Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普及台数至上主義が完全に終了。そして未来は見えた。

人が集う場はすべてが“プラットフォーム” 既成概念を捨て新たな成長戦略を描くカプコン
『モンハン tri』をWii向けに発売したカプコンも、ついに普及台数至上主義から脱却したようです。解脱に乾杯!
 ただし、プラットフォームの選択に当たっては、これらすべてに均等に移植するという話ではなく、マルチプラットフォームという基本戦略をベースとしつつ、その後のビジネスの広がりが期待できる可能性を持つハードを見極めて、コンテンツを投下していきます。

 ここを間違って、単に普及台数が多いハードにコンテンツを投下するようなことをしてしまうと、せっかくの企画がハードにマッチせずにヒットしない状況となる恐れがあるわけです。普及台数が多いからといって、そこに出したゲームがヒットするという時代は遠い過去のものですからね。
PSPで発売された『モンハン ポータブル 3rd』の売上が、国民機だったDSで発売された『ドラクエ9』を抜いたこともあり、普及台数が重要なのではなく、どういうユーザー層がマーケットを支えているかが大切、という理解が浸透していったのでしょう。現状のWiiマーケットも、こうした変化を象徴しています。

普及台数至上主義は終わったと書き続けてきた僕も、正しい理解が業界に浸透していって良かったと思いますね。DSという超巨大プラットフォームの幻想を背負った3DSも、夢や幻が雲散霧消して、所詮GBAの孫にすぎないという実態が明らかになりつつあります。

DSとPSP、WiiとPS3で、客層が完全に分かれたように、3DSとNGPもユーザー層が分化していくことでしょう。ネットの各地のユーザーの正直な意見を見ればわかるとおり、既に現時点でユーザー層は分かれています。

NGPはゲームファンに支持され、3DSは任天堂ファン系ゲーマーと子供、そしてカジュアルユーザーに支持される。しかしカジュアルユーザー層はソーシャルゲームやスマートフォンにどんどん食われているので、サードパーティがカジュアルユーザー向けにゲームを出しても、そこまでの市場はありません。

強烈なブランドパワーをもつ任天堂タイトルのみが売れていき、結果的にサードパーティのカジュアルユーザー向けのソフトは早期にシュリンクしていきます。後に残るのは「GBA+GC」程度のマーケットなのでしょう。

そこまでは見えた世界。
熱狂的な信仰心をもった人たち以外は、そこまで見えています。


スポンサーサイト

コメント

3DS販売したばかりなのに、開発中止するソフトが続々出ていますよね。
普通なら考えれないことです。
俺には3DSはなんとなくやばい匂いを感じます。
このまま任天堂がやばくならなければいいんですがね…。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。