Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集の仕事の1つは、作家の戦友になるって事なんだねえ。

うーむ、なるほどなあ、と思ったので。

最前線 - 『うみねこのなく頃に 竜騎士07インタビュー』 インタビュアー/太田克史
『うみねこのなく頃に』の終わり方については色々と言いたい事のある人はいらっしゃるだろうし、僕もその1人なわけですが、上記の記事では相変わらずというか、太田克史氏の編集者としての立ち位置がはっきり出ていて面白いですね。

ちょっと言い方は語弊があるかもしれませんが、読者の味方か、作家の味方か、という事を問われた時に後者のほうを選ぶという事が本の世界ではある程度許容されるんですよね。無論、売上がまったく上がらないことが続けば、責任は取らざるを得ないし、ひとりよがりな作品を作ることが無条件にもてはやされるわけではありません。

ただ、作家と編集の二人三脚の中で、作家って当たり外れが当然あって、どの作品もヒットし続けるってわけではなくて、作風を色々変えてみて、多様なものが出てくることもありますし、売上の波もかなり山あり谷ありのはずです。で、谷の時にこいつはオワコンだねって叩くのは子供でもできるわけですし、ネットはそういう声を増幅する場の力があります。

そういうものに流されない、わかりやすく言うと「戦友」になる。それができるのが骨太な編集なんだと思いますし、太田克史氏はまさしくその1人だな、と改めて感じます。彼のところに尖った作家が集まるのは、それなりの理由があるという事でしょう。恐ろしい読者から身を守ってほしいわけでも、甘やかしてほしいわけでもなく、ただ戦友を求めて。


アニメ『ちはやふる』
そういう意味では、竜騎士07氏の事例とは異なるんですが、秋アニメ『ちはやふる』の原作漫画を執筆した末次由紀さんも戦友に支えられたんだろうな、と思います。

Wikipedia - 末次由紀
彼女はかつてトレースの盗用を指摘され、一時期漫画家としての活動を休止していました。盗作の対象が『SLAM DUNK』という超有名作品だった事や、講談社というメジャーな出版社の連載誌だった事もあり、新聞やテレビなどでも報道され、彼女は表舞台から完全に抹消されたかのように見えましたが、復活し、より確かな作品を掴み、成功しつつあります。

これはもう明らかにですね、彼女が創作をやめないようにつなぎ止めた「戦友」の存在があると思うんですよね。編集という仕事の本質を垣間見た気がする、というのは言いすぎでしょうか。


そして蛇足なのですが……。

漫画家・青山景さんが自殺か……Twitterに死を意識した書き込みも
いや、まー、自殺された理由、直接的な理由も間接的な理由も存じ上げませんが、もしかすると青山さんは「戦友」に恵まれなかったのかもしれないな、とふっと思いました。

まとまってませんが、竜騎士07氏の彼岸花の次の作品にはおおいに期待しています。氏にはまだ「戦友」がいるのですから。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やはりゲームより書評の方が深い記事になるですね。

評価していただいて、ありがとうございます。
ゲームに関しての記事は単に時流を追いかけているだけですからね。 当たったとか、ハズレたとか、そういう次元の記事であって、長く価値が残る類のものではありません。

ウラを返せば、僕がゲームメディアをそういう表層的なもの、と捉えているからでもあります。今回の記事ではあえて書きませんでしたが、ゲーム業界でこの編集のような機能があるかといえば、まああえていえば、プロデューサーですが、同じような事はできません。それは作品を作るのに関わる人数とお金が多いからです。

またクリエイターの評価も、売上で計られるのは仕方ない としても、山あり谷ありみたいな視線って、まず無いですよね。 単発の評価に終始してしまう。集団で制作している映画やアニメも同様だけど、それらと比べても、作家というコンテキストが著しく弱い。

宮本茂氏、堀井雄二氏、小島秀夫氏クラスでも、作家としての軌跡を追って、あの作品の次にこの作品が出てくる理由というか、制作の動機みたいなものを追いかけていこうという論評は壊滅的ですよね。

まあクリエイターのひとりよがりに対する強烈なアレルギーがあるから、とも言えるし、突き詰めると、ユーザーがインタラクティブに関わるメディアだから、なのかもしれませんね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。