Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして振り出しに戻る。

任天堂株の没落が止まらない・・・とうとうDS発売前の水準まで・・・
うーん、任天堂株の下落が続いて、ついにDS発売前の水準に戻ってしまったようです。企業価値が大きく下がったというか、ただの過大評価だったことに多くの人が気づいたというか・・・・。これ、要するに任天堂がDSやWiiで拡大したマーケットを失うという予想が強まっているわけです。

3DSは失速し、DSほどの普及台数はもはや夢また夢の世界。GBAの規模に届くかどうかも微妙な気配さえ出ています。Wiiの後継機であるWii Uはゲームファンの支持を得られたとは言い難く、せっかくのE3発表も、むしろ株価を下げる最後のとどめになりました。発表されてしまえば、無限の可能性は有限に絞り込まれ、一発逆転の夢想も凋落の現実に変わります。

実際の所、任天堂もまさかWii Uが本当に強い支持を得るとは思っていないでしょう。DSやWiiほどの革新性は無く、Wiiをより完成させるといえば聞こえはいいですが、Wiiよりもわかりにくく、一式揃えるのが大変な複雑さがあります。

その自称「利点」を振り返ってみましょう。
  • 大画面とコントローラの液晶の2画面を両方見るのは厳しいでしょう。
  • 「チェイスMii」のような遊びは『パックマンVS』で提示されていますが、3DSが複数台あれば、別にそれで構わないですよね。1台だけ表示の仕方を変えればいいだけですから。
  • 家族がテレビを観ている間、コントローラの液晶画面で遊ぶなら、最初からVITAで遊んだ方が楽です。
  • テレビで観ているWebサイトを、手元のコントローラの液晶画面でズームするなら、最初からiPadでWebサイトを見た方がよほど快適です。
  • 唯一、WiiFitやWiiSportsのようなタイトルがより便利に、より楽しくなるのかもしれません。


最後の1点を除いて、Wii Uなんて構造を使うより、他の手段のほうがずっと快適に思えます。なんでこんな不便な構造を強いられるのか。それって据置ゲーム機のビジネスを捨てたくない「任天堂の都合」だけですよね?

それがあまりに見え透いちゃってるから、みんな白けちゃう。据置ゲームのビジネス規模がまだまだ大きい欧米では、「据置ゲーム機」というビジネスを維持したいという業界人が多いから、多少の支持は得られるでしょう。けれども日本のように、すでに「据置ゲーム機」のビジネスにこだわる必要が薄い地域では、違った反応になりますよね。

以前も書きましたが、任天堂は過去のビジネスモデルに固執しすぎです。その結果、新しい市場を生み出せず、携帯機と据置機の両方で大きく後退しようとしています。任天堂はゲーム機メーカーであるのかもしれませんが、据置ゲーム機メーカーでも、携帯ゲーム機メーカーでもない、と思います。そういう小さな事にアイデンティティがあるのではない。

アップルがiOS 5.0で新しい生活を提案していたのに比べて、3DSの提案、Wii Uの提案はあまりに差分が無さすぎます。テレビを付けなくても、すぐに情報が見られるサブ画面といっても、いったい何を見るんでしょうか。Wiiチャンネル? まさか! まさかサブ画面さえあれば、あのWiiチャンネルが成功していたなどと、考えているのでしょうか。

それはなかなか素敵なジョークだと思います。そもそも任天堂にはWii Uのようなゲーム機を活かすようなネットワークサービスを生み出す企画力も開発力も無いでしょう。かといってオープンプラットフォーム化する気概も無い。結局、既存の「据置ゲーム機」のビジネスをどう維持するか、以上の志がまったく見えません


今やコンシューマーゲーム業界は、スマートフォンやソーシャルゲームの台頭により、そしてパッケージゲーム市場の疲弊にともない、業界全体が最大の危機を迎えつつあります。パッケージゲームにおいて世界最強の企業である任天堂にとっては、まだその危機は遠いのかもしれませんが、多くのソフトメーカーにとってその危機は現在形であり、その現状に適応した1つの解答がVITAです。

コンシューマーゲームで培ったノウハウとマーケットを生かしながら、パッケージ、パッケージ+アイテム課金、無料+アイテム課金といったさまざまなビジネスモデルにチャレンジできる、「次」を生み出すプラットフォーム。「過去」を守ることにのみ特化した、奇妙な構造のハードとは大きく異なります。

国内のコンシューマーゲーム業界においては、次はVITAが当確です。任天堂のファーストパーティタイトルが『脳トレ』クラスのレジェンドな売上を達成してみせれば、状況は変わり得ますが、その可能性は低いでしょう。サードパーティ各社の投票はすでに終わっており、総選挙の結果は出ているのです。

ではWii Uはどうか?
Wiiは消えますが、Wii Uはわからない。しかし任天堂は恐るべき錯覚を抱いています。HD性能さえ実現すれば、ゲーマー層が任天堂ハードに戻ってくると信じているのです。素晴らしいジョーク。

「Devil's Third」クリエイター板垣伴信氏インタビュー
そういうことでは決めません。1番大事なのはお客さんです。僕のゲームは非常にバイオレントなので。Wii Uは裾野が広いかどうかです。ハードコアゲーマーもいる状況かどうかというのはマシンの性能で決まるわけではないです。メタな要因がたくさんあるんですよ。
そう、メタな要素がたくさんあります。HD性能に追いついた程度で、岩田社長が「心理的な壁」などと軽く見た壁はなかなか壊せないでしょう。そもそも論で、PS3やXbox360と似たような性能のハードを何故今さら買う必要があるのでしょうか。ブルーレイが見られず、torneのような生活を豊かにする別売ハードも無いのに。ジョークもここに極まれり。

ライトユーザーとコアゲーマーの両方を失い、任天堂ファンとファミリー層にのみ支持されるプラットフォームになる。多くの人がそういう未来を予想し、日増しに確定していくのです。

・・・・ああ、それにしたって、ここまで、ここまで、ここまで自滅してみせるとは! ちょっと信じられないよなあ、ホント。落ち込むだろうとは思ってたが、さすがにこのレベルで落ち込むとは思わなかったし、こんなに早いとも思わなかった。予想より2年以上早く、予想の倍以上の酷さで、自滅しましたね。ショックだわ~・・・・。


スポンサーサイト

コメント

任天堂の今回の失敗は、実態がないこと。コンパニオンが持っていたコードがないWiiUコントローラはモックとは。

3DSで、2010年の発表で必要以上に性能があるようにプレゼンをしたことにより、ユーザーが実態性能の低さを知ったことでいまの苦戦を招いています。多少ハッタリはあったけど、DSやWiiの時の方が正直でした。新しい提案を正直にプレゼンし、実際に出たソフトも正直なものだからこそ、一部の幸運(脳トレやFitなど)もあいまって、成功しました。

ゲーム業界を牛耳っていたときは、こういったハッタリがあっても、ユーザーは期待し待ってくれましたし、信頼もしました。しかし、今のように、ソニーやマイクロソフトという先行メーカーがある時代では、誰もゆうちょに待ってくれないし、一度信用がなくすと次は疑いの目でみられます。

WiiUが来年になってすごいいいハードになって発売されるかもしれませんが、それまでは、ちゃんとした実態があるプレゼンをしないと、ますます信頼をなくすだけでしょう。形のない夢よりは、目の前のパンをしっかりしないと、夢が実現する前に餓死してしまいます。

後、HDを目指したWiiUだけど、任天堂のコンテンツでHDで生えるものはリアル系のゼルダやメトロイドぐらいしかなく、デフォルメ系のマリオやカービーでは、HDはあまり効果ないでしょう。

wiiUってとっても分かりにくいんですよね
あのipodのようなコントローラーで何が出来るのか
どんな新しい遊びが提供されるのか
どう便利になるのか、分かりにくい
消費者からしても、恐らく開発者からしても

それでいてあのコントローラーは一つしか使用できない、っていう点が個人的には一番理解できません


でも今回の株式変動は、wiiUにガッカリしたという要因もあるとは思うのですが、
それ以上にwiiU発売までwiiと3DSがどう市場を盛り上げていくかという点が全く明示されなかったせいもあるかと存じます

3DSは、なんか捨てゴマって感じがひしひしとしてきます

本当にやばいのは明白なんですよね…。
発表当時、最悪の結果になったと思いましたし。

携帯はすでにPSP、VITAの勢いに呑まれつつあり、
据え置きはすでにPS360に何周も遅れてる。

本当は完全玩具化か、次世代を狙った超高性能化か。
この二つのうちひとつの選択が最善の選択でした。
しかしそれのどちらでもない中途半端な選択…。
いったい任天堂はなにがしたいんでしょうね?

wiiUできることvitaでもできる。任天堂の復活?ないんだなそれが。

言霊信仰とでも言うんでしょうか。3DS発表時のサード重視路線宣言もそうですが、実態がまるで無くても口で言えばその通りの未来が訪れると確信しているというのか…
カンファレンスでWiiUのコントローラが出たとき「またライト層狙いなんだな」と直感的に理解しましたが、その後出てくるのはゲーマー重視路線宣言という矛盾ぶり。SFCやN64が出る前も似たような口先発言が多かったことを思い出しますが、ホント組織の体質というのは変わらないんですねえ。

> まう さん
まー、Wii Uは任天堂の商売の都合が見え透いたハードですよね。それ以外の何も無く、白けちゃいます。Wiiが長持ちしなかったから、その強化版を出します、という以上の何かが無い。ゲーマーにとって、あのワクワク感の無さは異常。


>あんこ さん
Wii Uと3DSの両方に言えるのは、成功した形を崩すのを極端に避けてますよね。DSとWiiはもともと、トリッキーな部分があっただけに、そのまま強化してしまうと、奇妙なハードのみが残りました。

3DSは誰もが疑問なのは、どうしてあんなに3D押しなのか、でしょう。テレビが売れなくて困っているテレビメーカーみたいな事をする必要は無かったのに、愚かな事をしました。ネーミングも最悪で、あれで今更3Dを忘れてください、とも言えません。

ネットワーク周りの進歩の無さも異常で、他機種で当たり前の事をドヤ顔で語るのは滑稽を通り越えて哀れという次元に達していますし、独自の「すれちがい通信」も活かすゲームやアプリ、サービスがありません。DSの時に体験していた事と同じ事を提示されても、なんの新鮮なうれしさも無い。そもそも「すれちがい通信」自体、ドラクエ9が出てきてようやく花開いた機能ですから、この惨状は予想の範囲内ではありますね。『nintendogs+cats』では国内は立ち上がらないことは、DSの際の売れ方(脳トレなどよりはかなり落ちる。欧州で非常に売れた)をみれば、わかっていた話です。

本体機能を説明する際、ソフトを差していなくても、すれ違い通信ができる、という点をドヤ顔で語っていましたが、2011年に出すハードがそのレベルでは困ります。無料ゲームが異常に浸透している現在、ソフトを所有していなくても、すれ違い通信ができて、ソフトが少し遊べたりして、ソフトを購入するきっかけになる、というレベルは最低限必須ですよ。もうちょっと、世間の水準を勉強していただきたい。

買ってもいないのに、本体を起動したら、メニューに犬や車が走っていたり、忍者服の女の子が出てきて、はじめて驚いてもらえるのでは? それぐらいのプッシュ力はほしい。通信時に小さなデータサイズのグラフィックデータを渡せばいいだけで、ちゃんと設計しておけば、できない話ではないんですがね・・・・。

本体内蔵ソフトも、半端な内容が多く、例えば、すれちがった人数が増えたり、回数が増えたら、強くなる・・・・という「すれちがい伝説」も、ソーシャルゲームに慣れた一般人からすると、格別驚きがあるわけでもなく。あれだけで本当に1本分遊べる内容にしてみたら?と思います。デモという大きさに逃げないでほしい。要するに、どれも商品1本分に仕上げられなかった、という「兵どもが夢の跡」にすぎませんよね。

ピクトチャット級の物が1つあれば、本来あれで良いわけです。それが理想、という志が足りません。MSやSCEほど、人員を割く余裕があるわけでもないでしょうに、どうして本体内蔵ソフトなんかを肥え太らせたのか、理解に苦しみます。『うごメモ』ぐらいはローンチでほしかったですね。まあDSiで出ていた物なので、新鮮な印象があるかどうかはちょっと疑問ですが。インターネットブラウザはジョークレベル。社員はこれで納得してるの?


>あああ さん
様々な要因を考えると、超高性能路線も取りにくかったのはわかるんですが、半端な時期に半端な内容のハードを出してしまったのは確かですよね。というより、ゲーマーやサードパーティに対して、「HDにすれば、お前ら文句ないんだろ、以上!」と逆ギレして叫んでいるような、稚拙な印象。「ディスクにすれば文句ないんだろ、以上!」と逆ギレしていたゲームキューブのようなイメージです。


>ケイン さん
1人1台、VITAがあれば十分、
1家に1台、iPadがあれば十分、
という内容でしたね・・・・。

テレビ画面にWebサイトがあって、手元の画面で拡大表示するルーペ機能も、意味がわかりませんよね。手元にiPadがあれば十分でしょ。解像度はそっちの方が良さそうだし、画面も大きい。

そもそも普通のWebサイトは家族みんなで見るような内容じゃないでしょう。そもそも搭載ブラウザだって、毎度毎度しょうもない仕様だし。要するに本気で言ってないんですよ。「今時の機械だから、Webサイト見れます、ぐらい言わなきゃいけないのかな? ・・・・はい、見れます、見れます。どう?」みたいな。HD性能にしても言えますが、本当にこの機能や性能が必要でつけたのか、商売の都合でつけたのか、よくわからない。何も伝わってきません。

広くて深くて・・・・みたいなご大層なテーマだけは掲げてますが。「世界平和」と叫ぶぐらい、空虚なスローガン。ゲーマーとサードパーティを黙らせるために仕方なく付けました、という印象で、任天堂自身がワクワクしてないでしょ。だから、あんな間に合わせ感あふれるデモばかりになる。3DSの頃からその兆候はあったけど・・・・「遊び」にこだわるなら、もっとちゃんとこだわった方がいい。半端な事ばっかりやっていて、悲しいですね。

今回のWiiUは正直4つの剣の時のGBA連動と印象が被ります。
4つの剣だとプレイ環境整えるのが大変だったのでそれよりは敷居は下がった。
無線になったのも進歩はしている。
しかし手元に画面があってもそれほど遊びの幅が広がらないのは4つの剣で学べなかったのかなと思います。

WiiUコントローラの接続数も4つ繋げたとしてもコントローラは表示するだけらしいので、描画の負担は本体に掛かるわけで、TV画面HD1枚とコントローラがSD解像度としても4つだとHD2画面分くらいの画面描画が必要になるのでメイン画面の品質が割りを食うだけでしょう。

次世代はまた失敗したとしても、それを教訓に次次世代で奇をてらわない高性能路線に回帰してくれればそれでもいいかな。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。