Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転の感想

fc2ブログに引っ越してきて、約2週間経ちました。
アクセス解析を見てみると、読者の方々の移行はほぼ終わった感じです。リンク経由で飛んできているアクセスも大部分、移行していただけたようです。早速リンクの修正をしてくださったサイトの管理人の皆様、ありがとうございます。

■ハルヒはいまだにアクセスが

以前のブログへのアクセスもまだありまして、何気に多いのが中華系の掲示板とWikipediaからのもの。どちらも「涼宮ハルヒ」関連の記事に飛んできています。ハルヒ関連へのアクセスは、本当にロングテールですね……。

Wikiのような知識をストックしていくタイプのメディアは強いなあと思います。今まで「まとめサイト」の類を作ったことは無いんですが、更新の労力に対するアクセス数の効率が良さそうなんで、ちょっと興味が高まってます。

■Unreal Engine関連のアクセスも

あとはPS3fanさんのコメント欄から、Unreal Engineについての記事に飛んできてました。コナミがPS3で発売を予定していた『コーデットアームズ・アサルト』が発売中止になったという噂が流れていて、もしかするとまたもやUnreal Engineが原因なの? と推測されているようです。

『コーデットアームズ・アサルト』はUnreal Engineを採用していたはずなので、『フレームシティ』に続いて2本目という事になります。開発中止の要因は色々あるのでしょうが、Unreal Engineによる開発の遅れも影響していそうです。FPSのエンジンを使ってFPSを作れなかったのはちょっと凄い事態ですけども。
(ナムコ、コーエー、コナミで「Unreal Engine被害者友の会」を結成したらどうですかね……。)

Nao_uの日記 2006-09-24 TGS
ゲームショウの時点でフレームレートがやばめだったようで。やっぱり最適化不足でしょうね。

ARTIFACT@ハテナ系 PS3の『CODED ARMS ASSAULT』発売中止
開発中止についてのまとめ記事。

誤解してほしくないのですが、ボクはUnreal Engineを単純に悪者にするつもりはまったくありません。最終的には使うと決めた側、使う側の責任です。またゲーム開発の責任は当然、プロジェクトを実行する開発チーム自身にあります。

しかしゲーム業界では、商用エンジンの良い点ばかり過大にクローズアップされていた時期があり、その悪影響が次世代機の発売とともに表面化しているのも事実。問題点を指摘する記事がネット上に存在する事は、意見の多様性と公平性という点で、価値があると思います。ボクは直接の被害者ではありませんが、現場の本音も必要でしょう。(次世代ゲーム機における日米の温度差


■fc2ブログに移行して良かったこと

移行先は、はてなやアメーバブログも検討したんですが、はてなは閲覧者の側の感想としてちょっと重い印象で、アメブロはメンテナンスの頻度が多い感じがしました。

1.サーバーが軽い
劇的なスピードアップです!
他にもいくつかのブログサービスを使った経験があるのですが、体感速度では今の所いちばん速いです。xreaでMovableType使ってましたが、サーバーにかかる負荷が全体として重くなったのか、秋頃から動作が全般的に遅くて、非常に辛かったんですよね。スパムトラックバックとコメントが多かったし……。

2.ケータイでの閲覧が可能に
携帯でアクセスすると、ちゃんと携帯バージョンが表示されます。以前のブログでも携帯で見に来ている人は少数ながらいたんで、地味に需要があるんだなあ、と。文章量が多いから、携帯で読みやすいわけではありませんが。なおアマゾンとbk1のアフィリエイトは対応できてませんので、ご注意ください。

3.fc2のサービス 足あと機能
fc2ブログのユーザーに限りますが、足あと機能で、訪問者がわかるのが面白いですね。(訪問履歴を残さないオプションも選択可能)

4.fc2のサービス ジャンル、タグ
ブログのホスティングサービスだったら、当たり前の機能なんでしょうが、こういうエントリーを相互に繋げるサービスがあると、アクセス数のロングテールが期待できてありがたいですね。

上記の利点はホスティングサービスを使っている人には当たり前なんでしょうが、今までは主に自分でブログツールを入れていたんで、なかなか新鮮でした。
スポンサーサイト

コメント

XBOX360とPS3両方遅れたのが意外でした。
ホバリングマシンのレースなんて10年ぐらい前からあるネタで、そんなに開発が難航するような内容にも思えないんですけどね。今頃そんな企画が動くこと自体、よくわからないぐらいで。

リアルな町並みや、接地した時の挙動を作れない時代に、スピード感を追求して、荒いポリゴンでも気にならない設定、というのが『SF系レースゲームの利点だったわけです。だからハードの進化が上がっていくと、だんだん優位性も無くなりましたし、売れなくなってきました。その手のハイスピード系の派手な楽しさは、『バーンアウト』あたりに引き継がれた感じですかね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。