Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中にリセットボタンは「ある」という信念のようなものを感じるのは気のせいでしょうか?

『ドラクエ10』の発表について何か書こうと思っている間に、3DS向けの『モンハンtriG』が雑誌スキャンにより、明らかになりました。明らか、と言っても、業界的には噂で知っていた人や予測していた人も少なくない話で、昨年11月のこの記事の末尾や、そのコメント欄でも言及しているとおりです。
大手の有名タイトルを強奪することに夢中になって新しい芽を育てられなかったWiiとの違い、というかね。ま、期待してません。某強奪タイトルを自慢げに振りかざすつもりなのは、すでに聞こえてきてますし。
>>某強奪タイトルを自慢げに振りかざすつもりなのは、すでに聞こえてきてますし
>・・・あー・・・そーなんですか・・・。・・・はぁ・・・。・・・大丈夫かな・・・いろいろ。
まー、任天堂としては、PSP次世代機の情報が本格的に露出される前に、「終わコン」化したいのかな、と考えると、来年早々に発表したいんじゃないかな。

「年末最大の弾」は来年も売れ続けるはずで、発表自体で悪影響がないといいんだけどね、という懸念もありますが。いや、任天堂としては、悪影響があった方が万々歳なんだろうけど。
当時の観測が外れたのは発表時期と拡張アナログパッドの存在の2点。
3DSがスムーズに立ち上がっていれば、また違った展開もあり得たと思いますが、結局は1)任天堂の覚悟を示す大幅値下げ2)後付感たっぷりの拡張パッドの投入をもって、東京ゲームショウ前の『モンハンtriG』の投入という結果に落ち着いたようですね。

Wiiの『モンハンtri』が成功とは言いがたい結果に終わったあと、Wiiというハードそのものはさらに低調になっていきましたから、お約束となっていた『G』版がWiiから別のプラットフォームへ展開される可能性は誰もが一度は考えたことでしょう。それがPS3なのか、3DSなのかは意見が分かれたかもしれませんが、どうしてもモンハンが欲しい任天堂の思惑と『tri』でもっと稼ぎたいカプコンの思惑が一致した結果、3DSが落としどころだったのでしょう。

開発に着手したのはそれなりに前のはずですから、3DSに対して保険をかけておきたい、という思惑がカプコン側に働いたのも無理はないこと。その後の3DSの状況を見て、カプコン側にも相当な「動揺」があったであろうことは想像に難くないのですが、本体値下げを含むさまざまなアクションで任天堂側が逃がさずにつなぎ止めた、という所なのでしょう。


そういう訳で、業界的にはすでに出ていた話で、織り込み済みの話です。

任天堂がまだ権勢をもっていた時、「次」に期待感があったタイミングで超大作なり、超大作の傍流なりをおさえにかかっていたものの、この1年の連続失策によって、話そのものがいつ表面化するか不透明になりかけていたり、そのまま行方不明になりかねないリスクがあったところを、任天堂側が必死につなぎ止めている、という構図にすぎません。

結果として、ユーザー側から見ると、任天堂陣営が混乱しているように見えるのは仕方ないのかな、と。必死なのは誰の目にも明らかですからね。「最初から付けておけよ」と誰もが突っ込みたくなるような拡張機器が発売されるというシュールさも、強いプレッシャーに突き動かされた経営陣にとっては、容易な決断にすぎないのでしょうし。

ゲーマー向けの仕様を切って、わかりやすくライトユーザー受けを狙って、後々苦労したのがWiiだと思うのですが、3DSにはまったく反省が活かされていなかった事が赤裸々になりました。つか、サードパーティと二人三脚って、いったい何だったんでしょうか? モンハンを出してもらう交渉って、かなり前からやってたはずで、本体の仕様をまだいじれたと思うんですけどね?

ハードがサードに合わせるんじゃない、サードがハードに合わせるんだ、それが任天堂流の二人三脚なんだ、という力強い宣言でもあり、ハードが売れなくなった途端恥も外聞もかなぐり捨てて、哲学も何も無い後付け戦略を繰り広げるという図太い宣言でもあります。

現実にはリセットボタンはありません。子供でも知っています。が、巨大な貯金を抱える企業は一味違います。ハードの価格と仕様にリセットボタンを押したいという力強い願望を、巨額のマネーパワーで成し遂げようと、正直に表明しており、そのためなら消耗も厭わないという姿勢を貫き通すようです。お見事(棒 もう、好きにしたらいいんじゃないでしょうか(苦笑


スポンサーサイト

コメント

二度あることは・・・

いつも興味深く読ませていただいております。
私見ですが、MH3Gはいろいろと雑ですねぇ。画面見る限りは。
任天堂はよっぽど携帯機の牙城を崩されつつあるのが恐ろしかったのか。
なりふり構わずの姿勢は、後に評価されるんでしょうか?
今のところ3DSは「何一つ」新しいものを提供していません。
とりあえずMH3Gをとってきたことで「今年」は切り抜けるかもしれないですが、所詮カプコンのことです。
VITAにMHP3GないしMHP4を出すことでしょう。
その時に確固たる地位を築いているのかどうか・・・。

> Kyousuke さん
まー、ポータブルシリーズのモンハンは400万本級ですから、『triG』がどこまで数字を叩きだせるか、ですよね。『tri』の売上が売上だけに、なかなか判断が難しい。

200万本ぐらいの微妙なラインで終われば、3DSというプラットフォームそのものは、それはそれでギリギリ延命できるか、Wiiみたいになるか、ちょっと不透明。100万程度なら、サード各社は雪崩を打って逃げ出すでしょうね。とどめを自ら刺したようなもの。

まー、VITAのタイトル数の豊富さは、ここ最近のファミ通などですでにユーザー側にも表面化しつつありますし、PSPの流れを汲んで、ライトユーザー向けのタイトル比率が少ないという性質も固まってきました。ただ現状では、3DSから逃げてきたようなものや、PSPからのアッパーコンバージョンのようなタイトルが多いようには見えてしまうのも、少し否めませんね。

現状、ユーザー側に表出されている情報だけを冷静に見つめるならば、3DSは、有名タイトルの残飯をかき集めたものの、実際には「過疎地」になってしまったWiiの失敗を引き継いでおり、一方でPSPの流れをくんだVITAは狭いところに「渋滞」が起こる心配が出てきた印象ですかね。大手から中小までいろいろな会社が集まって、ゲーム好きのためにソフトを出していく場はどこか、それはすでに明白ですし、結局はそういう場が持続的な成長をしていくのでしょう。

空虚な「二人三脚」とか「タイトル強奪」では何も残らないのは、DSとWiiが見事に証明してくれましたから。任天堂側は必至すぎて、もはや3DSならではの(サードの)ゲームを育てようという意欲がみじんも感じられませんからねえ・・・・。

MH3PHDも

PS3初のMH!HD最高画質のMH!と騒がれた割には二週目には5万本という大失速ですし
Wiiから3DSなのも据え置き機でMHはもう売れないという賢明な判断なのでしょうね。
本体値下げ効果も大して見られませんでしたしPS3に伸びしろがないのは明らか。

かといってPSPでは容量的に難しく、VITAで新作にはまだまだ時間がかかる。
(PSPグラフィックのアップコンバート程度では売れないのはPS3版が証明してしまった)
今年の冬は3DSで乗り切ろうと考えても不思議ではない。
ま、それでも信じてVITAを買う人が数百万人もいれば来年には3rdPGが出るのでしょう。
VITAはまだまだラインナップが小粒感が否めなくて来週のTGSに期待したいところです。

まぁ空いた口が塞がらない、発表二連発でした。モンハンに関しては、triのGをいつ出すかという予測はしていましたが、まさかのアタッチメントですか。こんなもん出すなら最初からつけとけ、というのが正直な本音。
次にオンライン化したドラクエ。オンライン自体は9の仕様を見れば、いずれ実装するのは予測つきましたがなんでWii?WiiUにも出しますて言ったところでじゃあそれはいつでるの?というのが正直な本音。かってドラクエとモンハンをこれみよがしにひけらかしてその後どうなったか、反省しないて素晴らしいな思いました。ま、TGSのVITAの動向に注目ですね。

リセットボタン?いやいや自爆スイッチという表現が正しいと思います。
任天堂は完全に終わったと思います。どうしてこうなった。

正直3DSに本気で力を入れる国内メーカーは少数だと思います。
まずDSの末期がサードにとって印象が悪かったのと、現状PSPが売上の多くを占めているので、当然のごとくPSP→vitaと市場とユーザーが動くのを期待してますし予想しています。
後、地味に大きいのがPS3とvitaのマルチ展開が出来るという所ですね。
これは、据え置きと携帯機で同じリソースを使いまわせるという大きなメリットがあります。
数百万本据え置きゲームが売れる海外だとあまり意味が無いかもしれませんが、数十万本がデフォな国内ではメリットが大きいです。
据え置きでソフトを出すには売上と予算が吊り合わない、という問題の多少なりとも救済処置になり得ます。

更に大きいのは両機の立ち位置です。
3DSがスマートフォンとの対立の道を歩むのとは逆に、vitaはスマートフォンに自ら寄って行きました。
携帯機のゲームがスマートフォンに逃げるのは将来的に避けられません。唯、vitaの場合はスマートフォンのゲームを呼び込む事が可能です。単純に言えばスマートフォンとVitaのマルチですね。
そして開発機材の価格も個人で買えるレベルと間口は広いです。

あ~あと忘れてましたが3DSは単純にスペックが低いです・・・。

vitaはある意味かゆい所に手が届きまくってるハードと言えます。国内海外問わず不満が殆ど出ないのは当然かもしれません。

そんでもって今回のMH3G・・・。
上の人が書いてる様にどう見ても本気のタイトルには思えません。良くある移植+って感じです。DAIKINIさんの言葉を借りるならば特大級の残飯ってとこですかね。

> atomic さん
ユーザーが本当に欲している3rdPの「G」版は当然、素直なハードで展開されるでしょうから、まあtriが3rdへのつなぎであったように、triGもつなぎとして楽しむのはありでしょうね。


>ati- さん
超大作というのはそれだけ開発期間もかかりますから、任天堂の権勢が強かった時代の選択が尾を引いているなあという印象はありますね。今となってはジョークの世界ですが、DSとWiiでゲーム世界はあたかも統一されるかのような勢いがあった頃もありましたよね・・・・。


>ケイン さん
必死すぎますよねえ・・・・。

MH3GがきたからVITAは確実に負ける。というのをちょこちょこみかけますけど、MHがきたら勝利するならWiiは今頃勝利者になり、サードソフトがわんさかでてTOXもWiiだった可能性もあったわけですが
結果はソフトは売れただけで変わらなかったですし、無駄に周辺機器を増やすだけで終わっちゃいましたね。
今回のMH3GもWiiと同じような感じがしますねぇ
専用に近い周辺機器でましたし
任天堂も努力はわかるけど、努力の使い方をやっぱ間違えてると思う
カプコンは……まぁあれですのでノーコメントで

MH3Gで語られていないのは、MHP3とかぶる部分が多々あり、且つMHP3のデータを引き継ぐことが不可能な点であるように思います。
本来無印をしゃぶりつくした後に友人と共に(コミュニケーションツールとして)Gに挑んでいくという方程式が出来上がっていたのにもかかわらず、今回の「G」は文字通りゼロからのスタートとなるわけで、
この点が既存のメイン顧客層(中高生、大学生もかな?)にどう受け止められるのか…。
個人的にはセールスをMHP3に較べて大きく落とすのではないかな?と感じています。

それにしてもカプコンのこの選択は正しかったのかが気になるところです。
Pシリーズというか携帯機MHはブランド中のブランド。それを3DSに出すことによって本来の顧客層がvitaと分断され、コミュニケーションツールとしての機能を失い、結果としてブランドの大崩壊に繋がるのではないか?と
00年代に作り上げられた唯一といってもいいトリプルミリオンブランドが無残に散っていくような結果にならないことを願います。

DAKINIさんが以前書いていらした記事で、「ああ、3DSでもモンハンは出るのか。カプコンだし、XBOXでも出てるし、まあ別に驚かないな」と思っておりましたが、それにしては発表が遅かったな、という印象です。
「3DSにモンハンが出る・出ない」の論戦になった時、P系ユーザーはこぞって「操作性が悪い・画面が小さい・3Dと1クエスト50分かかるモンハンとの相性は最悪」という理由で「3DSにモンハンは出ない」と言っていた様に思いますが、確かにその通りだと思います。
HD化しただけとはいえども、PS3にもモンハンは来ましたので、これで全てのハードにモンハンが出ることになりますね。VITAでP系が出るのも既に決定事項でしょうから、今更VITAで出る・出ないを論じる段階ではないかと思います。
Wiiがそうであった様に、またもやモンハンが任天堂ハードに引導を渡すのか、それともモンハンの底力を見せるのか、野次馬としては非常に興味深いですね。
モンハンで瀕死になったWiiに最終的に引導を渡したのは、同じカプコンの戦国BASARA3という気もしますが。

MH3Gの発表ももっと早く、本体発売前に出来ていれば状況も違ったでしょうね。

右スティックも次の新型出すフラグが立ったようにしか思えないので賢明なユーザーは
また買い控えをしてしまいそうな気もします。
これだけやっつけ感のある周辺機器でも出すということは、カプコン側からそういう
要求とかあったのではないかと思ってしまいます。

MH3Gが3DSに投入ということですが、WiiのMH3の時のデジャヴを感じますね
サード大型タイトルを取ってくれば大丈夫だろうという任天堂の思惑や
既にクラコンがあるのにMH3の為にクラコンProを出したことなど
ただ、今回はその時よりもよりお粗末ですが

ただでさえ3DSはPSP、PS2、PS3、Wiiのクラコンに比べて十字とアナログの配置が逆なわけで
既存のモンハンプレイヤーは操作に困惑するでしょうし
拡張パッドをつけたところで配置は右ボタンの真横というひどい状態です
考え抜かれた最適の配置ではなく、急遽とってつけましたという感じですね
まあ、新型機発売一年以内に後付けの拡張パッドを出すこと自体がおかしいのですが

Wiiから3DSにするにあたってまだ操作を最適化すればいいのに
それをやっていると発売が遅くなってMHP3Gと同時期になったりするからでしょうか
拡張パッドでWiiのクラコンProの操作を出来るようにすることで年内の発売を強行したのかもしれません
DSの強みのwifiで遠距離で離れていても遊ぶことも出来ませんし
かといって3DSにはアドパもkaiもないので完全にローカルプレイのみ
WiiでMH3を遊んでいた人に対してもセーブデータを3DSにコピーして遊ぶことも出来ないでしょうし
大型タイトルの名前だけで、任天堂の迷走極まったなという感想しか浮かびません

こんな計画性のない行き当たりばったりなやり方でも、金さえあればなんとかうまくいきそうなのが怖いねえ。
ソフトが何もない状態なのに1万値下げで本体だけはまあまあ売れているし
年末は売れ線ソフトの投入と本体の値頃かんでかなり売れると思う。
VITAのほうはゲーマー向けゲームは揃いそうなのと、性能面でかなり分があるので地道にやっておけばPSPみたく堅調に売れるかと。どうせVITAにもモンハンでるだろうしw

任天堂はいい加減気がつくべきですよね
サードのタイトル持ってきても無駄だということを

金の使い方を間違っているように思います
時間を金で買うべきでタイトルを買うよりも開発会社を買収すべきですよ
結局サードのタイトルはPSで完全版という思考がコアユーザーに芽生えていますから
それをはねのける唯一の作は自社作品としてリリースする事のみだと思います。

金あるんだからさっさと企業買収に手を出すべきだとおもいますね
このままじゃソーシャルゲームにサードパーティー逃げ出して
専用ゲーム機はリマスターと移植と完全版の嵐です。

>>nanasiさん
単純に開発会社買収して任天堂ハードが盛り上がるなんてのは有り得ないですよ。
それで盛り上がるならゼノブレやラスストやレギンで盛り返してるはずです。
ユーザー層を無視した安易なソフト強奪やリリースが間違ってるだけで、
モンハン奪うなら奪うで操作キャラをアイルーにするとか
無双奪うならポケモン無双作らせるとか、そういう特色にあった進め方をしないから今の立場になってるわけで。

まぁ仮に買収してなんとかするんであれば国内海外含めた大手を全て買収しないと無理でしょう。(笑い話ですねw)
PSハードを完全に買う価値無しに貶めなければ任天堂ハードは復権できません。
それが出来るならもっとも金もあって盛り上がってたwiiDS時代にやるべきで、
完全にユーザーの意識が変わってしまった今やっても手遅れです。

>>nanasiさん
買収はそんなに簡単じゃないし・・
簡単ならMSがアメリカでやりまくってる
あと任天堂で出てもユーザーが離れるだけで売れませんよ
任天堂販売のラススト、ゼノブレ、パンドラ全滅ですからPS関係ないでしょ

今月に入ってからいろいろな発表がありましたね。
でも、来週にはプラットフォーム総選挙の開票結果が出るので楽しみです。

任天堂は、組織票を固めてきたけど、昔の自民(最近の民主?)のように迷走中。
DQ10は、「とりあえず、頑張ってね」という言葉以外ないです。

MH3Gの3DSへの投入は、カプコンとしては仕方がない判断でしょう。日本では大人気なゲームだけど、海外ではまったく人気がない。PSPの普及がうまくいかなかったこともあるが、据え置きも携帯機も起爆すらしなかった。海外でMHブランドを確立するには、PSPではダメなので、DSの後継機としての3DSに賭ける判断は経営者としては正常です。しかし、DAKINIさんが言われるように、3DSは日本以上に海外は成功していないので、この目論見がはずれたので、PS陣営に賭けてもよかったのでしょうが、海外のVITAのラウンチが来年に延びたので、保険としてのMH3Gの3DS版でしょうね。
無事に、海外でVITAがラウンチしたら、その後の展開は、言わずもがなでしょう。
でも、MH3(Tri)を過大評価しすぎ。ワゴンと同梱で100万達成なので、自力はドスと同程度。
さらに、Pシリーズの流れにまったく乗れていないので、3Gの3DS版は、ドス以下になる可能があります。

任天堂はどうしたの?プラットフォーム戦略がまったく見えない。ほとんどベーパーウェアだったWiiUは、技術的に苦労しているのは自業自得としても、3DSはどうしたいの?
MH効果で多少売れたとしても、どっちにしても普及しない右アナログパッドのアタッチメントは置いておくとして、新型が出た場合のラウンチは難しいでしょう。右アナログパッド以外の新機能や価格設定、販売時期は本当に良く考えないと、新型を出さなかったより早く完全に3DSは死亡する。
多分、すべての信用をかなぐり捨てて、新型を年末商戦に間に合わせる必要がある。そうでないと、国内はもとより海外でもVITAには完敗するでしょうね。ここが、海外のVITAの絶対成功を阻止できる唯一のタイミング。また、来年以降のソフトラインナップの改善も。
3DSは、年末にマリオ、MH、イナズマイレブンと国内向けの大きなゲームを入れてきたけど、これで弾が尽きる。来年以降は苦しくなるよ。バイオがあったとしても。13日のカンファレンスがある意味楽しみです。

3DSオーナーとして、ちょっと3DSはやはりがっかり。UIの不統一感が半端ではない。タッチとボタンの使い分けが不自然すぎる。また、内臓ソフトやネットサービスが結構不親切。これのソフトやネットサービスは遊び方や楽しみ方を強要される。だから、ゲーム機としての本来の機能である「ゲームを純粋に楽しむ」方向に生活リズムがいかない。これは不幸だよ。

この流れのまま13日の発表会で右パッド付き3DSRを年末追加投入とかになったらどうしようw

炉心溶融したからヘリから水かけるとか、水素爆発してからホウ酸投入するとか、地下に水たまってからとなりの施設にホースで汚染水移すとか、そういう対症療法のレベル?

メルトダウンしちゃったものは直せないんですが。

私個人、モンハンをプレイした経験がないための純粋な疑問ですが、
既存のモンハンユーザーの方々のうち、
どれだけの方が3DSのMH3Gをプレイしたいと思われているのでしょうかね。

あの不恰好なアタッチメントを見た瞬間、
こんなものを出してまで、モンハンを引っ張り込みたい任天堂に憐憫を感じました。
もはや、まともな商品を生み出す力は残されていないのだろうかとも感じます。

そういえば、明日、任天堂のカンファレンスが開催されるのですよね。
さて、どんな梃入れ策を発表してくるのやら。

まだ、年末投入の方が同じ水素爆発でもベター。
それも、海外はサンクスギビング前の11月投入が必須。

むしろ、年末をはずしたら、2012年の新型発売を控えて2011年の年末商戦は国内外ともに3DSは買い控えの嵐になる。それでは、何のために1万円値下げまでして、年末商戦に向けて3DSのための棚を確保した意味がない。そして、そうこうしているうちにVITAが立ち上がっていまう。そうすれば、完全に任天堂は詰む。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。