Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三分の計ならぬ四分割の時代

東京ゲームショウの業界デーが終わりましたが、全体として目を引くような発表は無く、事前に新情報が公開されていく流れがますます強くなってきましたね。読者の皆さんの感想はさまざまあると思いますが、どこか一強が市場を制する情勢ではなく、四強がそれぞれ異なる路線を打ち出し、先行きが混沌としてきました。


3DSの立て直しを図る任天堂
大幅値下げ、モンハン発表、自社の続編ラインナップの発表によって、3DSのイメージ回復を図る任天堂。しかしカプコンと任天堂は共に株価が下落し、近視眼的な効果しかないという冷徹な評価を食らいました。任天堂がソーシャル路線を打ち出すか、それに変わるまったく新しい何かを発表しない限り、株価の回復はなかなか厳しいものがあります。

つか、3DSの立て直しにリソースを使う以上、WiiUの立ち上げはますます危険になるのは自明で、本来据置ゲーム機で発売されるはずの『モンハン4』をWiiUに引っ張ってくるならともかく、3DSに誘致した事により、「WiiUはどうするの?」という点が普通に疑問です。

「無料+アイテム課金」という狭いスキームではないにせよ、もはやソーシャルネットワークを無視してゲーム機ビジネスを考えるのは難しいところまで来ています。独自性では任天堂以上のアップルにしても、ソーシャルプラットフォームとの連携はきわめて重視しています。どこを受け入れて、どこは拒むのかをきちんと自問自答して、新しい戦略を打ち立てるべきフェーズに入ったのは明らかです。


ゆっくり着実にPS VITAを立ち上げるSCE
3DSをはるかに超える性能を持つPS VITAは、ローンチタイトルの数が前例のない程多く、中小を始めとして幅広いゲーム会社の協力を取りつけたのはさすが。PSPの堅調なマーケットを安定的に受け継ぐことが期待されます。

しかしローンチについてはHDバージョンや移植、リメイク系のタイトルが多いのも確かで、全体的に小粒。E3で発表され、比較的期待されていた『Gravity Daze』がローンチに出てこなかったのは意外で、あまりにタイトルが多すぎるので、サードパーティに遠慮したのかと思うほど。

とはいえ、発売日が12月17日と遅く、年内の出荷台数が限られている状態で、多数のタイトルがひしめく中、さらに強力なタイトルがいくつも出てきても、お互いに食い合うだけですから、ソフトの「渋滞」が解消するまでは致し方ないのかもしれませんね。

じっくりゆっくり立ち上げていこうというSCEの狙いはよくわかります。PS VITAと3DSのユーザー層の違いは明白であり、その差別化ができている間は、焦る必要はありません。無論、長期間ユーザーを待たせるのは問題ですが。

VITAについて問題なのは、ブラウザゲームのような「無料+アイテム課金」型の展開と、ゲーム以外のアプリの展開です。コアゲーマー向けで売っていくなら、この2つは前面に押し出してもアピールにつながりません。幅広いビジネスモデルに対応していこうとする姿勢は立派ですが、あれもこれも同時に見せようとして、アピールが弱くなってしまっているのも事実。

PSNを核にソーシャルプラットフォームを拡充し、そこにゲーマーでも楽しめるオンラインゲームやブラウザゲームを揃えていく。やりたいことはわかりますが、そこまで整備する時間はあまり無いでしょう。極論としては、モバゲーとグリーのどちらか片方と包括提携をする等の大胆な施策も視野に入れるべきですね。


ゲーム業界での存在感を示したグリーと「名より実」を取ったDeNA
社長の発言が一部の反感を買ったとか、ブースへの人の集まりがイマイチとか、問題が無いでも無いですが、その辺は小さなことであって、最大規模のブースを出展し、SCEと同じく基調講演もおこなったことで、ゲームショウにおける存在感はじゅうぶん示しました。

ゲーム業界からの採用を積極的に進めており、大手各社からの人の流入もあり、人材面では業界再編の大きな原動力になっています。パッケージビジネスからの転換がさほど進んでいない現状で、ゲーム各社は雇用を維持するのが厳しくなってきており、流出した人間を吸収するバッファをグリーとモバゲーが提供しているのは一面の事実です。好き嫌いはさておき、もはや無視できる存在ではなくなっています。

DeNAはゲームショウには参加せず、最近の投資はおもに海外スタジオに向けられており、EA DICEのプロデューサーを引っこ抜いて、FPSを作る開発スタジオを設立したり、非常に積極的です。まー、残酷な言い方ですが、国内はすでに囲い込みが完了したという認識なのかもしれません。モバゲーを小馬鹿にしていたら、モバゲーに見切られた国内企業、というところなのか??? いや、ちょっとこれは煽りすぎですね。すみません。

ちゃっかり大手とのアライアンスは進めており、バンダイナムコとの間でBDNAを立ち上げました。ま、これは新会社の株式比率を見てもわかるとおり、どっちかというと、バンダイナムコのバンダイ側の手腕が物を言った、という見方をすべきなんでしょうね。

コミックやアニメの版権をモバゲーが着実に押えにかかっている中、版権ビジネスの最大手であるバンダイナムコとしては「縄張り」を荒らされたようで面白くない。『ガンダムロワイアル』で握手しつつも、水面下でお互いの腹を殴りあったり、刺しあってみたものの、不毛さに気づいたのか平和意識に目覚めたのかは知りませんが、落ち着くべき所に落ち着きました。


なんで株価が下がるのか
四つ巴の戦いの行方はまだまだわかりませんが、せっかく上がった任天堂の株価がまた下がっている辺り、敗北したと言ってもいいんですが、もっと適切な表現をするなら、勝手に変な方向に突っ走っていったという見方をされているのでしょう。

Wiiが成功をおさめた後、任天堂の株価が異常に上がったり、アップルと比較されていたのは、要は任天堂がただのゲーム機メーカーではない、と評価されたからです。噛み砕いていえば、約5年ごとに新しいゲーム機を発売していくだけの会社ではなく、SCEとシェア争いをするような小物ではないという事です。

しかしその後任天堂がやったのは、DSの後継機として3DSを発売し、Wiiの後継機としてWiiUを発表しただけです。それって、ただのゲーム機メーカーですし、PS陣営のタイトルをせっせと強奪しているのはSCEとのシェア争いに必死になっているだけです。要するにやっていることが小さいんですよ。いつのまにかSCEとのシェア争いごときに必死にならざるを得ない会社に戻っちゃってる。

まー、結局、DSとWiiの空前の大成功があっても、会社の意識、社員の意識は「ただのゲーム機メーカー」から変わらなかったという事なんでしょうね。普通に良質なゲームを作って、普通に売っていれば、それで食っていける会社ですから、仕方ないのかな、とは思いますが。


次はどこが勝つのか
混沌としてきましたが、1つポエムを紹介しましょう。

【SCEJ Press Conference】速報コラム・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第23回
私は彼らのプレゼンテーションを、はじめ、正視できなかった。
知人・恩人ばかりなのに、今日、その言葉を原稿にして伝えることは、絶対にしないことがカンファレンス中に判断していたからだ。

私はうつむいて、泣いた。
恩人たちの言葉でも、ここは非情になって割愛しなくてはいけない。
申し訳ない気持ちが込み上げてきた。
そんな時間帯が30分ほどあった。

しかし、私は信じることにした。
恩人たちは、私以上にPlayStation Vitaの本質を見抜いている。今日は、すでに開発しているソフトをプレゼンテーションするのが職務なのだ。いずれ‥‥いやもうすでに着手しているかもしれない未来のゲームがきっとあるはずと。

PlayStation Vitaを革命的なマシンと呼ぶとするならば、革命には時間がかかる。
逆の言い方をすると、NTTドコモの辻村氏とニワンゴの杉本氏の2名だけが登壇者だとしたら、意味不明のカンファレンスになってしまった。主催者であるSCEJは、そのことを十分に理解して、すでに認知されている価値と未来の可能性を並び立てたに違いない。

そうだ。革命には時間がかかり、真の改革者はバランス感覚が必要だ。
今までのゲームを、今までの言葉で説明する人がいてもいいではないか。
心の中でそんな整理ができた瞬間に、私の涙は止まった。

いや、悪いけど、僕はSCEがそんなに大層な未来を作れるとは思いませんね。任天堂も今回のラウンドでは無理でしょう。次のラウンドをどう立ち上げていくか、その準備を今から進められるかどうか。あんま期待してないけど。


スポンサーサイト

コメント

あくまで1ゲームユーザーの感想に過ぎないですが、
今週の一連の動きについて、
一度は自ら否定した「ゲームらしいゲーム」の狭い殻に閉じこもって、ソーシャルサービスから逃げた任天堂、
自らソーシャルサービスを取り込みつつ、既存のソーシャルサービスとの勝負に出たSCE、
あれこれと文句も言われつつも着実に存在感を増しつつあるGREE、DeNA、
という感想を持ちました。

任天堂については、一度は古臭いゲームにしがみつく連中とゲーマ層を切り捨てたのに、
ライト層をソーシャルに取られたら、やはり頼りになるのはゲーマ層ですといまさら擦り寄ってきたことには、
個人的に良い印象をもてません。
市場が求めたのもゲームメーカーへの原点回帰でなかったと思いますし、
ゲームユーザーの過半もPS系ならば様々な面で性能に優れたPSVでやりたいというのは大方の思いと思います。
3DSはいいとしても、WiiUはどうするのでしょうね。

SCEは、PSVに力を注いでいるし、実際に高いポテンシャルを秘めているなと感じています。
DAKINIさんの目から見ると、足りない面も多いのかと思いますが、
任天堂よりも一本筋の通った戦略を持って展開しようとしていると思いますし、
ぜひとも、平林さんのポエム(笑)が示した未来を実現してほしいですね。
少なくとも、一歩でも素晴らしき未来の実現に向けて努力してほしいし、
1ゲームユーザーとしては、SCEを応援したいです。
ソフトは半年くらい経てば、充実してくるのではと期待しています。

GREEやDeNAについては、個人として関心がなく、
関心がないものにきちんとした意見も言えるものではないので、割愛します。
あえて言えば、既存ゲーム会社にはソーシャルの荒波に負けることなく、
ゲーマーも楽しめる作品の提供を継続してほしいなと思います。

任天堂はやってることが小さい。
もう任天堂はいらない。

任天堂は「とりあえず」年末の売り場は作れそうですね。本体の値下げ、マリオ3D、モンハン(パッド)、、、それだけ?と言っちゃそれだけで先の未来もヴィジョンもないんですが、売り場の人間から見たら、「言葉だけの未来より今の売りあげ」なわけで、その部分については年末対応をやるだけのことをやった、という印象のカンファレンスでした。

実際、昨日売り場を見てきましたが、MHのデモムービー画面を3DS使って流せるようになっただけで、右パッドの実物展示なしでも、とにかく売り場の核は作れてるようでした。

Wiiじゃなくて3DSでMHとか、後出し右パッドの稚拙さとかそういう「あるべき姿論」、「デザイン美学」をかなぐり捨てて必死に売り場作りのネタを仕込んだ姿勢は業界ウォッチャー的には「モラルもセンスも最低。。。」でも、金だけで動く営業的にはいままでがひどかっただけに評価できます。彼ら(具体的には「彼」ですが)は未来を語るよりも地道に今期の売り上げを上げていく「施策」を打つ役割を担う営業部長の役割が似合ってると思います。

「もうこれで駄目なら駄目じゃね?」。まあ、見守りましょう。

PSVitaについては今年1月の「NGP」発表の時点で「年末発売」がちょっとした驚きだったのに、その後の3月の災害で部品から素材からサプライチェーンがことごとくやられた日本のエレクトロニクス業界において、よくもまあ年末発売スケジュールを守ったな、というのが最初の印象です。これは日本の意地、現場の底力と言ってもいいです。少しは評価してあげてくださいね!

発売日程(12月17日)を見てもとにかくキリキリ、カツカツなのは間違いないですが、この日程で出す以上、仮に最初からローンチに大きなものを持ってこれたとしても、ハード出荷が追いつかないでしょうし、ローンチはこんなもん(数だけ揃える)でいいんじゃないかと思います。SCEはPS2の時からこんな調子です。彼らなりの勝利の経験則はあるでしょうし、その経験則は営業、売り場側でも共有できてるでしょう。

Vitaのデータ通信をドコモが提供すると決まって、さらにドコモが専用料金プランを出してきたのには、予想はありましたがちゃんとした「ゲーム機専用プラン」にしてきたのには結構驚きました。最初からこのレベルの「ヤル気」がドコモにあるということはドコモとしては(SCEと思いが共有できてるかどうかはともかくとして)、コンテンツ課金、プレイ時間課金、有料配信も目論見としてはあるな、という印象です。

発表されたドコモの専用データプランがちゃんとしているなと思ったのは、それが汎用のデータ通信を前提としてないところです。3G接続が103時間のうち3時間分しか割り振られないんですが、この3時間はゲームコンテンツのダウンロード用で、残りの128K/64K幅の100時間はMMO/クラウドのプレイヤーデータ用。小島氏の「トランスファリング」構想レベルならこれで十分です。

仮にクラウドゲームやコンテンツ配信やP2Pなどを特化して提供するならば、コンテンツ/サービス料金+3Gデータ通信料というパッケージ課金をせざるを得ません。いや、逆にどうにでも後から組成してベーシックなプランに競合なく矛盾なく追加できる。グリーやDeNAのクラウドサーバーにつなぐならそれ用の料金パッケージで手元にちゃんとチャランチャランとお金が落ちる。フリーハンドに次の可能性が有るんだな、と受け止めました。

ニコニコは技術的には予想の範囲ですが、それをこのタイミングで発表したのも、これが「柔軟なコンテンツ課金、時間課金による配信モデルは完全に視野に入っている」というメッセージなんだなと受け取れました。

伸びしろは大きいですよ。

結局、「誰が次を創りだすか?」は誰一人として解を知らず、歴史の結果を待たなければなりませんけど、「誰が次を語る資格があるのか?」ではひとつの結果が見えた気がします。

あ、SCEJ社長のプレゼンテーションスキルは改善の余地大w

PSVの3Gデータプランですが、私は失速感を抱いてしまいました・・・。
TGS前日のカンファで20hプラン、100hプランの発表があるまではぶらりんさんと同様に「ゲーム専用のプリペイドプランを用意するとは!」と好意的に捉えていました。通常は家のWifiで通信、外に出たときたまに3G通信なら20hの128kbpsでも十分、980円でも3~4ヶ月ぐらいは使えるだろうと私なりの使い方を妄想していました。
しかし、カンファ後に出てきたプラン詳細で20hプランでは30日、100hでは180日の利用期限があり、利用期限が過ぎて更新をしなかった場合には再契約の際に2100円の事務手数料が掛かる。
それを知った瞬間から一気にテンションが下がりました・・・。
せっかくのプリペイド式なのに利用期間を30日と拘束し、14日間の再契約期間を過ぎると自動的に契約解消し再契約時には手数料2100円が必要となる。30日間・180日間という利用期間はまだ我慢するとしても(本来は我慢するものではありませんが)、事務手数料のために「通信したいゲームが出たらプリペイドで手軽に契約」という使い方ができません。ソフトバンクのプリペイド携帯は再契約期間が360日と余裕があるのに・・・。
これではプリペイドプランでも。実質月額980円を払い続けろと言っているようなものです!
いやいや作ったプリペイドプランなんだという事が容易に想像できます。そして「3G回線を使いたければ定額プランにしなよ」という思惑も。
そういえばドコモはプリペイド携帯でも最短の利用期間で、しかも早々にやめてしまいましたね(苦笑)

しかしPS3の20GB版を購入して、後から登場したアドホックパーティーという超便利なサービスが使えなかった経験がある身としては、後々3GやGPSを使った面白いサービスが出てきた事を考えると・・・。
PSVは100hプランが付いている初回3G機種を購入し、180日間が切れたらWifi機として当面の間は使用ですかね。

任天堂の必死に地面を這いつくばっている泥臭さは64時代を見てるようで好感が持てますね。
決して脳トレやWii Fitが間違っていたんじゃなく次の変化球を出せない時の対処法が間違いだったと
思います。バイタルセンサーが出せない時点で変化球を連投する難しさに気がつくべきで
変化球はストレートあっての変化球なんですよね。
立体液晶も二画面もゲームの幅を広げるのに間違いじゃなかったと思います、SNSは時代のトレンド
なのは間違いないでしょうがソレを任天堂が追いかけても無駄ですね、携帯電話との融合を拒否するならソーシャルでは携帯電話には絶対に勝てない、それとは違う新しい価値観の提案が必要になってくると思います。
たぶんその答えは1,2年じゃ出ないでしょう。

とりあえず100人体制で5年間掛けて作ったゼルダの伝説でも遊んで任天堂の開発力を
今一度確かめてみようと思います。
こういう作品を毎年出しながら、変化球を投げ続けてくれたら任天堂ブラボーっていっちゃうんですがw

ゲーム機はソフトがなければただの箱
任天堂には金とブランドがあるんで、今こそ金を駆使してストレートの豪速球を3DSやWiiUで
見せて時間稼ぎしてほしいですね。もちろんSNSブームを駆逐するぐらいの新しい
ゲームライフスタイルの提案にも期待しています。

iphoneが国内において少なくとも日本の360以上に影響力持てれば「ソーシャル」というのもちっとは変わったんでしょうが現状じゃね
日本じゃソーシャル=モバグリ課金ですし勘弁してほしいですわ
カジュアル層に大人気の任天堂に頑張ってモバグリ潰して欲しいですけど3DSの迷走ぶり見るともう無理だよなぁ

PSタイトル強奪するのはいいけど、じゃあPSハードで遊ぶ以上にユーザーを満足させられるのかと。
3D?すれ違い?そんなゴミみたいな機能の為に、圧倒的な映像美と操作性を放棄しろって?
アホか。

結局、任天堂のやってることは、ただ単に市場を縮小させてるだけ。
縮小した市場でシェアが増し利益が上がっても、それは任天堂のみが得するだけであって、
他の誰も得しない。
相変わらず自己の都合しか考えてないのが本当に胸糞悪いです。

>KT さん
任天堂は、DSとWiiの時代において、アンチゲーマー路線に陥ってしまったのがネックですね。ライトユーザーを獲得できる唯一のプラットフォーマーという立ち位置があるときはそれでもよかったのですが、無料ゲームの台頭でそのポジションを失った以上、潜在市場の喪失額はすさまじい・・・・。

SCEは明らかに、任天堂の失敗を見て、ゲーマー側に寄っていますね。専用機が生き残る道としては妥当な判断です。


>ぶらりん さん
VITAの3Gプランははっきりいって、不評の一語でしょう。
よくよく見れば、納得できる部分もありますが、よくよく見なければならないという時点で論外。まあ2年後ぐらいに新型機を出すとして、それまでに改善することを期待したいものです。


> うつけ者 さん
中高生を取り込むためにも、WiFi機を切り捨てる施策は打てないのではないかと思います。ので、WiFi機でもさほど問題ないかなと考えますが、3GとWiFiの出荷比率が見えてないので、入手のしやすさの問題はあるでしょうね。


>nanasi さん
>任天堂の必死に地面を這いつくばっている泥臭さは64時代を見てるようで好感が持てますね。
そういう観点でいえば、必死なほうがまだ、去年の間抜けな頃よりもずっと好感がもてますね。ただ、まだ64時代のある種の黄金の輝きには程遠いように感じます。もうちょっと泥臭い所まで落ちる必要があるのかなと。

>SNSは時代のトレンド なのは間違いないでしょうがソレを任天堂が追いかけても無駄ですね、
正論ですが、いっぽうで必須項目な部分もあるので、
WiiUではXbox LiveやPSNをキャッチアップする部分もあるでしょうね。

まあ任天堂のネットワーク関連の施策が論外極まりないのは、よそと同じことをしたがらない割に、自社ならではの良さを全然生み出せていないことです。「すれちがい」にしても、もうちょっとやれることはあるはずですが、全然サービスを作れないでしょ。結局、素人の思いつきみたいなアイデアを、内蔵ソフトとして提供するぐらい。しかも無料提供だから、他社がビジネスとして乗ってくる余地もない。

すれちがいにこだわるなら、こだわるで、そのネットワークを活かしたサービスを自社できちんと形にするとか、他社が乗ってきやすいようなスキームを作るとか、最低限の努力が要りますよね。いや、まー、プラットフォームホルダーとしては最低だが、ソフトメーカーとしては最高という、毎度の評価になってしまうわけですが・・・・。

ただ、サービスについては、スピード感がない、独自性がない、ユーザーにとって利便性や快適性が無い、と無い無いづくしなので、酷すぎますね・・・・。つか、3DSのショップをリリースする際、社長が訊くでドヤ顔で語っていたにもかかわらず、あの使いにくい設計・・・・。今度のアップデートで多少は直るといいですが、あのドヤ顔はなんだったの?

うーん、前から書いてますが、任天堂のネットサービスは明確に三流以下なので、いやそれはまだ勉強中、研究中という事なのかもしれませんが、そういう自覚をもって、ああいうドヤ顔で語るのはやめた方がいいでしょう。もうちょっと客観的に評価されてから、苦労話の1つも語ればよいわけで。逆効果ですよ、あれ。

任天堂の株価について低調な理由に一理はあるのですが
同様にハードメーカーのソニーがここ数年来最安値の1400円台にまで下落し、今も1500円前後で低迷している理由についてはどういう認識なのでしょうか?
1年前のほぼ半値にまで落ちていますよ
テレビ液晶事業の不調、ユーロ安だけでは説明できませんよね
VitAの発表では結局株価は上がらず下落し続けていますし

>1400 さん
ソニーは様々な事業を抱えた企業ですから、久夛良木氏がゲーム機のために新しい半導体に莫大な投資をしていたり、工場を建設していた時代ならともかく、現状のソニーの株価をゲーム事業と関連付けて説明するのは無理があるでしょうね。あえていえば、PSNを始めとしたセキュリティ問題の影響はあるでしょう。

VITAの国内の状況は、全体への影響は限定的でしょう。PSPが売れているという認識は既知なので、VITAが同様に売れても、さほど大きなサプライズはありません。海外で売れたら、プラスファクターとして上昇寄与するかもしれませんね。ただ、現状は(VITAの海外での普及については)冷淡に見ているのでは。

まあ、ある種のマスメディアの大雑把な認識としては、勝ち組はモバグリ、負け組はSCEと任天堂のようなゲーム機メーカーというところなので、現在ゲーム事業がプラス要因として評価されることは考えにくいでしょう。PSSも具体的なところがまだ見えませんから。

一方、PS3の逆ザヤが騒がれていた時のような、強烈なネガティブインパクトも無いでしょう。要するに、ソニー全体の中でのゲーム事業の影響度は下がったという見方なのでは、と思います。むろん、平井氏のポジションを考えれば、決してそんな事はないと思いますが、プレゼンテーションが下手というか、わかりやすい形で戦略を製品に落とし込めてませんね。

そういう意味では、ゲーム機ビジネスそのものが駄目だ、古臭い、終わった、という論調が強くなっていくと、それは任天堂もソニーもMSもすべて影響は受けるのですけど、専業企業という点で最も任天堂に悪影響が出ますね。そこは仕方ないところなんでしょうね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。