Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前世代→今世代で縮小する

PSVitaの日欧米での初週売上が出揃ったようですね。
PS Vita: グローバルでのセールス内訳。欧州好調、北米イマイチ

欧州のPSVitaの売上は確かに堅調ですね。北米は微妙。
しかしこうして見ると、現世代の携帯ゲーム機はどちらも、前世代機よりも初週売上が悪く、スタートダッシュには課題がある、という結果で落ち着きました。
考えられる要因は
  • (ローンチ時の)本体価格が高くなっている
  • 発売時期の問題
  • スマフォに潜在ユーザーを食われた
の3点です。
1点目と2点目は明快なものの、3点目についてはまだ結論が出せません。ハード発売から1年程度は、比較的コンシューマーゲームに関心が高い層が動いていると思われるため、どちらかというと2年目、3年目あたりの販売台数を(前世代機と)比較すべきでしょう。

3DSが2年目に入ってその結果が積み上がっていけば、おのずと前世代からの市場縮小が可視化されていきますが、コンシューマーゲーム市場のボリュームという点では、国内外の据置ゲーム機市場がどうなっていくかが注目です。

1.Wiiが減速し切ってからWiiUが発売される。年末の初期需要が過ぎ去れば、苦戦する懸念がある。
2.Xboxは国内では見切られているし、PS3の次世代機はまだ早い。
3.北米での事実上の勝利者はXbox360。Wiiはあまりに短命だった……。

という状況を踏まえて、次世代について考えると、

1) SCEの北米での退潮傾向は据置、携帯共に鮮明であり、従来の戦略を継続するだけでは北米市場での存在感はますます縮小する懸念がある。
2) 日欧でのプレゼンスは一定ボリュームを維持すると思われる。
3) 任天堂も北米でのプレゼンスは低下する恐れが強い。Wiiの末期はタイトル数の不足もあり、ユーザー満足度が低い。
4) タブレット機の北米での普及は加速しており、スマートテレビにおけるクラウドゲーミングの浸透など、ゲーム専用機を購入しなくてもリビングでゲーム体験を楽しめるようになってきた。

といった状況が容易に予想されます。

普及台数という点では、無理な値下げをすれば、ある程度は数字を積み上げられますが、客単価を引き上げる施策を打たなければ、利益を削ってビジネスとしての寿命を縮めるだけでしょう。

短期的には辛い消耗戦を行いながら、客単価を引き上げる施策を試行錯誤していく、という所でしょうね。


スポンサーサイト

コメント

DLC商法、アンロック商法、これらが前面に出ているゲームソフトは私の中では購入予定から完全に除外されています。
私みたいな人は決して少なくないと思います。
でも心底気に入ったソフトであれば多分DLCへの課金も惜しまないのかも知れません。

1つのゲームで他人と会話で盛り上がるとかするにもTwitterで本当の赤の他人を相手にするとか共通認識の分散化が更に加速しそうな今日この頃。

あれほど駄作と揶揄された3DSですら、現状は一番売れててソフト売上ランキングも上位を占拠してる
わけですから、結局ゲームソフトというしかないですね。
WiiUでは3DS以上に力を入れないといけないわけですし、再三はじめが大事、継続的にラインナップを
揃える事が大事と連呼してる岩田社長ですから最初の1年はみっちりソフトラインナップは揃えてくると
思いますというか期待してます

マリオテニスやFEなどオンライン要素が加わることで任天堂の

文章が途中で途切れてたみたいなんで追加で
http://www.famitsu.com/news/201203/06011059.html
先月のソフト売上ランキングですが3DSのサードソフトが売れ始めており
3DSのエコシステムが回り始めています、3DSは普及機に入ったと見るべきでしょう

http://www.businesswire.com/news/home/20120306005652/en/Nintendo-3DS-Sells-4.5-Million-Units-Year
北米での3DSの初年度売上がDSの2倍となり勢いが出ています。
本来DSを今頃買う層までもが値下げにより3DSを買ってると考えらます
北米においても大幅な値下げが急激なハードウェアの普及を促進させており
サードのエコシステムはそれなりに動きそうです。

>ペップ さん
3DSが勝手にすっ転んだあと、起き上がったのは確かですが、結局ゲーム機市場全体が縮退していく流れの中ですからね。

国内ではDS世代に比べて普及台数で劣るのは確実ですし(DSの2年目には「脳トレ」とDSLによる爆発的な伸びがありました)、北米は当初DSの普及が緩やかだったのと、価格の影響が大きい市場なので、DSの1年目との比較をしても、さほど説得力は感じません。

ま、任天堂も年明けに、史上最速アピールに必死でしたが。

DSのバブルが再現できない以上、前世代より縮小してしまうマーケットなわけで、そこにどんな明るい材料があるのでしょうか? 序盤、勝手にすっ転んだから、起き上っただけで褒めたたえるというのはおかしな感覚です。そもそも転ぶのがおかしい。大赤字を出しているわけですからね。

まあ2年目、3年目の結果を見ていけば、おのずと見えてくるのではないでしょうか。大幅値下げで無理に普及を加速させた3DSは短命機でしょうし、WiiUはもっと酷いかもしれない。それが現実では?(苦笑

おっしゃるとおりで3DSは短命で終わるべき商品で
そもそも携帯ゲーム機は短命で終わったほうが市場が活性化していいと思います。
互換性さえとれていればPSPやDSみたいにモデルチェンジして買い替えを促進させるより
次世代機を投入したほうがソフトの幅や機能を時代にあわせて増やすことができますし
アーリーアダプターの気持ちをつかむこともできますから。
なにより3DSは短期間でタイトルを揃えることができたお陰で現状はハード普及の3年目ぐらいの
充実度ですし>ミク、キンハー、バイオ、FE、無双など

今回は値付けで失敗しましたが、次回からは2万円ほどで3~4年サイクルのハードでいいんじゃないでしょうか?

>ペップ さん
今出てるソフトって3DS発売前よりかなり前に企画がスタートしていたものが殆どなんですよね
つまりまだ「任天堂の次期DS(仮)」に夢を持てた時代に始まってる訳です。

>WiiUでは3DS以上に力を入れないといけないわけですし、再三はじめが大事、継続的にラインナップを
>揃える事が大事と連呼してる岩田社長ですから最初の1年はみっちりソフトラインナップは揃えてくると
>思いますというか期待してます

再三期待を裏切ったのも岩田社長ですが(苦笑)
今になって本気出すって言われても…もっと前から本気出せよって話で。
ニートの「来年から本気出す」じゃないんだから

>マリオテニスやFEなどオンライン要素が加わることで任天堂の
他機種ではとっくに当たり前のことを今更ドヤ顔で言われてもねえ…ジョークなのかなんなのか
まあ江戸時代の人に家電製品を見せれば魔法の道具と思っても仕方ないかなあ…

うーん、今のソニーにかけているものですね
ドヤ顔で技術をアピールしても無駄です
アップルが性能をCMでアピールしているでしょうか?

ソニーは技術ばかりひけらかして
消費者の気持ちを理解していないんじゃ
ないでしょうか?
ゲームを楽しそうと演出して見せる任天堂
服を楽しもうと演出するユニクロ
iPadで生活が豊かになると演出してみせるアップル

ソニーは画面が大きいとか性能ばっかりアピール
していて、それがもたらす価値を提供できていないんじゃ
ないでしょうか?

>ペップ氏

あなたの中のソニーの価値観なんてどうでもよろしい。国内ゲーム機メーカーが衰退してるのは確かなこと。
楽しさを提供する点では任天堂なんて今やアップルの足元にも及びません。
滅びゆくコンシューマー市場で泥沼の強奪作戦を繰り広げてる哀れな一企業をそこまで神格化する意味が分かりません。

案の定、昨夜のソニーのゲーム天国があさっての方向を向いていたため
ユーザーから総攻撃を受けているようですね。

私の言っていた意味がご理解いただけたでしょうか?
性能やイメージCMばかりを流す今のソニーのズレた感覚を
こんな手法はバブル時代でしか通用しないんですよ。

Xperiaを見てもVITAを見てもイメージCMばかりでそこに消費者が不在なんですよ
確かにカッコイイ!、だけどそこで止まっていて価値をユーザーに届けられていない
ソニーの自己満足に付き合ってくれるほどユーザーは寛容ではなかったというのが
今回のゲーム天国で明らかになったんではないでしょうか?

ハードメーカーであるならまずは率先してハードウェアを牽引しないといけない存在
金払ってでもサードにゲーム開発を促すのは当然ではないでしょうか?
ユーザーはPSPと同じ展開にもうあきれ果てていますよ>あくまでPSコミュのサイトを見ての意見ですが

>ペップ さん
記事の文脈を解さず、あなただけが単なるアンチソニーな発言をしておられますが、そろそろ自重を。

昨日の発表の時点でたいしたものが出てこないのは自明でしょうに。

PSVitaユーザーはモンハンやそれに近い遊び方ができるタイトルが欲しいのであって、それ以外は輝きを失った発表に見えてしまうのは仕方ないこと。以前から書いてますが、SCEの反攻開始点は今ではありません。流動性のある状況ですから、確たることは言えませんが、まあ普通に考えて、TGS前後になるかなと思います。

「中継ぎ」のような発表をせざるを得ない政治状況はユーザーには関係ないことですが、一因はSCEだけでなく、他陣営からの強奪が大好きな企業にもあるわけで、最終的に振り回されるのはいつもユーザーですね。2000年代の事例でいえば、『テイルズ』ファンも被害者ではありました・・・・。
喚く必要はありません。

それにしても、SCEの「見せ方」は下手くそですけどね(苦笑
開発費の使い方も、どうかと思いますし。まあかつて岡本吉起氏の「GENJI」(リパブリック開発、SCE発売)などもあったし、マイクロソフトが有名クリエイターの作品を集めようとしたように、見せる弾が少ない時にやることは皆さん一緒だなあ・・・・と思いますね。


1つだけ、昨日の発表で見るべき点は、PSO2のPSVita版が発表された事ですね。オンラインゲーム専用タイトルがPSVitaに来るのは当然の流れではありますが、具体的に実現してみると、印象が異なります。セガのオンライン物は、『サムライ&ドラゴンズ』(キングダムコンクエストの改造作)に続いて、『PSO2』が発表されたわけで、PSVitaがどういう性質のハードかに関して、セガは理解が進んでいますね。
らしいタイトルも期待してよいのでは?

まー、本当は『FF14』や『ドラクエ10』もPSVitaに出せば悪くないのですが、『14』はそれ以前に解決しなければならない問題が起きていますし、コンシューマー機でいえば優先度はPS3版が上。『ドラクエ10』はまあPSVitaなら、(3DSのような一部連動のような形ではなく)Wiiで動いている程度のものはそのまま完全に動くでしょうが、政治的には難しい。


いずれにしても、ソニーと任天堂は双方、衰退傾向ですからねえ。3DSをどう擁護したところで、大赤字のハードなうえ、脳トレバブルのような現象も望めない。であれば、「3DSのライフサイクル全体で上がる収益」はDSより下げるのは確実でしょう。どちらが衰退しているかという視点で物を語っても、あまり意味がないと思いますね。

ま、しかし、以前から書いているようにPSVitaに関しては、「無料+アイテム課金」が発展した初めてのコンシューマーゲーム機になってほしいし、ビジネスを成立させてほしいなと期待しています。そこがとても重要ですからね。目先のタイトル強奪や、大赤字でのインストールベース拡大に、振り回される必要はないでしょう。

パッケージビジネスという古いビジネスモデルにしがみついた大企業がためこんだキャッシュを大量に吐き出すのは、老人がたんす資金を吐き出すような意味で、とても健全な現象ですね。PSVitaがもっと頑張っていれば、もっとキャッシュを吐き出させられた、という可能性の意味では、惜しかったのかもしれませんが。まあ金は天下の回りもの。革新的な商品を出さず、新しいビジネスにもチャンレンジせず、金を貯め込むだけの会社など、目先の恐怖心に負けて、大量にキャッシュを吐き出せばよいのでは(苦笑

まー、PSで育った「ファンタジースター」シリーズが来るのは当然ですね

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。