Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこまで興味を持たれてるようには見えないが。

買収コストからみて割安な銘柄 ゲーム、医薬が上位に
見よ、任天堂の圧倒的なM&Aレシオを!!!!!
株式時価総額は企業価値の表れであり、現在恐ろしく評価が低くなっています。

株価の低迷は単純に経営の責任です。
要は、このままの経営では駄目だ、資産を毀損するだけだ、と思われている訳ですね。こういった評価に対して、もし「世間はわかってない」と主張したいのであれば、一般の株主を無視して独自路線を歩みたいなら、CCCのようにMBOをすべきでしょう。

買収について、かつてなく危険度が増しています。
その候補はどこでしょうか。
とあるブログではソーシャルメディアの覇者Facebookを候補にあげています。
ではなぜ株価(時価総額)がそこまで低迷しているのか。これもまたしばしば指摘されている通り、同社がゲームの世界の枠組の激変についていけず将来の展望が描けていないためだ。任天堂の株価の低迷は、経営に原因があると言い換えてもいいだろう。
逆に言えば、経営が変わり将来の展望さえ描くことができるならば、現在の1.1万円程度の株価は遥か天空高く舞い上がるのだ。
同社のIPOは近い。噂では2012年度1Qだとも言われ、IPO時の時価総額は実に8兆円を超えるものと見積もられている。まさに超大型のIPOだ。

では、FacebookはなぜIPOを行うのだろうか?

目的は1つしかない。弾薬を補給するためだ。
Facebookは今、インターネット世界の支配権を巡ってGoogleと最終戦争を戦っている。そのための実弾を手に入れるためだ。IPOを通じてFacebookは近く莫大な資金を手に入れる。その資金によって、同社はサービスを補強し発展させるような会社を買収しに走るだろう。
・Facebookは近く上場し、莫大な資金を手に入れる
・任天堂はfacebookにとって、非常に魅力的な投資対象だ
・任天堂には大株主として米系の投資ファンド数社が名を連ねている。これらの会社の持ち株を引き取るだけでも、Facebookは即座に筆頭株主になれる。必要な資金はざっと2千億円程度。時価8兆円のfacebookにとってはほんの端金だ
・Facebookは任天堂を買収(出資)し、任天堂はFacebookの傘下に入る。
(強調は引用者)

グーグルとの全面戦争に突入するfacebookが莫大なキャッシュを手に入れて、その豊富な軍資金を使って企業買収を進めるのはその通りでしょう。そして任天堂の株式の過半ではないにしても、かなりの比率を抑えるのも、その気になればさして難しくないのも事実です。マネーゲームとしても利があり、莫大な価値をもつIPも付いてくる。非常においしい案件ではあるのでしょう。

しかし任天堂ほどの大企業を単なるマネーゲームの餌食にしてしまう事は理論的には可能でも、現実にはなかなか厳しいのではないでしょうか。任天堂自身が全力で防衛にかかるのに加えて、唯我独尊路線とはいえ、ホワイトナイトも出現するでしょう。周辺の理解も必要なのでは?

法的に可能かどうか、キャッシュ的に可能かどうかだけで、これほどの買収が実現するのか?
何期も続けて赤字を出すとか、不祥事を起こすといった、このままの経営陣では明らかに立ち行かない状態が社内外で周知され、認知され、「この企業を救済するには買収しかないね」という理解と納得が周辺に広がって、はじめて成立すると思うんですよね。

で、現在の任天堂の経営陣はそこまでの失策をおかしているのでしょうか?

1年で株価を半分以下に落とした経営陣にはおおいに疑問がつきますし、いまだに路線を変更するそぶりを見せない頑迷さにもあきれる意見もあるでしょう。確かにスピード感はなく、普及台数という表層的な数字だけ積み上げて成果を出したような自己欺瞞に陥っているようにも見え、不満を募らせる株主も少なくないでしょう。

普及台数がいかに虚構の数字になり得るかはWiiが証明してしまったわけで、大赤字を出して3DSの数字を積み増したところで、経営陣の見栄のために莫大な資金をどぶに捨てたかのように感じる人もいるかもしれません。もはや何台売れたかを滔々と自慢したところで、任天堂のかつての栄光が戻ってくると考える楽天家はほとんどいません。パラダイムシフトが起きた後なのです。

しかしそれでも、まだ買収されるほど酷い状態ではないとも思うのです。
任天堂の歴史を振り返ればわかるとおり、ビジネス的なチャレンジはしない保守的な体質ではありますが、数年すれば他社を追随しているのもまた事実です。ディスクメディアの採用やネットワーク対応などはその典型例です。ソフトは独自性を愛する一方で、ビジネスに関しては他社をパクる事を躊躇しません。したがって最後まで、意固地であり続けるとは、僕には思えません。

追いつめられれば、「無料+アイテム課金」だろうがなんだろうが、平然とやってのける。仮に現時点ではソーシャルゲームの課金ビジネスをヘドロのような汚物であるかのように批判していたとしても、いけしゃあしゃあ、真に追いつめられれば、いけしゃあしゃあと取り入れてみせる。その程度には優秀です。歴史が証明するとおり。
  • 株価は買収されやすい状態だし、法的な問題も無いだろうが、現時点での買収は周辺の合意が難しい。
  • もっと追いつめられれば、ビジネススキームの転換をおこなうため、その時点で資産が目減りしていたとしても、即買収というレベルには達していないと思われる。

そもそも若い企業であるfacebookにとって、老いた企業を買収して経営を立て直すのは相応の労力を要することで、グーグルとの全面戦争を前に、労力の無駄遣いをする暇はないと思います。将来の狭くなってきた企業を買って、未来への道筋をつけてやるのは慈善事業としては立派ですが、それよりも新しい伸び盛りの会社を買ったほうがグーグルとの戦争では役に立つはずです。

無論、ネット企業がキャッシュを得て「虚業」から「実業」への転換を図るのはよくある光景ではありますし、アップルやグーグルに比べれば、facebookが最も買収メリットがあるのも確かでしょう。しかしなー、ザッカーバーグはたいしてゲームに興味なさそうに思えますよ。たかがゲーム屋ごときを、それもゲーム機メーカーごときを買ってもつまらない、と考えるのではないですか。


p.s.
どっちかといえば、ZyngaやDeNA、GREEのような、もう少しゲーム寄りの企業のほうが、任天堂を買収するメリットは大きいはずです。しかし彼らが即座にそれを実行するのは無理があります。衰弱するまで数年、待つほかないでしょう。僕は個人的な見解としては、彼らに買収されるほど、そこまで衰弱するまで任天堂が方針転換をおこなわない、とは思えません。仮に経営陣が頑固であったとしても、その前にすげ替えられてしまうでしょう。その程度の自浄作用は期待していと思います。

この1~2年のうちに彼らが買収する可能性があるのは、国内の大手ソフトメーカーではないかな、と思います。

とはいえ、IP企業としておいしいバンダイナムコは経営が健全な水準ですし、カプコンは負債が重く、コナミはむしろソーシャルゲームの旗手であり、敵対的買収を仕掛けてよい相手ではありません。政治的にはスクウェア・エニックスが(ヤフーと組んだり、独自のandroidマーケットを推進している点で)一番食いやすいのでしょうが、ブランドパワーの低下が顕著な現状では、買収後の再建案が精緻に作れない限り、手を出しにくい。

バンダイナムコの経営が傾けば、バックリ食いつかれる恐れはありますが、大手どうしの再合併のほうがまだ可能性があるでしょうね。少なくとも、そう少なくとも、DeNAとGREEのトップ2を脅かす敵対行為をしないでいれば。彼らは支配者の寛大さを持ち合わせるのではないですかね。そういう意味では中小メーカーのほうが食われやすい状況ではありますね。


スポンサーサイト

コメント

その認識はちょっと違う…

任天堂が株式会社形態なのは資金を内部留保するためにであって、一般的な株式会社とはちょっと違います。
株式所有も個人・団体含めて山内氏がトップですし(約10%)、自己株式も約9.7%。流動的なゲーム業界において現金は何よりも大切なんです。無借金優良企業の一つに数えられるのは伊達じゃないですよ。過去安易に他業種に進出して痛い目を見た山内氏が得た教訓から「借金はいけない」という経営風土が生まれたわけです。これは現社長の岩田氏にも口酸っぱく言って、経営陣に引き継がれてますね。そして無借金経営には利点があります、それは「借金相手に口出しされない」ということと「株式市場の波に上下されない」という利点です。今後約30年は無収入でもやっていける体力があるので、余裕を持って商品開発に手を出せるわけですね。

それに買収と言えば、過去にMSが話を持ちかけて断られたという経緯があります(任天堂買収)。今の社会情勢で言い方は悪いですがゲームの企業にそんな大金を出せる企業はそうそうないでしょうし、山内氏と任天堂で株式の約20%を占めるのでOKは出ないでしょう。日経の飛ばし記事と個人のブログをソースに挙げるのはいかがなものかと……。

単純にこれ株価をブラフで上げたいだけでしょ

この手の噂って、株価が低迷する企業には必ず上がる話で、Apple等は何度買収話が上がったか。(1990年代の話ですよ)
正直、ちょとと低くなった株を買いやすくするために株屋が上げた噂でしょ、これ。
なんだかんだ言って任天堂は巨大な現金を持っている企業なんで、後10年は収入が無くても今と同じ支出が出来る位ですもんね。

>後10年は収入が無くても今と同じ支出が出来る位ですもんね。
揚げ足取りですが…

現在任天堂は約1兆円の売り上げがあり
それが0になっても10年持つ。
ということは10兆円もキャッシュを持ってるということでしょうかね?

ちょっと勘違いをしている人がいるみたいですが、「買収は借金をしているからされる」のではありませんよ。例え無借金経営でも、株を上場している以上は全ての企業は買収される可能性があります。そして株を一定数以上保有したら、当然役員を送り込んでくるわけです。
買収リスクを無くす方法は、株の上場を止める以外にはありません。(もしくは超莫大な時価総額に企業を育てるか)
「借金をして経営が危なくなったから買収される」のではなく、「企業価値に比べて時価総額がお買い得」だから買収されるのです。数年前にライブドアがニッポン放送(ラジオ局)を買収しようとして、大きな反響がありましたよね?あれはニッポン放送の時価総額が「フジテレビの親会社」という価値に対して低すぎたからこそ狙われたのです。ニッポン放送が借金経営で株価下落・経営困難になったからではありません。
「内部留保が何千億円、貯金が何兆円」といった数字は、株式会社の買収においては意味を持ちません。むしろ今の任天堂ですと、株式配当をゼロにしていることへの批判の糸口になるのでは?

個人の考えですが、「FacebookもZyngaやDeNA、GREEのどれもが任天堂には興味がないのでは?」と思います。確かにマリオという強力なIP、コンシュマーゲームの老舗というブランドがありますが、それ以上にハード事業という荷が勝ちすぎているかと。ソーシャルの雄達は、巨額の設備投資・開発費用を有するハードウェア事業を一切行わない事でのし上がってきたのですから。MSが最後までPC開発を行わなかったように、苦しい投資部分は他社にやらせて、一番うまみ(利益)が多いソフトウェア部分を独り占めする。
その商売方法を捨てるとは想像できません。ただ、ソフトバンクのように「いつまでも虚業でいたくない、実業となるものが欲しい」と突然心変わりをしたなら可能性はありそうですが。

>deb さん
コメント欄で他の方が指摘しているように、無借金経営と買収には何の関係もありません。

一般に経営が傾いた企業のほうが買収されやすい、という事はいえますが、それは敵対的買収に対抗する余裕がないとか、業績が悪いほうが株価が低くて買い占めやすいとか、対象の企業が買収に納得して友好的に買収が進むから、といった理由によるものです。

したがって理屈としては、現在の任天堂の株式時価総額では、買収されるリスクは一定以上あります。ただ、大企業になればなるほど、ホワイトナイトも現れたりしますし、強引な買収は買収後に社員からの反発を強めてしまい、経営再建に支障をきたす恐れもあります。


>Average さん
任天堂の保有する資産は、経営陣の個人資産ではありませんから、あの莫大な貯金を食いつぶすような失策を何年も続ければ、当然解任されてしまいますし、それこそ本当に買収されてしまうでしょう。10年連続で大赤字を出して許されるなんて事は、上場企業ではまず無いですね。経営陣は一般に公開された株を購入した株主に対して責任を果たす必要があり、それを果たす努力を放棄 or 限定するなら、MBOして上場廃止するべきです。

>T.S さん
今期のような大赤字が2,3期続くようなら、経営陣は解任されるでしょうね。もしそんな展開になるなら、そこまでもつとも思えませんが。


> うつけ者 さん
解説どうもです。
理屈の上ではその通りです。
(ただ、大型買収というのは、ライブドアの例を紐解くまでもなく、様々な抵抗にあうものですから、実際に任天堂クラスの買収を実施するのは資金以外の様々なファクターが必要になるかと思います)

>「FacebookもZyngaやDeNA、GREEのどれもが任天堂には興味がないのでは?」と思います。
マイクロソフトもゲーム機のOSを作ろうとしましたが、結局は自らハードメーカーにならざるを得ませんでした。グーグルはそこまで至ってませんが、androidの事業を始めるにあたって、従来よりもずっとハードメーカーと密接に絡むようになりましたし、アップルとのIP戦争が理由といわれていますが、モトローラも買収しました。

現時点でfacebookやZyngaがハード事業を必要としてないのは確かですが、将来的にかなりハードに近いレイヤーまで手を伸ばしてくる事は想定されます。あくまで将来的に、ですが。

ただ現時点では、仮に買収できたとして、ハード事業は撤退するでしょうね。任天堂はハードメーカーをやっているといってもいわゆるファブレス企業で、下請け側がリスクを負う形のため、撤退はしやすいです。下請けは壊滅的な打撃を受けるでしょうが、ソーシャル系の企業がそんなことを気にするとは思えませんしね。

え~と…

>うつけ者氏
任天堂株式の中間配当は0ですが、期末配当は出ます。今期は序盤の3DS低迷もあり(震災もありましたし)業績は振るいませんが、年末年始のラッシュで追い込みに成功してますので昨年並には出るのではないかと。過去3期黒字でPS2に負けていたGC時代も黒字で通した、あのような優良企業の株主が買収に賛成とは考えにくいです。そしてライブドアのニッポン放送買収問題はこことは次元の違う話で、フジテレビと親会社のニッポン放送の資産価値が逆転していたのを狙ってのこと。これはこの問題が発覚する前にニッポン放送側が対策を講じておくべきだったのです。任天堂は山内氏と自社株で約20%京都銀行が5%など山内氏のコネを駆使し、その気になれば議決権である株式保有率3割は余裕で超えます。豊富な資金力で無理矢理相場より高く買い取っても勝てるかどうかわからない上、金はドンドン出ていくわけですから、かってのMSのように諦める方が早いと思います。MSが持ちかけて諦めた、この過去を忘れている買収企業はいないでしょうし、失敗した事実として大きくのしかかってきます。これのみに賭けるわけにはいきませんからね企業としては。つまり件のニッポン放送の例を買収例として当てはめるには色々と間違っていますし、そちらのおっしゃる「買収リスク」としては仕掛ける側により多く見受けられるので、株の上場を止める以外でも充分対応できますよ<買収対策

>DAKINI氏
横槍ですがAverage氏の任天堂資産云々は例えであって、任天堂については過去10年連続で赤字に転落した事例はありません。特に心配するようなことはないかと思います。あくまでも「そうなったとしても耐えられる財政状態である」という例えかと。

>「FacebookもZyngaやDeNA、GREEのどれもが任天堂には興味がないのでは?」と思います。

それは当然かと。何故なら上記企業はいずれも「ソフトメーカー」的な存在ですからね。自らハード生産に乗り出すうまみを感じるような企業ではありませんし、別の利益モデルに相乗りして(Zynga/DeNA/GREE)利益を上げるタイプですから。そのような資金を任天堂買収に投じるくらいなら、もっと自分たちにあった企業向けに投資するか内部投資に振り分けるでしょう。まさしくDAKINI氏の言うとおり「ソーシャル系の企業」がやることではないですね。

>deb さん
マイクロソフトの買収提案は、ライブドアのニッポン放送側に対する敵対的買収のような実際のアクションとして、株式相場において仕掛けられたわけではないので、あれを失敗例として捉えるのはちょっと違うようにも思います。

新規事業に参入する際に、既存企業に買収を持ちかけるのは、海外企業ではさほど珍しいアクションではなく、ごく普通にやっている事なので。

本気で欲しかったというより、買収もゲーム機参入の1つの手段として、選択肢に含まれていたにすぎないでしょう。マイクロソフトは結局、買収しなくても、ゲーム機事業には参入してますからね。

あのマイクロソフトの買収提案が印象に残りやすいのは、NOAの荒川社長が買収提案を飲みかけたという逸話があり、それが娘婿の荒川氏の更迭につながった、という話があるからでしょう。また、北米においては、任天堂のゲームキューブ普及戦略がXboxによって相当引っかき回されたのは確かですね。

買収が成立しているべきだったかは、なかなか悩ましいなと思います。
マイクロソフトにとっては携帯ゲーム機は要らないマーケットですし、ゲームキューブは全世界普及台数でXboxに劣っており、WiiがXbox360より普及しているとはいっても、360の台数がそこまで劣る数字にも思えませんから。そこまでの価値はなかったんじゃないかな。

マイクロソフト自体がグーグルやアップルに敗退していますから、微妙なところなんですが、パッケージビジネスに固執している負け組企業を買っても、それでグーグルやアップルに勝てるわけでもなく、要らない買い物だったな、と。マイクロソフトは過去にフェースブックに出資しており、その選択は素晴らしかったですね。正しい選択が現実となり、蒙昧な選択は空虚に消え去るという事かな。。。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。