Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これがプロレス芸!? 「俺はゲーム業界のために」杯

うーむ。
なにこのプロレス芸?

発端。
言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

そして反応。

ここまでで、まとめブログに対するアンチがアンチ業界=アンチ任天堂サイトをぶっ潰すぶっ潰すぶっ潰すと盛り上がってたり、ステルスマーケティングに決まってるんだからぁぁぁと絶叫したり、GameBusiness.jpもI社が絡んでるからすべてプロレス的八百長にすぎないと陰謀論をドヤ顔で語ったり、平林氏の売名行為に決まってるだろと切って捨てたり、様々な反応がありつつ……

平林氏本人からの補足。
書かなくてはいけないこと、ご理解いただきたい事情

で、業界人の反応は?

と言えば、ほとんど誰も何も発言しておらず、スルー気味。

twitterを見ても、下記の2名ぐらいで、どちらもそんなに有名でもないしねえ……。某「おれは太陽」さんが乱入してきたりすれば、また違った展開になったんでしょうが。

ヨコオタロウ氏(ニーアの開発者)のtwitter
http://twitter.com/#!/yokotaro/status/104230875797004288
http://twitter.com/#!/yokotaro/status/104241601538293760
http://twitter.com/#!/yokotaro/status/104246382138896384
http://twitter.com/#!/yokotaro/status/104249113599672322
平林久和氏のゲハブログの話だけど、足場にしてる論理が不安定すぎて内容には同意出来ない。ただ、「叩きやすい有名なモノを攻撃して話題になる」っていう戦術は「オレ的」「はちま」両サイトのやり方と同じなのでそこに踏み込んできたという点では既存のゲームメディアとしては新しい一歩だと思った。

@FrozenBug プロレスのアングル的な感じでは面白いですが、本質的な部分に切り込んでいない気がしました。ゲハブログを攻撃するばかりじゃなく、既存のメディアがゴシップを扱えない事の問題点なども取り上げて欲しかったなーと思うのですが。

@john_yamadax ゲハブログが人気があるのは、既存メディアに無い魅力があるからだと思います。それが正しいかどうかは別の話ですが。

@john_yamadax 既存メディアにしか出来ないことは沢山あるので、そこで闘うのが良いと(個人的には)思いますが……でも部外者なのでよくわからないです。


元任天堂、岡本基さん「ゲーム制作者がゴシップメディアを恐れる理由なんてあるのか?自信が持てない企業が、過剰に恐れているだけ」
芸能人がゴシップメディアを恐れるのはわかるが、ゲーム制作者がゴシップメディアを恐れる理由なんてあるのか? 言論の自由とかいう問題ではないよ。


ま、そんなもんですよね、実際。
つーか、業界の古株ではあっても、現在の影響力がさほどあるわけでもない御仁が戦争じゃーっ!と叫んだところで、それに踊る人なんて、暇な連中だけではないでしょうか。
所詮プロレス芸のようなもの、と流すのが普通です。

しかし、とあるブログの管理人さんに言わせれば、そうではないようです。
他人の言葉で語る人間が信用される訳がない
最近批判されてあわくっているゲームサイト管理人へ。

 なぜ自分が熱心なゲームファンや責任あるゲームメディア、ゲームを作る多くのクリエイターから敵視され、このところ急速に悪者に仕立て上げられているか、わかるだろうか?
少なくともこの件が始まってから、ゲームメディアやクリエイターはほとんど発言してないようなのですが、きっとこの人の周りではそうなのでしょう。俺の周辺ソースは便利です。嘘だとは思いませんが、きっと頭の中は楽しい事になってるのでしょうね。
*ちなみに、貴殿らがメーカーに対して遠まわしな(と、本人は思っているだろうが)便宜を求めていたことも知っている。
と興味深いネタを振った後、
知ってる事全部話してください。もうその時です。
当然の突っ込みも来ており、すべてが赤裸々になるのが楽しみです。

ネガキャンをされた時のお話
 これまではあくまで「ネットの風評なんて」と大目に見ていましたが、うちの会社は今後こういう情報に警戒心を高めているのと同時に、場合によっては法的措置も辞さない(たとえ匿名掲示板の情報だから、といっても、アクセス数が多いサイトが恣意的に取り上げている場合はさすがに営業妨害に当たる、という見解なのでしょう)という姿勢みたいです。
まー、腹いせにこんな事を書いちゃうような御仁ですから、頭の中の業界でははちまとオレ速は大多数の業界人から怒りを買いまくり、もはや風前の灯火。管理人達はおびえて震えて泣き喚いているんでしょうね(苦笑

平林氏、Jin氏、はちま氏、fanta-g氏、誰もが「おれはゲーム業界のために」行動しているという態度なのがとても素晴らしく、美しく、シュールですね。有名人が絡んできて、さらなる進展があると観客としては面白いのですが。


スポンサーサイト

コメント

フジテレビの騒動と似たものを感じますね
どうせ煽ってるのは一部の人間で大して影響は無いと思います。

嫌なら見るなですよ

>nanasi さん
まー、平林氏のようなジャーナリスト(?)の場合は、まとめブログへの嫉妬なんでしょうし、fanta-g氏の場合は「私怨」が入ってるんでしょうし、議論の立脚点が感情論にすぎないのが残念ですね。

意図的にグレーゾーンな運営をしている人達に、法律の素人が「法的措置」だの、違法すれすれだの言っても、せせら笑うだけでしょう。嫌われれるのだって、わかってやってるのが明白ですからねえ。ああいったイエロージャーナリズムがそんな事恐れるのかどうか。イエロージャーナリズムにも、そりゃ、言論の自由はありますよ。好き嫌いはわかれるでしょうがね。嫌われてナンボぐらいに思ってるでしょ(苦笑

メーカーとメディアの協力関係が強く、言論統制しているゲーム業界が異常だったため、反動的に「本音で言いたい放題」「ヤジ飛ばしまくり」な、ああいいったメディアがニーズを集めたという事。

中間的なポジションのメディアでもあればいいんでしょうけど、ま、成立はしてませんよね。金払ってまで読みたいと思う人はいないだろうから、無料のサイトになってしまうし、するとアフィや広告につなげる事になって、結局煽情的になっていく。

メディアが大々的に取り上げない(ただし任天堂は除く)が業界のスタンスだったのがここに来ていろいろ崩れてきた、ということなんでしょうか?
まあゲハブログがここまで幅利かせるようになった原因というのは少なからず、業界そのものにも原因があるようにも思えますが。うまく利用してきたつもりだった隙間産業がいつのまにか自分たちの手に負えないほどになっていた。
よくある話だと思いますけど。

>したがって、本稿は問題提起をしたいのです。
それが表題の「言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?」につながります。
>スルースキルではなく、堂々と議論されるきっかけをつくりたかったからです。

 本気で笑った。
 具体的に何を議論するのか。それは「これは書いてもいいです。なぜなら**だからです。これはダメです。**だからです」ということを互いに主張しあう。だから言論の自由について議論すること自体が、相手の言論の自由を妨げる理由を見つけ合う行為だ。
 で、問題は、この人たちがプロレスに過ぎないことに気づかずに真剣そのものなところ。

>今、私が本稿を書いていること自体が、言論の自由によって守られています。その私が両管理人の言論を封さつすることは、あってはならないことでしょう。
>しかし、行き過ぎた言論の自由は、他の言論の自由をころすのです。
もう一度言います。行き過ぎた言論の自由は、他の言論の自由をころすのです。

 他の言論をころさない”つもり”で、議論するきっかけを作ってぶっころそうとしてる。もう一度言うんだって。腹筋が痛いです。

 管理人さんおもしろいものを見つけてくれてありがとう。これから先が楽しみだ。

はちまと刃はコメント欄以外はいいですよ
ソフトの発売日とかE3だとかの情報とかすぐに載せますし
メディアは捏造しますがあそこはしないでしょ
2chから拾ってきてAAにしたりするだけですし・・個人的には好きですよ

>ati- さん
まあヨコオタロウ氏が指摘しているように、「既存のメディアがゴシップを扱えない事の問題点」「既存メディアには無い魅力」について、真剣に考察したうえで、ああいう議論のふっかけかたをするなら、平林氏の主張にも説得力があったんですけどねえ・・・・。ただの感情論、印象論にすぎません。

fanta-g氏についても、基本的にはお前らムカツク、ムカツクやつの意見なんてクズだ、無視だ、黙れ黙れこんちくしょう、法的措置、法的措置!と叫んでるだけですからねえ。何歳なのよ? 悪乗りするキャラ作りなんですかねえ?


>丸い家 さん
>で、問題は、この人たちがプロレスに過ぎないことに気づかずに真剣そのものなところ。
わははははは。
そうそう、体を張ったジョークですよね。

平林氏のようなロートルな論客やfanta-g氏のような情緒的な業界人(仮称)ではなく、まともな議論ができる人が批判すれば、また話は違ったのかもしれませんが、はちま、Jin以下の知性では、ただの泥仕合にも届かない、新米レスラーのプロレス以下ですね。


>AAA さん
>メディアは捏造しますがあそこはしないでしょ
どこからをねつ造というのかは人それぞれ基準があると思いますが、過剰な印象操作は日常茶飯事に見えます。しかし、そうであったとしても、商業ゲームメディアが失ってひさしい、ある種の「本音っぽさ」「大人っぽさの否定」が読者に受けているのでしょうね。

僕は正直者なので、「本音っぽさ」の魅力は理解してますが、過剰な印象操作にはたまに苦笑することもあります。ただ、平林氏やfanta-g氏の自己陶酔系オレオレ正義感みたいな、知性を疑うような記事に比べれば、まとめブログの方が娯楽として読みやすい。業界のためとかほざく手合いって、信者系ライターや信者系サイトに多いんですよね、うんざりします。

>>信者系ライターや信者系サイトに多いんですよね

議論ふっかけられても
そういう人に限って、自分は信者系じゃない!!って強く信じてるから
まず議論にならないと言う点も笑えますよね

なにいってんのか、もはや全然わからん。
こーいうのが業界の趨勢なんですかねー
むしろ、メタスコアのほうが気になるが、日本で発売されるすべてのゲームが載るわけじゃないし。

> いつもはRom さん
議論がしたいんじゃなくて、「信仰心」の障害になるものを叩きたいだけでしょう。議論ができないから、脅しになっていない脅し(仮称)をやってみせて、勝手に脳内で悦に入るんじゃないかな(失笑 2ch系まとめブログにとっては、アフィの売上が落ちることがダメージになるわけで、噛みつかれたところで、それさえネタに使うだけでしょう。ネタ提供乙。

>永遠の二等兵 さん
内向きですよねえ。
平林氏ほどの人であれば、ワールドワイドの視点を持っていてほしいものです。平林氏の昔語りといい、内向きなおっさん、という印象を拭えないですね。

3DS値下げ後の本体売上大ハズレで赤っ恥な私。
さて。

まとめサイトについてですが、
更新速度と数、多岐性において私は重宝していますよ。
ネガとかポジとかは受け取る人の問題。
自分の中で情報の取捨選択がきっちり出来ていない人ほど大声で喚きたがりますね。
コメント欄は一部残念な人がいますが基本プロレスですし。
俯瞰してみる分には楽しいモンです。

ネガキャンはほどほどにしてね。でないと怒っちゃうZO♪

誰しも肯定されればうれしく、否定されれば悲しいものです。じゃあ肯定的な意見で埋め尽くせば業界は活性するのでしょうか。否定的な面あるいは問題点を指摘することも必要であると思います。

平井氏の記事の中に、悪口チェックと時間の無駄について指摘がありますが、悪口前提でモノを見るのはどうかと思いますし、ある程度のまとまった意見を見れるので、わざわざ自分で評価を検索するより時間の使い方として有効と見ることも出来ます。(はちまとオレ速だけで判断して良いわけじゃないですが)
先日FF零式の体験版が配信され、両サイトでカメラについて指摘がありました。僕も同様の不満を感じました。翌日、製品版ではバッチリだという返答がメーカーからありました。これである程度安心できます。
平井氏に言わせればこういう事例も悪口チェックの後の火消し行為と映るのでしょうか。そんなわけないですよね。
ネガキャンについてですが、それに見舞われた方たちの心中はお察しますが、「プレイしてもらえればわかってもらえるはずなのに」、そう思っているなら話は簡単で、体験版を配信すれば良いのです。
100の妄言は1つの現実で黙らせることが出来ます。

まとめブログで見かける否定的な意見は大概口が悪いし、礼儀もなってない。ゆえに気に入らない。
議論も何もそれだけのことではないでしょうか。
まとめブログのありようをどーこーするより、そいつらをもうならせる物を作る。そちらの方が現実的だと思います。

>いでおん! さん
>自分の中で情報の取捨選択がきっちり出来ていない人ほど大声で喚きたがりますね。
まー、感情論ですよね、結局。
気に入らない意見があるのが気に入らないというだけで。
結局、ほとんどの業界人はこの件をスルーしてますが、当り前の話。子供じゃないんだから(苦笑

平林氏はフェードアウト気味のおっさんがイエロージャーナリズムに嫉妬してみた、というだけの結論にすぎませんね。また、「アイマス2」の件で怒り心頭に達したご様子だけど、自称、バンダイナムコとは無関係らしいfanta-gさんも、そうした姿勢はせせら笑うほかありませんが、愉快な発言で楽しませてくれます。
嫉妬は醜い。


>唯一 さん
まー、文句を言うだけのやつは客じゃない、という理屈もあるみたいですからねえ。体験版を配信する時代にはあり得ない発言ですが。気に入らない意見が出てきたら、そんな意見は客ではなく、有害細菌みたいな連中がほざいただけだ、と現実逃避する人もいるみたいですね、悲しい事に。

しかしまあ、もはや無料ゲームの比重がここまで増えてきて、さらに拡大しつつある中、客というのはどこから客なのかの線引きも難しいですよね。ソーシャルゲームやネットゲームの運営が、課金しないやつは客じゃない、と発言したら、たちまち炎上するでしょうし、アホかとバカにされるでしょう。

一方でゲームマッチョというかな、ゲームを買ってクリアしてすべての要素を嘗めつくした人間だけがそのゲームを語る資格があるのだ、というような考え方も、現在こういう時代だからこそ「自己陶酔美学」として浮上してくるのかもしれません。作り手が遊び手の「美学」に甘えてはいけませんが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。