Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衰退はあまりに早く・・・・。

任天堂の株価がさらに一段と低下したようです。
3DSの立ち上げの失敗、海外でのDSとWiiの低迷により、業績が目標を下回るのではないかという観測が強まっているようですね。それに伴い、株価も一段と低下。任天堂の累計シェアはいまだに高いものの、今年に入ってからの販売シェアは大きく落ち込んでいますし、ゲーム機市場そのものの成長性も疑われています。

無料ゲーム、ソーシャルゲームがパッケージゲームに与える影響は絶大で、ゲーム機市場はスマートフォン市場の成長性と比較すると斜陽市場に見えるのでしょう。そういった意見を唱えていたアナリスト達の危機感が現実のものになりつつあり、その一方で岩田社長の自社に都合のいい調査結果にもとづいた楽観論は説得力を日々失っています。

5人の著名ゲームクリエイターが参加、モバゲースマホ版で配信へ
DeNAは相変わらず好調で、稲船敬二氏、須田剛一氏、中裕司氏、はしもとよしふみ氏、船水紀孝氏の5名の著名なクリエイターを集めた「スーパークリエイターズ」という企画も、勢いの一端を感じさせますね。近年では、ゲーム機メーカー主導でも、これほどのメンバーを一堂に集めるのはなかなか珍しい。先日レベルファイブの日野氏がDeNAと組んだことも象徴的です。

もはやソーシャルゲーム市場を無視しては生き残れない、という認識は業界における常識になっており、その一方で3DS向けのソフトの開発中止や発売延期など、3DSという沈没大陸からのリスク回避が急速に表面化しつつあります。任天堂は旧来の価値観を守ることにのみ固執し、ネットサービスにおいても、ソーシャル性においても、新しいゲームの提案においても、新規の提案がほとんどできておらず、自社ラインナップも貧弱の極み。

リメイクソフトで新ハードを立ち上げようという発想そのものが理解不能です。ラインナップ編成はお粗末の極みであり、本気でこのラインナップで成功すると思っていたのだとしたら、素晴らしいジョークでしょう。勝てたはずのラウンドをあっさり自滅したのは、本当に不思議に感じます。

ネットサービスについては2004年時点の発想のほうが現状よりもマシで、ネットを嫌いな人たちが作ったサービスにしか見えませんし、DS→Wii→DSi→3DSと世代を経るたびに、発想が劣化しているのは信じがたい現象です。細かい実装レベルでは多少の進歩も見られますが、世の中の変化に対して改良点が少なく、発想だけが古びています。

過去に何度も書いてますが、DSのWiFiコネクションは本当にすばらしいサービスでした。あの当時、携帯機どうしが特別な周辺機器なしに無線でローカルに接続し、しかもインターネットにも手軽に接続して簡単なオンラインプレイが楽しめる。その体験自体が画期的なもので、世の中の多くの人達があまり体験していない遊びでした。当時の僕のブログ記事を読み返してもらえばわかるとおり、まさしくあの当時は絶賛するほかない状態でした。

それが、それが、WiiになってもWiFiコネクション。ほとんど大差ない内容でした。Wiiコネクト24は自社ソフトでの画期的な活用もほとんど見られず、そして3DSに至っては新しい試みをおこなう意欲がまったく感じられません。あれから何年経ってると思っているんでしょうか。

ネット屋さん達にゲーム屋が飲み込まれるというのは2000年代に入ってから徐々に顕在化してきたリスクです。YouTubeやニコニコ動画、そして遅くともfacebookのAPI公開の時点で確定的に見えていた事態。いやはや昔のブログや記事などを読み返してみると、当時からそういう未来は見えていたことを思い起こします。悲しくなるほどに、ゲーム業界はネット業界にフルボッコされてますよねえ。優越だった立場もこの10年で見下される立場になってしまいました。

天空のお城は地上の混乱から無縁なのかといえば、そんなはずもない。地盤沈下すれば、お城も高度が下がるわけで、それが業績や株価によく表れてますよね。まあ3DSとWiiUは失敗側に落ち着きつつありますが、任天堂は体力があるので、その次で勝てるかどうかですよね。いったん地下にもぐって、それから再浮上するのかな、というのが業界的な観測でしょう。N64、GCと苦難の時代を体験した後、大成功をおさめた企業ですから、再浮上が期待できないわけではありません。

ただ、そのための「種まき」をどれだけしてるんでしょうか?
PSに負けた際は、山内氏もいたし、横井氏もいたわけですよ。『ポケモン』にしたって、初代の発売当初は大本命のソフトではなく、ゲームボーイ末期に発売された地味なソフトでした。こんなものが主力になるはずがない、と考えられていた領域から、次の主力が生まれるものです。

「無駄」というか「余裕」というかは人それぞれですけど、それをどれだけ持てるか、ですよね。いずれ再浮上するという業界の潜在的な期待感を裏切らず、今後数年~10年近くの間、うまく潜伏してネタをため続けていただきたいものです。適当にあがいて、リメイクと続編で開発リソースを浪費した挙句、アイデアのじり貧に追い込まれていく光景は目にしたくないものです。


スポンサーサイト

コメント

天空と思いきや「空中庭園」みたいなただの小高い丘で完全に地続きだったと。
勝って兜の緒を締めよとはよく言ったものですが、その言葉の重さを反面で見事に体言してくれた任天堂に感謝です。

<ニュース速報>
任天堂、ニンテンドー3DSの価格を8月11日に1万円値下げし1万5000円に <4:04pm>

http://jp.reuters.com/


これは株式市場・資本市場関係者からは「材料・電子部品が軒並み高騰するなかで収益的にはどうのこうの、したがって株価的にはなんたらかんたら」なんですが、ゲーム市場関係者から見るとどうなんでしょう?とりあえずプラットフォームが拡散される要因が広がれば(プラットフォームコスト大幅下落)、という前提でプラス要因?

過去の経験を引きずれば2万5千円→1万5千円は大胆な価格施策なんでしょうが、なにしろ競合相手はほぼ「イニシャルコスト実質無料」、なかでも「プラットフォームコスト実質無料」で拡散されているソーシャルゲーム、モバイル端末なわけでして。過去の経験で評価してはいけないのかな、とも。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ニンテンドー3DSの値下げが発表されました
まさに今ソーシャルゲーム会社と任天堂のバトルが開始という気がします。
コアゲーが売りのPS生態系はこの戦いの外で悠々自適かもしれませんw

PSVitaも正直25000円では上限が見えてしまっているので
今後は1万円前半での戦い、もしくは本体は無料でばらまくというビジネスモデルにしないと
ゲーム専用機は生き残れないように思います。

値下げ自体は3DSの販売拡大の為に必要な事であり、早い決断もやむを得なかったとは思いますが、やり方がヒド過ぎ。

PS3は新型発売&値下げ時、発表から発売まで充分な間をおいていました。当然旧型本体の出荷はその間無しでした。
またソフトもガンダム戦記やTOVといった有力タイトルを新型発売後の9月にするよう調整を行っていました。
結果新型発売前の7月8月は週販が大きく落ち込みました(当たり前)が、購入者が損をするのは大分避けられたと思います。

それに比べると3DSは…。
発表からわずか2週間での値下げ、有力タイトルのゼルダやバイオの発売からもさほど間をおかず、挙句の果ては新色フレアレッド発売からは1ヶ月も経っていない!
サードタイトルは発売時期を調整するなんてこともせず、なのに自社のポケモンはしっかり発売を延期!自分勝手すぎるだろ!

全く悪い意味で「政治」と縁遠い会社ですね、任天堂は。
早い段階での値下げも仕方ないとは思います。この値段なら流れも変えられるでしょう。が、やり方をちゃんと考えろ!

任天堂はゲームボーイでもDSでも「性能は低いが圧倒的な普及率で市場を制圧」したことで成功しました。ただ、3DSは普及率が低く、このモデルが崩れかねません。Vitaが出たらあっという間にぶち抜かれる可能性も高い。先行発売の利を生かして今のうちに少しでも台数を稼いでおきたいところでしょう。

3DSがこれだけ不振ならもう、値下げしかないんでしょうが・・・。
しかし、任天堂も3DSに関しては本当にグダグダですねぇ。

本体新色・値下げ・キラーソフト発売を同時にできれば素晴らしかったんですが、
新聞広告、フレアレッド発売、ポケモン延期、値下げ・・・とバラバラにやってる事でどうにもグダグダな印象。
ユーザーからの声も反発が多いですし・・・。
(私も正直、3DSを発売日に買ったことを後悔しました・・・。)

1万円の値下げは
完全にコアユーザーを切ってしまった感がありますね…。

ポケモンだけその日に逃げるあたりもサードから見れば最悪だろ、たぶん。

正直、この3DSの値下げは売れるように謙虚な姿勢になったというより
「値段さえ下げれば売れるようになるだろ」という天空の居城から見下している感が否めません

>今思い切った手を打たなければ、多くのお客様にニンテンドー3DSを楽しんでいただく未来がつくりだせない可能性が高まったと判断したためです。
>ソフトの作り手の方々にも、販売に携わるみなさまにも、
>「ニンテンドー3DSは、ニンテンドーDSの後継のゲーム機として間違いなく普及する」
>という確信を持っていただけなければ、ニンテンドー3DSが勢いよく多くのお客様に広がり、
>ソフトが充実し、結果的にニンテンドー3DSを購入されたみなさま全員にご満足いただくという循環がつくれません。

なんかこの発言からして上から目線な気がします
3DSが抱える問題は値段だけじゃないと思うのですが

任天堂短信

1万円の値下げは、3DSの最後のあがきでしかないでしょう。これで8月からのポケモン(直前で延期をして値下げにあわした)でリロンチできなければ、詰む状態です。
ユーザーへの1万円分の補填であるアンバサダープログラムも、PSWの「感謝とお詫び」のパクリで、さらに準備不足なうえ、質より量に頼ろうとしている始末。ここはスマフォのパクリ?
うまく、この1万円の値下げが機能してくれることを望むが、大幅で急だから(急な値下げは海外では多いけど)、3DS市場を混乱させて、そのしっぺ返しも大きそうです。年度内のソフトのラインアップの内、弾といえるのがサードがなく、ファーストのマリオの2本しかないので、値下げ効果も長続きしない可能性があること。

それより、問題なのは任天堂の決算が一気に悪化していること。過去、半期はもちろん、四半期ですら営業利益を黒字にしていたのに、初めて、四半期も予想とはいえ半期も赤字を計上。かたくなに、国際会計基準をしたがわず、P/L上の営業利益だけは黒字になる会計基準を採用していたのに、今回はそれでも黒字にできなかった。GC時代に、生産停止に追い込まれて、営業キャッシュフローを赤にしたことはあるけど、そのときでも営業利益は守っていたが、今回は、営業利益も営業キャッシュフローも赤。
既存ハード(Wii、DS)は昨年同四半期比で半減。新ハードの3DSも焼け石に水。ソフトも、日本向けのドラゴンクエストとゼルダ新作くらいしかWiiにはなく、DSは完全にソフトの供給が9月くらいから切れる状態。
完全に3ハードが共倒れになっています。これだと、1万円の値下げとあいまって、通期でも厳しいかも。WiiUの発売前に会社としての業績がどん底になりそうです。
株主への配当も大幅減(無配と約4分の一)となっているので、明日の任天堂の株価はどうなるかな。

3DSの拡販に対して、ソフトによる展望もなく、価格の値下げしか効果がありそうカードがなく、Wii、DSへは切れるカードもない状態では、VITAやPS3、海外のXBOXに今年度中に駆逐されるかも(WiiUを待たずに)。E3でWiiUなんて発表している場合ではなかったのに。

初めて書き込みさせていただきます。
以前より貴ブログを拝読させていただいていましたが、
今後、よろしくお願いいたします。

こちらのコメント欄においても言及されていますが、
3DSの大幅値下げが発表されましたね。
今回の値下げ、
PS系で行われきたような戦略的な値下げとは思えず、
むしろ、ドリームキャストの撤退値下げとイメージが被ります。
多くのユーザーからはもちろん、サード、小売等から、
「3DSは駄目だ」
というイメージを決定的に持たれてしまっただけのように思います。

また、ゲーム機においては本体価格も重要ですが、
何より大事なのはソフトラインナップ。
すでにサード各社より中止や延期の動きが出てきていましたが、
今回の値下げはサードへの配慮も欠けており、
今後、サード各社は3DSへソフトを供給しようとは思わなくなるでしょうね。
結果的にソフト日照りが深刻になり、
一層に3DSは売れなくなるだけだと思います。

実際の結果は、値下げ後の動向を見なければ分かりませんが、
海外の任天堂の株価も大きく値下がりしているようですし、
任天堂の「終わりの始まり」となってしまったかもしれないと思っています。

3DS値下げはVitaの発売前にマリオ投入と同時と予想していたので、このタイミングでの大幅値下げは驚きでした。推測するに、新色の投入によるブーストが予想よりはるかに悪かったので先週末から今週初めくらいに慌ただしく社内で決まったのでしょうか。
私見ですが岩田社長は「日本型組織はToo little Too late」「巧遅は拙速に如かず」という言葉を、間違って理解している感があります。

それにしても自社ソフトだけ値下げに合わせて発売する対応に、サードがどう思うか考える余裕もなかったんでしょうかね。これでサード重視とのたまうのは片腹痛い。WiiUへ参入するメーカーは3DS以上に少なくなりそうです。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。