Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凄い作品はないかもしれんが、悶えるね!

今期のアニメでいうと、『パパのいうことを聞きなさい』で俺は小さい子供が好きなはずはないが、好きになりそうだなあ……と思いつつ、キュンキュンしておりますが、原作の書評を書いておりませんでしたね、そういえば。しかしスーパーダッシュ文庫といえば、アニメ化においては、いえアニメ化以外でも、さまざまな所業を繰り返してきたことで知られておりますが、いやはや、素晴らしいアニメです。



大学生の主人公が姉の娘3人を引き取るという、えらく強引な設定を成立させるために、悲惨な出来事が挟まれるのは確かですし、ブヒりにくいという声が大きいのもわからないではないのですが、ただのブヒではなく、「父性」をブレンドした愛情を感じるのがこの作品なのではないかと思うのです。つか、ただのブヒアニメだったら、全国で恐ろしい事件が起きそうだよ!俺もヤバいよ!

『あの夏で待ってる』は2012年にもう一度おねティーが観られるという事実に愕然としつつ、視聴者であるおれ自身が果たして成長したのかなあ、してないのかなあ、どっちでもいいや、青の可哀そう萌え、敗者萌えはホント可愛いね! さやか的な敗者オーラにキュンキュンします! ゆかりん=檸檬=苺の不変っぷりにも悶えるよ。



『偽物語』はストーリーの進行テンポに辛さがあるのは否めませんが、それを言ったら、『猫物語』以降をアニメ化する際はどうすんのよ、という気もします。それにしても、忍の声は脳内イメージと違うよなと思いつつも、お風呂シーンはたまりませんでした。犯罪だよ、これ。犯罪!



しかしブツクサ言いながらも、エロエロ度が増している『偽物語』はアニメ放映以降、原作を4回再読し、アニメも恐ろしゅう回数リピートしております。いやー、素直だね、俺の中の男の子。まだ元気だったんだっ!

その割に最近エロゲーをやっていないので、素晴らしく発散していこうかと思います。一度始めると、半日どころか、丸二日ほど、ほかの事をしたくなくなるので、毎日ちょっとずつ進めるというプレイがつらくてしょうがないのです……。1週間ぐらいまとめて休み取りたいのですがねえ……。


スポンサーサイト

コメント

偽物語のお風呂シーンやばいですね、あれは。
紳士の僕でも4,5回リピートしてます。
ラストのあたりの阿良々木くんの笑顔が何とも言えません。信頼し合ってるなぁとしみじみ。
傍から見れば、犯罪臭しか無いですが。傷物語を知らない方の目にはどう映ってるんでしょうか。
忍の声がちょっと違うと感じるのは、中の人がドラマCDから変わっているのもあるのかも知れません。
まぁ、僕は聴いていないのでそれは分かりませんが、そこまで違和感は感じなかったです。

ゲーム関連の記事も楽しみに読ませて頂いておりますが、こういう何気ない記事もあげて頂けると嬉しいです^^
忙しいとは存じますが、書評もお待ちしております。
「変態王子と笑わない猫。」の感想を待ちつつ、結局とある機会に全巻買ってしまったのですが、面白いですね。
話の構成が上手いというか。カントクさんの挿絵も素敵です。

>みすとる さん
化物語は、実質3人のメインヒロインという贅沢な構成ですが、ひたぎ→翼→忍という順番かなと。忍がしゃべり出してから、別作品に化けたかのように生き生きとしますよね。

ひたぎさんが、ちょっと地味ですよね。
扱い、ひどいし。
怪異から離れてるので、転がしにくいのも、わかるんですが。

スーパーダッシュ文庫は今更ながらレーベル専用のマンガ雑誌を創刊しだしたりして、マルチメディア展開に力を入れ始めた感じです。これまでもマンガ化、アニメ化はやっていたとはいえ、なんとなく単発展開の印象が強くてレーベルの活性化にはつながっていなかったように思います。すっかりMF文庫J(今じゃ角川)に差をつけられましたからね。
ラノベがあふれかえる現状、どれを手に取るかなかなか判断が難しい。ベタではありますがマンガ、アニメから入る読者も多いので、作品はもとより、レーベルの発展のためにはメディア展開を有効に活用することが必要かと。

パパ聞きはOPがかわいいですね。僕の弟の娘が4歳でたまに面倒を見たり、実際に「おいたん」と呼ばれたりしてるので妙に親近感のある作品です。主人公を社会人1年生の設定にした方がよくね?とか思わなくもないですが、細かいツッコミ所を入れだしたらキリがないのでその辺はスルーしてます。まあレーベルの読者層的に社会人設定ではちょっと都合が悪いのかもしれませんし。
ブヒ成分はおまけだと思っていて、少々精神的にツライ場面や気持ちがあったかくなる場面を丁寧に描いていただければと思います。

記事内の3作品はどれも楽しく見ていますが、それ以外で個人的にツボったのが妖狐×僕SS。
凛々蝶さまの犬に僕もなってみたい(ぉぃ)。つーかちょっぴりいじめてみたい。双熾役の中村悠一さんの演技が面白いです。あとEDw。

先が気になると言う点でAnother。
3話のラストは思わずビクッと震えてしまいました。
妖狐×僕はコミックを一気買いしてしまいましたがAnotherはどうしたものか。先は気になるけど、あえてアニメで堪能したい気持ちも。

パパ聞きはアニメで興味を持って原作1巻を買ったのですが、正直物足りない内容で
印象は良くなかったです。ところが後でサイドストーリー的な内容の7巻を読むと、
アパート暮しの苦労なんかの描写が掘り下げられて面白かったので、これから原作
読む方は7巻もセットで買うと良いかもしれません。
あと、第1話放送直後はなんかすごい売れてましたね…。重版かかるまで品薄でした。

アニメはEDの映像が素晴らしいですね。1日5回以上繰り返しで見てますw
近年のアニメのED映像ではトップクラスでセンスが良いと思います。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。