Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んー? 脅威か?

PSVitaの滑り出しが好調 → 任天堂の株価が年初来安値を更新
ソニー(6758)傘下のソニー・コンピュータエンタテインメントが発売した新型携帯ゲーム機「プレイステーション・ヴィータ」の滑り出しが好調と伝わり、任天堂の「ニンテンドー3DS」の相対的な競争力低下が意識された。

欧州債務問題も引き続き、欧州での販売比率が高い任天堂株の重荷となっている。「欧米景気の先行き不透明感から積極的に買い進められない状況。様子を見る機関投資家が多い」(中堅証券)との指摘があった。

んー?
速報が出てから論じればいい話ではありますが、別にVitaは「まあこんなものかな」ぐらいの売上に見えますが。まさかVitaがPSP go並みに爆死すると本気で考えている人はいなかったでしょうし……。

株式市場といえば、ソーシャルゲーム最大手のZyngaがIPOしました。ネクソンの上場もあり、オンラインゲーム、ソーシャルゲーム分野が多額の資金を調達しており、その資金を投じてさらに競争力を強化していくのでしょうね。

とはいえ、Zyngaの株価はいま一つ値が振るわなかったのも事実です。利益という点ではグリー、DeNAが評価が高いですね。海外での知名度も着実に上がってきており、世界的な競争力という点では、意外な健闘を見せるかもしれません。

サードパーティの中でもgloops、gumi、ドリコム、KLabといった国内企業が急成長しており、特にgloopsは月間売上で数十億円といわれています。コンシューマーゲームの世界では競争力を喪失した日本は、今度は「ソーシャルゲーム大国」になりつつあります。すごい時代になっちゃった!

任天堂にとっての本当の脅威は、現時点のPS Vitaではありません。2年後ぐらいのVitaでしょう。「ゲーム専用機向けのソフト」のマーケットが縮小し、「ソーシャルゲーム」の市場が拡大していくにつれて、3DSもWiiUも価値が目減りしていきます。Vitaはあからさまにソーシャルゲーム、アイテム課金型のオンラインゲームを意識しており、コアゲーマー層をそちらに誘導していきます。

本当の脅威はパッケージゲーム市場の縮小です。
Vitaはそこへの明確な第一歩であり、ゲーム企業にとって段階的に変化に適応できる舞台です。時代は変わっていくでしょうね、確実に。


スポンサーサイト

コメント

VITAは初週32万のようで、可もなく不可もなくでモヤモヤするカンジですね。
大多数の想定どおり、安くなるまでこのまま低空飛行でだらだらいくんでしょうか。

触ってみて思いましたがなんだかんだでネットワークへの接続の敷居が高いですね。
PSが強い層はなんだかんだで中高生も多いでしょうし、
値下げして新型を出す際にはもうちょっと簡単に接続できるサービスが出来ているといいなーと思います。

>DAPさん
ま、好調といっていい数字だと思います。
個人的には20数万台にとどまるかもな、と感じていましたが、意外と出ている印象です。

年末商戦に発売されたPSPの初週販売数の2倍の数字ですし、3DSの37万台と比較して、-5万台という数字は、SCEの携帯ゲーム機が「はじめての挑戦」から「あって当たり前の物」になった証左かな、と。

もっとも、3DSとおなじくローンチはパッとしませんから、2月に『GRAVITYDAZE』のような意欲作が出てくるとしても、やはり春あたりに何らかの施策は欲しいところですね。ローンチタイトル数が多いので、その辺りのソフトがどこまで数字を伸ばせるか? まあ、しばらくは強力なタイトルも見当たりませんし、じんわりと伸びていくのかな、と。3,4タイトルはじわっと10万本を超えてほしいところです。サードパーティも安心感が出てくるでしょうしね。

3DSのマーケットがいまだ未知数な状況で、Vitaで無料+課金の新しいビジネスが立ち上がるのも時間を要する、となると、来年1年はコンシューマーゲーム業界にとって、なかなか厳しい谷間になりかねません。業界のクッションとして、PSPの残存市場とVitaの市場成長は重要な役割を果たすでしょう。

希望的観測を捨てて、現実感のある意見をのべるなら、実際にはスマフォとソーシャルに支えられてしまうのかな、と。しかしそうなってしまうと、コンシューマー衰退にますます拍車がかかってしまいます。

WiiUは空虚な存在として無視してよいのですが、3DSのサードパーティ市場がどこまで形成されるかは一定の注目を集めるでしょうね。たいした期待はできませんし、遠からずWiiのようになるのでは、と諦めている方も少なくないでしょうが、VitaがPSPのように成長するまでの一時しのぎの暫定マーケットにはなり得るわけで、頑張ってほしいものです。

>んー?
>速報が出てから論じればいい話ではありますが、別にVitaは「まあこんなものかな」ぐらいの売上に見えますが。
>まさかVitaがPSP go並みに爆死すると本気で考えている人はいなかったでしょうし……。

まー、それだけ任天堂が市場の関心を失っていることの証拠かもしれませんね
実質株価はソーシャル税以下ですし
>コンシューマーゲームの世界では競争力を喪失した日本は、今度は「ソーシャルゲーム大国」になりつつあります。すごい時代になっちゃった!

DAKINIさんの先見の明は素晴らしいですね

>ロケット弾 さん
>株価
任天堂という企業の価値は、パッケージゲームおよびパッケージゲーム型ゲーム業界の地盤沈下と共に、低下していくので仕方ないですね。低下しつくす前に、ビジネスモデルや開発戦略の転換ができればよいのですが、莫大な現金がある会社だけに、機敏に時代に対応する必要は薄いので、動きは必然的に鈍重になるでしょうね。

価値をある程度落とすまでは織り込み済み。
問題はどの時点で、戦略転換を決断できるか、ですね。

アニメーションの世界では、ディズニーが価値を低下させていましたが、ピクサーを内側に取り込んで時代に適応したわけで、資本とブランドをもった会社はそういう生き残り方をすればいいのではないかと思います。

岩田体制のあいだにその決断ができるか、そこまで深刻な事態になるかどうかはわかりませんが、非常に深刻な事態になっても、資本力をいかして生き残る手段はいくらでもありますからね。これから10年のうちにどういう変化が襲ってくるか。

音楽の世界で起きた変化がゲームには起きない、などという事はありえないわけで、ゲームもまたパッケージビジネスが衰退していくのは必然ですね。消えて無くなるわけではありませんが、確実に衰退していくはずです。


パッケージビジネスの減退は歴史的な流れです。もはや『脳トレ』クラスの社会現象を起こしても、その流れは変えられないでしょう。いってしまえば、パッケージビジネスからの撤退戦を、5年、10年、あるいはもっと時間をかけて進めていくだけです。撤退戦をしている間に、サービス分野を始めとして、新しい成長分野にどれだけ投資をしておけるのか。

経営陣が3DSをどう売るか、とか、WiiUをどう売るか、などという近視眼的な課題に捉われず、5年後、10年後を見据えた投資、種まきがどれだけできるか。いま重要なのはそういう活動でしょうね。来年で岩田社長も就任10年。次の10年はポスト岩田体制にむけての布石を打つ事に有効に使ってほしいものです。

任天堂のパッケージビジネスの最後の黄金期を導いた偉大な社長として、僕は最大限の敬意をもっていますが、でもパッケージビジネスの時代の人である事は明らかです。

というよりも、10年後の任天堂はブランドとフランチャイズ、キャラクターを維持していればよく、新しい娯楽を生み出す会社を傘下に加えればいいんだと思います。実際、この数年、新しいシリーズ作品をほとんど生みだしていませんし。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。