Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂大勝利ぃぃぃぃぃぃっ!

ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ……っ、
という年末年始の一部ネットユーザーの雄たけびがいまだに耳に懐かしく聞こえる昨今、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

任天堂が2012年3月期の業績予想を下方修正…最終赤字が200億円から650億円に拡大
ロイターの報道によれば、「ニンテンドー3DS」の販売計画を1600万台から1400万台に、「ニンテンドーDS」を600万台から550万台に、「Wii」を1200万台から1000万台に引き下げたとのこと。

同社の発表した業績予想は、売上高6600億円(前回予想7900億円)、営業損益450億円の赤字(同10億円の黒字)、経常損益950億円の赤字(同300億円の赤字)、当期純損益650億円の赤字(同200億円の赤字)とした。

まあ予想通りというのが大方の反応でしょう。
本体に1万円つけて売っていたような売り方をして、虚構というとやや語弊がありますが、増幅された数字を積み上げてみせたところで、そこからどうやって利益を得るのかを真剣に考えなければならないはずです。

任天堂Q3の決算: とりあえず雑感
HWだけだなく、SWが激しく不振なのはそれ以上に厳しい。
以前のエントリでも述べたとおり、本ブログは、3DSは昨年の値下のタイミングで3DSはコア層をあきらめ、ターゲットをキッズ層に移したものと考えているが、もしそれが当たっているとすれば当然の帰結だといえる。

さすがに次回の決算でさらに悪化することはないように思うが、次回は来年度のガイドラインもあわせて発表しなくてはならない。ここはどう凌ぐのだろう?
3DSの1,600万台という高すぎた目標は、おそらくはWii、DSの穴を埋めるという必要性から生まれたトップダウンの目標だったと思われるが、それと同じことがWii Uでも再現されるのだろうか?

天空から落ちるという表現をすべきなのでしょうかね。
期待に応えられない企業の株価が落ちるのは当然です。アップルやグーグルのような天上にのぼり詰めるかと期待された企業も、いまや地を這う旧世代企業となり果てました。

コンシューマーゲーム業界の地盤沈下を高みから見下ろす天空のお城も、大地に墜ちれば、地盤沈下と共に一緒に沈んでいく他ありません。ビジネスモデルそのものが変化してないにもかかわらず、業界の地盤沈下に対して危機感を抱かず、天空の浮遊感に浸っていれば、後手に回るのも自然なこと。

任天堂は違う。確かに違いはある。同業他社に対して資金余裕もある。
しかし本質的には違わなかった。
その結果がこの有り様です。

コンシューマーゲーム業界という大地が沈めば、その上に浮かぶ天空のお城も沈む。自然の摂理ですが、想像力が及ばなかったのは残念でなりません。自社だけが売れればそれで良しという姿勢では立ち行かない。気づくのが遅すぎましたね。

任天堂、円高や「3DS」販売不振で初の営業赤字へ
任天堂の予想修正について、いちよし投資顧問の運用部長、秋野充成氏は「コンセンサスよりもはるかに下なのでネガティブ」との見方を示した。同氏は、ゲーム専用機をベースとするゲームカテゴリーは今後、縮小していくとみており、任天堂は新しい成長分野を見つけないと今のスケールを維持できない可能性もあると指摘した。
株価が1万円割れするかどうかはまだわかりません。その辺を最低線として買っている人達もいるでしょうから、そこが崩れると一気に売りに転じるでしょうが、まだしばらくは持ちこたえるのではないかと思います。問題はWiiUです。

アップル、時価総額で再び世界一に 終値でエクソン抜く
今やアップルと任天堂の企業価値の差は20倍以上。かつて日経にリークされた岩田社長の「次の敵はグーグルとアップル」という社内発言も、今となっては虚言にして妄言。誇大妄想に等しい。

アップルとグーグルはおろか、Amazonにさえぶち抜かれる日もあるいは……。タブレット市場はアップルの圧勝で、それに食い込める可能性があるのがAmazonのKindle Fire。次世代、あるいは次々世代には、ソニーと任天堂の携帯ゲーム機は共に、アップルどころかAmazonにさえひれ伏しているかもしれない。そんな未来さえ期待させてしまうからこその彼らの時価総額なのでしょうね。

日本を代表する企業2社がともに衰退していくのを見るのは、なんというか、とてももの悲しいですね。1つの時代の終焉というのは、ネット上において大勝利!大勝利!と叫ぶ人達の雄叫びをBGMとして聞き流しつつ、そういう悲しみに満ちた光景をありふれたものとして眺めるほかないのかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

あれだけの発表とソフト群(強奪)を発表したのにもかかわらず株価が下落し続けていた時点で、読めてたことだと思うんですけどね。舞台で狂う滑稽なピエロを観劇するのは観客の特権なので\\\'彼ら\\\'に関してはもう暫く踊り続けていただいたほうがよろしいかと。天空のお城が沈み行くのはどうやら彼らの信仰心(ソフト購買力)が足りなかったからでしょうし。

3DSでDSをハードはおろかソフトまで道連れにしてしまった昨年末の経験を生かして!、Wii UはWiiから遠ざけるべく名称変更予定だそうですね!

気づくの遅くね?

というか、今回の再下方修正発表、販売先が抱える3DS流通在庫の減損処理を補償するための損失は計上して大転落、という説明ですが、それ以外のリストラは全然手をつけてないんですよね。日本の伝統的経営手法だと「業績を回復するためにはいまは営業も開発も切れない」なのでしょうけど、任天堂の株価を見ている海外の人たちを中心に「売上と実力に見合った組織に削っていない、機能してない首脳陣を入れ替えてない」と感じているはず。経営者どころか誰もクビを切られていない。同じ日に下方修正を出したNECは社内外で2万人削減ですからね。しかも既に一度大リストラやったあとでありながら。このあたりの経営者のスピード感覚の無さが昨年からの失態続きの「実績」とあわせて、これからの見通しに対して「ネガティブ」なのだと思います。

マーケティング担当や海外担当のVPもいるのかいないのか分からない。だからVPのクビを切って入れ替えてやりなおします、というメッセージもきちんと出せない。番頭会社なだけに経営のスピード感を構造的に改善する手段を取らないと、どうにもならないでしょう。ま、経営陣の構成・クビ・入替を決めるべき任天堂の役員会が長年にわたって機能してないってことです。根っこはオリンパスと同じですね。

>天空のお城が沈み行くのはどうやら彼らの信仰心(ソフト購買力)が足りなかったからでしょうし。
まー、口先ゲーマーというか、ゲーマー=ゲームソフトの重購入者と定義するなら、ペーパーゲーマーですからねえ・・・・。とはいえ、欲しくもない、遊びもしないソフトを買うのも難しい話。任天堂は、くそ高い限定版や恐ろしいまでのDLCなどで、彼らの信仰心を発散させてあげてほしいですね。

ビジネスモデルに対する任天堂の発言はその歴史を振り返って証明されているように、常に先行する他社を批判し、後からぬけぬけとキャッチアップしている繰り返しです。DLCもやるし、無料+アイテム課金もやるでしょう。ガチャでさえ(多少の時間はかかるでしょうが)必要ならやるでしょう。その程度のこと。

ファミコンそのものが後発でしたしね。ソフトの内容は信頼できるし、極めて誠実ですが、ビジネスモデルに関しては他社批判が多く、数年後にひっくり返す場当たり発言が目立ちます。クレバーな印象の際立っていた岩田社長でさえ、どれほどダブスタだったかを思い返せば、ビジネスに関して恥も外聞もない姿勢がよくわかります。


場当たり感満載の発言は「喜劇」の域に達していますが、結局任天堂の強みと魅力は、脳トレがヒットしてから語りだしたゲーム機人口拡大政策のような虚言ではなく、莫大なキャッシュに支えられて安定的に研究開発に打ち込むことができる開発体制から時折生み出される、大ヒットタイトルにこそあります。

従来型のソフトを連発したところで、短命機のサイクルが伸びるわけでもありません。新しいソフトを生み出せるかどうか。ただ、従来型のソフトを安定感のある品質でリリースできている事は評価に値します。レトロスタジオのような海外スタジオも、うまく活用してますし、そういう部分はさすがの一語。

レベルデザインやチューニングは、天才的なクリエイターの主観でどうこうするものではありませんし、今となっては海外のほうが客観的により良くする能力を持ってますから、レベルデザイン等を海外と共同していくのは適切なアプローチでしょう。同じルールと仕組みで、レベルデザインの変更のみなら、マリオもゼルダもマリオカートも、海外で80点、90点のものが作れると思います。そういうスタジオはいくらでもある。

ただ、娯楽の本質として、同じままでは飽きられてしまうという宿命もあり、新しい発想を入れていかないといけないので、海外に丸投げはできませんよね。彼らはシリーズを枯らしてしまうのも得意ですから。日本と海外、それぞれの長所短所をハイブリッドしていくのは良いこと。

まー、いまだに日本人のほうがゲームづくりが上手いなどという幻想に浸っている人達も、いまだにこの業界には存在するのかもしれませんが、そういう阿呆も減っていくでしょう。長短を組み合わせていくのが当然で、任天堂ほどの企業になれば、相当数の優秀な人達もいるので、適切な選択ができた、という事。

ただ、従来型のソフトを安定して作っていれば、それで済むかというと、済まない。優秀な人たちを集めればそれで回るかというと、回りません。グーグルも結局そうだったし、アップルもいずれはそうなるでしょう。「カリスマ」という仕組みは非常に代替しにくい。それがわからんのはただの阿呆です。

まー、岩田社長が絶頂期にあった数年前の時分には、残念ながら、京都内部にも阿呆がいらっしゃいましたが、そういう輩と話すと「ですよねー」と表層だけニコニコしたくなりますね。思ったとおり、そういう阿呆は失敗するわけで。優秀な人たちを集めていく中で、優秀な阿呆が混じってしまうのは致し方ない事ですが。そういう輩が適切に失敗していくというのは素晴らしい事です。外から見て、京都は適切に「優秀な阿呆」が失敗していて、さすがという他ありません。人智を超えたというと大げさですが、あれは一朝一夕では作り上げられない場ですね。

「カリスマ」「天才」「オカルト」「神」なんといっても良いのですが、非合理とどうつきあうか、という方法論であって、そんなものはどうやったって、合理では説明も共有も解明もできません。定義からして矛盾しています。優秀な阿呆というのは、合理を過信し、人智を過信する。まさに阿呆。

無論、敬して近寄らず、すべてを非合理に封じる態度も、怠慢の一語に他なりません。ただ一方で、やはり非合理な領域はあるのであって、そこは合理的な手法では埋めがたい。そことどう付き合うか。それこそが人間と文化と文明の大きなテーマの1つですよね。


まー、手厳しい事をいつも書いてますが、僕はまだね、任天堂がアップルを超えることは「確率がゼロではない」と思っています。可能性があるとは決して思わないが、ゼロではない。もう少し噛み砕くなら、合理的に考えれば可能性があるとは思わないが、非合理に考えればゼロではない。

岩田社長がジョブズになれるか。これは具体的な個人名でもあり、そのブレインも含めた周辺でもあり、同時に思想や思考プロセスでもあり、組織論へのメタファーでもあります。そこに掛かっていますが、現時点の評価としては可能性があるとは思いませんが、ゼロではない。

もうひと化けするかどうか。おそらく、まだ優秀さが足りない。優秀さを極めていくと、とてつもなく極めていくと、究極的には自分の優秀さをころす他なくなる。すでに現時点で優秀さLvMAX、優秀さLv99まで来てるんだけど、それがLv100になるには、いやLv100というのは存在しないんだけれども、存在しないそこに到達するというのは、そういう事じゃないかな。

それが起こるのかどうかは、もはや「天意」の域でしょうが。時折使っているメタファーとしての天意ではなく、人間をさした言葉ではなく、本当の意味での天意です。まー、わかりませんよね、アップルが天意を得るなんて、15年前に思ってた人はいないでしょうからね。

>ぶらりん さん
現在の売上規模と社員数でリストラは必要ないと思います。そこが圧迫要因ではありませんから。むしろもっと雇って、開発を安定化させろ、というのが普通の判断ですよ。経営が傾いたから、人を削ればいいというのは、ちょっと違うでしょう。

無論、経営責任というのは当然あるわけですが、まー、ソニーやオリンパスのような日本の大企業には典型であって、代えたところで良くなるかは疑問でしょう。


そういえば、ぶらりんさんのコメントへの反応として、熱狂的な人が1名「ソニーのほうがヤバいでしょ!PS3とか超ヤバい!」などというコメントを投稿されていて、呆れてしまったあまり、削除してしまいました。

ソニーと任天堂はどちらも駄目であって、老朽化した企業に他なりません。もはや今となっては優劣を論じる気も起きない。70歳の老人が80歳の老人を「くそ爺」と罵倒するような、80歳の老人と90歳の老人のどちらが若々しいかを真剣に論じるような真似は、僕の関心の埒外です。

ただ、ソニーに関して言えば、真っ先に手当てすべきはゲーム事業ではなく、テレビ事業ですからね。損失、人員、関連企業の規模からいって、ここを何とかしないといけない。だからゲーム事業出身の平井氏が社長候補なわけでしょう。

いちおうここはゲームブログなので(苦笑、テレビ事業についてたくさん語りたいわけではありません。マイクロソフトも問題はインターネット事業であって、ゲーム事業ではない。3社とも惨めな負け組ですが、第一優先がゲーム事業なのはゲーム専業の任天堂だけですよ。

ソニーとマイクロソフトは、いざとなったら切り捨てたり、事業売却すればそれで終わりですからね。何とでもなる。サムスンあたりに売りつければいい。そしてSCE+MS+サムスンが「PS」ブランドを掲げて、任天堂をなぐり倒して、韓国企業がゲーム業界を統治しました・・・・なーんて馬鹿馬鹿しい未来は考察したって面白くもなんともない。そもそも、そのケースのPSは、ゲーム専用機とは呼べないシロモノ、家電との融合機になっちゃってるでしょう。

しかしそれはゲーム系ブログで論じるような内容とは思いませんね。

ま、そもそも、SCEにはPSNが、マイクロソフトにはXbox Liveがあり、その価値の大きさを考えれば、ハードウェアとしてのゲーム専用機をどう展開するかはなかなか厄介であっても、ネットワークサービスを切り捨てるとはなかなか考えにくい。これから「ニンテンドーネットワーク」を立ち上げるらしい任天堂とはそこが大きく違います。

なんといいますか、ネット上では相変わらず現実が見えていない方が多いようで
PSPやPS3の存在は全く無視して近眼的にVITAだけを見て終わってる終わってるの大合唱ですね。
この赤字が発表されてからより声の大きさをましてる気すらします。

任天堂って目先の赤字うんぬんや競合機よりも
ハード事業としてこれからの展望というか立ち居地が真っ暗なのがヤバイんですよね。
ハード屋としての任天堂の価値が維持できなくなってきてるわけで。

まぁそれでも飛躍した理論展開しての大勝利扱いなんでしょうけどw

> DAP さん
> PSPやPS3の存在は全く無視して近眼的にVITAだけを見て

ふーむ、なかなか滑稽の一語ですね。
まあVITAに関してはさほど心配は要らないでしょう。前世代のPSPの市場が堅調に動いている中での立ち上げですから。前世代のDSの市場が縮退してから立ち上げた3DSや、今後のWiiUとは違いますからね。

無論、3DSが自滅した際のタナボタ的なチャンスはロスしましたが、ま、あれは任天堂が勝手にすっ転んだだけですから。PSPのような手堅いビジネスを回す分には、それほど不安材料はありません。海外で売れてくれればいいのでしょうが、厳しいという観測が強いですね。海外においてスマフォが強すぎて、入り込めない場合のPSSではありますが、ちとわかりにくい。普通にandroid marketでよかった。

平井氏のミッションは、製品ラインナップの統合と、エクスペリアンスの平準化です。
名称はPSNでもソニーネットワークでも構いませんが、互換性のあるマーケットが存在して、ソニーのテレビを買っても、ウォークマンを買っても、VAIOを買っても、ビデオレコーダーを買っても、ゲーム機を買っても、同じようにコンテンツを買い、レビューし、コミュニティにアクセスできる。

それを整理するだけで、アップル、サムスンの次、あたりのポジショニングまでは回復するでしょう。利益として貢献するまでは多少の時間がかかるかもしれませんが、競争におけるポジションを本来あるべき位置に戻すのは可能でしょう。ゲーム専用機やPSN事業はそれに付随するものです。


> 任天堂って目先の赤字うんぬんや競合機よりも
> ハード事業としてこれからの展望というか立ち居地が真っ暗なのがヤバイんですよね。
そういう事ですね。
無論、任天堂の経営陣、岩田社長らもそれはわかってるでしょう、さすがに。

ただ、その答えがすぐに出せない。だから目先の販売台数を見せつけて、大丈夫、大丈夫、と連呼するほかないわけで、経営方針説明会のプレゼンは岩田社長がおこなってきたプレゼンの中で、最もみっともないものでした。アナリストも業界人も、皆が見透かしているのが実情。
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/120127/index.html

ビジョンが無く、未来が見えにくい。
勘違いしている人が大変多いと思いますが、任天堂という会社はそもそもビジョナリー不在の体質で、ファミコンという大ヒット商品で一気に成長したゲーム専用機ビジネスを維持することばかり注力してきた企業です。それ以上のものにする事はできなかったし、さまざまな試行錯誤も結局、実験レベルで終わってばかり。

大ヒットした商品をうまくシリーズ化したり、その肝の部分を応用して、他製品に展開することは巧みですが、本来、何か素晴らしい理想のビジョンがあって、そこに邁進していくという事は苦手な企業です。ゲーム人口拡大戦略も、結局、脳トレブームが終焉したのちは、プレゼン上のお題目にすぎなかったわけで、長続きするビジョンを打ち出せるリーダーはいないし、ビジョンベースで長期間取り組むのも苦手な組織体です。

ですので、3DS以降は単なる時間稼ぎであって、時間を稼いでいる間に、次の大ヒットの種を模索し、大ヒットを生み出し、そこから戦略めいた波を作って再浮上を狙う。それ以外の光明などありはしません。

まー、SCEにビジョンがあるかといえば、狂的なビジョナリーだったクタラギ氏がいなくなった後は、不在です。PSVitaにしても、「スマフォが普及してきている状況で、どう適応するか、サードパーティの皆さんと一緒に考えたい」というようなメッセージであって、頼りないといえば頼りない。あくまで立脚点ですよね。

サードパーティ連合の盟主としてのSCEという図式は、とうに瓦解してますから、サードパーティ各社は勝手に動くでしょうし、すでに動いてます。モバグリが3位、4位に落ちた任天堂とSCEにかわって、業界の盟主になるかといえば、ならんでしょう。彼らはゲーム業界なんぞに、そこまでの執着心は無い。所詮IT企業ですからね。

「新参のIT企業に業界でデカい顔されて腹立つわー。でも支配してくれたら楽だわー」というのがサードパーティの「無意識の本音」でしょうが、モバグリは彼らにそこまでの関心は持ってません。支配、メンドクサイ、みたいなw ソフトパワーが重要な時代ではあるので、自ら首を差し出すような真似はせず、各社がもがく他ないでしょう。しんどいけど、しょうがない!

ソーシャル企業にとっては、昨年一年で、任天堂とSCEは勝手に坂道を転げ落ちていく老朽化企業、という認識が強まってしまいました。もはやコンシューマーをやめてソーシャルに転換させるための強引な勧誘や餌をチラつかせての囲い込みも必要ない。「老朽化した船といっしょに沈みたければ、お好きにどうぞ。はっはっはー」てなもんでしょう。

そういう意味では、彼らの目線は海外展開の成功にあるし、海外展開が成功せず国内に出戻った場合のほうが厄介な事態になります。国内でプレゼンスを拡大するには、競合をつぶす他ありませんから、モバグリ同士の争いは一段と熾烈になりますが、それと同時に、老朽化した3位と4位を食らうのが手っ取り早い。

さすがに丸呑みされるような事態にはならないでしょうが、彼らは「老人」から「衣服」を奪い取るぐらいのことは平然とやってのけるでしょう。醜い国内紛争に巻き込まれて疲弊しないためにも、3位、4位の企業は1位と2位の企業が海外で成功することを祈念していたら良いのではないでしょうか(苦笑 世界平和、万歳w

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

熱心な任天堂ファンボーイ(笑)を見ていて呆れるのは、VITAがこければ
自動的に3DSの覇権が確立すると思っていることですねえ…
据え置きはおろかソーシャルに食われていて携帯機市場も斜陽産業まっしぐら。
VITAはスマホに対抗することをより強く意識していて、その為のハード仕様を
備えて投入されたのに対し、3DSは対スマホのリングに立つことすら叶わない。
レッドオーシャンどころか干上がった黄河の水たまりで天下をとってどうなると言うのか。

> マシン語 さん
まー、大勝利ぃぃぃぃぃっ!と言いたいだけの可哀そうな生物ですからねえ。
他に娯楽も無いんでしょうしw ゲームを買って遊べばいいのに(苦笑

PSVitaのようなスマホに対抗することを意識していればそれで済むわけではありませんが、3DSは明らかに世間知らずの阿呆が作ったゲーム機ですからね。独自路線は構わないが、世間知らずと独自路線は意味が異なるはず。

2万5000円であのしょうもない内蔵ソフト群に、あのラインナップでは、値下げは当然。正気を疑うレベルです。実際、一昨年の任天堂の発表会では、岩田社長の発表に対して会場が凍りついたわけで、1万5000円という適切な価格に修正されたのも当たり前でしょう。最初から2万円にしておけばよかったものを(苦笑 世間知らずの阿呆は度し難い、という良い教訓になったのではないですか。

宗教集団ではあるまいし、優秀な社員もたくさんいるはずなのだから、誰か突っ込まなかったのか?
優秀な人達が世間知らずの経営上層部の妄想戦略に対して、適切な意見を言えないのだとしたら歪んでますし、DS&Wiiでの成功神話におぼれて、経営上層部のジャッジを盲信する「優秀な阿呆」ばかりが増殖したのだとしたら、失笑です。

屑みたいな機械を安値で売りつけても、利益は下がるし、短命機で終わるのも目に見えてるし、ろくなことがありません。小手先の戦術としては致し方ないとしても、時間稼ぎをしている間に、組織をきちんと立て直していただきたいものです。あまりに不勉強すぎて反吐が出ます。

企業価値が落ちるのも無理はありません。繰り返しますが、世間知らずと独自路線は意味が異なります。もうちょっと真面目に世間を見ていただきたい。

WiiUも、3DSの値下げ前、つまり任天堂が過ちに気付く前に発表してしまったのが不幸の極み。おおかた、目先の株価対策で発表したんでしょうが、今さら引っ込められないのでしょうし、愚かな事をしたな、と呆れます。呆れ果てます。どうして秋まで待てなかったのか。状況の推移を見て、軌道修正することもできたでしょうに。

実際、WiiUを発表した後の方が株価は落ちているわけで、本当に愚か。自分達が新しい機械を発表すれば、世間は拍手喝さいし、驚いたアナリストたちが誉めそやし、株価はたちどころに上昇する・・・・などと思い込んでいたのでしょうか。思い上がりもはなはだしい。

屑みたいな機械に無理にソフトを集めたところで、コンシューマーゲーム業界自体が疲弊し、地盤沈下するだけ。まー、変態的なまでに好意的な解釈をあえてするなら、そのために貯め込んだキャッシュを吐き出すのは「浄財」にはなるのかもしれませんね。

DSとWiiのあの成長を、あの上昇を、見事にぶち潰してみせましたね、ほんと。何だったんだろう、あれは。ジェットコースターが急降下の前に上昇する、それだけに過ぎなかったんでしょうか。前半は神君、後半は暗君のソニーの出井氏を笑えない。笑えないよなあ、はっはっは・・・・。

まー、ゲーム専用機の悲しさ。リセットを押すにも数年かかるビジネスですから、やーれやれ、リセットして軌道修正するまで今後の数年をがんばっていただきたい。DSの成功以降、「優秀な阿呆」が増えているのだとしたら、そうした人の重荷も厄介ではあるのでしょうが、何とか乗り越えていただきたいですね。

それにしたって、経営上層部のミスというか勘違いというか暗君っぷりには呆れ果てますが。ブザマの極み。糞みたいなネットワークサービスにも、いい加減、辟易しますし。DSiより改善しました!とか、自慢げにほざいておいて、全然だめで、アップデートで改善して、それでもあの有り様でしょう。訳がわかりません。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。