Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ってるのか、負けているのか。

はちま起稿:2011年ソフト売上、PSPの販売本数が1000万本を突破!
       合計     サードのみ
PSP  10,228,553本  9,907,644本
PS3   7,482,810本  6,865,983本
Wii    5,304,582本  1,251,177本
DS    3,986,316本  2,384,796本
3DS    3,349,613本  1,851,709本
XB360   595,734本   501,354本
PS2     37,604本    37,604本
ソフト売上でPSPがダントツで、3DSとDSの合算の約1.5倍に達しています。『マリオカート7』などもあるため、差はもうちょっと縮まるでしょうが、DSから3DSへのスイッチングが遅かったことをあらためて印象づける結果です。据置ゲームではWiiの落ち込みが顕著で、PS3より小さいマーケットになっています。

特にサードパーティ市場の大きさでは、PSPがDSと3DSの合算の約2倍、PS3がWiiの約5倍となっており、大多数のゲーム会社にとっては現状、PS系ハードがメインのビジネスになっています。DSとWiiの圧倒的な成功からわずか数年でこの有り様。ゲーム機ビジネスのリスクの高さを浮き彫りにしました。

またモバゲーとグリーがカジュアルユーザーを大規模に取り込んでいるため、DS時代の脳トレ層にあたる3DSやWiiUの潜在ユーザーが刈りつくされているのも、将来の不安要因ですね。任天堂のかつての成功は「脳トレ層」「回帰層」「ファミリー層(子ども層)」「任天堂ファン」の4つの層を幅広く取り込んだ事によります。

3DSの普及の初期においては「脳トレ層」を奪われた影響はほぼ表面化しておらず、むしろ「ファミリー層」と「任天堂ファン」の取り込みが甘かった点が問題でした。値下げや定番ソフトの投入で、この2層は安定的に取り込めていますが、「回帰層」がどの程度取り込めるかどうか。「回帰層」はスマートフォンあたりとも食い合いそうなユーザー層だけに、3DSの潜在普及台数を担保する上では、非常に重要な意味をもちます。

もっとも、ハード切り替えについてはSCEにも課題があり、PSP市場からVITA市場への切り替えに時間がかかるリスクは小さくありません。VITAのローンチタイトルが弱く、本体が相対的に高く感じられるため、来春あたりまでに何らかの施策を講じる必要はありそうです。

VITAのマーケットがどの程度のスピードで立ち上がっていくか。スマフォが食い込んでくるか。その辺が見極めの難しいところです。


スポンサーサイト

コメント

3DSは足元を固める前に変にコア層にアピールしたことが結果的に良くなかったですね。コア層を取りたい気持ちはわかるんですが、それはまずしっかり基盤となるカジュアル層を取ってから行うべきでした。
こう言っては何ですが「DSの後継機」という名目だけでカジュアル層はついて来てくれると甘く考えていたのではないかとも思ってしまいます。他に受け皿がなければまだしも、今はスマフォがあります。カジュアル層についてはともかく、スマフォのことをナメてたのは間違いないでしょう。

VITAは確実に基盤となるコア層にアピール。本体仕様にもそれは現れています。
初期需要が一段落した後の普及スピードは基本的に緩やかなものになると思いますが、VITAの場合ゲームソフト販売以外でも普及に影響のありそうな要素があります。
・ローンチの「ニコニコ」のようなアプリやサービス
・PSSによるスマフォユーザーへのアピール、取り込み
アプリやサービスについて、SCEはコア(というかオタク)層が好む物がよくわかってるので個人的にも期待してます。プレコミュでの意見も取り入れていきそうです。
スマフォからの取り込みは正直読めませんが、確かにソーシャルゲームばかりでは満足できなくなるユーザーはいると思うので、そこを狙うという戦略は良い物かと。PSSに関する動きが遅く感じますが、まずはコア層の評価をきちんと得ることが先決ということでしょう。パッケージソフトに比べればタイトルが出てくるのも早いでしょうし。・・・そもそも出てくんのかという疑問もなくはないのですが。

肝心のゲームソフトについては良作、佳作と言えるようなソフトがコンスタントに発表、発売してくれればと思います。
ローンチ以外の発売が近い物で個人的に注目しているのはグラビティデイズとラグナロクオデッセイ。
グラビティデイズはいわずもがな。
ラグナロクオデッセイに注目する理由はVITA一発目のオリジナルマルチプレイゲームだからです。
VITAは順当にPSP市場を引き継ぐと思いますが、PSP市場を引き継ぐということはマルチプレイゲーム市場を引き継ぐということ。このテのゲームの動向は気になります。コンシューマーで実績のないガンホーなので初回受注は苦戦するかもしれませんが、体験版を機に追加受注が集まる形になってくれれば。

3DS発売時のDSは死に体でしたが、VITAが発売となる今でもPSPは堅調。もちろん落ちては行くでしょうが急激に調子を落とすことはないでしょう。今わかっているラインナップだけでも来年夏までは問題ないですし、各社ともあと1,2タイトルはそこそこのタイトルを出してくると思いますし。
ただPSPの調子の良さがVITAへの切り替えを遅らせる原因になりうる可能性はあります。
少々楽観的かもしれませんが。多くのメーカーがPSPに注力し始めた時期はほぼ一致します。となるとVITAにある程度のラインナップがそろう時期もまた、一致するのではないかと思うのです。
PS2からPS3への移行には恐ろしく時間がかかりましたが、有力タイトルがそろう時期に薄型値下げでブレイクしました。VITAもまた、タイトルがそろう時期、PSPの調子が落ちる時期、新型値下げのようなインパクトのある販促、これらをうまくそろえることが出来れば、PS3同様のブレイクはありうると思います。

基盤という点で懸念があるとすれば一番のウリでもある3G通信。
初回の100hプランの更新期限である6月までに新しいプランの提案なり、更新をするに値するサービスなりソフトなり用意できず、プランの更新率が著しく低くなって「3Gなんていらんかったんや」みたいな雰囲気になってしまったら、VITAの根底がひっくり返る危険性があります。

>3DS発売時のDSは死に体
まー、そもそも任天堂ハードは元から寿命が短いですから頑張った方じゃないですか?
まー、PSPがいまだに元気なのと比べてしまうとそう見えちゃうのもしゃーないか。うん

>PSPの調子の良さがVITAへの切り替えを遅らせる原因になりうる可能性はあります。
まー、PS系は寿命が長いですから、コアゲーマー向けと言う事であるなら心配はしなくていいかと
3DSの寿命が尽きて、任天堂がVITA対抗機を出してくるまでに固めておけばいいと思います
現状の市場の継続を望むなら、それで十分です。

3D通信はその先を見据えた話ですからね。
スマホの勢いに対抗?乗っかる?
どちらに表現するにせよそれは必須ですから、仮に今売れなくても、3D回線を搭載しただけで価値があると思ってます。

>唯一 さん
VITAの懸念は、ロングスパンでスロースターターとはいっても、あまりスローではサードパーティの大量のソフトが捌けず、市場がタイトル飽和で死んでしまう事ですね。春に100万台ぐらいは欲しいところで、まあ出荷ベースでは問題ないでしょうが、実売では多少懸念があります。

SCE的には、来年のTGSでVITA向けの「モンハン」発表で弾みをつけたい、みたいな作戦かな、と思いますが。VITAはそうですね、2012年末までに250万台ぐらいは売っておきたいでしょうが、200万台が最低ラインですかね。本体価格を考えると、PSPよりちょっと低めかもしれない。

SCEと任天堂向けに、1年おきに年末商戦にモンハンが出ていくのであれば、カプコン的には経営も安定してよいでしょうね。フロンティア以外に2ラインあるチームをうまくリスク分散させるのも、ありといえばありでしょう。

モンハンはやはり据え置き機には向いてない、というのが「tri」をWiiで、「3rdHD」をPS3で発売したカプコンの感想ではないでしょうか。まあこの2本で据え置きの市場を判断するのもどうかと思いますが、携帯機に出して、せいぜいアッパーコンバージョンを小遣い稼ぎ的に据え置き機に出すのがビジネス的な落とし所なのかな、と。

3DSはずいぶん持ち直してきましたが、DSの売れ方は本体発売から13ヶ月目から、大ブレイクしていきますからね。この数字と比較してしまっては残酷ですが、いよいよ「DSという親の偉大さ」をまざまざと突きつけられるのですよね・・・・。DSは発売から14ヶ月目~25か月目にあたる2006年だけで800万台以上売れてますからね。3DSはその時期に年間400万台、すばらしく伸びて500万台あたりでしょうから、その落ち込んだ分は「ソーシャルやスマフォに奪われたお客」として、可視化されてしまうのでしょう。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。