Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式の引退宣言。そして・・・・

任天堂が公式に「Wii後継機」の発売を認めました。
決算が悪かったため、少しでも良い材料を出しておきたかったのでしょうね。
【速報】任天堂、Wii後継機の発売を正式に認める 2012年発売決定

まあ3DSがうまく立ち上がっていない状況で、据置機の話をされても、ゲームファンにとっては困惑するだけ、ゲーム業界人は苦笑するだけでしょうが・・・・。とはいえ、Wiiの状況は放置もできず、何か発表せざるを得ないのも確か。

岩田社長『3DSの盛り上がりが一回冷えてしまい、われわれはゼロからのやり直しだと思っています』
そして3DSのローンチについては、事実上の敗北宣言とも取れる発言も見られました。巻き返しが秋からになるという見解のようで、極めて冷静にマーケットを見ています。

カジュアルユーザーの間で流行させることができなかったし、ゲームファンからは見限られつつあり、評価を回復するには一定の時間を要するでしょう。少なくとも国内においては、ゲームファン向けのソフトはPSPとNGPという流れで進むでしょう。今任天堂に求められているのは、カジュアルユーザーをまず取り込む事であり、ゲームファンの取り込みはその先の課題です。順番を間違えることなく、着実にマーケットを築かなければ、それこそ足場を狭くしてしまう危険性も・・・・。


3DSとWii後継機の世代では、携帯機と据置機の両分野で大きくシェアを落とす恐れも出てきました。とても悲しいですね。胸が張り裂けそうです・・・・。

しかし冷静に振り返ってみると、悲しいものの、まあ天空のお城がどうなろうと、別段、天空を仰いで信仰する人達が騒ぐだけで、地上に暮らす大部分の人達には実はさほど影響は無いような気がします。ゲームファンにとって現在はPSPがあればよく、サードパーティにとってもWiiはほぼ不要ですよね。


スポンサーサイト

コメント

Wii「後継機」ですかー・・・うーん・・・。
意見はそれぞれでしょうが個人的にはWiiとの関連性は切った方が良いかと思います。
言うまでも無くWiiは実売では大成功したハードですが、ゲーマー(サードパーティー)マーケットにおいて大失敗したハード。その性質をヘタに引き継ぐと最初からイメージ的に悪くなるのではないか、と。
体感ゲームが今も盛況なら話は別ですがもう終わってますし。
どんな物になるかはわかりませんが心機一転した物が見れると良いなと思います。

>今任天堂に求められているのは、カジュアルユーザーをまず取り込む事
「マリオー!早く来てくれー!!」のAAが流行り?らしいですが、結局3DSユーザーの望んでいる物って任天堂の定番タイトルってことなんだなーと改めて感じました。(ネットでうるさいだけかもですが)
別にマリオとかで普及台数を稼ぐこと自体は悪いことではないでしょう。任天堂に足りないのはその先。台数を稼ぐだけ稼げば結果は自然とついてくる、という姿勢が問題だったということ。
そうして考えてみると、「自分たちが遠慮すればサードのソフトが売れる」という考え方は、根っこの部分で何にも変わっていない・・・とも感じてしまいます。

今は市場が細分化していて、各ハードメーカーの「イメージ」が定着してしまっている状態。その状態で「すべてのユーザー」を取ることは無謀にも等しいくらい厳しい。(ライバル社が盛大に自爆でもしない限り)
それをふまえて今後の目指す未来、方向性を改めて定める必要があります。
NGPが明らかにゲーマーをターゲットにしているのに対し、3DSはソフトの半端さもあってフラフラしている感じがするので。

>唯一 さん
個人的な印象としては、任天堂は結局、ファミコンからWiiに至るまで、サードパーティへの政策方針を一度も変更したことはないんですよね。自分達がハードを普及させれば、勝手についてくるもんだと思っている。その前提条件が崩れたのがWiiで、おそらく任天堂上層部はいまだにその現実を認めたくない。

混乱のあらわれが3DSで、SCEをまねて一緒にやっていきましょうモードを示そうとしてますが、まあ、具体論が無い(苦笑 結局は、「最大普及機の後継機様のお通りだ!ついてこいや!」というやり方。すると「DSの後継機」というオーラ、いえいえメッキが剥がれ始めると、皆さん、動き方が変わってくるという・・・・。

まー、良くも悪くも、3DSは震災という言い訳ができてしまったのが任天堂にとっては良くないですね。これで「震災さえなければ」と現実逃避できてしまい、本質的な反省がなかなかできない。無論、震災がなければ、ここまで酷い状況ではなかったでしょうが、PSPが堅調なのを見れば、何でもかんでも震災のせいにはできない。

国内については、ゲームファンに見限られたのは大きいですね。ゲームファン向けのソフトについては、Wiiと同じ末路をたどるコース・・・・。海外は価格次第でまだまだ伸ばせますが。

任天堂自身からもハードを引っ張るようなタイトルが出てない理由って何なのでしょうか。
ソフトがないとハードは売れないって当たり前の話だと思うのですが。

2012年ですか。
wiiは2006年発売なので、そこから6年ということになりますが、発売から3,4年でwiiの市場は終わってるので、wii後継機発売は今年でもいいのではないかと・・・。

3DSは、出だしにちょっとつまずいた、ぐらいならいいと思うのですが、今後も今と同じような状況だと良くないですね。

任天堂は完全に焦って進むべき道を見失っている
ハードを代えればゲームの売れ行きが良くなるのではない
市場は作り育てるもの
なぜ今PS3とPSPが売れているのかをしっかり考えなければならない
絶対的なスペックが高かったと言うだけではない
地道にサードとの連携をし自前でも品質の高いゲームを作ってきたから
今になって任天堂とソニーで勢いが完全に逆転しているのである

売れなくなったらすぐにハードチェンジ
出すのはいつもの定番ソフト
それが一巡したらハードチェンジ

これではサードがゲームを作りこむ余地がなく手抜きばかりになり
ユーザーもせっかくハード買ってもすぐに新型が出てはついていけない

5年前には言われていたことだが当時は売れれば何ぼの精神で
任天堂も信者も全く耳を貸さなかったがその代償が今はっきりと現れているのである

>カラタチ さん
3DSらしさを感じられるタイトルが出てこないのは残念ですね。
touch generationsのような新しい試みも発表されておらず、怠惰な印象。


>KKK さん
Wiiは後半のタイトル数の減少の仕方がよくなかったですね。
実際の期間よりもかなり短命なイメージが・・・・。


>ポポ さん
PSPのような長寿命なプラットフォームが成り立ってしまうと、今の任天堂はサプライズの焼き畑農業のように見えてしまいますね。3DSもゲームファンから「PSP並み」と評されて、まあ、それは実際よりも恐ろしく低い評価ではありますが、何故そういう低い評価をされてしまうのか。そこを考えないといけませんね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。