Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強迫観念のような危機感が必要という事なのでしょう。

発売から半年も経たない段階で、4割もの大幅な値下げになった3DS。
しかし値下げによって復活したハードがどれだけあるのか。とりわけ任天堂のゲーム機であるのでしょうか。

歴史が語る真実、任天堂は値下げによってハードの失敗から立ち直れたことがない : はちま起稿
現在、多くの人が気にしているのはバーチャルボーイとの類似点です
バーチャルボーイは3DSと類似点の多い任天堂の超爆死ハードです

もう1つの証拠を見てください
任天堂はスーパーファミコンでコンソール戦争にかちました
しかし64の活気の無い販売でその地位を失いました
任天堂は複数の値下げを行いましたが、回復は無理でした

ゲームキューブでも同じでした
任天堂は決して追いつくことができないままXboxとPS2に負けました

これら両方のハードがリリース6ヶ月いないに値下げをしています
さらに追加で値下げをしましたが、延命治療としても低い働きしかしませんでした
※6か月以内というのは海外での話。

そろそろニンテンドー3DSの値下げについてひとこと言っておくか
急な対応だったのであれば、値下げ告知のテレビCMがどうなるのか気になるところだ。
NINTENDO64は25000円で発売し、9ヶ月後に16800円に値下げした。急な決定だったようで、踏切の向こう側にいる竹内結子さんが「ねえ、NINTENDO64が3月14日から(電車通過で聞こえない)になるの!」と叫び、そのあとでナレーションで価格を流すという、値下げ額未確定のうちにCM撮影を済ませるトリッキーな手法を用いた。今回もまた踏切を使ったら、個人的には手を叩いて喜べるがNINTENDO64と同じ運命を辿りそうで微妙なところ。

3DSがバーチャルボーイに被るか、Nintendo64に被るかはさておき、発売後の低調さ、ソフトラインナップ不足、短期間での大幅な値下げ(急遽、決定された)といった要素は、明るい将来を期待させるものではありません。

またDSiとDSiLLは価格据え置きになるようで、さらに利益を削るわけにはいかなかった事やDSから3DSへの買い替えを強く促したい気持ちはわかりますが……。率直にいえば、任天堂の焦りが非常に濃厚に感じ取れる拙速な施策ばかりです。この時期を選んだ理由も苦しい。
2011年7月29日(金)第1四半期決算説明会 社長説明

ソフトメーカーや流通の3DSに対する姿勢を上向かせたい、という思惑は間違ってはいません。しかしそういう事を配慮するなら、発売前にやるべきだったし、『時のオカリナ』のタイミングで万全の備えで実施すべきでしょう。ある時点までは、任天堂内部では楽天的な考え方がかなり強く残っており、そして最近になって急に考え方が変わったのでしょう。

PS VITAの価格発表が大きかったのかもしれないし、6月の『時のオカリナ』の発売後の3DSの販売結果を見て判断したのかもしれません。

あまりに遅い、遅すぎる。
けれども経営陣が一定のけじめを付けたことで、いよいよ任天堂がひさしぶりに「本気」になるのかな、というささやかな期待感も無いではありません。一方でこの数年入社してきた「任天堂ソフトは売れて当たり前」な若手達がひさしぶりの危機的状況に対して、適切な緊張感を持てるかどうか。組織全体が緊張感をもった対応をできるかどうかで、3DSにおける任天堂の「敗戦処理」の結果が変わってくるはずです。

焦って発表してしまったWiiUについても、性能や価格、機能面での見直しも必須でしょう。
そもそも3DSのラインナップが少ない状況で、のんきにWiiUを立ち上げる事が許されるのかどうか。無論、海外のビジネスを考えれば、据え置き機に事実上の空白をあけるのは大問題ですが。

現時点の売上だけを見れば、そこまで危機的だとは思えなかった、という意見もあるでしょう。しかし1年後、2年後の状況を考えれば、最大の危機と言ってもよいのです。携帯ゲーム機のトップシェアを失うリスク、据置ゲーム機のトップシェアを失うリスク、そしてコンシューマーゲーム機のハードおよびソフト市場がスマートフォンやソーシャルゲームによって縮小していくリスク。3つのリスクが顕在化しつつあります。

ある意味、ソニーのPSP参入発表時よりも大きなリスクが迫っていたのですが、タイミングが微妙にずれている上に、市場の急速な環境変化もあり、危機感を感じ取りにくいリスクだったのは確か。経営陣にとってそれは言い訳になりませんが、今回緊張感が走ったのは僥倖。

(もっとも、自省したのか、外部からのプレッシャーなのかが気になりますが。もし後者だとすれば、危機意識という点ではやはり傑出されているなと思います。冷静な分析じゃなくて、直感でしょ、たぶん。)

一番懸念されるのは、事ここに至っても、緊張感を組織全体で共有できないことですね。落ちるのがあまりに早かったために、意識改革が進むのかどうかがまだ疑問です。


スポンサーサイト

コメント

俺的には3DSはPSPと同じ価値に落ちてしまったと見ています。
本来なら、VITAと競うべき存在となるはずでした。
しかし、15000円に下げることで、VITAと競うに値しないものとみなされてしまいました。

商品の価格は価値を表すものです。
しかし価格に見合わない性能やコスト。それに伴う売り上げの不調。
値下げは必然だったのはわかります。
しかしだからといってDSと同じ価格にしては無意味です。
DSもまた値下げしないのも更に矛盾さ、いびつさが強調されてしまいます。

任天堂は正直迷い、焦りがはっきり見られます。
これ以上愚行を重ねたらもう何もいえません。

任天堂はゲーム専用機はもうオワコンだという現実に早く気がつくべきですね。
AndroidがUSB対応になった今
任天堂が目指すべきはAndroid向けの外部出力・外部コントローラーと
Android向けのニンテンドーストアの開設

性能でPS3や360を2、3年以内に抜いて数十億台売れそうな怪物が控えているのに
いまさらゲーム専用機で5000万台、6000万台万台売ったところで焼け石に水。

任天堂の強みとはコントローラーとソフトウェアであって半導体やOSではないと思います
新しいビジネスモデルへ切り替る勇気がなければ今のサードパーティーのように
おたく向けにしか商売はなりたたなくなるように思います。
それではもう手遅れなので、はやく頭を切り替える必要があると思います、SONYもMicrosoftも

流行になってないハードを値下げしても意味がない。事実上の敗北宣言です。
現に株価下がりまくってる。

色々と思うところはありますが、
コスト削減なんかを一切せずにいきなり4割も値下げできるっていうことに驚きですね。
だったら最初から値下げ後の値段で売るか、
2万5千円分の性能を詰め込んだものを売ればよかったのに。

こんなにもこれからの展開が見えないハードで商売したいサードや小売なんているんでしょうか
任天堂側が心から謝れればお情けで付き合ってくれるところはありそうですが、
少しでも傲慢な部分が残ってしまうんであればもうダメでしょうね。

正規販売代理店ルートで仕入れているところは仕切値の調整が事後的に仕入れ代金決済までには入るのでしょうが、決済済み分の在庫のケア、それに非正規ルートと中古ハード販売店はどうするのだろうかと心配になります。発売直後で機械的に買取価格が高く設定していた中小小規模中古店では爆死のところもあるのではないでしょうか。ましてiやLL在庫なんて。。。。絶句。すでに6月の時点で中古ハード買取を中止していた某大手チェーン店は先見の明あり、裏情報あり、だったということでしょうか。総じて流通側の不信感は相当のものだろうとおもいます。

1万5千円の売価がついたことで年末のVitaとは価格帯がはっきりと別れて商戦がわかりやすくなった、というのはひとつの冷静な解釈です。たぶんこれが普通に考える流通のセンス。

ですが3DSの今回の価格施策で不信感絶頂に達して年末商戦向けのバイイングシーズンに突入するバイヤーが「携帯ゲーム機」という同じ製品カテゴリーに属するVitaをどう見るのかという心象面の影響は小さくない。本来冷静に考えれば価格帯がわかれたと判断されるところを、もはや今回受けた衝撃のあまりに、Vitaも無関係ではない、と踏み込む人が出てきかねない。バイイングに決済する上の立場で考えれば相当に慎重にボリュームを絞るでしょう。同じ展開にでもなったらもう目も当てられない、って思いで。

3DSが単独製品として価格施策としてコケただけならまだしも、消費者も店頭もバイヤーも同じ不信視線でVitaを見始めたりするようなことにでもなれば、もうコンソールだろうがポータブルだろうがゲーム専用機は本当に終わりになってしまうかも知れません。

良くて3DS単独の失敗、悪ければゲーム機市場の終焉。これが今回任天堂が唐突にも不器用にもアピールしたかったメッセージだと考えています。

自爆テロも甚だしい。


今回の1万円値下げで消費者へのアピールはできたと思います。成否はともかくとして。

3DSを本当に成功させる気があるなら次はサードに対するアピールが重要でしょうね。
開発装置も40%offするとか、サードのロイヤリティも何タイトルか発売するまで40%offなど
打つ手はいろいろあると思います。

任天堂の次の一手が注目ですね。

任天堂は本当に3DSが25000円で売れると思っていたのでしょうかね。
天狗になっていたと言わざるを得ないですよね。
しかし値下げしたからといって、個人的には大して普及しないと思っています。

ネット上の掲示板等を眺めていると、どうやら任天堂ファンの頭の中では3DSは
「震災のせいで売れなかった」「値段が高いから」という事になっているみたいですが、
自分はそうは思えなかったですね。
もちろん震災の影響がまったく無かったと言うつもりはありませんが、
数ある原因の一つにすぎないと。
最大の原因は、単にニンテンドー3DSという商品自体に魅力が無いだけなんですよね。
ゲーマーから見ても性能面で魅力を感じないですし、
ライトユーザーから見てもわざわざDSから乗り換える必要が無いというか‥。
DS所有者の大多数が、もともとゲームに興味の無い人達なわけで、
新ハードが発売されたからといって、再びハードを買い、
そして既存ゲームの焼き直しソフトを再び買うのかといったらノーですよね。

結局、任天堂の掲げていた「ゲーム人口の拡大」とやらは一体何だったのでしょうかね。
ライト層の「ゲーマー化」なんて、ちっとも実現できていないのが浮き彫りになった格好ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ごめんなさい、記事タイトルの書き方もっと何とかなりませんかね? これではただの迷惑なアンチです。
正直不快です。外部に公開されていることをもっと意識して貰いたいところなんですが……
内容に文句はありません。間違ってはいないし、納得もできる。でもタイトルが余りに独りよがり過ぎる。嫌でも目につくし。
確かに個人ブログなのであまりどうこう突っ込めませんが、ネットに公開している以上は、必要な責任として自重というものを覚えて欲しいです。

まだ迷走してますねぇ・・・。
早期購入者向けだったはずの大使プログラムが延長って意味無し。

さて値下げの効果の程はどんなもんでしょうか。
どこの記事見ても「そこそこ売れ始めた」という印象しか受けないのがアレですが。
私の勝手な値下げ初週売上予想は以下の感じ。
前提として3DSが毎週3万台(夏休み需要含めて)あると考え、
値下げ発表のあった先々週が1.6万、続いて先週が0.4万で、
合計6万-1.6万-0.4万で4万台の買い控えがあり、
値下げ週である今週の通常の需要3万に加えて4万の買い控えで7万台。
値下げによる需要喚起効果は3DSに関して言えば
30%~40%程度しかないのではないかと思っているので、
7万×1.3~1.4で9.1万~9.8万台辺り、10万台には届かないくらいと予想します。
まぁ、ソフトが無いのでその翌週からは察するに余りある・・・ですが。

>いでおん! さん
10万台ぐらいはいくのではないか、とさすがに思いますが、どうですかね。
うーん、というかですね、業界的には任天堂の敗戦はもはや避けがたいという認識なので、別段、20万台、30万台売れたところで、焼け石に水なんじゃないかな。

敵はVITAだけではありません。
岩田社長は、この時期に値下げした理由として、流通やサードパーティの3DSへの期待感を維持するため、と説明していましたが、サードパーティの開発リソースを3DSに振り向けてもらうなら、もっと直接的に働きかけないと、全然駄目ですね。

岩田社長は今、業界で水面下で何が起きているかをまったく理解していない、と思います。SNS屋さんはかなりのキャッシュを持ってますし、任天堂のように貯金にこだわってるわけではないので、ガンガン使ってますよね。ソフトメーカーの囲い込みに対しての投資額では、すでに任天堂を超えていると思います。まあソフトメーカーに払う銭は無い、というのが任天堂イズムなんでしょう(苦笑 使わない金なんていくらあっても無意味なんですがねえ・・・・。

http://www.nintendo.co.jp/3ds/movie/index.html

新CMが非常にいい感じだと思いました
ゲーム機としてはまだまだソフトラインナップに難有りですが
3Dカメラとして15000円なら買ってもいいかなぁと

とくにお盆の時期はランドセルなど子供向けの商品が売れますので
思い出はプライスレスということで15000円なら親や祖父母が買い与えるのかなぁと
DVDでPS2が普及したように、3DSが年末までにすることは
3Dカメラをサブカメラとしてアピールすること、拡張現実でアイドルと「南くんの恋人」状態が
出来るように嵐からAKBまでアイドルカードを出しまくることだと思いました。
サードに期待せず年末のマリカ、マリオまで任天堂の広報力に期待します。

端末としての魅力をアピールしないと今の時代コンテンツだけでハードウェアは売れないと思いますので。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。