Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功の次には奈落の失敗が待っている。ああ本当に奈落でいやがる・・・・。

そういう事を示したように思いますね。
うちのブログは、かつては「アンチソニーの総本山」と言われ、この数年は「アンチ任天堂の総本山」などと訳のわからない批判を受けてきた事もありますが、率直な感想と冷静な未来予想を書いてきただけ。

3DS発売後の僕の論調に対して、「どうしてここまで危機感をもっているのか?」「警鐘を鳴らしすぎw」と感じていた読者の方達も、今この時に過去を振り返ってみると、異なる感想を抱くのではないでしょうか?

任天堂:今期純利益25年来の低さに、3DS不振で-8月に値下げ
25年ぶりの低調な決算(利益が出ているのに低調という表現もなんですが)という異例の事態に。
その最大の要因は3DSの突然の大幅値下げにあります。

2万5000円で発売した商品を、発売から半年たたないで1万円値下げ、というのは異常事態ですし、旧世代のハードの方が高いというシュール極まりない状態。値下げのタイミングも最悪で、『時オカ』と同時に新カラーを出したり、値下げしておけばよかったものを、なぜこのタイミング?

これって『モンハン tri』の発売から約1ヶ月でWiiを値下げしたあの状況と、変わらないじゃないですか。あの時より酷いのは、値下げの準備が全然整ってないのに、無理に値下げしたこと。だから決算もボロボロです。危機感の持ち方が甘すぎたのでは? 挙句追い詰められて、こんな事態に。


それにしても、なんなんだ、この負けハード感漂う値下げの仕方は……。

ソフトラインナップが貧弱だって事の現れですよね。サードパーティと協調するって話はなんだったんでしょうか。いや、まー、そんな絵空事を信じていたのは、熱狂的な任天堂ファンだけで、業界人は誰も信じてなかったし、普通のゲームファンも同様でしょう。少なくとも、去年の秋の2万5000円の価格発表の時点で、大半の業界人の心は離れていましたよ。

サードパーティに逃げられちゃ困るって必死なんでしょうけど、「外交」下手の任天堂がどうやって繋ぎ止めるのか、注目ですね。しかし本当にまあ、手を打つのが遅かったよなあ……サードパーティ各社の総選挙が終わる前に何らかの手を打っておけば、もっと少ない損害でもっと大きなリターンを得られたでしょうに。

PSP並みと揶揄されていた性能に加えて、価格までPSP並み。
3DSが狙っていたコアゲーマー層からは完全に「旧世代並み」「負けハード」「しょせん安物」扱いですよね。PS VITAへの値下げ圧力が働くとしても、高性能な携帯機の値下げと負けハードの値下げでは意味が異なります。サードパーティ各社は、3DSではコアゲーマー層のマーケットは築けない、とハッキリ理解したでしょう。

もう一方の相手は「無料ゲーム」「スマートフォン」ですが、自称「ゲームの価値」とやらがどれほどのものか、満天下に知らしめてくれましたよね(苦笑 GDCの講演はいったい何だったのやら。大胆ではあるけど、それ以上の必死さが滲み出ています。

つか、ここまで追い詰められないと、まともな判断ができないほど、思考がぶくぶく肥え太っていたのかと思うと、想像を絶します。客観的にみて、3DSは駄目駄目だったわけで、天空のお城の住人達はそれを誰にも忠言してもらえなかった。可哀そうではありますよね。

まー、脳トレブームみたいに、業界中の懐疑的な見方を押し流すような成功という事例も確かにあったけどさ。だからこそ冷静に自己分析しなきゃならないし、苦言を言ってくれる相手を見つけておかなきゃいかんわけで。


今の任天堂の課題は4つ。

1.開発リソースの強化と効率化。無駄な内蔵ソフトなんぞにリソースを割かない。1本のキラーコンテンツは無数の小粒コンテンツに勝る。
2.他社とのアライアンスを積極的に。ポッと出のSNS屋以下の外交技術ではお話にならないよね。
3.ネットワークプラットフォームへの投資はゲーム機のCPUやGPUへの投資と同レベルで重要だし、蓄積が必要。
4.ネットサービスやソーシャルプラットフォームへの理解度や企画力は致命的に無いので、企業買収による短期間での強化のほか、ファンドや出資による自社陣営の育成は必須。

ここまで短期間に「敗戦処理」が始まった任天堂ハードも珍しい。やはり「3D」は鬼門なんですかね? この内容で楽勝だと思ってたお花畑な方達や、震災の影響でちょっと転んじゃっただけと言ってた能天気サマーな方達の頭も、さすがにシャキッとしたでしょうか? 天空のお城はまだまだお花畑模様なのかどうか。正直どっちでもいいけどなー。

前回の記事で書いたとおり、5年後か10年後か知りませんが、しばらく潜って、再浮上してくるのを楽しみに待っております。ユーザーからの信用を喪失しまくった挙句、開発リソースを無駄遣いし、アイデアも蓄積されないまま、ずっと上がってこない……なんて未来は残念ですから。

しっかし今回の決定、岩田社長が政権喪失を恐れて、起死回生の無謀な一手を押し通したって可能性もあるんですかねえ? 邪推ですかねえ? しょせん雇われ社長ですから、どれだけ名監督でもいずれは引退の時を迎えるように、結果が出なくなれば捨てられちゃうわけです。それとも天の声が降ってきた? いずれにしても任天堂首脳陣が混乱していて、戦略的に動けていないことが満天下に示されちゃった。


スポンサーサイト

コメント

なんだかんだ言ってどうせやらないだろうと思っていた値下げを決断したことは評価できると思います。
と言ってもすでにあちこちで阿鼻叫喚ですが相変わらず値下げという秘奥義の使い方がヘタクソだな、と。
Wiiの時もかなりサイテーでしたがそれを上回るとは。

今回、ここまでドタバタするということは計画的な値下げではないのでしょう。
当然セットで案内するべきDSiやLLについて何も触れていないというのがそれを証明しています。
こうも醜態をさらしてまで値下げをする意味。
「選挙」という言葉で例えていらっしゃいますが、現時点からしてサードからの新しい3DS向けの案件がかなり少ないのでしょう。ヘタすればリメイクすらあがってこないくらいに。
年末商戦がどーこー以前に来年のラインナップすらまともに組めない状態ではないかと思います。
さてさて、今回の値下げを受けてサード各社がどういう反応をするか。
すでに発売が決まっている所にとっては朗報には違いありません。結果が伴うと良いですね。
新規案件・・・どうでしょうね。そこまで単純でもない気がします。
手に取りやすい価格になったのは事実なので低年齢層向けの案件は増えるかも?結局そういうところに落ち着いちゃうんでしょうね。

>起死回生の無謀な一手を押し通した
邪推ではないと思いますよ?誰が見ても明らかなくらいあわてふためいているわけですから、検討に検討を重ねた結果と見るより、トップの鶴の一声で決まったとしか思えません。どっかの国の内閣を見てる感じ。
なんにせよ多くのユーザーの気持ちを傷つけるやり方をしてしまったわけで、不平不満、罵詈雑言は甘んじて受けるべきでしょう。

既に前の記事でも多くの方がコメントされているように、
今回の値下げ発表はちょっとダメすぎますね。
勿論、3DSのネックの一つが価格だった事は当然ですが、
新色本体を出した直後に発表というのは、新色を買ったユーザーすらバカにしています。
ポケモンだけ逃げたのも最悪。
「ポケモンは任天堂のソフトではない」などと言った所で誰がそれを信用するというのでしょうか。
それに値下げを受けて実際に被害を被るのは小売です。
まず単純に売上が減ります。
そしてDSiと同価格となりなんとDSiLLの方が高くなったということでDSの在庫が死にます。
さらに今現在大量に市場にある3DS中古も、
確実に赤字が膨らむ範囲で値下げをしないといけないという金銭的被害のみならず、
さらにさらに最近になって新色など本体購入した客からのクレーム対応という人的被害も合わさる事になり、
この辺りの事をな~んにも考慮に入れない殿様商売の続きが見えますね。
これでよくGDCとかで「ゲーム業界の将来云々」が語れたものです。
本当に失笑苦笑嘲笑レベル。
ま、岩田社長本人が「まるでそれがオールマイティの武器であるように値下げに関して語るが、
値下げの効果は限られている。ビデオゲームの歴史においては、
値下げした直後は売上が上がるが、勢いは続くことなく値下げ前のレベルに落ちる」
と言っているわけですから、今もこの後も3DSがどう動こうと全て自業自得ということになります。
これでもあまり3DSが伸びずに1年後辺りで「去年の震災のせい」とかまだほざいて
低迷の要因を別な所に求めるようであれば、岩田社長と任天堂の未来は非常に暗いと言わざるを得ないでしょう。

>唯一 さん
動いているものをすべて止めるわけにもなかなか行きませんから、来年以降、急に壊滅的になるという話でもないでしょうが、力強さには欠けるという未来認識は、少なくない業界人が同意するところでしょうね。率直にいえば、任天堂自体がけっして一枚岩ではない、というような好ましくない観測や噂を、複数の方面から聞くようになり、非常に不快ですし、呆れてしまいます。目端の利く人たちにはすっかり見抜かれています。

はっきり言いましょう、もはや「任天堂のターン」が終わった印象です。

まあ今回の値下げにより、ユーザーおよび流通からの信頼はガタ落ちですが、携帯ゲーム機市場のシェア過半数を失うという最悪の事態を回避し、ひとまずファミリー層と子供層の購買をおさえるのが狙いでしょう。極端な話、子供市場だけならサードパーティソフトはたいして必要ありません。SCEハードが苦手な市場でもあり、サードパーティの子供向けタイトルをキープすることはさして難しい話でもない。牙城を死守するという点で、1つの判断ではありましたね。

またWiiUを本当に来年発売するのか、できるのかも疑問です。どさくさにまぎれてなかったことにするか、少なくとも準備が本当に整うまでは延期すべきでしょうね。株主にしても、「据置なんぞより、携帯機のほうに注力せよ」と考えるでしょうし。つか、WiiUなんて発表しなければよかったのに。せめて東京ゲームショウ近辺まで隠しておけば・・・・。あのガラクタ機をあのまま発売するなんてあり得ないでしょう。

3DSにしても、夏商戦にむけてゼルダと同時の新色投入+新価格2万円が妥当だったはず。裏ではサードパーティに対してタイトル確約を条件にした大胆なロイヤリティの値下げと広報支援、場合によっては有力開発会社への大規模出資もふくめて、自陣営の強化を進める。様子見しつづけた結果がこのザマです。そういうきちんとした動きをしておけば・・・・。自社の勝利を疑ってなかったんでしょうねえ・・・・。

うわっつらの好調さを取り繕うあまり、たかだか数か月後にボロが出る。好調な時には誰でも神君、名君になれるが、不調な際には有能な人でも容易に暗君になりえます。


>いでおん!さん
信者級の熱狂的な人たちにとっても、なかなか強烈な試練だったかもしれませんね(苦笑

> これでよくGDCとかで「ゲーム業界の将来云々」が語れたものです。
> 本当に失笑苦笑嘲笑レベル。
「ゲーム業界」とはすなわち、(任天堂製ゲーム機専用の)ゲーム(オンリーの)業界の事なのでしょう。サードパーティソフトは任天堂ソフトの埋められない隙間を埋めるためだけの存在にすぎない、という本音がよくわかる、実にすばらしい値下げでしたよね(にっこり

> これでもあまり3DSが伸びずに1年後辺りで「去年の震災のせい」とかまだほざいて
> 低迷の要因を別な所に求めるようであれば、岩田社長と任天堂の未来は非常に暗い

岩田社長は近年、失敗を認めたがらない傾向が(対外的には)非常に顕著ですからねえ。岩田政権も長くはないかな、という観測はますます強まりそうです。オーナー側からすれば、雇われ社長が事業をうまく回してくれるならそれで良いが、失敗すれば切り捨てるわけです。

オーナー側にとって怖いのは、雇われ経営陣が謀反を起こすことですよね。天皇対将軍の関係。だから社内に権力基盤を築きにくい岩田社長を据えたのはわかります。「中継ぎ」として悪い時代をやり過ごすための人間として使い捨ててもいいし、結果的に予想以上に健闘しても構わない。

古参の幹部が社長であれば、また別のアクションもあり得ましたが、岩田社長の場合は社内の若手を中心に派閥を組むほかなく、ほかの幹部がより年長なこと、すなわち自分が相対的に若い事を利用するほかありません。時間は岩田社長の味方なのです。

時が来るまで、一定以上の成功を維持できるかどうかが政権運営にとっては大切で、それが叶わなければ・・・・。とはいえ、すぐに岩田社長の代わりが見つかるかといえば、ぱっと見つかるはずもなく、当然並行して探していたとは思いますが、まさに時間との戦いですね。「大政奉還」するにしても、やはり神輿にも一定の能力が求められますからね。

オーナーと雇われの関係では、大阪の会社はなかなかお見事ですよね。開発のボスを追い出すことを繰り返しながら、家光を生み出すことができた。家光が昇るまでのあと10年ほどは、家康が秀頼をがっつり押さえていればいい。有能な「生れながらの将軍」が誕生すれば、長い治世は完成します。天空の王国はどうなるのかなあ・・・・ただ、政権がオーナー側に代われば、ある種の「粛清」は避けられないでしょうね。

うーん、宮廷の諸事や力学を武士たちに教えるのはよろしくないとしても、察する事のできない有象無象ばかりだと、ちっとも基盤は固まらないし、将に恵まれないと不幸だな、と思います。厳しいことばかり書いてますが、個人的には頑張ってほしいと思ってるので、ぜひ長期政権を築きあげてほしいものです。菅さんのようなあがきかたは、なかなか難しいでしょうし、晩節を汚すことになりますから。

3DSは
値段が高い
性能が低い
欲しいソフトがない
値下げの仕方が最悪
と評価できる部分が一切ないとんでもハード
本当任天堂は何考えてんでしょう。

信者と呼ばれるユーザーと違い、投資家はシビアですね。
最後は信用買いが入ったようですが、ストップ安にまで株価が落ちたのは、今回の決算および配当への失望感からでしょう。
週明け月曜日から、どのように下がるのか、それとも自社株買いであげてくるのか、配当からすると4000円くらいが妥当な線と思えますね。
しかし、逆ザヤでの値下げ(実際には逆ザヤではないと思うのですが)、配当なしとやるなら、まずは社員のボーナスカットと役員報酬のカットくらいはやらなければ納得できない人は多いでしょうね。
ここの株は、配当利回りの魅力で持たせていたわけですから。
まして、ソニーみたいな製造業ではないので、逆ザヤを解消させるためにコスト削減も、劇的には出来ないでしょうし。

大体1万円下げる必要はなかったと思います。
19800円くらいにして、多少開発なり、環境整備なりにお金を回したほうがよかった。
特にネット関連。
このままでは、本当に、任天堂はサードにならざるを得ないところに追い込まれかねません。
でも個人的には、ソーシャルが伸びてきている以上、そことガチで殴りあうくらいなら、サードになるほうがいいような気がします。

最悪ですね。
発売日に買った者としては、
ファミコンブームのときの抱き合わせ販売と変わりありません。
必要のない過去のソフトを押し付けられてもという感じ。
それを任天堂がやっちゃった。

あと、eSHOPに接続出来ない層はどうするんでしょうか。
なんたらプログラムの告知がたまたま見れなかった人は?
10日というのは性急すぎます。
せめて1ヶ月くらい前から、CMなどでも告知があったほうが良いような気が。

本文中でも指摘のあるLLとの逆転現象など、
ぱっと思いつくような配慮が行き届かないほど困窮している印象です

一気に一万円の値下げは確かに予想以上の値下げ幅で思い切った手を打ったなと評価できるかと
思います。
タイミングは悪いですけど。
隣の席の人は、この前の日曜に買ったそうです。レッドが出たから買ったってことですが
同じような人多いでしょうね。本来なら新色出たばかりは絶好の買い時のはずなのに
1万値下げの仕打ちを食らうとは思ってもないはずですから。

1万値下げは魅力的ですが、それでもPSPと肩を並べたにすぎないわけです。
更にソフトラインナップも今ならソフトが豊富なPSPと、リメイクと新作がちょっとしかない3dsだと
PSP選ぶ人も多いんじゃないでしょうか。
そう考えると肩を並べた価格ではまだ弱いかもしれない
発売予定のラインナップも弱いですからあのソフトがあとで出るから買おうって気になかなかなりませんよね。
個人的にはメガテン、世界樹出たら欲しいですけどまだ画面写真も出てないくらいで発売は当分先だと思われますし、キラーになりそうなスマブラとかも発売が決まっただけですから当分購入動機になりにくい。

弱いソフトラインナップで痛い目を見たwii、GCなどと同じ失敗をまたしなければいいのですが、
また繰り返しそうですよね。


今日の任天堂の株は凄かった。完全にストップ安の様相だったけど、岩田氏の説明で少し盛り返しましたね。
岩田氏いわく、
この時期に値下げをしたのは、この値下げで8月から10月までにがんばってシェアを伸ばすから、サードさん、また投票してねという事のようです。DAKINIさんの情報ではもう日本では投票が済んでいるのに、再度選挙に立候補しようとしているのかな。
説明会での分析は正しいけど、その実施手段はちょっとどうかと。
フレアレッドの発売と同時に値下げしていれば、よかったのに。

やりたいことはわかるけど、ちぇんと計画して慎重にすべきだよね。
とってつけたような値下げではダメ。

今回の値下げで少なからずPSVも影響を受けると思います。
サードにしてみれば一番重要なのは利益が出る事ですから
3DSが25000円のままならPSV一択で幸せな未来が待っていたかもしれませんが
3DSが15000円になった今、市場シェアは分散するとみていいと思います。
もちろんコアはPSVになるでしょうが、それなら市場的な大きさはPSPだと
PSPにタイトルを供給し続けるメーカーもまだまだ居るでしょう。

四半期決算もみても専用機よりも携帯電話での利益が大きいサードパーティーが
増えています。今回の出来事で様子見してモバゲー、グリーに力を
入れた方が儲かるという判断に出るメーカーも大挙するように思います。
もはや巨大市場がゲーム専用機で不可能でAndroidやiPhoneという
巨大市場で薄利多売した方が儲かっているように思います。

切り札は手の内にあったものの、その使い方が完全にすべて裏目に出る、
という極めて希有なケースになりましたね。

たとえば、早期購入者施策ですが、そもそも任天堂ハードユーザーは
総じてネット接続率が低いわけですからそのフォローなしに
「ネットにつないでe-Storeに入ればソフトがもらえますよ」と言われても
手が出ない人が多いことは明白です(とくにレイトンやnintendogsあたりがメインソフトの人は)。
そのステップを乗り越えてももらえるソフトは5年以上前のレトロゲーム20本、しかも選択不可。
ファミコンのVCの場合は「すでにWii版持ってるんだけどそれ使わせてくれないの?」とか
「正式サービススタート時には今Wii VCのファミコンソフトは全部ラインナップしてるんですよね?」などの
疑問も当然出てきますよね。

さらにGBAのVCはそもそも発売予定なし、対戦機能なしといったないないづくし。
結構なメジャータイトルも放出するみたいですから、本当にGBAのVCが出るとなるとそれらのタイトルは配信できません。
ついでに引っ越しのサポートもしません。GBAで遊びたければこの3DSを一生使え、と。

間違いなく言われることは「他機種(主にPS系)でできることがなぜできないの?」ですな。
ぶっちゃけ、10000円分のe-store課金をウォレットに入れて市販ソフトを含むソフトの自由配布の方が
まだマシだったんじゃないかと。

現状ショップは滅茶苦茶です。あえて黙殺している店、価格変更を提示するも
現価格での発売を継続する店、一度発売を中止する店のように、
値下げ発表後どのように扱うかのコンセンサスが取れてないのでご覧の有様です。


あと、問題となりそうなのは「果たして任天堂ハードが子供向けゲームプラットフォームにふさわしいか?」という点もありますね。
「ダンボール戦機」の成功や「太鼓の達人」「トリコ」の投入など、PSPにも子供向けのタイトルが出始めてきています。
今のDSの価格設定を考えると、DSi/DSiLLが値下げを続けないのであれば、子供向けタイトルもPSPに流れていきそうです。
3DSが15,000円になっても「成長期の子供に3D映像を見せるのは厳しい」と考える人も多いことを考えれば、
PSPへの流れを3DSがせき止める、というのは難しいと思います。
かてて加えてこの流れで開発中止・凍結していたタイトルを再度動かすまでの判断に至るかどうかも疑問視されそうです。

岩田社長には大局的にカードを切る必要があったのですが、散発的かつ使いどころを間違えた結果、
場がカオスになってしまったのは自業自得以外の何物でもありませんな。

値下げは、拡販効果(価格が半分になれば、売り上げは4倍になる)があると言われているけど、このカードはかなりの切り札で、切る時には「慎重」かつ「大胆」に切る必要がある。
ソニーはこのカードの切り方がうまい。本業の家電で多くの修羅場で切っているのでノウハウがあるのか?
でも、初代PSの1万の値下げには、もめたみたいだが。

任天堂は、ほんとうに「天に任せる」だけ?
本来、販売にもシナリオが違ういくつかの計画を持っていて、それを実態に合わせて取捨選択して実行するのが、経営陣の仕事。でも、任天堂は花畑の計画1本しかないのか、ひとつの計画が壊れたら、急に支離滅裂な行動に出ている。こんな経営でいいのか?3DSやWiiUはひどい。
また、心配なのは経営陣が一枚岩でないこと、オーナーも含めて。前にも一度指摘したが、宮本氏と岩田氏のベクトルが違いすぎる。黒幕が悪い?でも、黒幕さんも配当ゼロ、株価暴落ではつらいのに。

IR説明会でも、最高に幸運なベストシナリオしか考えていないようにしか見えないが。値下げに続く二の矢、三の矢がないのだが。

まあ正直な感想として、業界混乱させて潰したい(リセットしたい)だけにしか見えない。

自分の会社が儲からなければ存在価値無し。

そう考えるのが一番しっくりくる発表でした。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。