Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自滅するのがコンシューマー系萌えゲームの宿命とはいえ……。

年末予定のソフトを発売延期したにも関わらず、「バグプラス」という蔑称ができるほど、バグや不自然さが大量に見つかり、話題になってしまうというのは……。

『NEWラブプラス』発売延期を発表。2012年2月14日リリースに
2011年12月8日 → 2012年2月14日

『NEWラブプラス』内田プロデューサーへのインタビューを独占公開!
この時点で内田プロデューサーの口から、発売延期の最大の理由が不具合の修正にある、と語られていますが、にもかかわらず大量のバグが残っているというのは、一体何があったんですか……。
ゲームのクオリティーアップという面もあるのですが、ゲームで発生してしまう不具合を修正する作業を行うため、たいへん申しわけないのですが、発売日を2012年2月14日に変更させていただきました。
(略)
我々開発スタッフの計画の詰めが甘かったことに加え、開発終盤になって大きな不具合が見つかってしまいました。この不具合は、短い期間では修正しきることができないような内容だったんです。
(略)
この不具合が発生してしまうお客様、発生しないお客様がいるとは思うのですが、ゲームのプレイ中でご迷惑をおかけしてしまうよりは、しっかりと直したものを楽しんでいただいたほうがいいだろうと思い、苦渋の決断ではありましたが、発売日を変更することに決定しました。開発チームも、なんとか発売日を守ろうと文字通り、昼夜を問わずにがんばってくれていたのですが、それにも限界がありました。そのような環境で開発をしていると、今度は別の不具合が出てしまうかもしれません。ここまで積み上げたものを不具合を承知で無理に発売してしまうより、直すべきところは直し、クオリティーは保つべき、と判断しました。
(強調は引用者)

えーっと、このインタビューを読んだ後に、下記のバグの一覧を見て、
NEWラブプラス wiki @2ch:バグ情報&対処方法

さらに不自然さを指摘されている数々の現象を見ると、
一体どうしちゃったの?と思わずにはいられません。決算のために年度内発売が厳守であったとしても、3月発売という選択肢も(無論バレンタインデーを逃すのは痛いものの)無いわけではなかった、と思いますしね。

不具合に対してコナミ側が正式に告知をおこなったのは約1カ月後の3月13日でした。
「NEWラブプラス」に関するお詫びとお知らせ

率直にいえば、積み上げてきたものの全てではないにしろ、ある部分はぶち壊してしまった、と言えます。口コミでの販売に自らトドメを刺してしまった事、不具合対応に伴う作業等の費用が追加で掛かってくる事を考えると、プロジェクトとしては赤字になってしまう可能性も高いですね……。

おそらく元々の12月発売という予定は、タイトル不足に苦しんでいた任天堂サイドからのプッシュもあって決まったのかなと思いますが、スケジュール管理はコナミ側の問題ですからね……。

しかし『ときメモ』も『3』や『オンライン』で盛大にずっこけましたが、コナミは非常に先駆的な恋愛ゲームを世に送り出しておきながら、続編で自滅しますね……。


まー、ナムコも『アイマス』ではやらかしましたね。『DS』でコミュニティの分裂を招き、『2』で盛大に自滅してみせました。PS3版である程度持ち直したのは、ゲーム単独の力というより、アニメの高評価などで沈滞していたコミュニティに元気が出ていたのも大きいですよね。

その後のモゲマスの大ヒットは、タイミングが良かったし、運営会社の集客とマネタイズのノウハウの高さも大きいですね(IPのパワーだけで100万ユーザーはいきません。もっと強力なIPでもそんなに集まってない例は珍しくありません)。

『アイマス』が救われたのは、アニメやソーシャルゲーム側に、アイマスを大好きな(そして各メディアでの最大成功を考える能力もある)スタッフがいて、愛のあるメディア展開ができたのが大きいですよね。無論それを支えたのはユーザーコミュニティですし、ブログやニコニコのUGCがコンテンツに広がりを与えていたのも大きい。このあたり、同人やUGCに対して厳しいイメージが根強いコナミとは、対照的な広がりがありますね。

公式も以前とは姿勢が変わってきている印象を受けます。
以前はUGC側、ユーザー制作の動画コミュニティとは少し距離を置いている感じでしたが、公式にノベマスのコンテストを実施するようになりました。
超NovelsM@sterコンテスト特設ページ


『アイマス』は割と持ち直してきたし、モゲマスによって最大の弱点である「原典主義の弊害」が解決され、キャラクターが大幅に増えて、東方やボカロに対しても死角が無くなったのは面白い現象だと思います。それも、決して偶然性だけではないでしょう。アニメやソーシャルゲーム側にアイマス好きがいたことがこの波を呼び込んだのですから、つまりコンテンツのパワーが呼び込んだ幸運であり、奇跡なのですよね。

こういう事が起こるから、娯楽の世界は面白いわけですね。まー、パチ化(やそのCM)で人気が出て、続編が作られるアニメがあったり、娯楽の世界では妙なところで運よく生きのびるコンテンツがあります。


それにしても、コンシューマーゲームではどうしてこう、せっかく当たった萌えゲームを自分で潰しちゃうんでしょうか。5年もてば、相当なものだし、10年もてば、それで十分と考えるべきかもしれませんけどね。


スポンサーサイト

コメント

昔からそうですがゲームで続編3作目というのは鬼門と言われてるみたいですね
Wiiはともかく去年発売の3DSで何故パッチも当てられないのか不思議なんです・・あと数年3DSで戦わなきゃいけないのに
任天堂もWiiグレイセスはパッチ当てられず回収騒ぎだとか知ってるのに「DS後継機はPS3や360みたいにパッチ当てられるようにしようぜ」という意見が出なかったのかな?
一部では今はパッチが当てられるせいでデバックしなくなったから某ハードが悪いと言われてますがPS2時代もバグは酷かったんですよね・・しかも放置してベスト版で修正とか普通でしたし
任天堂はバグなんてサードの責任じゃね?って考えなんでしょうかね・・

>AAA さん
コンシューマーゲーム機のゲームは通常、サードパーティ側とハードメーカー側の2重のチェックが入ります。ハードメーカー側のチェックは、製造前の検査という意味合いが大きく、レギュレーション(TCR、TRC、ガイドライン等々の名称)に引っ掛かるかどうかのテストが主で、期間も短いのですが、その過程で当然気づく不具合はあるし、フリーズやセーブデータ関連の不具合が複数見つかれば突き返される事もあります。

(サードパーティ側のチェックは数週間、ハードメーカー側のチェックは数日程度です)

無論、バグを発見できなかったり、バグを修正しない判断の責任はサードパーティ側にあります。パッチが当てられるかどうかは、バグの有無とは関係ないでしょう。ただ、軽微なバグについては、パッチで対応すればいい、という判断をする会社もあるかもしれませんが。

今回の件の原因について論じるなら、パッチを当てられるかどうかは本質的な議論ではないと思いますが、比較的低コストで多くのユーザーを救えるかどうかという点では、パッチはベターですね。

『アイドルマスター』にも言える事ですが、ハイクオリティの美少女ゲームは1人あたりの制作コストが結構かかるので、なかなかキャラクターを増やせないという事情は、シリーズ展開する上では足かせになりがちですよね。DLCと言っても、製作費があれだけ掛かるものだと、ぼろ儲けというレベルではありませんし。

ソーシャルゲームのアイテム課金とは異質なものです。ま、あちらもあちらで、コンテンツの製作費は安く済んでも、多数のユーザーを支えるだけのサーバーや、運営コストが掛かっていくわけで、月次で数100万は飛んでいきますからね。

超NovelsM@sterコンテストは、企業が二次創作MADに歩み寄る最初のテストケースとして注視しています。
しかし当初は最低限の指定要件やFAQが無く、混乱を招いて後出しジャンケンで追加するとか
他社の音源を侵害しないようBGM素材を指定したものの、それらが過去のMADでよく使われてきたもので
しかも注意書きに「コンテスト以外では使用禁止」とあり「つまりコンテスト応募のMAD以外で使うと削除されるのか?」
という疑念を呼び起こすなど、不安要素がいくらかあるのが…
主催側かアドバイザーにMAD製作経験ありの人間が居れば、ここまでの不手際は無かったんでしょうけど。
この賭けが成功するにしろ失敗するにしろ、今後のMAD文化の指標になりうるでしょうね。

時々ブログを拝見さしてもらっています。
初めてコメントしますが、vitaは大丈夫なんでしょうか?
このまま週販1万台で進んでいったら国内500万台まで後7年はかかるし…
こんな急激に縮小しつつあるプラットホームに自社の主力ソフトを出すサードはいるんでしょうか?
その辺の考察を聞いてみたいです。

まだ、ろくに売れてもないのだから急激に縮小以前だろ。
急激に縮小とかやってみせたのはWiiぐらいのもんだ。

Vitaの今後はテコ入れ策しだい。
まずは広報全入れ替えだな。

「大きな不具合」という表現からして、ひょっとしたらゲームの根幹に関わる部分になにかしらの不具合が出たのではないでしょうか。一歩間違えれば作り直しに近いような・・・。
製作サイドが無能なのか、経営サイドが強引にGOサインを出したか、それはともかく、ラブプラスに次の展開があるなら、ソーシャルゲーム展開は間違いないかと思います。
さすがに今回の失態で本作を見限る彼氏さん達は多いでしょう。少し間をおいて「NEWラブプラス+出します。今度はバグないから安心してね」なんて言ったって普通信用しないでしょう?
新キャラを出す上でのコスト面、今回減った以上の新規ユーザー獲得の両方を考えるならソーシャル展開するのがもっともシンプルでしょうか。
実際ラブプラスのゲームコンセプトに興味を持っている潜在層は多いと思います。今の3キャラではこれ以上人気は上がりようもありませんが、新キャラを連打してみるだけでも案外新規を呼び込めるかもしれません。
ただ、アニメ化しにくい題材だと思いますし、モゲマス級のヒットは難しいかもしれませんが、知名度は高いし、つぎ込む人はつぎ込みそうですし少なくとも赤字運営になることはないでしょう。その上で再び3DSでやるかは・・・わかりませんが、なんにせよ間に1クッションは置いた方がいいと思います。

最近のコナミのコンシューマーに対するやる気のなさは多くの方が感じてると思います。いや、ソーシャルに注力してコンシューマーから撤退気味という経営判断について間違っているとは思いませんが、それが作品の質にまで影響があるように見えてしまうのはよろしくないかと。
最近PSPで出た幻想水滸伝も幻水ファンからすると、とても幻水として認められないデキだという意見を見かけます。
それぞれのシリーズ自体が信用を失うだけならまだいいかもしれませんが、度重なればコナミというブランドそのものが信用できなくなる可能性があります。
そんなことはないと信じてはいますが、万が一コンシューマーユーザーを軽視する気持ちがあるならば、やる気がないならば、だったらいっそやらない。その方がまだマシではないでしょうか。

ともあれラブプラスについては謝罪、店舗分回収という判断になりました。クォリティアップのための発売延期に対しては待てても、交換対応になるならそんなに気長に待てないのが人情かと。早急、かつ正確な対応を心がけて頂きたいです。

>マシン語 さん
企業としては常に「建前」はあるので、MAD制作者をアドバイザーにしていてもMAD制作者の「本音」に合わせることができるかというと、ちょっと難しい気はします。バンダイナムコはあれだけの大企業、上場企業ですからね。


> vita さん
> T.S さん
売れてない時期の週販だけで、物を言っても仕方ないのでは?

PS3も売れてない時期がありましたが、いまWiiとPS3がそれぞれどうなっているかを考えてみるとよいでしょう。ワンピースの最高売上が出たのは、ライトユーザーを多く取り込み、史上最速xxx万台をうたったハードだったのか、それとも最初の2年間ひたすら地べたを這っていたハードだったのか?

売れなくなった途端、サードパーティが蜘蛛の子を散らすように逃げ出してしまう実績(N64、Wiiなど)が立証されている企業と、売れない時代でもサードパーティがしっかりサポートを続けて隆盛を迎える実績(PSP、PS3など)をもっている企業。その差は何なのか、パートナーシップとは何か、という事です。


>唯一 さん
コナミは「ドラコレ」と近い時期に「ひゃくカノ」というタイトルを出していて、コケてます。ラブプラスというブランドがあれば異なるかもしれませんが、作り込みという点では相応のものが求められるでしょうね。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110118_421005.html

> 最近のコナミのコンシューマーに対するやる気のなさ
んー、なかなか難しいですよね。途中で予算が減った可能性もあるかもしれませんし、広報費は露骨にかけてないし、現場もやる気が維持しにくいでしょう。経営サイドとしては失敗を理由にリストラしたいだけかもしれないし、こういう予算感で耐えて作れなければ、作らせる気は無い、という意志の表れなのかもしれない。

Zynga Platformへの参入や、GREE、Mobageの海外展開にあわせて、全世界向けのIPを提供していくとなると、当然メタルギアも視野に入ってきますが、社内政治としてどうなっていくか・・・・? いずれ抵抗できなくなるのは時間の問題とは思いますが。

まー、コナミさんにとってはコンシューマーはもう「撤退戦」かつ「リスクヘッジ先の一つ」に過ぎず、収益を上げられないのならそれは避けられない事でしょうね。
クラシックな場所で、まだ十分稼げるならともかく、そうでないならもうそれに拘る時代でもない

クラシックなドラクエがコンシューマーに拘る一方で、PSで育った「ファンタジースター」シリーズが、vitaという最適なハードを選択しつつスマートフォンもカバーして躍進しているのと対照的ですね。

美希をリストラ&別人化したSPと律子あずさ伊織亜美をリストラした2のせいでその都度リストラされたキャラを好きな人達が悲しみと共に不本意な形で離れていったのに「愛のあるスタッフ」って(笑)
まぁ安全圏にいる春香や千早が好きな人にとってはスタッフは愛があるのかもしれないですけどねぇ

>ロケット弾 さん
PSOはセガらしく先駆者、という事なのかもしれませんね。
『サムライ&ドラゴンズ』だけでなく、『PSO2』も無料+アイテム課金に踏み出した点は大きいですね。


> 奈々 さん
えーっと・・・・、日本語はきちんと読めるのでしょうか?
本編ゲームの開発スタッフのことを、愛ある、なんて誰も書いてませんが?

> アニメやソーシャルゲーム側に、アイマスを大好きな(そして各メディアでの最大成功を
> 考える能力もある)スタッフがいて、愛のあるメディア展開ができた

本編ゲームの開発スタッフ以外の、周辺メディアの制作スタッフを賞賛したのです。

>サムライ&ドラゴンズ

サーバーが初日からパンクするほど好調らしいですね。

>>ロケット弾さん
私も当初プレイしておりましたが
3000人ぐらいの時点ですでにおかしくなってました。
サーバー管理なども含めたゲームデザインが甘すぎたように思えます。

>>AAAさん
まー、直接の原因はコナミにあるのはそうだとしか言いようがないですけど、今時パッチも当てられないハードってのはねえ…はあ…確かに「正論」ではあるんでしょうね。

まあ僕がコナミならそもそも出しませんけどね
これで数年戦うのは任天堂さんの勝手ですが、サードパーティは別に選択肢はほかにもあるから付き合う義理はありませんからね

またいつもの二の舞になるだけというのがはっきりした事件でした

と、懸念した気に次から次へとバグが…
まあ余裕ないのかコンシューマーにコストかける気が失せてるのか知らないけど、3DSの寿命も想定よりも長くはなさそうな予感ですね

>ロケット弾 さん
以前から書いてますが、3DSは短命機でしょうね。
コンシューマーゲーム向けのタイトル数も減ってきてますし、何らかのビジネスモデルの変更を行わなければ、アップルに追いやられてジリ貧になるのは見えています。

PSVitaは欧米での立ち上げは実質失敗したので、価格戦略は見直しが必須。トータル台数という点では、欧米での1年目が好調だったPSPと比べると、シュリンクするのは確実でしょう。3DSも欧米ではシュリンクする懸念が強いですし、携帯ゲーム機のマーケットは未来が明るくないですね。

まあしかし最大の懸念は据置ゲーム機ですが。
アップルがリビングに乗り出してくるという観測が強い。そして据え置きゲーム機市場の内部で見ても、すでに国内マーケットは縮小していますし、北米ではXbox360がチャンピオン。累計台数こそ、まだWiiに追いついてませんが、ソフト、ハード販売ともに、もはやマーケットはXbox360が握っています。北米企業がリビングを牛耳っていく可能性が高いですね。

まー、3DSは厳しいですね。
欧米では既に子供達まで一番人気はアップル製品ですからねえ
日本もいつまでもつかつーと、怪しいですねえ

>最大の懸念は据置ゲーム機
どーしましょうかねー
「Wiiテレビ」でもパナソニックさんに作ってもらうか(笑)
まー、それくらい大胆な戦略の転換を図ってやっとワンチャンあるかな?って程度ですね。
むしろ欧米の方が、1社か2社の殿様商売を好まない風潮がありますから、それなりのインストールベースが確保できればオルタナティブな代替手段の選択肢として選んでもらうなんて算段で細々とですが生き残れそうかも。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。