Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセットボタンを押すための努力賞はあげてもいいかもね。

というのが感想ですね。
ニンテンドー3DSカンファレンス

任天堂の自社タイトルが多数並べられ、ファン向けイベントの一面もありましたが、ねんどろいどフォルムの初音ミクのゲーム「project mirai」など、PS系っぽいタイトルも新しく発表されました。つなぎ止める事に成功したタイトルが浮上してきたようですね。

まあ『triG』にしても、「project mirai」にしても、PSPのメインストリームとは異なる作品であって、単体ではどれだけのユーザーがハードを買ってまでソフトを購入するかは未知数です。しかしある程度タイトルの数が揃ってくると、1万5000円という価格と相まって、短命でも2年遊べればいいかな、と軽やかな気持ちで購入できる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

@sinobintage
感覚的な話なので伝わるかどうか分かりませんが、今回のカンファレンスは、ハードが円熟期に差し掛かった時の発表会のようでした。発売から一年に満たないハードとは思えない老成ぶりを見ていると、3DSのハード寿命は短いと睨んで短期決戦を仕掛けているようにも感じます。
PSVITAは、DSとPSPの歴史がありますから初めからブーストをかける必要はなく、十分過ぎるほどのスペックを使いこなせるようになった数年後に大きな花を咲かせれば良いのかなと。だから、今の3DSにどれほどの弾が集中しようと、未来図はそう変わらないのではないかと思います。
「未来図は変わらない」というのは、「いずれVITAがひっくり返すよ」という意味ではなく、3DSが強かろうが弱かろうが、VITAの未来はVITAの売り方にかかっている、という意味です。
3DSがここまで苦戦するとは想定されていなかった頃から仕込まれていたタイトルが逃げ遅れたのか、つなぎ止められたのかはともかく、ようやく日の目を見ただけであって、3DS向けのタイトルが堅調に推移していくかどうかはまだ微妙なところです。

なるほど。
確かに3DSが「短命機」に終わる可能性は当然あります。長い歴史の中では「中継ぎ」の機械になるのかもしれませんね。対スマフォを含めた、新しい仕掛けを構築するまでの時間稼ぎに特化するのか? そういう選択も「あり」でしょうね。長期的な視点に立てば、3DSであがいても仕方ないわけで、4年程度で収束させて、次の機械に移行するのも1つの考え方です。


しかしアナリストの人達は残酷です。
カプコンの『モンハン4』発表後、株価が急落を始めました。カンファレンス後には任天堂の株価も大きく下落。
ちょwwww3DS発表後、任天堂の株価が急落wwwwwwww
カプコン、モンハン4を3DSに出すと発表! → 株価暴落

3DSてこ入れ策、市場失望で株価660円安 任天堂の正念場
任天堂が13日、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向け新作ソフト33本の投入などてこ入れ策を発表した。ただ、同日の東京株式市場では、任天堂の株価が前日比660円安の1万2320円に下落。「下落傾向にある株価を押し上げるような内容ではなかった」(国内大手証券アナリスト)と、市場の反応は冷ややかだった。

タイトルもまだまだ足りませんが、やはり大きいのはソーシャル性の欠如。ソーシャルの無いゲーム機はガラクタだと言わんばかりの反応ですね。

「ニュースはなかった。それがニュースだ」
たまたまであるが、私の席の隣には経済誌の記者が座っていた。開幕前に同僚記者同士でフィリピンパブの雑談をしていた。内心、「場をわきまえろ」と思っていた。時は過ぎ、岩田社長のスピーチが終了した。

その瞬間、ひとりの記者は「ソーシャルの話とか、全然出てこなかったな」と吐き捨てるような口調で感想を述べていた。類推するに、その経済誌記者は「ソーシャルを無視した任天堂の見えない次世代戦略」とネガティブな報道をするのだろう。

1つハッキリ言えるのは、もはや任天堂は3DSがDS並みの普及を果たすこと、それを実現するだけの新しい遊びを提供することを諦めた、という事でしょう。新機軸タイトルはほとんど無く、任天堂ファンを引っ張り込む続編タイトルをずらりと並べ、サードパーティタイトルも可能な限りPSプラットフォームから強奪していく。無論、結局はスピンアウトだったりしますが、それを誇らしげに高々と掲げてみせる。

そこにDSでゲーム人口拡大を始めた頃の面影はなく、必死にシェアを守ろうとする姿が見えるのみです。でも、守りに入るって、そういう事だよね。


スポンサーサイト

コメント

なんといいますか、大人の事情が見えすぎてとてもじゃないですが評価できないですね。
現状3DSにモンハンを出したところで劣化MHPにしかならないんですから
もっと任天堂ハードに最適化しろよと思いますね。
ジャイロ生かすなり立体視生かすなりのコンセプトならわかるんですが、
今回の映像だけみると据え置きでやれよとしか言えません。

それにしても、
3DSでモンハンができる!3DS買おう!なんてユーザー存在するんでしょうか?w
モンハンのためだけにイヤイヤ買ったwiiでソフトが全くでなくなった経験を生かすユーザーのほうが多そうですがw

アタッチメント

MH3G向け右スティック用のアタッチメントですが、R1,R2ボタン用に下向きに傾斜しているのを見ると、次の3DS(3DS-Liteか3DS-LLか)でアタッチメント用のボタンを用意することは出来そうもありません。という事は、MH3G,MH4をプレイする限りはアタッチメントが必要になるわけで、気軽にプレイなどと言えないでしょうね。
サードを誘致するのは良いのですが、それなりのハード性能・機能を持ってもらわないと、全員が不幸になります。

PSPで出すよりも売れそうなサードのソフトはあるかな?
任天堂のソフトもDS並みに売れそうですかね?

そういう方向から考えると、3DSに市場がネガティブにマイナスに反応するのも当然なのかな。

仮に大手メーカーが3DSで停滞するなら、逆に中小メーカーがPSPやVitaで輝いていくような気もします。
PSPで見劣りしませんし、高い開発費をかけることはできなくともVitaに挑戦すれば、
ヘタに開発費をかけても実機では劣化してしまうような3DSソフトより明らかに見映えが良かったりするでしょうし。

3DSに対して、PSPとVitaが今後どのようなソフトラインナップになっていくのか楽しみです。

「必死に」
確かにこういう言葉が思い浮かびますよね。
「頑張ってるな」ではなく。

年末に「マリオ・マリカ」と「モンハントライG」。
いいんじゃないでしょうか、ライト層への訴求力は十分あるでしょう。
たぶんコア層はVitaや据置きに忙しいでしょうからいつも通りの住み分け。
数年前のDS全盛を縮小した感じで年末商戦は進行するんでしょう。

カンファの内容から任天堂専用機となる未来は確定したも同然で、
すでに一部を除いてサードにとっては撤退戦の様相すら漂わせているものの、
あの不出来なアタッチメント(乾電池ですよ、乾電池!)の存在が、
3DS新機種(LLあたりになりますかね)の早期投入の影をチラつかせたりと、
まだまだあがくことは忘れないでしょうね。

3DSはさらに下降し続ける。未来などないと言い切れるほど先が見えない。
守りに入ってるようじゃ無理です。短命機で終わるね。

実際のところ発表されたソフトはどれもパッとしませんでしたね。
ミクはただの亜流ですし、MH3Gは非オンライン。Gジェネも昔からDSに出してる。
唯一の驚きだったMH4もよく考えれば、
3DSというハードがモンハンの良さを大幅にスポイルしてしまう可能性が高いし、
何よりPSPから流れてきたわけではない。

任天堂ソフトもどれもマリオマリオマリオ…笑うしかないです。
子供にはまぁ悪くはなさそうですけどね…。
株価が下がるのにも納得のカンファでした。

個人的な感想だと「頑張ってるなぁ~」って感じですね。

MH3Gはどうやって遠くの人と遊ぶんですかね。
PSPはアドパ使えば、見ず知らずの人と遊べるというメリットがあるけど(PS3とネット必須ですが)
MH3Gはすれ違い通信が使えるみたいですが、いったい何に使うんですかね。
MH4の発表はなんだかWiiのトライと同じような感覚に取れましたね。
「2G→3の組み合わせ」「MHを遊ぶための新しい追加機種」
ソフトは売れるけど活性化には失敗という可能性もありますね。

任天堂の自社タイトルがまさかほぼマリオとは思いませんでしたね。
ポケモンの新作は!? って素直に思いました。

ねんどろいどミクは可愛いけどPSPのミクみたいな事ができないっていう風にもなんか取れたんですよね。


やっぱソフトは売れるけど3DSが主導権が握れるかは不明ですね

どうぶつの森、ガールズモード、トモダチコレクション
このあたりのDSでライト層に受けたタイトルが投入されましたが
ソーシャル系ではオンラインで人とつながって庭や服を見せ合って
いつでも自由にコミュニケーションをとってる現状では
限定された交流しかできないこれらのゲームがどれくらいライト層に売れるのでしょうか。

また、MH4の映像が出ましたが
ナンバリングが上がっているのにテクスチャやモデリングがPSP世代ということがはっきり分かりましたし
3DSの限界が既に見て取れるような内容でした
VITAのちょっとしたタイトルにさえ劣りそうです。

確かに、3DSは短命に終わる可能性は高そうですね。

結局、こういう外交しか出来ない任天堂が無能と言うべきか。
相変わらずワンパターンなシリーズ派生しか作れないサードが無能なのか。
ま、どっちも無能なのでしょう。

で。これからどうしたいんでしょう。
「ソーシャルゲームなどゲームの価値を貶める」とまで豪語し、真正面からケンカを売っておいて、対抗策はPSからの強奪ですか。
販促にしてもムービーの配信と、ようやく体験版配信のメドが立ったくらいで新しいビジネスモデルもなし。
グリーやモバゲーの方達は指さして笑ってるんじゃないですか。

>3DSであがいても仕方ないわけで、4年程度で収束させて、次の機械に移行する
そう簡単に決断できれば世話はないかもしれませんが、その方がいいと思います。
「3DSの魅力とはなんぞや?」
「3DSならでは」な物はなく、結局シンプルなこの問いに対する答えをいまだに提示できない。
性能がPSPより上でもやってることがPSPと同レベルだから前世代機なんかと比べられるのです。
売り文句でもあった「眼鏡ナシでも見れる3DのDS」。
文字通りしょせんその程度の「DS」でしかないということ。その程度の枠で収まるなら限界は見えたも同然です。

強奪タイトルの数々は本家の半分も売れれば合格点を付けていいんじゃないですか。
その程度で任天堂もサードも満足できるってんなら、それはそれで勝手にすればいいと思います。
その間にどんどんソーシャルゲームが幅を広げていくでしょうから。

平林氏やコメント諸氏の視点と、株価の下げ材料となっている資本市場の懸念材料には若干異なるところがあるようです。結論は同じなのですが、少々補足しておきたいと思います。

多くの方はゲーマー視点(どーでもいい)、ライトユーザー視点(焼き直しもしくは亜流)で発表内容を吟味されておられますが、いまの株価下げ要因は、そういうところも「さることながら」、「ソーシャル」「モバイル」に対する有効な回答を提示していない、というところにあります。株式市場が任天堂を対比しているのはDeNAであり、グリーであり、Zynga-Facebookです。

これは英語版ロイターの記事が引用しているいちよし証券アナリスト氏のコメントを見ると非常に明らかです。

http://www.reuters.com/article/2011/09/13/nintendo-idUSL3E7KD0OK20110913
引用:"I don't think the new games will make any difference," said Mitsushige Akino, chief fund manager at Ichiyoshi Investment.

「(発表された)ゲームタイトルでは何も変わらないと思う」、実はこのセンテンスは同じロイターでも日本語版では削除されています。

http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23167020110913?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0
引用:いちよし投資顧問・運用部長の秋野充成氏は、「従来の任天堂はゲームに関心の薄かった層をつかんでいたが、それら『ライトユーザー層』がもはや任天堂から去っているのではないか」と指摘。3DSの巻き返しのためには「任天堂の本来のライトユーザー層を掘り起こしていくことが必要なのではないか」と述べていた。

英語版では、引用コメントも含んで非常に明確なメッセージを送っています。

引用:But analysts and investors dismissed the line-up as lacklustre and largely irrelevant in the face of cheap or free games played on the likes of Apple's iPhone and iPad and Google-powered Android devices.

「アップルのiPhone/iPadやグーグルのアンドロイドといった端末で格安もしくは無料のゲームを楽しんでいる層から言えば、発表されたゲームタイトルは魅力に欠け、ほとんど場違いと言っていい。」

ソーシャルやモバイルの世界から抜け出てこない「新しいライトユーザー」(いままで言っていたライトユーザーよりもひょっとしたら更にライトな人たち)には専用ハードでライトユーザーを取り込む任天堂のビジネスが崩壊しているとアナリスト、投資家は警告しているわけです。

結論はみなさんと同じですね。「マリオマリオじゃだめだろ」「モンハン持ってきたってだめだろ」うんぬん。

じゃあ、任天堂はソーシャル・モバイル対抗軸を出せるのか?

FFXIに9年遅れてDQ10をいまさらMMOと言って、有料パッケージ+月額課金などという終了済み(?)ビジネスモデルで「ネットワーク対応」の核に出してきたような任天堂が?

株式市場の心配はそういったところにあるのだと思います(ネットワーク対応の幼稚さ、未熟度はDAIKIさんは何度も指摘されてきましたね)。

こういった任天堂の資質そのものを問う懸念はいくつ新ゲームタイトルを並べたところで、右パッドを足したところで克服できるものではありますまい。

任天堂と本当に対称的だったソニーカンファレンス。次世代携帯ゲーム機としての性能とソーシャルネットワークの融合、そして、ゲーム機のみならず様々なプラットフォームとつながっていくネットワークモデルは同じようにコミュニティをソフトを媒介として、広げていく任天堂とはやはり対称的であり将来ゲームがどのように変化していくのか。その一つの可能性を垣間見たような気がします。タイトルラインナップは昨日の任天堂カンファレンスと比べるとキラーソフトが現時点でFF10HDしかないのでなんとも、続報か明日以降のTGSに期待かな。
いずれにせよ国内は携帯機がメインプラットフォームになるだろうということがはっきり分かったこの2日間のカンファレンス。攻めの任天堂か、ソーシャルとの共存を選択したSCEか。次世代携帯機戦争も目が離せなさそうです、まっ勝負は1~2年で決着つくかと思いますが。

今回お互いのカンファレンスでコアユーザーに目を向けたのは
ソニーよりも任天堂でしたね。
ポケモンが影を潜め、そうそうにコア向けにカルドセプトやブレイブリーデフォルト、モンハン4などを
アピールして後日またポケモンなども発表していくんでしょう。
ゲームソフトを前面にアピールして本体機能アップデート内容もカンファでは説明せず後日に後回し。
PSよりのニコ動でも任天堂の方が評価されているような結果が出ていましたね。

一方PSVは発売日12月17日からして年末に無理してねじ込んできたなという印象。
台数確保できてるのか?と心配になります。最低でも100万台はWi-Fi単体版を用意してほしいですが
いつものメモカ&ケースセットのバリューパックで29800円とか
3G版の100時間無料分50万台を優先しているとチグハグな事になりそうです。

とにかく年末は3DSが猛ダッシュしそうで今回の携帯ゲーム機戦争短期決戦になりそうだと思います。
任天堂は早々に次世代モデルを発売しそうですが、仕方ないですね
長期決戦できるような性能や仕様じゃないですからね、とにかく3DSは寿命が短い分
ソフトがボンボン出てきそうです。

お金の匂いがぷんぷんするカンファでした。会社対会社のことなので、PS系の有力ゲームを金の力で持ってくるのは、別におかしな戦略ではないと思います。
ただ、下の記事で書いておられる方がおられましたが、これは既に数年前にマイクロソフトが一度通り、壮絶な爆死を遂げた道でもありますよね。欧米では「金を積まれた方に動く」というのは至極当然のことであり、反発も少ないですが、日本人はとかく「金を積まれて動いた」ということに対して、非常に嫌悪感を露わにする人種ですし。
しかし、ドラクエといい、モンハンといい、ナンバリング新作が発表された途端に任天堂共々株価大暴落、というのも本当に一体経営陣は何をやってるんだか、という感じですね…。大切な個人資産を賭けている株主としては、たまったものではないでしょうね。

任天堂とソニーのコンファレンスが終了しましたね。
ソニーは得票数は多かったけど、大物議員が落ちた雰囲気です。
MHとバイオのソフトが発表されてたら、完璧でしたね。

MHはこの進め方でいいのか?MH3(Tri)Gをとは言わないが、MH4のマルチプラットホーム化が必要では。PS3とVITAなら連携は完全だし、XBOX360やWiiUへの展開も意味がある。でも、3DSオンリーでは、グラフィックも含めて、ファンの離反・分散を大きくしてしまいそう。

>>nanasiさん
それはないでしょw
Wiiと同じですよ
3DSでいいなら同性能のPSPでいいだろって思いましたよw

>PON様
ですねえ。
3DSにソニー系のゲームがでればでるほどVITAPSPと比較され結局VITAPSPが引き立つことになりますよ。
それを避けるために任天堂ができることはとにかく独占しまくることでしょうなあ。
ソニー系ゲームをマルチでだされたら3DS版は勝ち目ないからね。

スポーツで言うせっかく育った選手が強奪されている感じがしました
某球団のように引き抜かれた選手(タイトル)が飼い殺しにされなければいいのですが
最終的に振り回されるのは消費者ですからね・・・なんだかなぁという気持ちです

3Gは失速したWiiの代役というのはわかるのですが、4まで携帯機の3DSになるとは思いませんでした。
今まで据え置きで展開していたナンバリングを携帯機に持ってきて400万本タイトルのMHPシリーズとどう棲み分けるのでしょうか?
MHPがPSPを大きく牽引したように据え置きモンハンを使って3DSを普及させたいという任天堂の思惑が働いたのかは分かりませんが、NWさんの仰っているように性能、環境が整っていなければモンハンユーザーにとっては迷惑なだけのような気がします。
携帯機のモンハンという点から考えるとPSPより小さい画面、オンライン、快適な操作にはアタッチメントが必要になってしまうなど快適にプレイできる環境が整っているとは思えません。
現時点ではユーザーのためというよりモンハンを3DSに持ってきて何が何でも本体を普及させたいという印象が強く感じられてしまいます。



任天堂はマリオ一色ですし、ソニーにしてもHDとかリメイクとか続編ものばかりでなんだかワクワクさせられる新規タイトルがなさすぎてガッカリでした。

実績があるタイトル持ってくるのもしょうがないとは思うが新規タイトルの比率が低いのもユーザーが広がらない一因だと改めて実感したカンファでしたね。

モンハンに関してはカプコン自体が現在の立ち位置を最大限利用していずれかのハードに
勢いが傾かないように分散させてリスクマネージメントしているのだと思います。
圧倒的な主導権を握ったハードメーカーほどたちの悪いものは無いですから。

1強下にあるよりも間接的にはユーザーに利益還元があるのでは無いでしょうか。

強奪強奪と云うがビジネスですから何でもあり。
それに対する主張は消費者がそれぞれ自分の意志で購入の有無により選択していけば良いのです。

個人的にはそれぞれのハードに特化した製作であればマルチ展開を
積極的進めるべきだと思います。





コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。