Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントに予想の範囲内ですかそうですか

はちま起稿:【速報】『モンスターハンター3G』初週販売本数は約47.1万本!!3DS本体も300万台突破!
おーっ、3DS『モンスターハンター3G』の初週売上が出ました。47万1000本と最大級の初週売上を叩き出し、ハード実売も本体発売以来、最高の37万8114台を記録しました。年末、任天堂の有力ラインナップに加えて、モンハンユーザーの一部を引き入れた結果といえます。

Wii『モンスターハンターtri』の初週売上、58万本と比べれば、見劣りはするものの、カプコンとしても流通サイドとしても、予想の範囲内の数字ではないでしょうか。SCEもホッと息をなでおろしたのではないでしょうか。任天堂の携帯機であっても『ポータブル』の囲い込みの牙城はそう簡単には突き崩せない事があらためて確認されました。

一時期は絶望的と思われた3DSの販売カーブをDS1年目並に復調させた任天堂の努力は賞賛に値します。大赤字の本体値下げを断行し、およそ1000億円以上もの金をつぎ込んだ形でしょうか。無論、優れたソフトがあってこそとはいえ、マネーパワーの圧倒的な威力を満天下に示しました。

とはいえ、これでようやく初期の失敗を取り戻せただけの事。DSの歴史と比較してしまうと、ここから『もっと脳トレ』と『どうぶつの森』の快進撃が続き、さらにDSLiteの発売でDSブームが爆発的に拡大していったわけで、比較するのが可哀そうです。

はちま起稿:宮本茂「僕達がやらないといけないのは差別化。スマートフォンで絶対にできないものを作っていかないと」
最近、動向がさまざまな憶測を呼んだ宮本茂氏が引退説を完全に否定しました。新しい小さなプロジェクトをやりたい、といった発言も海外メディアに流れていましたが、『脳トレ』級の革命的なソフトが来年内に出れば、あるいは”DS時代よ、もう一度”になるのかもしれませんね。


WiiUを悪いジョークとして3DSに注力できれば、ですが。
まー、IFの未来に思いを馳せるのも心地よいものですが、空想はそこまで。

いよいよPS VITAが今週末に発売されますが、PSP市場が賑わっているとはいえ、立ち上げに時間がかかりすぎて、PSP市場の縮小を補えなくなると、国内のゲーム専用機マーケットは受け皿を持たない真空状態に陥る懸念も……。スマフォがそこでさらに伸びていくのか。

なかなか予断を許しませんね。


スポンサーサイト

コメント

やりたいゲームの為にソフトを買うのは当たり前?
そんなわけねーじゃん物には限度があるんだよ、という結果ですねぇ。
3DSは再度何かブームを起こすまではこの状態は変わらないでしょうね。

VITAもVITAで、コアが離れた任天堂の二の舞を恐れてるのかソニーの売り方が保守的すぎる気がしますね。
悠長にやってられる状況じゃないのは間違いないので両社ともがんばってほしいもんです。

>DAPさん
まー、任天堂はソフトラインナップ編成の失敗や、初期の価格設定の失敗など、いくつかの失敗をおかしましたが、「1万円値下げ」という【天の声】に救われた形でしょうね。【天の声】によって給料が半分になったと思われる岩田社長は、すなわち「お前のライフはあと1つだ」宣言をされたに等しいわけで、WiiUという暗い未来の前に、なんとか1Upキノコを拾ってほしいものですが・・・・さて。

Wiiがもたないので、WiiUを出さないという選択肢は取りにくくなっており、このまま突っ込むと3DSとは比較にならないほどのダメージを受けるのは確実でしょう。

ラインナップについては

・WiiUスポーツ、WiiUFit? (ローンチ候補)
Wiiシリーズの発展形は1本は確実

・ゼルダの伝説 スカイウォードソードHD (ローンチ候補)
今作が売れてない以上、HD化して再度出したいと考える動機は相当あります。また早期にゼルダを出したいという思惑も。

・どうぶつの森(x)
据え置きでは、どれも低調なので、まずは3DS優先でしょうね。

・マリオカート
当然。2013年の年末にはほしい。

・3Dマリオ新作、2Dマリオ新作
3Dマリオは2013年の年末かな?
2Dマリオは、まずは3DSでしょうね。

といったラインナップでは、Wiiほどの勢いに届くかは疑問で、しかもこれらのラインナップが同等に機能したとしても、Wiiと同じ末路になる可能性は濃厚。さてどうする・・・・?というのが非常に重い課題です。

いちおう勝ち組の最大候補だった3DSとは違いますから、ビジネス面での譲歩、新しい提案は必須でしょうね。少なくとも、ソフトのダウンロード販売は、VITA相当の仕組みは用意してほしいものです。任天堂の従来パターンだと、3DSの次世代機あたりでSCEのビジネス戦略をしぶしぶと真似るわけですが、それでは遅すぎます。

無論、あの液晶画面コントローラ以外の独自要素も不可欠。

ネットサービスについては、他社と同じ水準には【近づいて】ほしいなと願います。XBLAの水準が大前提。そろそろ真面目にやるべき。ふざけた制約を課して、サードパーティが本気になるはずもない。子供のままごとみたいな事をビジネスと称するのはやめてほしいもの。Wiiは本体ソフトウェアの設計という点で、PSP以下の部分がいくつかありましたが、WiiUがPSVITA以下になるのは笑えない・・・・。

>Wii『モンスターハンターtri』の初週売上、58万本と比べれば、見劣りはするものの
まー、今の所ワゴンに行ってないだけ良しとしますかね。
ただ、PSPの本家「モンハンp」シリーズにはとても及ばない数字ですから、これで良しとカプコンが思ってるなら、「そういう事」なんでしょう。

>wiiuについて
まー、散々指摘したのでもう良いと思いますが、ぶっちゃけ凄い「空気」と言うか、悪い冗談と言うより誰も本気にしていない、登場すると言う事すら忘れていた。と言うレベルで

>Wiiと同じ末路

>ネットサービスについては、他社と同じ水準には【近づいて】ほしいなと願います。XBLAの水準が大前提。
>そろそろ真面目にやるべき。ふざけた制約を課して、サードパーティが本気になるはずもない。
>子供のままごとみたいな事をビジネスと称するのはやめてほしいもの。Wiiは本体ソフトウェアの設計という点で、PSP以下の部分がいくつかありましたが、WiiUがPSVITA以下になるのは笑えない・・・・

そういえば、モンハン3gも今時ネットワークプレイすら対応しないと言う冗談みたいな仕様でしたね
3D以外はPSP以下でしかない、と言われちゃうのも仕方ないですかね。まあカプコンに罪は無く、良く頑張ったと褒めたいくらいですが

まー、本当にネットに真面目に取り組まないと「死滅」しますよとは忠告しておいたんですけどねえ。
まー、ファミコンカセットで遊べるパチもん?を作ってる所みたいな規模になって、オールドゲーマー族や懐古需要のような市場で細々やると言うのならそれでいいのかもしれませんけど、減益ゲーマー、若い若年層ゲーマー等のゲーマー的ボリュームゾーンももまゲー、グリー的なライトユーザーにも相手にされなくなっちゃいますし

既に任天堂プリカは売れない事で有名でウンザリさせられてるっつーのに…まったくもう

3Gの47万は頑張ったと思います。本体の普及台数が300万台という状況ですし。
triの時は分母が1000万以上だったはずですし。
あとは、やはり携帯機でのモンハンだから買ったという人も多かったようです。
PS3で出たHDverとかユーザーが据え置きでのモンハンをあまり望んでいないってことですよね。
多人数プレイがお手軽にできることが重要なタイトルだとあらためて浮き彫りになったと思います。

vitaは発売前なのにネット予約ですらできる状態できなくさくなってきましたね。
前世代機との互換がないのがまた仇になる気がします。
買い替え需要が拾えないですからねえ。
UMD持ってれば格安でDLできますよーと言われても、ユーザーとしてはまた金が掛かるわけですからねえ。

>ロケット弾 さん
もともとネットワーク対応を前提としてなかった「ポータブル」シリーズでさえ、アドホックパーティで補完されているというのに!「tri」はネットワーク対応していたというのに!!
という点は残念でしたね。


> 三ソフト さん
当時、Wiiは800万台を超えたあたりですね。
まあWiiはライトユーザーが多かったので、『モンハン』にとって普及台数にどれほど意味があったのかは謎ですね。PSPとおなじ携帯機で出せば・・・・という可能性が潰えたという点で、PSフォーマットと任天堂フォーマットのユーザーのすみ分け感が示されたな、と感じます。

VITAについては、サードパーティの誘致には成功したものの、有力タイトルをローンチに揃えるには至らなかったという印象ですね。「無双」や「リッジ」もあるし、サードパーティのタイトルラインナップでいうと、3DSよりVITAのほうがちょっと良いぐらいではありますが、3DSでさえソフトが無いといわれましたからね。

「みんなのゴルフ」と「アンチャーテッド」を用意したSCEからすれば、「nintendogs+cats」のみの任天堂より頑張ってるつもりなのかもしれませんが、新規性の薄さがネックですね。3DSとVITA、ともに新鮮さの欠如が大きな問題です。3DSは、大幅な値下げ、『モンハン』投入、自社有力タイトルの連発によって、強引に台数を押し上げてみせましたが、結局、新規タイトルが出てきて、ユーザーに支持されなければ、健全な市場は形成・維持されません。

任天堂のモンハン誘致作戦が地味に効いている部分(3DSを即買うには至らないが、VITAを様子見するという人を生み出すという意味で)もあり、どっちも様子見のユーザーは相当数いそうです。本体が高いのも、様子見側に転びやすい一因で、2012年内の値下げはありえる状況になってきたかもしれませんね。

>前世代機との互換がないのがまた仇に
UMDを捨てて、ダウンロードとパッケージを同時展開するのは、VITAのビジネスモデル上、避けがたいチャレンジですからね。チャレンジャーとして、リスクは承知で踏み込んでいるのだと思います。中長期的にはじわっと効いてくる事なので、最初の1,2年は我慢でしょうね。

そういう意味では、DSiやDSiLLよりも安い値段に下げて、DS市場にとどめを刺してでも3DSの普及台数獲得をとった任天堂とは、スタンスが根本から異なります。まあ3DSは「短命機」になるのでしょうね。次世代機ではさらっと、3Dを外してくるんじゃないですか。

>中長期的にはじわっと効いてくる事なので、最初の1,2年は我慢でしょうね。
>まあ3DSは「短命機」になるのでしょうね
まー、あのDSですらPSPより寿命が短かった訳で、任天堂機はもともとそうなのかもしれませんね
少なくともそういう認識がもう既にコンサセスになってしまってますね。

「業界人的にみれば次期覇権はどうみてもNGP」とはつまり「そういう事」ですね(笑)。
>次世代機ではさらっと、3Dを外してくるんじゃないですか

まー、本気でソーシャルやスマホに飲み込まれないためには、3DSでは役不足も甚だしいですからね~

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。