Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫憑きたちの群像劇へ 『ムシウタ03. 夢はばたく翼』

ムシウタ03. 夢はばたく翼岩井恭平

アニメ化が発表され、これからさらに売上も増加していくと思われる『ムシウタ』シリーズの第3巻。このシリーズの魅力は巻ごとに新しいキャラクターが加わっていくところ。1巻と2巻の主人公を務めた薬屋大介の出番はほとんどなく、特別環境保全事務局、通称”特環”の追跡から逃げる3人の少女に焦点が当たる。

巻ごとに焦点の当たるヒロインが異なり、表紙を飾る女の子が変わる、という基本フォーマットが確立してくるのもこの巻からだ。シリーズを通しての主人公、薬屋大介が大きく出張ってくることもあるが、基本的にはその巻ごとの主人公が活躍する。そして『ムシウタ』は徐々に、虫憑きたちの群像劇という特色を帯びていく。事実、薬屋大介の登場比重が大きいのは、1巻、2巻、5巻、8巻と、本編8冊のうち半分にすぎない。

それにしても、岩井恭平は戦う少年よりも、戦う女の子を書くのが好きなんだなあと、つくづく感じる。デビュー作『消閑の挑戦者』もそうだが、少年に愛が注がれてる感じがしない。戦うのも少女、最強クラスの敵も少女(大人の女性)という図式が多い。

『ムシウタ』ではあえて、薬屋大介という少年を主役に据えて、熱い物語を書こうとしたようだが、少女をクローズアップした方が素直に熱い話を書ける気がする。もっともこの作家は”熱い話”を書くのは、そもそも得意ではないと思うけど。

”特別環境保全事務局”から逃げる3人の少女。1人は自分を除く島民を虐殺され、復讐を誓いながら”特環”に所属していた白樫初季。1人は最強といわれる1種にランクされ、”特環”に囚われていた虫憑き、杏本詩歌。1人は普通の中学生、海老名夕。彼女たちは偶然にも、中央本部の恐るべき秘密の一端に触れてしまったのだ。

”特環”のエージェントが包囲網を狭めつつある中、赤牧市から脱出し、2つ隣の桜架市を目指す3人。行く手には”特環”に所属する、強力なエージェントが次々と立ちはだかる。新たな虫憑き、”霞王”や”C”、”兜”、”ねねこ”が登場し、虫憑き同士のバトルも見所。

この巻では、いよいよラスボスと思しき人物も登場する。虫憑きを化物よばわりし、化物を肯定し、化物を愛し、化物を愛する自分の慈愛を確信している最悪の存在である。3人の少女はそいつに一矢報いることができるのか。

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

タグ:ムシウタ  岩井恭平  

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。