でもあるのです。ここまでコンプガチャが槍玉に上がってしまえば、逆にガチャ以外のアイテム課金は「ド汚ねえガチャ商法とは違う」という押し出しでクリーンなイメージを際立たせることが可能でしょう。

無論よくよく冷静に考えてみると、その論理は無理がありますが、世間でここまでコンプガチャのイメージが悪化してしまえば、ガチャはやらないという主張を行うことで任天堂のアイテム課金は正義=安心という風に印象操作が簡単に行えます。一時的にはダブスタ批判を受けるかもしれませんが、グリーとDeNAが悪目立ちしている間にさらっと始めてしまえば、イメージ戦略上のリスクを軽減できるのでは?

そもそも岩田社長の追加DLCに関する発言とハイペースで展開されている『FE覚醒』のDLCの実態には隔たりがあり、いつものダブスタね、と生暖かく見守っている人もいらっしゃるでしょう。そういう意味では、アイテム課金を批判したことはなく、あくまでガチャを批判したつもりだ、という論理のすり替えをおこない、いけしゃあしゃあとアイテム課金を始めるのは、恥も外聞もないやり方ですが、ビジネスとしては良い判断です。

コンプガチャへの規制に伴い、ゲーム各社もソーシャルゲームの高収益性に対して多少の不安感を抱いているはずで、コンプガチャに代わる高収益なモデルが出てくる前に、追加DLCだけでなく消費アイテムの販売も提示すれば、リスク分散の観点からも各社の関心をより強く引き付けられるのでは?

追加DLCとアイテム課金の間にひいた境界線を一気に前進させ、アイテム課金とガチャの間に境界線を引くことでビジネスモデルを拡大し、収益性を高めるのが上策です。というよりも、経営が悪化していけば、どうせ境界線を引き直すのは明白ですから、汚いガチャと任天堂の安心なアイテム課金という線引きで、ユーザーの安心感とビジネスの現代性の両立を図るのが妥当でしょう。

実際にそのような判断をするかどうかはわかりませんが、WiiUがコケた後に境界線を引き直しても、負けた企業が無様に前言を翻した、という捉え方をされてしまいます。ぜひとも現実的なラインを再定義してほしいですね。


スポンサーサイト

コメント

まー、そりゃ今現在の成長の原動力がお上に違法(の疑い)があるといわれてしまえば暴落もしゃーないね…とはいえ、もうすでに冷静さを取り戻しつつありますから、これからは「もうガチャ課金全部禁止!鉄槌!」とか消費社長が言い出さない限りは、成長性の鈍化はあるにせよ、実質的な影響は小さそうです


一方で、違法でもなんでもないのに、何度も暴落してしまったのが任天堂で、この事態で逆転大勝利!…なんて事が起こるわけもないのが市場の冷酷さでもあるところ

>いつものダブスタ
想定内ですね

> ロケット弾 さん
いわっち社長に関しては、この2年ほどは発言のブレが気になるところ。
1,2年でコロッと変わってしまう事があるのはどうかと思いますよね。もう少し勉強していただき、どの辺まで踏み込むかを検討したうえで動いてもらいたいものです。

欧米のF2Pビジネスの動向に対する調査も不足しており、F2Pは変化が激しい分野ですから、あまりドヤ顔で「xxxはやらない」などと言わない方が良いのです。欧米のF2P系企業においては、日本のソーシャルゲーム関連の高収益性は垂涎の的であって、リサーチが進んでいるのが実際。

ガチャという形式をダイレクトに用いるかどうかという単純な視点ではなく、F2Pビジネスにおいて、高スピードサイクルで課金が回る手法と、比較的穏当な社会的着地点の模索、という関係で、考察を深めるのがよいでしょうね。ま、米国のオンラインカジノに関する動き方をみるに、割とわかりやすいゲームが最初は出てくるのではないでしょうか。

ガチャはやらないという姿勢は良いとしても、月額課金、消費アイテム課金などの多様な課金モデルは自社プラットフォームでサードパーティ各社が選択できるようにすべきでしょう。

『FE覚醒』にしても、発売日の時点でソフトを購入した人にとっては、追加DLC全部でいくらかかるのかが不明であり、ソフトを購入した段階ではわからないような商法はよろしくない、というような発言はなんだったのか? いずれにせよ、ソフトその物の値段の半分とか、同額とか、倍額とか、その程度の水準だとは思うのですが、好調であればそれを大義名分にしてもっと出そうという話にはなりやすいですし。

他社との違いを主張するあまり、安易に批判を繰り返した挙句、そう遠い未来に自分の発言を自分で裏切るのは、あまりに滑稽。

>日本のソーシャルゲーム関連の高収益性は垂涎の的
ここわかってない人が多いですね
感情的な否定ばかりで困ったものです。

>発言はなんだったのか?
いつものことで今更って気もしますけどね(笑)

>そう遠い未来に自分の発言を自分で裏切るのは、あまりに滑稽。
一応黒字転換のめどは立ったと言われているのに、一向に株価が好転しないのはこういう不信感を持たれてしまってる為かもしれませんね。

この間のエントリの話題をちょっと引き継いじゃいますが
ガチャもコンプガチャみたいに、あとで冷静になってうわしまったー、でもお金つぎ込んじゃって今更後には引けないし。。。 っていう後悔を生むようなシステムで搾り取る事さえしなければ行けるとは思うんですよ

 海外での成功事例であるところの神撃バハやZombiJombieはガチャによるコレクション欲求をついての展開には成功しているようですし。
 まぁ、射幸心というか錯誤を利用した過剰課金を誘発するシステムは欧米では規制されているようなので、まとめてガチャ引けば割り引きますよ! 的な方向での誘導になっているみたいですけど。

 それも踏まえて、今後の海外も見据えた課金システムを考えると、課金者があとから後悔しないよう、納得済みの額を課金させるようなシステムにしないと5年10年先を見据えたビジネスにはならないとではないかと。

 1%の過剰課金者から搾り取って悪評になるよりは5割くらいの人から納得済みで定額を取れるような方向にはシフトできそうな気もしますけど、そこまで訴求するようなネタを仕込むのはコスト的にむずかしいのでしょうかね。

>乾き犬 さん
まー、娯楽コンテンツ産業がF2Pビジネスへ移行するにあたって、過剰反応が起きたというのが本質であって、一部熱狂的な人達ががんばって喚いておられますが、世論は遠からず沈静化するでしょうし、もっと慎重な方法論を用いるだけでしょう。

追加DLCだけではビジネスとして成立しにくいのは、この数年で見えていますからね。プラットフォームホルダーである任天堂も、追加DLCの現状は理解しているはずなのですがね。

最近になって追加DLCを始めて、その程度でアレルギーを起こす熱狂的な人達を多数抱えている企業も存在しますが、そういう原始時代のような発想はスルーで良いでしょう。読売新聞の飛ばし記事で盛り上がった流れに便乗しているだけで、中身のない議論しかできていませんからね。

そういう原始的な発想の人達を啓蒙するのも、ご本尊の役割なのですから、適切な責任を果たしていただきたいものです。今頃追加DLCをやっただけで、ぶーぶー言われてるあたりは、自業自得の極みですが。

まあ、熱狂的な人達ががんばっても株価は上がりませんが、報道の尻馬に乗ってみれば、自分たちの発言が何か世の中を動かしたかのような錯誤を得られて快感なのかもしれませんね。まー、進歩を否定しても、業界は成長しませんから、一時的な騒動に惑わず、正しく未来へ進んでいくと思います。原始時代が大好きな企業と熱狂的な人達も、いずれは時代と共に変化するでしょう。彼らのペースでね。

よそのゲームの見よう見まねでソーシャルゲームを作って、運営していた会社にとっては、コンプガチャという単純な手段は便利でしたが、そういうわかりやすい仕組みを自粛していくと、本当に運営力のある会社のみが残ります。淘汰が進むという意味では、今回の騒動にもポジティブな意味はあったのでは。

国内におけるF2Pビジネスがさらに進歩するモメンタムになるとよいですね。欧米のF2Pゲームはまだまだ、単純な時間短縮や、アンロック系が多いですからね。『神撃のバハムート』等の海外での感想を読むに、欧米の平均的なF2Pゲームよりも、ストレスや障害がなく、遊び続けられる設計は支持されているようですね。

ガチャの有無はさておいても、欧米のF2Pゲームは全般的に遅れています。マネタイズのノウハウについては、現在研究中という段階ですから、「海外では行われていない」などと訳の分からない妄言を主張しないでほしいもの。海外の方が進んでいるという思い込みは、ばかばかしいものです。

ファミコンの頃に日本のゲームと米国のゲームを比べて、「アメゲー(死語)ではやってない」などといっても、鼻で笑われたでしょう。ゲーム専用機向けのゲームでは、欧米に大きく後れを取りましたが、F2P分野においても、その感覚で物を言うのは片腹痛いですね。

>熱狂的な人達ががんばっても株価は上がりません

そりゃいくらガチャ否定しても、それでコンプガチャ違法の見解まで出ても、任天堂の株価が戻るなんて事はありえないし、現実に起きてないわけで。
一時的なパニック売りはおこっても市場は正直に、冷静に未来があるのはどちらであるかというのを評価しています。

まー原始人がごちゃごちゃわけのわからん理屈で現代文明を否定しても、今更車にも電車にも乗らないとかケータイを捨てるとかありえない訳で。
頭のおかしい人達として笑ものになるか、かわいそうな人達としてなま暖かく見守られるか、無視されるかしかない

>ゲーム専用機向けのゲームでは、欧に大きく後れを取りましたが
結局、これが全てなんですよねえ(笑)

>WiiUがコケた後に境界線を引き直しても、負けた企業が無様に前言を翻した、という捉え方をされてしまいます。

まー、織り込み済みということで(笑)

で、まーそういう芸風はもうしゃーないと諦めたとしても、世の中の流れがどんどん速くなっていく中で、せめて後追いの速度を速めてくれないと本当に取り返しがつかない事になりそうですな.

スマホの進歩は本当に早い
任天堂の進歩の速度は本当に遅い
このスピード感が結局、ビジネスにとっては他の何よりも重要です

今回の任天堂の赤字は結局、その進歩の遅さを過去の貯金で補てんした代償であると言うのが本質的な所であって、逆ザヤはその結果に過ぎないのですから、3DSの逆ザヤ解消したからもう安心だね♪なんて事にはならないわけで。

問題の本質は全然解決してないのですから、これから新ハードが出るたびに、あるいはスマホとの遅れが蓄積するたびにそういう自体が常態化し、収益を圧迫する恐れがあります。

今回の件で任天堂の正しさが証明された!と高らかに宣言している方々もいますが、DS以上の普及スピードと自慢している3DSでさえパッケージ市場の衰退はまったく食い止められていないでわけで・・・。
任天堂だけならいいですけどサードも参入しているのにハードメーカーの任天堂がDLCやアイテム課金に批判的というのはソフトメーカーからしたらどうなんですかね?

>kenken
もう3DSはピークアウトしてWIIDSコースまっしぐらと言うのが業界の一致した見方ですから、そもそもどうでもいいって感じですね。

サード各社の決算を見ればそれが鮮明にわかりますよ

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。