Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「渋滞」がやはり懸念されますね。+その他の感想

うーろん亭 - 2011年12月12日 週間販売本数
PS Vita発売週のソフト売上が出ましたね。
32万台のハードが売れて、ソフト売上が30万本。
タイレシオでは3DSやPSPを下回ってますが、メディアクリエイト等が分析しているとおり、DLC版の売上を考慮すれば、同等の水準と言ってよいでしょうね。この辺り、Vitaは物理パッケージ版の売上がPSPよりも低く出やすいため、統計がひととおり出てくるまでは、評価が少し難しいかもしれません。

Vitaに関してはローンチタイトルの本数が多すぎたという印象で、ソフト売上が見事に分散しています。『みんなのゴルフ6』が6.14万本と低く、『アンチャーテッド』の売上も4.82万本。評価の高い『三国無双NEXT』でも、3DSの『無双クロニクル』を下回っているのはなかなか厳しい。

9月にコメント欄で懸念していた「渋滞」が起きています。これに関してはSCEが頑張りすぎてしまったというか、3DSに対する業界の反発や当初の不安感ゆえに、予想以上にタイトルが集まってきた結果ですね。

タイトルが多いのは悪い事ではありませんが、ハードの普及ペースと二人三脚でなければ、ビジネス的には少し厄介です。

まー、1月は大したソフトも出ないので、ローンチタイトルはハードが売れていくにつれて、徐々に本数を伸ばすでしょうし、DL販売もロングスパンで売っていくのに都合がいい。そういう意味では、3月ぐらいまではソフト動向を見極める必要はありそうですが、伸びていくかどうかは各ソフトの評判が問われるところですね。


タイトルの渋滞という点では、北米でも25タイトルが発表されており、それだけ集まったのは素晴らしい事なのですが、ハード販売のペース次第では日本と同じく、売上の分散が起きて、ビジネス的にはやや渋くなる恐れもありますね。昨年~今年の頭において、SCEの「外交」がうまく働きすぎたというか、任天堂の外交力が弱すぎて、SCE側の想定を超えていた、と言えるでしょう。

まあしかし、こんなもんじゃない(はず)ですからねえ、SCEのかき集めたタイトル数は……。噂に聞いているだけでも相応のタイトルが出てくるはずです。

ローンチの状況を見て、発売時期をシフトする動きも出てくるかもしれません。逆にいうと、早期のハード普及をソフトメーカー各社が求めてくる可能性が高まり、SCE側も5000円程度の値下げや、DLC用のソフトクーポン5000円分を同梱する等の実質値下げの施策を打たざるを得ないかもしれません。

またDLC版がロングテール的に機能することも、さらに重要性を増しており、ユーザー間のレコメンドやPS Soreの検索機能のさらなる充実が求められるところです。


さて、他のトピックに目を移しましょう。
うーろん亭さんが論じているとおり、VitaとPSPのマルチタイトル『ロード・オブ・アポカリプス』において、Vita版のほうが売れているのは興味深いですね。マルチ対応のコストにもよりますが、ハード移行期のリスクを軽減する方法論として1つのモデルになったのかもしれません。

また『FF13-2』の売上もなかなかショッキングで、『13』『14』と立て続けにナンバリングタイトルが不評だった影響、そのダメージは小さくなかったようです。『13-2』は評判が良いようですし、『14』も新生にむけて血を流し続けて開発を続けていますから、その努力が正しく報われてほしいものですが、さすがに即座、とはいかないようです。懸念としてはオンライン化された『ドラクエ10』も懸念されます。

「ドラクエとFFが出るハードが勝つ」時代から、「モンハンが出るハードが勝つ」時代へと移り変わりつつあると言ってしまうと語弊がありますが、タイトルのパワーを復活させる施策が強く求められます。

そういう意味では、タイトルの弱体化が懸念された『テイルズ』シリーズが『エクシリア』で復活を果たしており、ファンを満足させる品質を用意し、お祭り感を演出すれば、ファンは戻ってくる、という事実を念頭に置きたいものです。


弱体化といえば、レベルファイブもはっきり凋落傾向が見られます。
『二ノ国』のDS版、PS3版の不振、3DSへの移行を急ぎすぎた『レイトン』と『イナズマイレブン』の売り上げ低下。ブースト版を急ぎすぎた『ダンボール戦機』など、明確に「焦り」が表面化しており、焦りが流通とユーザーの信頼低下につながっています。

3DSに大きく賭けていたレベルファイブが失速し、PS3やPSPで満足な結果を残せていません。往年のスクウェアほど、ユーザーを引っ張れるほどのコアなタイトルが無く、子供市場とライトユーザ市場に大きく依存しています。子供市場は3DSの値下げである程度3DSでも大丈夫でしょうが、ライトユーザー市場に関しては懸念が残ります。

ちょっと厳しい見方をすると、「DSバブル時代」からの市場傾向に依存しすぎており、そろそろ体質変化が必要になってきたのかもしれません。そういった事はもちろん日野氏もわかっているので、松野氏が関わる『GUILD01』やイシイジロウ氏の『タイムトラベラー』などを準備しているのでしょうが、PSP市場の拡大に乗れなかった事実を踏まえると、Vitaの今後の成長に乗っていけるかどうかは懸念されるところ。

任天堂マーケットへの過剰な依存体質がどういうリスクをもたらすか。小さかったころは特定のハードメーカーとべったり付き合う方法論が良くても、一定の大きさを超えてくると、リスクヘッジを考えなければいけなくなってきます。大手パブリッシャーの抱える悩みを、レベルファイブは早くも抱えつつある、と言えます。


スポンサーサイト

コメント

確かにロンチであの数はさすがに多すぎかなと思ってました。それだけ期待値が高かったとことなんでしょうけど。LOA、アンチャ、無双を購入しましたけどこれを体験しちゃうとPSPに戻るのはちと厳しいなぁ。言うまでもなく国内の動向はモンハンが鍵を握っており、打開するにはモンハンに変わる何かが必要かと思われます。まぁでも開発中の100タイトルだけでもかなりの爆弾仕込んでそうな気もします。と言いつつさっそくセガが動いたのかな?

> ati- さん
> これを体験しちゃうとPSPに戻るのはちと厳しいな
そうですね。
PSPだけでなく、3DSにも戻れない感覚があります。SDからHDに移行したかのような体験。この辺がSCEの妙な自信なのかもしれませんね。

> さっそくセガが動いたのかな?
セガはコアゲーマーを裏切らない、と思いますよ。
任天堂への外交的な義理を果たした後は、WiiとPS3のように、タイトルを使い分けてくるでしょう。

ユーザーを誤解させてしまうリスクは、低迷期の『アイマス』(DSへの展開)、『テイルズ』(DSとWii、Xbox360への展開)が証明しているわけで、よほど愚かでないかぎり、コアゲーマー向けの本気タイトルはVitaで出てきます。徐々に姿を見せていくでしょうね。

1回痛い目を見ないと、目先の普及台数や資本の誘惑に打ち勝てないんでしょうが、セガとバンダイナムコは実感してますからね。『モンハン』もまぁ心配は要りません。

求められることを実現していかないと、ユーザーへのアピールが持続できない。開発費が高騰していった結果、いまやすべてのシリーズタイトルが据置で出し続けられるわけではありませんが、たとえゲームの品質が高くても、ハイクオリティの世界から逃げていると、ブランドパワーが毀損されてしまう事があります。最先端でいる必要はないのですが、最低限度の水準はあるよね、と。

年末商戦は任天堂の力押しで任天堂がリードしたといったところでしょうか
矢継ぎ早に来年から春にかけての岩田社長のプレゼン番組NintendoDirectも放送されますし
バイオハザード、ラブプラス、ドラゴンクエストなど有力タイトルの青田買いは続きそうです

問題のPSvitaですが、真かまいたちの夜のPS3版とvita版のマルチでPS3版の売上が上なのが
今後のPSVの先行き不透明感を表していますね。
発売予定を見てもPS3版のダウンサイジング的なタイトルが散見して見えていて
リスク分散は分かりますがマルチなら画面の綺麗なPS3版という人は多いと思います

よくPSvitaはPSPのように3年、4年と時間と共に3DSを追い越すという意見がありますが
今回はiPadや3DSもこのまま手を緩めるわけがなく任天堂はそもそも携帯機の世代交代は
早い企業ですのでPSPと同じ立ち上げだと悠長な事は言っていられないでしょう。

海外についてもタイトルよりも大人が携帯ゲームを触るという文化そのものをCHANGEしないと
いけないので単なる家庭用機の携帯バージョンでは見向きもされないかと。
DSは知育で大人に携帯ゲーム機を触らせる機会を生み出しましたが画面が綺麗なだけでは
PSPの頃と何も変わっていないと思います。結局海外の携帯文化=任天堂タイトルというのが
今年の年末商戦でも見て取れます。

昔MS製品に言われていた「MSのソフトはVer3からが本物」という言葉を思い出します。やっぱり傑作を生むためには色々経験しないと駄目なんだ、という事でしょう。

「海外に向けてタイトル作れば、市場は10倍以上あるんだし、10倍以上売れる筈」結果:そもそも10倍の市場にはライバルも10倍います。
FF13「ハイレゾ向けの作品を作ればガバッっと売れる」ハイレゾ向けに既に市場があり切瑳琢磨しているライバル企業は山ほどいた。結果「もうFFは死んだ」というイメージが。

結局、どのベンダも何故か「新しい市場で最初に作る作品が何故か傑作」という空想で戦略を立て過ぎている、そのため、HD市場で皆ブランドイメージが落ちてしまうという罠にはまっている印象です。
苦しくとも、リターンが見込めなくても新市場にはとにかく手を出してノウハウを貯めないと駄目だったんじゃないですかね。
市場が成り立ってから王者が入場、というモデル自体が成立しないのは海外からの作品が流入してしまっているから。
海外に進出できるという事は逆に海外からも進出される、という事でもあったんだ、という事でしょうか。

そういう意味でDSの王国がHDへの時間稼ぎにならず、ただ徐々に温度が上がるビーカーの茹でガエルを生み出してしまったのはSCEがだらしないからいけないんだ、という事でどうか<どうかと言われても

今後DL版もきちんと売っていこうと考えるなら「VITAではDL版はデフォで存在する物」として定着させる必要があるでしょうね。VITAは原則DL版を用意する前提のようですが、今後発売予定のPSPソフトもそうなるに越したことはありません。発売日決定と同時にはDL版の告知もしてもらいたい。先日の機器認証台数変更もVITAを見据えてのものでしょうし。
在庫リスクがないんですから期間限定セールとかもバンバンすればいいと思います。ただ、PSストア内だけで告知するようじゃ意味ないですね。PSストアにアクセスして調べてやっとわかる、なんて手間すぎます。
PSPの時は仕方なかったでしょうが、VITAは基本的に常時接続状態なんですからLiveAreaにウザイくらいでもいいので情報を配信してPSストアにアクセスしたくなるように誘導しないといけないでしょう。

FFはまあ・・・しょうがないですよね。FF10と違って13はその後が気になるようなEDじゃなかったですし。
・・・ぶっちゃけまた値崩れを期待されただけかもしれませんが。
FF13-2やアポカリプスをプレイして思うのですが、最初からシステム面でこのデキだったらなー、と思わずにはいられません。クリエーターのこだわりとユーザーの求める物が合致することなどまれなことかもしれませんが、それにしてもスクエニのソフトはそのあたりのズレが激しいように感じます。あげく、ユーザーの意見を取り入れた頃には見離されてるという・・・。たぶんFF14も最初からこのデキだったら、と言う物が出来上がってくるんでしょう。プロデューサーの吉田氏のインタビューとか見てて好印象を持っているので、がんばってほしいとは思うんですが。・・・でもPS3版FF14は予約、客注以外発注する気ないですけど。(鬼)

レベルファイブはちょっと売り方がマズイですよね。アッパーバージョンが出るのがあまりに早すぎる。
イナズマ3の時からその兆候はありました。あれはまだポケモン商法にあやかったんだなとか、映画の都合とか割り切れなくもなかったんですが、ダンボール、ストライカーズと連続でやられると、レベルファイブは「そういう会社」なんだというイメージが硬い物となってしまいます。結果どうなるか。
来年ダンボール2が出るとして、「半年待ったらブースト出るんじゃね?」という思いに間違いなくとらわれます。多少なりとユーザーの買い控え、ショップ側の早期見切りは起こるでしょう。
バージョンアップすんなというわけではなく、例えばゴッドイーターバーストのようなアペンド版とか、DLCでアップデートするといったことはできないのか?プレイしてないので思い込みが入りますが、ダンボールにしろストライカーズにしろ、あの程度の追加要素ならDLCで¥1000~¥2000レベルですよ。
来年も同じ形で商売する気ならもっとユーザーの懐も考えた売り方をしてもらいたいですね。

>ペップ さん
まー、任天堂の勢いはDSやWiiの頃に比べれば、ずっと陰ってますから、彼らが焦って何かしたところで、SCEが一緒に焦る必要は無いように思います。SCEに必要なのは、Vitaのビジネスを定着させることであって、パッケージ型の商売に固執している企業との競争の焦りに付き合う事ではありません。

サードパーティ各社にとっても、パッケージビジネスの限界はひしひしと感じているからこそ、ソーシャルやスマートフォンに乗り出しているわけで、彼らと二人三脚でビジネスを構築していくのがどこの企業か、というのが本質です。


>Average さん
DSの功罪というのは、確かに一面ありましたよね。あのブームでゲームを作らなくなってしまい、結果としてゲームを作れなくなった会社は存在するようですから。まあ、しかし、DSの功罪というよりも、遅かれ早かれ日本で起きていた「淘汰」であり、悲しい現実なのかな、と。

もはや日本はコンシューマーゲームの世界では最先端から脱落していますが、今後はモバゲー先生、グリー先生が先頭に立って、Zyngaをぶち倒して、ソーシャルゲーム世界での覇権を打ち立ててくれることに期待したいものですね。


>唯一 さん
> 最初からシステム面でこのデキだったらなー、と思わずにはいられません。
> クリエーターのこだわりとユーザーの求める物が合致することなどまれなことかもしれませんが
クリエイターの問題か、予算と期間の縛りをきつくし過ぎた経営サイドの問題かはよくわかりませんが・・・・。経営と開発は対立項になりがちですが、大手各社を見ても、良い均衡が取れてないように見受けられますね。

>アッパーバージョンが出るのがあまりに早すぎる。
なんか余裕無さすぎですよね。
開発コスト、宣伝コストが重すぎるなら、適切なコストカットをしていかないといけないフェーズなのでは・・・・。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。