Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局同じ落とし穴にハマったね? フェードアウトしつつある任天堂業界

任天堂の株価が低迷しています。
多少の上下動はあるにせよ、近年のDS&Wiiバブルより以前の値に戻っており、任天堂は勝ち組ではなくなった、という判断がハッキリ下された形になります。

任天堂をそこまで追い込んだのは、3つの要因があります。

  1)3DSの低迷による携帯ゲーム機での普及台数ベースの縮小への懸念
  2)Wii Uの展望の悪さにもとづく据置ゲーム機での普及台数ベースの縮小への懸念
  3)無料+アイテム課金型のソーシャルゲームの浸透やスマートフォンの普及といった環境変化への対応ができていない事への不安感


3DSの低迷とWii Uの未熟な発表内容はもはや「自爆」という他ありませんが、それ以上に不安視されているのは実は3番目の将来的なリスク要因の高まりでしょう。任天堂はSNSとの連携などが最も遅れており、無料ゲームも含めたビジネスモデルを許容しているSCEと比べて、ビジネスモデルの変化にも適応が遅く、「時代遅れ」感が濃厚に際立っています。

かつてROMカートリッジのビジネスモデルに固執した任天堂は、ディスク媒体への切り替えとSCEの流通改革によって、ビジネスモデルが変化した際、大きくシェアを失いました。その後、任天堂は『ポケモン』のヒットや携帯ゲーム機市場の伸長にともなって、生き延び、逆に大きな成長を遂げるに至ります。しかし実は据え置きゲーム機のシェアでは、SCEへの敗北以後、一度も勝ち切れていないんですよね……。Wiiでさえ、みなさんご存知の結果になってしまいました。


今度の「敗北」もまた、ビジネスモデルの変化によるものです。パッケージビジネスからオンラインへ、そして有料パッケージから無料ゲームへの大転換が進む中、任天堂はやはり古いビジネスモデルに固執し、やはりサードパーティから見放されて、やはりシェアを失っていく。15年以上前の繰り返しが今起きつつあります。

DeNAとレベルファイブが包括的業務提携 第1弾「レイトン教授ロワイヤル」
無料ゲームを否定していたレベルファイブも、通称”勝ち馬ジョッキー”の異名どおり、DeNAと提携。月商10億を超える「ロワイアル」と「レイトン」がタッグを組めば、3DS版など最初から作る必要がなかったといえるほどの売上を生み出すかもしれませんね。

プラットフォームホルダー自らが宗教的な信念をもって、新しいビジネスモデルを否定し続ければ、”腹心”的な存在だったサードパーティまで、自らの判断で動き出す。むろん任天堂プラットフォームから撤退したわけではないし、1つの可能性の模索にすぎないわけですが、15年ほど前のスクウェアの離反劇が一瞬頭をよぎったのは僕だけかな?



任天堂はそれから15年経っても、いまだにファミコンとスーファミの栄光を取り戻せていません。
では今度は何を失って、永久に取り戻せなくなってしまうのでしょうか? そしてあの当時は、いわば横井軍平氏が会社に残した「遺産」とでもいうべき、ゲームボーイシリーズ=携帯ゲーム機のマーケットが残されていましたが、今回任天堂には何が残るのでしょう?

パッケージビジネスがこれから5年、10年かけて、徹底的に、そう、完膚なきまでに徹底的に食い荒らされ尽くす一方で、任天堂はどのような「未来」を育て上げていくのでしょうか? 何かあるんでしょうか? どこにも見当たりませんが……。恐ろしいのはそこなんですよね。

こう言っちゃなんですけど、今の任天堂って、「非主流派」が存在する余地がほとんどないでしょう?
以前から指摘していることですが、最適化されすぎているんですよ。最適化されているという事はある特定の環境下でパフォーマンスを発揮するという事にすぎず、環境変化に脆弱になるという事なんです。この2年ほどの任天堂の急激な失墜がいい証拠です。

確かにDS&Wii路線が絶頂だった時には、ソフトにおける岩田=宮本体制は圧倒的で絶対的だったかもしれません。でもそれって、実は多様性が無いって事の裏返しにすぎなかったわけです。偉い人たち同士が同じ方向をむいて、仲良くやるのは、そりゃすごく良いことですよ。でもまー、多様性は無くなっちゃうよね。今の任天堂の片隅で、無料ゲームを勝手に始めちゃうような輩、存在しないでしょ? トップが宗教的な熱心さであれほど無料ゲームを否定するのだから。


僕はけっこう手厳しい人間だけれども、唯一、近年の任天堂の施策を誉めたのが「うごメモ」ですよね。あれはさ、多様性を増す方向の判断だから、評価したわけですよ。すごくお金をもった企業に集まったすごく優秀な人たちがものすごい勢いで自己最適化を繰り返して、ものすごい勢いで多様性を喪失しているのが明らかな中、ああいう「道楽」みたいな事を堂々とやってしまうのは貴重なんですよ。

3DSも、Wii Uも、すごく優秀な人たちがものすごく熱心に考えて出した回答なんだろうな、と傍から見てて思うんですが、だからこそ敗北しつつあるんだろうな、とも思います。まー、ソニーぐらい大規模な組織になると、最適化したくたってできないから、自然と分散、多様化されるんでしょうが、任天堂ぐらいの世界で数千人程度の社員数だと、最適化されてしまい得るから、経営陣が多様化を意識して、異分子を許容していかないと、環境変化に対して容易に脆弱になるんでしょうね。

任天堂が自己最適化しすぎて自滅するのは予想の範囲だったけど、ここまで時期が早まったのは、世の中の環境変化が意外と早かったからです。DS&Wiiの最盛期のポジションまで返り咲くのに、あと何年かかるのやら。いや、永久に返り咲けない、なんて事には、さすがにならないでほしいものですが……。

今のうちに多様性を担保できる組織になるかどうか。その点だけは期待したいものですが、岩田社長の政権が続く間は望み薄ですかねえ……。プログラムじゃないんだから、組織は最適化しすぎちゃいかんと思いますよ、ほんと。


スポンサーサイト

コメント

いままで、最適化して一枚岩であった、岩田+宮本+レジー体制もばらばらになってきています。E3前後の宮本さんの3DSへの3D機能を否定する見解やWiiUの性能への言及とレジーの高性能がいるとの見解、本体よりコントローラが大事という岩田氏の意見など、中核となる人たちの意見がてんでばらばらになっています。そのために、WiiUの決定された仕様がどこに落ち着くかが良くわからない状態です。1年後に出るハードの最終的な目的地がまったく見えない状態がいまの任天堂の苦悩を導いています。

DSもWiiもいまのAKB48のようなブームでしかなかった。Fitも、PS3やXBOX360でも出来るソフトだから、どちらが宣伝も含めてうまく先に販売していれば(任天堂は、サードなどのことはまったく考えず、このFITのためだけに宣伝・販促に全力を注いだそうです)、状況は変わっていたかもしれません。

私は思うに、任天堂は一強皆弱でないとプラットフォームとして成立しない企業です。現在のように、複数のプラットフォームが乱立し、スマートフォンなどの新しい軽いプラットフォームが台頭している時代には、サードを含めたビジネスはできない体質です。だから、任天堂は、腹をくくって、自社ソフトのためのハードとして割り切っていいゲームを作ることだけを考えるのが一番の生きる道でしょう。プラットフォームホルダーとしてのビジネスはできないのだから。

今の任天堂がやるべき一歩は「社長が訊く」ではなく「社長に訊く」であるべき。
ゲーム・非ゲーム業界から厳しい論調で定評ある論客を集めて、3DSの欠点やWiiU発表時の問題、或いは近年の支離滅裂な対サード政策や掌返しの発言について容赦なく指摘させ、それに岩田社長が台本なしで答えていく。
往年のセガの湯川専務CMではありませんが、それくらいの過激なパフォーマンスでもやらないと、任天堂=コンシューマ機の覇者であるという社内の空気は改まらないでしょう。

>まう さん
任天堂が伝統的に、サードパーティビジネスが苦手なのは確かで、Wii中盤以降の「任天堂離れ」は任天堂プラットフォームならではの特異な現象といえるでしょう。少なくとも、多少の引き止め政策は実施され、多少の効果は発揮されるものですが、ね。

自社が不利な立場になった場合の、条件調整がなかなかできないんでしょう。


>マシン語 さん
>今の任天堂がやるべき一歩は「社長が訊く」ではなく「社長に訊く」であるべき。
まー、あの規模の企業の経営責任を、社長にのみ求めるのも、現実的には厳しいと思います。中堅層以上ンもマネージャーにも責任が無いとは言い難いでしょうし・・・・イエスマンばかりになっているのだとしたら、「重症」感がありますが、ね。

ワールドワイドでたかだか数千人の組織規模ですから、容易にムラ化してしまう、宗教的な陥穽にはまってしまうのが問題なんでしょうねえ・・・・。近年の「社長が訊く」は、Wiiローンチ当初の開発物語的なエンタメから離れて、宗教的な信仰告白の場になってましたし。宗教的な部分をメタ的に楽しむ、高度なエンタメなのかもしれませんが、いやはや巻き込まれたサードパーティ各社のコメント劇もなかなか(苦笑

「無双」「DOA」の回などは、任天堂とサードパーティの蜜月感を演出するよりも、逆に認識のずれっぷりを演出してましたし。好きでもない人がわかってる風な言及をする事に対して、オタクは極めて冷やかなんで、岩田社長の「アイマス」や「DOA」への言及は香ばしかったですね。HAL研出身のオタク社長です、みたいな売り方はしてないキャラでしょ、普段。

そもそも、言い方は悪いけど、オワコン感が濃厚に漂っている作品に対して、「オレ、そのこだわり、わかってるんだZE☆」的な言及は痛くて寒くて切ないです。シリーズのファンもそんなに人数が多いわけではないし・・・・。「俺、こんなにキモオタ的な作品にも理解があるでしょ」なんて小芝居は、いや、その、ゲーマー層全体でみても、別に共感は得られない。『NEWラブプラス』もオワコン感が早くも、ね。セーブデータ移行するための200円のツールもシュール。

ああいう小芝居よりも、「いつの間にテレビ」のしょうもない内容を早く何とかしてほしい(苦笑
小芝居が通じる時代ではない。「信者」でさえ、騙し切れてないじゃないですか。

Wii Uについてはもはや「ゲームキューブ前夜」のオーラをむんむん放っており、バイオハザードを引っ提げてきたカプコンのポジションにどこがハマるのか、極めてメタ的に予想したくなります。つか、ラインナップもゲームキューブ時代を思い起こさせるタイトルが出てきてますしね・・・・。

厳しいことをいえば、DSやWiiで一定の役割を果たした「だけ」のサービスやソフトの「続編」を3DSやWii Uで出すのはよろしくありません。「Wiiの間」の流れをくむ「いつのまにテレビ」とか、いまだ詳細の不明な「うごメモ」の3DS版とか、そういう物が出てきて、新鮮な驚きがあるかといえば、無いでしょ。本体発売時に出てきて当然、「ふ~ん」ぐらいの印象しか与えない。

そもそもゲーマー層に対する施策が根本から間違ってるんですよねえ・・・・。

消費者が消極的になっているのは一面の事実ですが、とはいえ「新しいハードなんだから、新しいことをやりましょう」というのが基本であって、そこを外してしまうと、根本的な意味でのワクワク感に欠けてしまいますよね。ハードウェアの性能が世代ごとに目に見えて向上していた時代であれば、あの大人気シリーズの最新作が新ハードでこんなに進化しました!という押し出し方でも、期待感は相応に演出できました。でも、それは、そういう時代は、DS世代で終わったわけでしょう?

シリーズ物は消費者に対する「安心感」の演出であって、「期待感」を演出する手段ではありません。「期待感」の演出がまったくできていないのが3DSとWii Uの失敗点です。というか、任天堂はゲーマー層を結局、「いつまでもクラシックなゲームに固執する保守的な人たち」ぐらいに思ってるんじゃないですか(苦笑 だから、ああいう施策になるんでしょうよ。

ほーんと、困ったものです。
多少、「暴論」的な部分もあるものの、なかなか痛烈で痛快な記事が↓に。

みらいマニアックス !: 任天堂のE3後のIR (2)
http://ameblo.jp/seek202/entry-10929783218.html
> あるゲーマーがコアなのかノンコアなのかは、おそらくゲームの世界に入る前から決まっている。
> コアゲーをやるからコアゲーマなのではない。それは順序が逆でコアなユーザがやるからコアゲーなのだ。

> コアかノンコアの違いは、第一にゲームのテーマであり、テイストなのであって、ゲームのジャンルでも
> 難易度でもプレイ時間数でもない。身も蓋もない言い方をすれば、オタクでサブカルで、ギャルギャルしく
> 萌え萌えで、エログロでバイオレンスで、おバカでトリガーハッピーで中二病でオカルトでメカ狂いなのが
> コアなのだ。コアとはつまり、ママと一緒に見られないコンテンツだといってもよいかもしれない。

自己最適化というか任天堂による任天堂のためのハードしか作れていないってのが現状ですね
自分たちのゲームがどう面白くなるかは考えるが、そこでサードがどう繁栄するかはあまり考えられていない
3DSを見れば分かるけれども、ロンチをサードに譲っただのという小手先の対策しか打てていないことからも明白

ハードは作るけど「プラットフォーム」は作れていないというか作る気がないというか
そこら辺の認識が3社の中で一番甘いですね
まぁそこに関しては技術系企業で他分野でもプラットフォームを築こうと長年苦心してきたソニーとMSのほうが
よっぽど知見があるということでしょう、
オモチャ屋上がりの任天堂では所詮追いつけない領域にゲームという業界が突入してるんだと思います

サードマルチサードマルチと声高に叫ぶ連中がいるけど
今現在PS360のどちらかを持っている人→所持機でサードマルチが遊べるのでWiiU買う必要が無い
今現在PS360のどちらも持ってない人→今サードマルチで遊んでないのにWiiU版なら買うなどありえない
Fitスポーツなどの超ライトゲーマー→そもそもサードタイトルを買わないし、コアゲーなど絶対買わない

ハードの売れ行きが悪くなったから現行ハード捨てて新型へ
いつものソフトが一巡したから現行ハード捨てて新型へ
こんなメーカーがゲーマーにうけるわけがない

いつのまにテレビも残念ながら酷評の嵐ですね。
ユーザー目線で是非見たいと思えるものを作れているのかよく考えた方がいいんじゃないでしょうか。
Wiiの間であの路線はすでに上手く行ってなかったと思いますし。
トロステみたいに毎日見たくなるようなコンテンツでないとダメですね。

任天堂はホント、昔から戦略やソフトの方向性について小回りが利きませんね。
最近のソフトリリースのペースや、3DSのネットコンテンツのスケジュールを見ると、
色々な施策を行うだけのリソースが社内に無いんでしょうね。
だからメイン戦略に最適化する。
正直DSであれほど稼いでおいてなんで社内リソースを増やす方向に投資しなかったのか
激しく疑問です。
ホント利益を金庫にしまっておくばかりでユーザーに還元しないなぁ。
値下げだけが利益還元ではないのですが。しかもその値下げも近年はほとんどしないという…。

多様性といえば、SCEは昔から、他のメーカーならまず投資しないような奇抜なアイデアにも
積極的に投資する所は評価してます。Heaby RainやFlowery、パタポンなんかは
SCE以外からはまず出てこないタイトルでしょうね。時々グミ先輩みたいなおかしな代物も
出てきますが…。

CAMPなどで人材発掘を行ったりと、目先の売り上げやシェアにこだわらず
会社や業界の将来に投資していく姿勢は任天堂にも是非真似して欲しいのですが。
任天堂はブランド価値もソフトのクオリティコントロールも優れた企業だけに
余計にそう思います。

>ぽんた さん
まー、あの自称二人三脚は、のちのち歴史に残りそうなほどシュールな発言ですねえ・・・・。非常識にも程がある。プラットフォームがローンチする際にリスクが高いなら、サードパーティのライセンス料金の値下げなり、タイトル支援の資金提供なりで解決するのが当たり前で、ソーシャル界隈のSNS屋でさえ、その程度の知恵は自然と浮かぶし、提案していますよ。何年プラットフォーム屋やってんだという話です。京都界隈は伝統的に、そうした行為を避ける傾向がありますが、時計の針が止まりすぎ。


>ポポ さん
まあ現行機が売れなくなったら、新しいのを出すのは、ビジネスとしては正しい選択なので、それ自体がいけないわけではないですけど、ね。その前に、売るための努力をどれほどやったのか? ハードの勢いを維持するためにどれほど努力したのか? そこが問われますよね。


>yosh さん
トロステも、YouTube等にアップされて、PS3やPSPでなくても見られるという実態があるように思いますが、それでも独自性の高いコンテンツを提供している点は評価できますね。「いつの間にテレビ」は宗教的な熱意をもった人達でさえ擁護していないレベル。

そもそも「Wiiの間」の大失敗をもって、なんで反省しないのかが理解不能で、「成功体験」にハマって、正しく反省できなくなっている現状の深刻さ、病状の深さを痛感します・・・・。憐れみ、という概念をプレゼントしたい。


> figalo さん
>DSであれほど稼いでおいてなんで社内リソースを増やす方向に投資しなかったのか激しく疑問です。
人材計画については、恐ろしく、無計画に思えますね。
あのレベルの上場企業としては、ちょっと異常。

まあ3DSのラインナップも、外注を使っているものが割と目立ちますけど、足りてないですよねえ。付け焼刃感がありありと。

今は新体験路線に固執している感じですからね。
WiiUが上手いことヒットしない限りは株価はもう少し下がるんじゃないかと思います。
おそらく9000円前後まで行くんじゃないですかね。

3DSですけどゼビウス3D、エキサイトバイク3Dと出たのはいいものの次はコレが3Dになりますよ
って情報とか出してもらわないと期待が続かないんですよね。

WiiUを何と見るかによって任天堂の戦略を読むことが出来ると思います。
私は「守り」の象徴だと捉えます。要はエミュ対策です。
マシンパワーを上げる対策ではチップ、排熱、電源と高コストになってしまう。
なのであのコントローラーでユーザー体験を向上させつつエミュ対策とした。
任天堂のゲームをやりたい人がWiiを買っていると流石に3rdも任天堂も気が付いたでしょうし
WiiUもWiiほどではないが64やGCぐらいには売れると読んで採算を出しているはずです。
ただ、3DSは分かってなかったのかローンチで3rdに配慮して大スベリで焦っているようですが。

任天堂は足元固めてアイデア、バクチ勝負の会社なので、今は守りの時期のようです。
私は次のアタリもハズレも楽しみにしています。コケても小銭拾うのが任天堂ですが。

GBAミクロが光の速さで死んだ時の引き際が見事だったので。ダメならすぐやめるでしょう。予定してたフェイスプレートも消えましたから
いくらPSPgoの3倍以上売れていてもあれは失敗でしょう

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。