Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高傑作ゆえにシリーズ衰退が鮮明に見える皮肉というべきか

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」が19万4000本,「セブンスドラゴン2020」が12万2000本の「ゲームソフト週間販売ランキング+」

うーむ。
『セブンスドラゴン2020』の初週売上がDS版の初週売上の2倍近くに達しており、ハード変更やキャラクターデザインの変更が功を奏した事が伺えます。ぶっちゃけ初音ミク効果も大きそうですが。

逆に低調な滑り出しになったのが『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』。
シリーズ最高傑作ともいわれるほど、評価の高い今作は19万4000本。Wiiのローンチタイトルだった『トワイライトプリンセス』に比べれば売れていますが、普及台数を考えると、シリーズの衰退をはっきり感じさせる結果です。評判の悪かったゲームキューブの『風のタクト』の2/3程度の出足とは……。
GC「ゼルダの伝説 風のタクト」(02/12/13) 初週287,346 累計742,609
Wii「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」(06/12/2) 初週145,068 累計554,109
DS「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」(07/06/23) 初週288,282 累計902,386
DS「ゼルダの伝説 大地の汽笛」(09/12/23) 初週320,940 累計740,109
3DS「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」(11/06/16) 初週182,998 累計443,467

多くのゲーマーにとってWiiがいかに「ゲーマーの遊ぶゲーム機」として認識されてないか、現状をまざまざと感じさせる結果です。深刻なのは初週売上が『タクト』より落ちていること。従来の固定ファンが離れてしまっている可能性が高いです。まあこれは、前作『トワイライトプリンセス』の評価なのかもしれませんが、かなり気合いの入っていた「社長が訊く」にしても、テレビCMにしても、さほど響いていなかった事になります。

忠誠心の高いファンは「社長が訊く」でアピールすれば熱狂するのかもしれませんが、やや忠誠心の低いユーザー層はすでに読んでおらず、前評判の高さや発売前の期待感をまったく共有できていなかったのかもしれませんね。このあたり、メディアミックスに乗せてファンを呼び戻した『アイマス2』や、15周年というお祭り感を演出してみせた『テイルズ』との違いが浮き彫りになっています。

うちのブログを読んでいる人にとっては、今さらの話ですが、任天堂はゲーマー層への宣伝力が弱まっており、『ゼノブレイド』や『ラストストーリー』のような新規タイトルだけでなく、従来の定番タイトルであっても、弱体化が鮮明になりました。衝撃的な結果ですね……。

評判が良ければクチコミで、と言っても、『ゼノブレイド』もたいして伸びなかったですし、ハード末期のWiiでバズを期待するのはやや厳しい。

うーん……。
自社サイトやファンのブログでいくら盛り上がっても、離れていったユーザーには届かない。メディア露出の方法論について、根本的な見直しが必要になってきた、といえます。複数の情報伝達経路とコミュニティに向けて、情報を伝播させていくことで、細分化されたユーザーに対して関心のフックを作り、ユーザー母数を少しずつ積み上げていく、昨今のユーザー獲得手法を取り入れざるを得ないのではないでしょうか。少なくとも唯我独尊のアプローチでは、ゲーマー向けの宣伝は先細る一方でしょう。

……先走った結論を出す気はありませんが、この調子ではWiiUの未来も見えたか?


スポンサーサイト

コメント

時オカからのゼルダファンですが、出来は申し分ないです。モーションプラスの操作感度もまぁ悪くはない。・・旬が過ぎたということでしょうね。2009年末あたりに出してればシリーズ最高初動も狙えたかもしれませんが。
(最近の行き過ぎた任天堂信者?の言動も影響なきにしもあらずかもしれません)

まー、重要なのは「セブドラ」「アイマス」「テイルズ」全てPS系であると言う事で、現代の「現役ゲーマー(特に若年層)」がどこにいるかが鮮明になってわかりやすいですね。

愚かな人の声を聞いて、国内に市場が無いハードやゲーマー市場が衰退しているハードに拘る必要なんて無かった訳です

一方ゼルダは…まーはっきり言ってこうなる事は予想がついてましたが…実際に数字に出てみると落胆は大きいですね。任天堂ファンだけに

小売店も、大型タイトル出は必ずあるようなノボリやPV映像を流してる様子すらありませんでした
いや流石に全国でこうな訳ないでしょうが、そこそこ有名チェーン店でこうなのですから…逆に言うと最初から期待してない文ワゴンにぶち込まれる可能性は低いわけで、その分小売にとっては安心なのでしょうか(笑)
あー、でも「思ったほど売れてない」系の話もちらほら聞きますしどうかなー

>いくら盛り上がっても、離れていったユーザーには届かない
まー、実際「はいはいありがとう任天堂」ってレベルで冷めてますね。
特に若いネットネイティブ世代ほど「誰このおっさん」状態ですし。
まー、そんなこと関係なく、今時下手したらスマホの解像度より劣るSD映像でゲーマー向けがどうたら言っても相手にされる訳がなく

しょこたん(笑)で若い世代にアピールしようとしても、タダでさえSD映像なのに有名声優すら使わない良く言えば古き良き、悪く言えばオールドなスタイルでは、「それが当たり前」の若い世代のゲーマーの心には響かない…

>WiiUの未来
既に業界では「ああそんなのもあったね」ってレベルですね
「全力で無視。してNGPに全力投球することになった。サードパーティは、死んでも任天堂でやらないだろう。」なんて宣言する人もいましたっけ。
かって任天堂ハードでヒットを飛ばした事すらある人なんですけどね

肯定的な方でさえ「ま、マルチの一部にだけは入れてあげるよ。最初はねw」って程度ですか

まー、正直任天堂ファンとしてはDAKINIさんの処方箋を出してもらって早く快方に向かって欲しいのですか
「頑固な患者」ってのはお医者さんに行くと病気が悪化すると言って暴れるので…どうしたらいいんでしょう

ゼルダファンではありますが・・・

一応、風タクの為にGCを買ったわが家でも「今更Wiiで出されても・・・・」という感じで「WiiUでも動くでしょう?最悪そっちで」という感じで・・・。
そもそもWii自体が全力で立ち枯れているので、Wiiであえて買うという程では・・・
(わが家はPS3が出た時にPS2を買う位ゲームには遅れている家庭なので一般的な家庭とは違いますが)

本当ゼルダって売れなくなっちゃいましたよねえ

ゼルダのために本体買ってきたような人も買っていなかったりしますね

トワプリでwii買ったユーザーなんかでもモーションプラスがないから買うの躊躇っていたりもしますよ
モープラ対応でなければもう少し伸びてはいたのでしょう
今モープラを買ってもこの先使いそうなタイトルもなさそうですし、
wiiの新作発売予定も残り20本切っていたりと悪条件が多いんですよね

まず1名だけ、言葉使いがあまりに悪く、特定の会社やその作品に対して悪口になっている方の投稿はさすがに削除しました。うちのブログは別段、任天堂のゲーム作品を貶めたいアンチの巣窟ではありませんので、誤解を招く書き込みは温度を抑えていただければありがたいです。

>ati- さん
ほとんど触りまでしかプレイできていませんが、出来は大変すばらしいですし、周囲の購入者の評判も悪くないですね。ただ、ゲーム内の世界への没入感などを求める昨今のハイゲーマーでは、スカイリムあたりに対する期待感が高く、SD解像度のセミトゥーン的な映像表現では、購入に至るまで引き付けられない、という意見もありました。

まあ現時点までのプレイ感想でいうと、操作性の新鮮さやチャンバラの難しくも楽しい遊びなど、新要素もたくさんありながら、いつものゼルダでもあるというか、旧来ゲームのようなクラシック感もつきまとう。古いのか新しいのかよくわからないな、でも面白いからいいか、という曖昧な感覚です。

独自の進化、いや深化を遂げており、新しい物のはずが新しくない。HD時代の大規模なゲームに慣れてしまっている、最先端のゲームをプレイしたいなという尖ったハイゲーマーには古臭いフォーマットに見えてしまうのかなあ・・・・? プレイするに至らないのもわからなくもない・・・・。


> ロケット弾 さん
> 小売店も、大型タイトル出は必ずあるようなノボリやPV映像を流してる様子すらありませんでした
任天堂の自社サイトと相変わらずのテレビCMだけが「勝手に」盛り上がっている印象で、任天堂以外を巻き込んでお祭り感を演出するには至ってませんね。他社を巻き込む盛り上げ方は、昔から不得手とするところですが、なかなか致命的になってきました。

『ゼルダ』に限らず、昨今の「社長が訊く」や「Nintendo Direct」にしても、「勝手に」盛り上がっている感が強く、大金を投じて壮大な内輪受けをやっているような、田舎の宴会を遠くから眺めているような寂しい気持ちになります。有名人を使った大量のCMに関しては、グリーなどが大規模に展開しており、もはやゲーム業界において任天堂一強ではなくなっています。


>Average さん
>三ソフト さん
確かに、モーションプラス専用という点は敷居が高いですね。
任天堂もその辺はわかっていて、25周年記念パックは8800円という他ハードの大作ソフト並みの価格でリモコン付きが買えますね。ただ出荷数(予約枠)が少なかったのかなあ・・・・。

『セブンスドラゴン』の好成績と比べると、プロモーションやセールスポイントの未熟さは強く感じますね。売り方だけ上手くなっても仕方ありませんが、毎度稚拙すぎます。5年もかけて開発して、遊んだ人の感想も良いとなれば、完成度のせいにはできないわけで、ゼルダという作品をどうやって再浸透させていくか、真剣に向き合わざるを得ないでしょう。

最先端のゲームを遊びたがるハイゲーマーに媚びる気はないんでしょうし、中高生が夢中になるような世界観やキャラ立ても入れる気はないんでしょうが、その果てにはおっさんと子供だけが残るような・・・・。

うーん。
半端に重厚な世界観だから、バズるには真面目すぎるし、かといってオタクが喜ぶほどの厚みや深みがあるわけではない、というのも国内受けが悪い一因ですよね。バズるには重たいし、メディアミックスで継続的に世界観を発信し続けられるには薄すぎる。

まあバズが成功しても、ソフトが売れるわけではないのは、『エルシャダイ』あたりが証明してますが。『キングダムハーツ』における歌の力とかね、ゼルダはなんだかんだで「王道」(?)寄りの位置づけなので、割と正攻法が良いとは思いますが。声優使えば、とはいいませんが、半端なボイスSEはガッカリですし。変に安っぽい事はせず、リンク以外は普通にボイスを入れたらいいように感じました。

キャラや映像、世界観、歌、ボイスなどなど、ゲームの内側に引き込むパワーはもっと積極的に使うべきでしょうね。おかしな意地を張る処ではない、と思います。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。