Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらら~、詰んじゃうのかね?

ジョブズ氏が構想残した新しいテレビ、近くアップルから登場か
あらら~、この新商品がヒットしたら、任天堂のようなゲーム専用機メーカーは詰んじゃうのかな?

無論、アップルのリビング進出の試み(AppleTV)は失敗続きではあったので、今度の試みがうまくいくかどうかはわかりません。しかし要素技術が程よく揃ってきているのも事実だし、より快適なユーザーエクスペリアンスを追求するという点では一体型にならざるを得ない、というのは明らかです。その覚悟さえ決めてしまえば、実はそれほどあり得ない商品ではありません。

据置ゲーム機やセットトップボックスのような機械は、テレビと分離されているがゆえにコストパフォーマンスの良い性能や機能を提供できてきたのですが、一方でテレビと分離されているがゆえの欠点も数多く抱えています。テレビの電源を入れて、それから機器に電源を入れて、それから入力モードを切り替えて……実に面倒です。全然スマートではない。Wiiチャンネルがたいして上手くいかなかった一因も、そこにあるでしょう。

成果が無いわけではありません。torneはテレビから分離された機器という制約上の中では、なかなか上手くまとまっています。WiiUというチャレンジも、1つの解ではあるのでしょう。が、トリッキーという印象は拭いがたく、スマートとは程遠い。上記のような構造的な問題を打破するには、中途半端な解でしょう。

にもかかわらず任天堂が自社でテレビ一体型のゲーム機を出すことはないでしょうし、それがアップルほど売れるとはとても思えません。任天堂は拭いがたく、玩具、ゲームのイメージが強すぎます。ソニーは可能性としては、アップルと同じ可能性を共有していますが、アップルに先んじるほどの覚悟は持ち合わせていないでしょう。追随が限界。アップルが一定以上の成功をおさめれば、アップル以外のメーカー、家電メーカーはandroid搭載のテレビなどでフォローアップするはずです。テレビがそのままゲーム機やセットトップボックスの機能を兼ね備える未来は、あり得ない事ではありません。


スマートフォンが携帯ゲーム機を脅かす以上の、もっと空恐ろしい事態が現出します。携帯ゲーム機はスマートフォンが無くても動作しますが、据置ゲーム機はテレビが無ければ動作しないのですから。アップルの新しいテレビ、そしてそれに準じた性能をもった他社のテレビが普及した世の中において、わざわざ別の機器を購入してまでゲームを遊ぶ必要性がどれほどあるのでしょうか?

ガラケーの時代が終焉しつつある中、国内メーカーはスマートフォンで存在感を発揮できていません。同じ事がアップルの新しいテレビの時代には起こるかもしれません。パナソニックが、ソニーが多額の赤字を出し、テレビ事業を縮小していくのはすでに今起きている現実です。彼らにはスマートテレビの時代を追随する以外の選択肢は無いのかも知れませんね?

そしてスマートテレビは、ゲーム専用機メーカーにとってスマートフォン以上の脅威となるでしょう。ソニーはスマートテレビへ逃げることができるし、VITAがスマートフォンを意識した設計思想になっているように、PS4もスマートテレビを意識した設計にできます。マイクロソフトはソニーほどデジタル家電に地盤が無いため、不利ではありますが、Xbox Liveをスマートテレビに接続させることはできないわけではありません。

一番危ないのは任天堂です。ソーシャルメディアを育てておらず、ネットワークサービスの開発力でも劣っていて、ゲーム専用機以外の逃げ場がありません。無論、潰れるようなことはありませんが、ハードメーカーではなく、ソフトメーカーにならざるを得ないかもしれません。そこまで追い込まれる可能性は否定できない。

とても悲しい未来の”可能性”です。
あくまで可能性です。
しかし数か月前なら、そこまでの可能性はほとんどの人が想像していなかったでしょう。

上場以来初めての赤字とはいえ、たかだか1度の赤字など、たいして騒ぐ意味はありません。もっと大きな潜在的危機が膨らんでいるのですから。スマートテレビを構成する技術はすでに揃いました。あとは時間の問題なのかもしれませんね。

詰まないために手を打てる時間はそれほど長くありません。
さあ、どうする?


スポンサーサイト

コメント

次のps4で、例えばテレビや携帯電話に組み込めるようなONE PIECEにできれば、SONYの再浮上、ってありえませんか?Intelじゃないですけども、他者のテレビやスマホにハイディフィニッションゲームを動かす規格として(ハードに詳しくないので、それがなんなんだ?と言われると回答はないんですけども…)。スマートテレビがAndroidかiosかwindowsのいずれかで動くモノと仮定した場合、PSはAndroid陣営のゲームマシンということになってしまえば、と思いました。XboxはそのままWinだし、棲み分けは出来るかと。つまり、NintendoはAppleと握ればいいんじゃないですかね。

TVの場合消費者は機能より安さを求めると思うんですがどうなんでしょ?
携帯電話やゲーム機は10万しませんけどTVは10万越えは当たり前です。
それにゲーム機と違ってTVなんて10年以上同じの使えるわけですし

スマートテレビがでてきたときにいちばん気になるのはインタフェースですね
既存のボタン式リモコンだけでスマートテレビは難しいので、
何らかのインタフェースの革命が必要になるでしょうが、
Appleからどんな提案があるか楽しみです

>ガラケーの時代が終焉しつつある中、国内メーカーはスマートフォンで存在感を発揮できていません。

んー、これは果たしてどうでしょうか、サムスンやアップルにはかなり離されていますが、ソニー・エリクソンのスマートフォンは一定以上の確実な存在感を示しています
で、今まで合弁会社だったソニー・エリクソンをソニーが900億で完全子会社化、本腰を入れてexperiaでiphoneやギャラクシーと戦う方向性は見えてきたようです

そもそもTVや携帯電話を作っているソニーやOS屋であるMSをゲーム専用機メーカーとメーカーと位置づけて構図を考える論法にはいくらかの疑問が残りますね

アップル製品の新製品ならなんでも買うようなアップル信者にさえ総スルーされていたアップルTVがあるだけになかなか大ヒットは想像しずらいですね。
まずはアップル信者が行列作って買うようなものでないとまた失敗すると思います。

画面がでかくて普通のTVよりも安いとか、コードでつなぐのが当たり前のTVへの接続が全て無線で接続
できるなどのインパクトが必要でしょうか。

HDMI、D端子などを無線で飛ばすアダプタなどが別売りで、必要な機器分買おうとしても大した出費にならない価格だと個人的には欲しいですが。
欲を言えばそれで遅延がなければ完璧です。

将来的にWebで全てが完結する世界ができるとすれば
PCもテレビもゲーム機も所詮は入り口でしかありません。
私は任天堂のような不動のコンテンツをもっているメーカーが力を発揮できる場所が
未来のインターネットだと思っているので
むしろソニーのように「ソニーといえばこのソフトウェア」と呼ばれるようなものを
もっていないと将来的に厳しいと思います

最後に勝つのは不動のコンテンツを持っているメーカーであって
それさえあればPCやスマホやゲーム機を作る必要がない
無線コントローラーとソフトウェアがあれば入り口はどこでもいいのです。

任天堂はマリオの会社であり、ポケモンの親会社であり
2011年においても海外、国内においてトップレベルのゲームソフト売上を誇ります。
Apple。Google、Microsoft が生き残る道も結局
iTunes、Google+、Officeとソフトウェアの力であるように
最終出口しかつくれないようなメーカーこそもっと危機感をもって
不動のソフトウェアとインフラを持つべきでしょう、デジタルデバイスなんてアジアの低価格製品に
押されてしまうのが目に見えているからです。

究極的には任天堂はコントローラーとポータルサイトだけ作ればいいだけであとはどのデバイスでも
HDクオリティーの任天堂やサードパーティーのゲームが遊べてしまうと思います。

>>nanasiさん
任天堂大好きなのはわかりますがPSNやXboxLiveと比べれば任天堂なんてお子様レベルだしこの差はどうしようもないでしょ
任天堂がマリオポケモンあるからと言ってカジュアル層がCSから携帯電話に移行してる今任天堂が安泰な時代は終わったと思いますよ
それにあの会社は本体や周辺機器の多額の利益で稼いでたようなモノですしそれが出来なくなった今どうすんのかなと心配しますけど

>nanasi さん
ソフト資産を生かして自社ハードにとらわれずWEBで幅広く展開なんて
任天堂にそんな気概があるなら既に実行していると思いますし、
自社ハードをやめて
外に出てしまったら任天堂がどうなるかなんてのは任天堂自身が一番わかってるでしょう。

ミリオン売れる有名ソフトが何本あろうがユーザーにとっては一本なんですよ。
任天堂は年単位かけて作りこんでいるから面白いわけで、
安い、早い、そこそこうまい で商売を成り立たせてる世界で
高い、遅い、うまい の任天堂じゃあやってけませんよ。

勢いも金も充実してた4年前ぐらいにそんな方針を打ち出せてれば手遅れにはならなかったんでしょうがね、
勝手な自爆で詰みかけてる任天堂にそんな期待ができるわけもなくw

まぁ、AppleやGoogleの横に任天堂を並べるのはギャグにしかならないかと。
もちろんMSやSONYもそれらの横にならべたらギャグですけどね。

いや、それ逆です、逆

>究極的には任天堂はコントローラーとポータルサイトだけ作ればいいだけであとはどのデバイスでも
>HDクオリティーの任天堂やサードパーティーのゲームが遊べてしまうと思います

いや、それ逆で、DAKINIさんがむしろ任天堂それやんないとだめじゃん、と言っている訳で、任天堂はある種そういう方向に漕ぎ出せない状況があるんですよ。
なんで任天堂愛に溢れているDAKINIさんは種々の状況を明示して「今やらないとどうすんだよ」と言っているわけなんですけど。
で、危機感を醸し出さないとダメだから、口調がdisっているよーに見えますが、こんだけ真剣に任天堂に対して次のステップを示唆してくれている人っていないですよ、とマジに思っているのですが。

さすがにスマートテレビが脅威となるのは、早くとも次々世代だと思いますがねえ。
価格を考えると十分な性能は無理だろうし、そもそもテレビはスマホやタブと違って手軽に買うようなものでもありませんから普及速度に限度があります。
そもそもAppleTVが大した成功はしてないのに、一体型なら成功ってのはちょっと短慮かなと。
メリットもある反面、手を出しにくくなるなどデメリットもありますから。

>そもそもテレビはスマホやタブと違って手軽に買うようなものでもありませんから普及速度に限度があります。

DENさん、今や4~5万で、テレビ投げ売りの時代です。ipadより安いテレビはたくさんありますよ。sonyやpanaが作ってるやつで。

でも4~5万って高いよね
安月給が適当に出す金額じゃないよ

テレビって大抵どの家庭にもすでにあるので、もう一台買わせるには相当な驚きがないと買ってもらえないのでは?
でも映画もゲームもなにもかもレスポンスがよく使い勝手がよいテレビなら自分は買うかも知れないですね。

Nintendo3DS発表前に3D液晶を載せるだろうと予言していたヒカリです。

私はAppleの液晶テレビは成功すると思います。
今のテレビには高齢者が扱うには難しすぎたり、直感的ではないからです
iPhoneとAppleTVが連携して出来るカスタマイズ可能なリモコンや
クラウド上から番組データをストリーミング再生など
(日本ではまた著作権の関係でできないでしょうが)
利便性はこれまでのテレビよりはるかに向上し喝采を受けると思います。

ちなみに昨年すでに私はAppleテレビの登場は予想しています
■そろそろ次の展開が必要になってきたApple
http://ameblo.jp/sokuhoh/entry-10680047534.html

■任天堂やAppleはハード有りきのソフト企業
http://ameblo.jp/sokuhoh/entry-10715427531.html

>今や4~5万で、テレビ投げ売りの時代です。ipadより安いテレビはたくさんありますよ。
その価格でiテレビ(仮称)が出ると思ってらっしゃるんですか?
それに、仮にその値段で出たとしても、すでに薄型テレビを必要な分だけ持ってる人が
その値段なら、と買い換えるのかって問題もあります。
DENさんの「手軽に買うようなものじゃない」と言うのはその事を言ってるんだと思います。

まあこんな記事は所詮戯言かなと思う自分は任天堂が好きなんだろうな・・・

記事を読んでいて疑問に感じたのですが、google TVの話は絡めないんでしょうか?
やっとアプリストアがオープンしたりとまだまだな感じではありますが、先んじているのは間違いないと思うんですが。

あとソニーも最近XperiaをアップデートでPlayStation Certified対応にしましたし、PS4の前にgoogle TVにPSCを広げていくのもアリではないかなと。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。