Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年始週の所感。PSフォーマットの堅調さに驚くね

年末年始の任天堂の強さは相変わらずではあるものの、PSフォーマットが意外に堅調なのが驚きですね。

PS3は今年も据置ゲーム機の販売でWiiを引き離しそうで、WiiUが出てきてもさほど心配は要らない貫録。PSPの7万台も、まだそんなに売れるのかという点で驚異的ですね。あれほどの大ブームを起こしたDSは消え去ったというのに。この辺り、ゲーム機のライフサイクルが任天堂とは完全に異質なのだな、という事がデータとして証明されてきてますね。PS Vitaはまあこんなものか。年始にかけて、特に良材料が無かった割には、思ったほど落ちなかったなという印象。

「モンスターハンター3G」が累計100万本を突破。3DSのミリオンヒットタイトルが並んだ「ゲームソフト週間販売ランキング+」
3DS 240,819
PS3 74,459
PSP 71,033
Wii 49,525
Vita 42,915
個別にみていくなら、まずPSVitaはタイトルが集まりすぎた弊害がはっきり出ており、春から夏までのソフト戦略としてはソフトラインナップの整理とPS Storeでのダウンロード販売の上昇を狙った施策の強化(長期的に売れる下地を作る)、さらに新規タイトルをプッシュしていく支援体制の3点が急務ですね。

ハードウェア面では、良く言われるように取っつきの悪さ(できる事が多すぎてわかりにくい)の改善と、ネット上でスピーカー的に誇張されている感もある初期不具合の騒ぎの収束。スローペースな立ち上がりは構わないが、「3DSの初期の躓きに伴う過剰な期待感の集中」が夏ごろに起きていたため、その反動が起こることを考えると、丁寧な外交施策が大切でしょうか。

年を越してもPSPが堅調なことにはやや驚かされましたが、PSVitaとの市場のすみわけや、実質的な競合機が3DSであることを考えると、さらに本体価格を下げるとか、DLC購入を促進する施策(クーポン等のバンドル)なども考えていきたいところでしょう。

任天堂とSCEはさすがに1世代ずれがあるとは言いませんが、0.5世代ずれていますね。任天堂の新世代機とSCEの従来機が最初の2年間は競い合うという形。性能差を考えれば、当然の帰結ではあるのですが、旧来のゲーム業界の常識からすると、異質な光景。半端なタイミングで発売したドリームキャストがPS1とPS2に挟まれて、マーケットを構築できなかった過去の事例などを思うと、感慨深いものがあります。

逆に任天堂は、もともとDSの市場が減速していたうえに、3DSを活性化させるために急激にDS市場を殺してしまったので、3DSの市場を積極的に拡大する必要があります。特にソフト市場の拡大は急務で、無理やりに普及台数を引き上げたぶん、そこから利益が上がることを示せなければ、業績の回復は見込めませんし、株価の低迷も脱却できないでしょう。買収が懸念されるほど、ぶざまな株価が何年も続くのはみっともないこと。WiiUという爆弾が破裂する前に、良材料をどれだけ積み上げられるか。

任天堂の大型タイトル以外ではいまだ成功例が乏しく、『モンハン triG』も及第点レベルですし、あえていえば『閃乱カグラ』のスマッシュヒットが光りますが、タイミングの勝利という解釈がなされるでしょうし、ネタとしては美少女系タイトルが増えるかもしれませんが、中長期的には解像度不足が祟るのは明らかです。

3DSらしいタイトルが花咲いて、マーケットが広がっていく事が重要で、強奪タイトルが少々売れたところで、サードパーティにしてみれば、劣化PSPマーケットに過ぎません。まずは競合機PSPとの競争に勝つことが重要。PSPなんてKILL、KILL、KILLしちゃうんだから~☆ってな感じで頑張ってくださいな。あくまでPSVitaのソフト市場が形成されるまでがタイムリミットですからね。

Wiiが減速している分、DSとWiiがピークだった頃に比べると、PSフォーマットに押されちゃってるのがシンドイですねえ。WiiUも不透明すぎますし。


まー、SCEと任天堂がもみ合っている間にも、業界は着実にソーシャル勢に飲み込まれていっており、『女神転生ONLINE』や『しろつく』で早くからオンライン&ソーシャルでの成功を果たしていたケイブでさえ、業績予想を下方修正し、コンシューマーからソーシャルへの動きを加速しています。

ケイブが業績予想を修正 買い控えや新規コンテンツのリリース遅延の影響で、計画を下回る見込み : はちま起稿
ケイブは他にも色々あったせいだろ、という突っ込みは無しで。

ソーシャルゲームを小馬鹿にしていた層も、『モバマス』などでソーシャルゲームにハマり始めており、いよいよコンシューマーの牙城から濃度の高いコンテンツを愛するユーザーとお金が流れ込み始めています。半年も続ければ、コンシューマー版より売上金額で超えるでしょうし、利益は3、4か月で超えちゃいそうな予感。『アイマス3』は最初からスマートフォンとアニメです、みたいなトンデモ話にならなきゃいいなと思いますが、今のバンナムだと、なにがあってもおかしくないから、恐ろしい。

旧ナムコ側が稼げてなさすぎる一方で、(ナムコ側版権を含めて)国内版権ぶん回してるバンダイ側(およびBDNA)がソーシャルゲームで荒稼ぎしまくってます。目が$マークというより、全細胞が$マークな感じです。ソーシャル時代の勝ち組はバンダイとコナミの2強で決まりか、おっとろしー。

コナミはただでさえ、ゲーム屋やめてる感じだったのが、ソーシャル屋への転換が進みすぎてて、コンシューマーのチームがどうやって生き残っていくかがハラハラです。

『ライジング』をプラチナに任せたことで、あれが上手くいったらいったで、「じゃ、内部で作る必要ないじゃん。シナリオと設定だけ作って、あとは全員ドラコレ作れ」とか真顔で命令が降り注ぎそうで、その辺は小島監督に食い止めてほしいところ。

『ラブプラス』も次回作はソーシャルですかねえ? 「アイマスがモバゲで当たってんのに、開発費かかりすぎてて大してうまくない3DS版なんかいつまでもやってんじゃねーぞ、ごるぁ」とか指令が降ってそうな……。3DSのウルトラ普及驀進にのって、『カグラ』ブースト同様、ブーストかかって売上1.5倍です、みたいな事がないと、なかなかしんどそう。

つーか、ソーシャルゲームが儲かったから、利益の低いコンシューマーももう少し粘りましょう、ではなく、「ソーシャルに舵を切って、コンシューマーはどんどんスリム化しよう」と考えるあたり、コナミはすでにその魂がコンシューマーゲーム屋ではないんだなあ、とあらためて畏怖します。

コンシューマー大手の勝ち組側って、コンシューマーゲーム企業の皮を被りつつも、そこへのこだわりを捨てて、IPぶん回す割り切りをしている所ばっかりなんだよな。やー、カプコンがんがれ。もっとがんがれ。スクウェア・エニックスはコンシューマーでのイメージが圧倒的だった割に、事業は他へ拡大しようとした結果、ブランドパワーが拡散&弱体化しちゃってるのが……。腹をくくって絞り込むべきなんだけど、阿修羅のようにあちこちに手をだしたんで、今更それも難しいという……。どっちへ転ぶかはもうちょっと注視が必要な気がします。

あとはレベルファイブの浮沈がどうなるか。がんばってほしいけど、去年は悪いターン入っちゃったな、と。


スポンサーサイト

コメント

WiiUが出るときおそらく160GのPS3を19800円程度に値下げすると思いますし近いうちにPSPを12800円程度に値下げするんではないですかね?
PSPは国内だけですが収穫期の真っ最中でゴッドイーター2などタイトルがまだ出ますしまだ現役なんですよね
MSの噂の次世代機とWiiUが出るとしてもPS3の値下げだけで済ませられるのは久夛良木さんのPS10年安心設計に感謝なんですかねぇ・・
PSvitaは今までの従来ゲームは大丈夫でしょうが弱点のライトユーザーをどれだけ捕まえられるかでしょうしやっぱりグリー辺りと組むのが適切だと思いますけど・・ただそれでも今のVitaでは駄目だと思いますけど
僕が買ったのは不具合は無いですけど100時間無料は使い物にならないですし結局家でWiFi使ってマシなレベルです・・アクセス不可も多いし
結局ソフトはPS3から買ってそれからPSvitaに移動させてます
携帯電話は生活必需品で定額料払ってますけどゲーム機は違いますからね
>>3DSらしいタイトルが花咲いて、マーケットが広がっていく事が重要で、強奪タイトルが少々売れたところで、サードパーティにしてみれば、劣化PSPマーケットに過ぎません
360はそれで失敗しましたからね・・ヒット作が美少女ゲームというのもそっくりです
MH3G見る限りあそこまで酷くならないでしょうけどw

> PONTA さん
> PSPは国内だけですが収穫期の真っ最中でゴッドイーター2などタイトルがまだ出ますしまだ現役なんですよね
DSを引っ張りすぎて、勢いをうまく継続できず、値下げで挽回した3DS。
それに対し、PSVitaはやや早すぎるぐらいですね。PSPで新作、VitaでHD化された移植作という扱いなのも、致し方ない部分はありますね。国内市場だけなら、本来はもう少しPSPを続けてからでもよかったんでしょうが、海外市場で手を打つ必要があったのと、さすがに3DSから1年以上開けたくなかったんでしょうね。

そういう意味では、SCEにとって任天堂は迷惑な存在で、ハードのライフサイクルが短命なうえ、大幅な値下げで携帯ゲーム機の価格レンジを大きく毀損しましたからね。ま、競合関係なので、迷惑上等ではあるのでしょうが。任天堂の3DSに関する施策は、競合に打撃を与えられればそれでよいというような、潰し合い的な短絡的な策が目立ち、残念ですね。

強奪タイトルを並べたり、大幅値下げで消耗戦をしかけるよりも、3DSならではのタイトルを用意すべきでした。独創的なタイトルを作れない以上、短絡的な手段を仕掛ける以外、方法がないのはわかりますが、そういう事をしても、モバゲー、グリーのようなソーシャル勢を利するだけなんですけどねえ。ま、目先のSCEの脅威しか目に映らなかったんでしょうし、仕方ないかな。天狗になりすぎて、視界が狭まっていたのが本当に残念。

昨年末で子供相手の普及という点では、一定のプレゼンスを確保したでしょうから、落ち着いてきちんと画期的なソフトを生み出してほしいものですが。んー、まー、WiiUという不良債権がこれから先に控えてますから、どうしたものか(苦笑 無かったことにしたほうがいいんですけど、そうもいかないんだろうし、やれやれ、ですね。

WiiUの立ち上げでパワーを分散してしまって、PSPとPSVitaに決定的な追撃を食らわせることができず・・・・というオチが見えてますからね。困ったものです。莫大なキャッシュと優秀な開発リソースを浪費するのも、ある意味、京都的な優雅さかな、と生暖かく守っておきましょう(苦笑

まー、既にして、「清水の舞台から飛び降りる」がごとくに、株価7万円以上の高みから飛び下りるという、優雅な舞を見せつけてくれてますからね、今更株価がどうなろうとも、さして大きな変動ともいえませんし。優雅にして滑稽な舞に期待いたしましょうか。現状では、ソーシャル勢の足元で、舞を踊ってみせる、SCEと同じく、芸人のような存在ですから。

VitaはPSP、3DSほどのマーケットを築けずに終わると思います。
ソーシャル系ゲームが携帯やタブレットベースマーケットによって
本年もさらなる大きな発展をしていき、PSP、3DS等のように細々と
生きるパイすら得られないのでは無いと思います。

>七海 さん
まあSCEのハードというのは、PSP、PS3と続いて、どちらも、あーだこーだ言われたものですが、その結果が現状ですからねえ。あの性能ポジショニングを埋めるハードが無い以上、杞憂にすぎないでしょう。ライト層が購入するようなゲーム機では、そもそも無いです。

ただ、国内と海外のねじれを解消するような売れ方はなかなか厳しそうだな、という事も見えてますよね。VitaがVitaらしくマーケットを築けるかというと、ソフトを含めた売れ方を見ていると、やはりPSPなのだなあという印象です。国内市場は読みやすいが、発展はさほど無さそうです。

将来性という観点では、短命機の次の展開であったり、WiiUの後始末のほうが厄介ですし、CESから撤退したマイクロソフトがゲーム専用機戦略をどう再定義してくるかのほうが不透明感があります。

全社的な戦略での比較でいえば、ゲーム専用機に集中している任天堂や、PSN事業を推進しなければならないソニーと異なり、Windows8との総合的な戦略の中で考えなければならないマイクロソフトのほうが不透明感が増してますよね。

ソニーの場合は、テレビを中心に、撤退 or 後退していかなければならない事業領域が広大で、その道筋をつけるのが先でしょう。平井氏はPSNを、その名称はともかく、ネットワークサービスを中核に据えたいでしょうから、ゲーム機事業からの撤退は当面ないんですよ。久多良木氏が在籍していた頃の発言でいえば、メタファーとしてのゲーム専用機は必要なんですよねー。

マイクロソフトに関しては、メタファーは必要だけど、メタファーはWindowsであるべきだろう、という所に落ち着くと思うので、なかなか不透明ですね。いずれにしても次の世代では、クラウドゲーミングやスマートTVを意識せざるを得ないでしょう。任天堂だけは空気を読まないわけですが、3DSとスマートフォンという図式が定義されて、いっこうに株価が上がらないのと同じ話がWiiUでも起きて、どれほど普及台数をあげられても、結局短命機扱いになってしまうのかな。

Wiiが証明したのは、欧米でさえ、ゲーム専用機なんてものは、「年末にパーティゲームを遊べればじゅうぶん」という層が多い、という事です。そうなると、専用機は要らなくて、クラウドやandroid TVがあって、年末に数千円程度お金を払って、パーティゲーム30本の中から好きなものを選んで何度でも遊べるというビジネスモデルがあればよいのです。一方でコアゲーマーはXbox LiveやPSNのような会員制サービスに、アイテム課金的なモデルをハイブリッドさせていくのかなと思います。

アイマス3はソーシャルオンリーor先行あると思います。
予想以上の速度で据え置きゲーム市場が冷え込んでいますから…
モバマスの負の面で何が罪深いかって、公式が杏仁豆腐絵を使って出せば
古参のファンも手の平返して飛びつくと実証したことでしょう。
それまで「アイマスは単なるギャルゲじゃない。歌と滑らかなダンスモーション、
そしてアイドルとの多様なコミュニケーションの融合なんだよ!」と力説していて
パチスロ化と同じく忌避していたソーシャル版アイマスが出た途端にこれですもの(笑)

PS3独占でアイマス3を出しても前作並みに売れるでしょうが、同じように売れるのであれば
高コストのHDゲーム開発を放り投げてソーシャルに注力するのが合理的。
歌はアニメとCDで展開すればいいわけですしね。

>マシン語 さん
ブラゲーで新作発表して爆沈した『天外魔境』などの例もあるので、IPコントロールという点ではなかなか難しいところですが、ソーシャル版のほうが運営会社とのリベニューシェアがあるにしても、利益でははるかに上でしょうね。

ただ、モバマスは内部開発ではないので、内部開発を食わせるという観点ではHD開発を続けないわけにもいかないのかな、と思います。まあ経営側に、いつまで内部開発を食わせる気があるかは不透明ですが。ナムコ内製のスリム化は避けがたい流れでしょうからね・・・・。

メディアミックス展開のアリバイとして本編を作ることができれば、「3」までは本編は生き残り得るのではないかと思います。ユーザーに対しても、モバマスに突っ込んだお金が本編を救う、ぐらいの言い訳はあってもいいのではないかな、と(笑

いずれにせよ、1つの分水嶺を超えた感はありますね。コンシューマーも、PCオンラインも、オタコンテンツも、ある程度まではソーシャルに侵食されるのでしょう。

まー、まー、アニメだってパチマネーで作ったりしてる現状があるわけですし、それに比べれば良いのではないですか。構造としてどこからお金が落ちてきてるかなんて、ユーザーは気にする必要ないんですから。内容と資本は完全に別ですしね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。