Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂業界の衰退スピードが異常な件

いよいよE3が迫ってきましたね。

ゲームファンにとって一番気になるのはなんと言ってもNGPでしょう。ラインナップ、発売時期、本体価格など、気になる所は多いですよね。とはいえ、E3は海外のショウであり、その後も東京ゲームショウを含めてイベントが他にもあるため、どこまで全貌が公開されるかはSCEの露出戦略次第でしょう。

PSP市場の好調さと3DS市場の失速により、国内の業界においてはNGPへの期待感が一段と高まっています。NGPとスマートフォンにこそ未来がある、という感じですね。会う人、会う人、失敗例としての文脈でのみ「3DS」という言葉を口にしており、新しい企画が立ち上がると聞くのはPSP、NGP、スマートフォンばかり。

3DSはこのままだと、2008年後半以降のWiiのようになりますね。
すでに動いている案件はともかく、新規の案件は非常に立ち上がりにくく、来年はともかく、2年後の再来年のラインナップが心配になります。

Wiiの場合も、2008年後半に各社がWiiは駄目という認識を持ち始め、2010年にはソフトラインナップが一気に減りました。ユーザー目線では『428』などの新タイトルが発表され、Wiiだってゲーマー向けのソフトが出てくるんだと、一部のファンが盛り上がっていましたが、その頃業界ではすでにWiiはヤバイという認識が広がり始めていました。

夏の商戦は『時オカ』でしのぎ、年末は『マリオ』や『カート』で伸ばすとしても、それでサードパーティ市場が拡大する見込みは薄く、下手すると今年度いっぱい、「3DSは様子見」というムードが続きかねません。NGPが盛大にコケれば、そりゃ風向きも変わるかもしれませんが、そのままスマートフォンとソーシャルゲーム一色になりかねない恐れのほうが現実的です。


戦略がずっこけたことを素直に認めて、立て直しのプランをサードパーティ各社に説明し、協力を求める。そういう姿勢が必要でしょうね。

とはいえ、一方で任天堂自身のソフトが悪いという見方もありますよね。DS、Wiiの頃の任天堂は「外交」は酷かったものの、強力な自社タイトルでハードを牽引していたわけで、3DSに至ってはそれさえ無い。ビジネスモデルが優れているわけでもないくせに、貧弱な自社ラインナップを平然と並べている現状では見捨てられて当然。

そもそもサードパーティのソフトが売れないからといって、自社ラインナップを減らしますというのは傲慢な考え方ですよね。ユーザーの事を何も考えてないわけで、世の中を舐めすぎです。まあ本当に「いつでも出せるけど、出してない」のか、「開発が間に合ってない」のかは知りませんが、3DSがこうなってしまうと、疑念と冷笑だけが残りますよね。

新ハードの立ち上げで台数が少ないからリスクが大きいのはその通りでしょう。初期の小さな市場をファーストパーティが根こそぎさらっていくのも好ましくはないかもしれません。しかし本来、そういうリスクは、新しい需要をさまざまに開拓するとか、最初の1年だけロイヤリティーを軽減するとか、そういうスキームで解決するのが普通の考え方ですよ。できて5年、10年のSNS屋だって、それぐらいの知恵は回るわけで・・・・。

任天堂のプラットフォーム事業については、岩田社長以外の、まったく新しい顔が必要でしょう。「開発者」が必要なのではなく、「ビジネスマン」「スポークスマン」が求められるわけで・・・・元ドコモの夏野氏クラスとまでは言いませんが。


ネットサービスに関しても同様で、まったく駄目。
3DSのWebブラウザの仕様は石器時代レベルのシロモノで、スマートフォンがこれから普及する2011年の仕様とは到底思えません。また、うちのコメント欄でも、意見が出ていますが、ネット関連についての自慰的な「社長が訊く」は逆効果の極みでしょう。

他社のサービスを使っている人も少なくない中、他社より数年遅れて機能を実装している時点で情けないし、苦労話を語られても苦笑するほかありません。新規性あふれる、画期的なソフトを作っている人達がどうやって物作りをしているんだろう?という好奇心をうまく突いたのが「社長が訊く」だったはず。他社より劣った部分をさらけ出して、いったい何がしたいんでしょうか?

ああいう物を見て、ネットワークに強い優れたエンジニアがどう思うか。任天堂に入りたいとか、任天堂と一緒に仕事がしたいと感じるんでしょうか? 遅れているなとか、かっこ悪いなと思うだけでは? ソーシャルゲーム関連の企業が高額で人材獲得をくり広げている中、ああいった露出の仕方は哀れでさえあります。

ジョブズがiTunes Store作った人達とあんなこと話してる光景を見せますか? グーグルだって、facebookだって、Amazonだって、日本のDeNAやGREEだって、そんなどうでもいいことしないでしょ。さらっとかっこよく動けばそれで十分な物を、延々と苦労話しちゃうのはひどくカッコ悪い光景です。

というより、岩田社長は元々プログラマだったというブランディングなんですから、先端的な技術をわかりやすく語るとか、遊びへの面白い応用を示す場にのみ出てくればよく、他社よりはるかに劣った技術を語る場に出てくるべきではないでしょう。別段ネットサービスでヒットを出した経験もないんだし。

ああいう場に出てきてしゃべるたびに、「この人、実は何もわかってないんだな」感が増していきます。そういうのはね、すでにネット業界でキャラが確立しているはてなの近藤社長あたりにお願いして、かわりに訊いてもらえばいいわけですよ。

いや、まー、ハード性能の低さが原因であって、ネット関連のスタッフは決して能力不足ではない、と言いたいのかもしれません。でもあの見せ方は、「能力不足を自覚しない時代遅れの人達」という演出ですよね。本当は能力があるのだとしたら、あんな小芝居でくだらない事を言わされて、まったく可哀相な話です。ネットにはネットの見せ方があるという事を勉強したほうが良いでしょう。

それにしても、ネット系ベンチャーに夢を見せるみたいな事が本当にできてないですよね。DSバブルとWiiの序盤、新しいエコシステムを作るチャンスが少なくとも2度あったのに、どちらも見逃してしまいました。任天堂全体の収益からすればゴミみたいな金額で、お祭り感を演出することもできただろうに。


スポンサーサイト

コメント

>そもそもサードパーティのソフトが売れないからといって、自社ラインナップを減らしますというのは傲慢な考え方ですよね。

これは本当に任天堂も勘違いしてるなと思うのは、
wiiやDSで大ヒットソフトのヒット要因が中身の面白さでうれまくったと思っているところですね。
もちろん中身がないソフトばかりだったとは言いませんが、
CM攻勢や世間のブームに助けられたハード普及による「とりあえず任天堂ソフト需要」による比率がかなり大きかったんですよね。
ブームが去って残ったのは結局のところゲーマーなわけで、
そういう層から現状の任天堂に求められているのはもっと金を掛けた大作のゼルダやマリオやカービィであり、
64リメイクでお茶をにごしたり、売れもしない潜水艦ゲームではないんですがね。
まぁ、その結果が3DSからのゲーマー&サード離れになっているのでしょうけど。

>「任天堂のソフトに客が流れてサードが売れなかった→自社のソフトを最初は控えよう」

もし任天堂がDSと違いWiiの市場が繁栄しなかったのを自社のソフトばかりが売れてしまったからだと分析しているのなら
任天堂社員の無能さはヒドですね

DSとWii、これって同時期に出た任天堂ハードですし結構似てると思われてるけど実は結構違う

まずDS、
これはサードも繁栄しましたが前世代のGBAと比べて性能は確実に一世代上ですし「次世代」と分かるものでした(PSPもあったけどDSでも十分進化してた)
独特なインターフェイス、2画面や、タッチパネルなど、これらはユーザーの体験を制限することはなくタッチパネルはむしろ後々様々なデバイスで使われるもので方向性はあっていた

一方のWii
これは性能的にはGCであり何の「次世代」感もない、インターフェイスは従来のものを捨てており制限をかけるものになっていた(新しい体験も生んだが失ったもののほうが結果的に多かった)

こうやってみてみると、割と同列に語られることの多いWiiDS世代ですが結構違うんですよね
DSはサードが自分の力を発揮しやすかったのに対し、Wiiは違う
単に任天堂のソフトのせいで売れないどうこうの次元ではないことが分かる

あとプラットホームの設計思想もあれですね

ソニーMSはいかに「プラットホーム」として成功するかを考えてる、要はその時代時代の技術的トレンドを見据えてる
一方任天堂はいかに自分たちが新しい体験を与えられるか、つまり任天堂自身に最適化されたハードを出していていわゆる「プラットホーム」としての成功を相対的に軽視しているように思う

その設計思想の違いが今の現状を生み出したんでしょうね



あと3DSの爆死ですが結局DSと比べれば次世代機だけど、PSPが存在している現状3DSは大して進化をしているようには見えない
もしPSPがなければ3DSはもっと売れていたと思う

単に勝ちハードの後継機と言ってもPS→PS2のときとDS→3DSの時とじゃ市場環境、比較対象の有無が違いすぎる

>DAP さん
> もちろん中身がないソフトばかりだったとは言いませんが、CM攻勢や世間のブームに
> 助けられたハード普及による「とりあえず任天堂ソフト需要」による比率
そうなんですよね。
冷静にマーケットを見ていれば、『脳トレ』以後、右肩下がりだったのは明らかで、その実用性路線について無批判なまま、Wiiチャンネルにつなげてしまいました。Wiiチャンネルの失敗はこの時点の市場分析の甘さにも一因があります。

『脳トレ』系は、脳トレの設計をうまく共有し、UI等の作りも似たものが多く、短期間で一定以上の品質のソフトが揃いましたが、同時に飽きられやすさにもつながりました。それでもDSはサードパーティが付いてきたので、多様化に成功し、市場の持続を生みました。

しかしDS市場も長く引っ張りすぎて、減衰を起こしていた矢先に、DSとあまり代わり映えのしない3DS投入で、限界が露呈してしまいました。市場の受け止め方として、3DSはゲームボーイカラーに近いのかもしれませんね。GBAにすら届かないのかなという印象も受けます。

打ち出し方は次世代機だったのに、市場からの評価はアップグレードバージョンというのは悲惨すぎる裏目です。同情しますよ、ホント。

>64リメイクでお茶をにごしたり、売れもしない潜水艦ゲームではないんですがね。
64リメイクも、ローンチに出てきて、夏の商戦からは新機軸が揃ってくるなら、まだマシでしたが・・・・。

『スティールダイバー』は元々DSi向けに作っていた事もあり、価格も1000円安くてもよかった気がしますね。どうしてハード初期に出すのかもよくわからないし。ソフトの作りは良質でも、初期ソフトという品揃えの中での商品パッケージとしては微妙でした。今回任天堂はソフトラインナップを仕切る人がいなかったのかな、と思うぐらい、稚拙ですね。DSとWiiはあれだけ考えていたのに・・・・。


>ぽんた さん
おっしゃるとおり、DSはGBAから1世代進んだ性能でしたね。Wiiは本当に愚かな選択をしたハードでした。PS3やXbox360程の性能は不要でしたが、いくら何でもあれは低すぎます。せめて現状の3~4倍の性能と最低限のシェーダー対応があれば、後半のタイトルももちっとマシな映像で戦えたんでしょうが。

結局、任天堂の今のさまざまな問題は、DSの成功体験でスポイルした事が祟っており、成功体験しか知らない若手を始め、経営上層部あたりがまともな判断をできていないのが元凶のように思えます。閉鎖的なムラ社会型企業の弱点が出ました。

「○○年後には△△という時代になっているだろう。だから、このハードにこれだけの性能を持たせた。」
といった話をソニー関係者の方から聞いたことがあります。
例えばPS3なら、PS3が出るころには「今という時間を多くの人と共有する時代になるだろう」といった感じです。
なるほど、確かにそうだなと思います。


さてさて、3Dの時代は来るのでしょうか。
何回か言ったことがあるような気がしますが、ただ飛び出す絵本的に見えるだけじゃなにも面白くないですよね・・・。


そんなことよりも、ソニーグループ全体がハッカーに狙われているみたいですが・・・。とにかくソニーにはセキュリティの強化をがんばってもらいたいです。

いまの任天堂は、正攻法という言葉を忘れたかようですね。まあ、任天堂がはじめたゲーム業界も当初はニッチ産業でした。それがあまりにも大きくなりすぎ先端技術が必須になってきたゲーム業界ではもう任天堂の枯れた技術を使うという経営モデルが疲弊しています。

任天堂はゲームソフト屋であり、ハードは販売を独占している商社ビジネスみたいなもの。先端技術を自ら作ることができないのが最大の弱点。だから、先端技術を駆使した正攻法はもうできなくなっています。戦力差を埋める奇襲戦法しかできない状態です。

DSは、王者だから基本性能を1世代あげて3D(立体視ではなく)化するだけで十分勝ち目があったけど、ソニーがPSPという2世代をすすめたマシン(このためにスクエアの和田さんには嫌われた?)を出したために、その差を埋めるギミックとして2画面やタッチが必要になってきました。
Wiiは、PS3やXBOX360の性能の向上に完全においていかれたために、リモコンというギミックで対抗しました。
でも、これらのギミックも本当は半導体大好きのクララギさんがはやめに発表してくれたために、十分に相手を研究できたからこそ成功した奇襲戦法です。結局は、正攻法の物量戦になると第二次大戦のアメリカと日本みたいに戦力差で如実に現れてすぐに劣勢になりましたね。

任天堂は、一からプラットフォームビジネスというのを勉強すべきでしょう。いままでは、ゲーム業界はニッチ産業で強者が一度決まるとその周りにサードが集まるという一強皆弱の構図でしたが、いまは、一強に支配されない時代になりました。まさか、勝者が逆転をされるような時がこようとは。だからこそ、プラットフォームビジネス(ネットビジネスは最たるプラットフォームビジネスだから)として再度正攻法でビジネスできる力をつけるべきですね。まだ、余力があるうちに。
最近低下し始めているけど、まだ強い力があるゲームソフトの開発力もなくなったら、後がなくなります(旧IPのリメイクに頼りすぎだし、新規IPの開発力もだめ)。

ブラウザ

確かにいまさらNetFrontはないと思う。

日本のガラケー批判は的を外していることが多いが(おさいふやワンセグ、赤外線は
先進的だった)、i mode/ez webなどを標準より貧相な独自Web仕様に押し込めた
元凶はNetFrontの制約によるところが大きい。

本気でスマフォと戦うつもりなら迷わずWebkitベースのブラウザにするべき。
ここのあたりに任天堂のネット戦略の弱さが見て取れる。

64がゲーマーにも好評だったからって今の時代に同じものを出してもマンセーされるわけじゃない
ハードを変えても同じゲームを焼き直すばかりじゃゲーマーどころか信者にだって見はなされる

>KKK さん
PS3はビジネス的な観点でいえば、実際の所、Xbox360あたりと比べると、設計バランスは悪いと思いますが、Wiiに比べればトータルでは良い機械になりましたね。理想的には、BDを搭載して、プロセッサ設計がXbox360で、製造とデザインがソニーのPS3、という機械でした。

ファームウェアと本体内蔵ソフトについては、任天堂は本当に技術が低すぎるので、困ったものです。玩具屋的なセンスがいかせるインターフェイス周りは別格として、アーキテクトが駄目というのは、任天堂のゲーム機に共通しており、プログラマ経験のある岩田社長もその点はわかっているのかと思っていたのですが、まったく改善が見られない所を見ると、勘違いしているのかもしれませんね。

任天堂はネット企業におけるCTO的なポジションが不在ではありますが、そろそろそういう人物を置かなければ、最先端で戦うのは無理でしょう。申し訳ないが、岩田社長を始め、他の技術系・開発系役員では、バランスの適切な性能設計を判断できない事は、Wii、3DSで証明されてしまいました。


>まう さん
> 最近低下し始めているけど、まだ強い力があるゲームソフトの開発力も
> なくなったら、後がなくなります
ウェルメイドなゲームを丁寧に作る力や余裕はまだありますが、巨大なゲームを開発する力はちょっと感じられなくなってしまいましたね・・・・。そもそも作ってないので仕方ないのですが。

しかし自社内で、そのクラスのソフトを作っていない事が結局、サードパーティの開発が求めている事への致命的な無理解につながり、Wiiと3DSでは実に馬鹿げた設計になりました。

別に巨大なソフトを作る事が偉いわけでもないし、ビジネスとしてバランスが良いわけでもないでしょうが、1本、2本はそういうチームを持っていなければ、トータルの判断は下せないのですよね。

少なくとも、N64当時の日本は巨大なソフトウェアを作れるスタジオは持っていたわけで、世界でも最先端といっていいゲームを世に送り出していました。だからこそ、あの当時のゲームを伝説級の圧倒的に高い評価をしている人達がいまだにいるわけですよ。

技術競争を続けるのが正しいとはいいませんが、1つ、2つはそういうチームにトップガンゲームを作ってもらう必要はあるでしょう。お金が無い企業でもあるまいし。


>がくと さん
3DSのブラウザ選択は本当にひどいですよね。
誰が決めたんだろう? 即日クビにした方がいいと思うレベルですよね。時代遅れ感というか退化した印象を与えるのが目的なんでしょうかねえ・・・・。3DSに関しては、真剣に理解不能なジャッジが多いのですが、その中でも最大級のミスジャッジですね。


>ポポ さん
> 64がゲーマーにも好評だったからって今の時代に同じものを出してもマンセーされるわけじゃない
そうなんですよね・・・・。
リメイク自体は別に否定しませんが、新作が出てこなければ、何の意味もありません。その新作にしても、近年は同じ型を使い回しているような続編が増えてきている印象があり、心配になりますね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。