Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常事態が起こると、各社の意識の違いが鮮明になるね。

早速、ゲーム機メーカーの姿勢の差が鮮明になりつつあります。
PS Storeで義援金アイテムとして、テーマの販売が開始されました。
【PS3】北米および欧州ストアにて日本への募金を行えるテーマを販売開始

DLCは少額でも手軽に寄付ができ、ゲーム業界が社会貢献できる良い手段です。

スマートフォンやソーシャルゲームでは積極的にチャリティーアイテムの販売が行われており、既存のゲーム機メーカーの対応の遅さが悪目立ちしていましたが、さすがSCEは動きが早いですね。本社が東京にあり、最も被害の大きい企業でもあるため、危機意識がグループ各社に適切に伝わったという事かもしれません。

マイクロソフトと任天堂はいまだこのような動きを見せていません。意識の低い2社はまず、自社のダウンロードマーケットでチャリティーアイテムの販売を開始してほしいものです。特に任天堂は日本企業なのだから、意識の低さが際だちますよ。


また今後はサードパーティ各社のチャリティーアイテム販売を支援していただきたいもの。前回の記事で書いたとおり、mixiを始めとするソーシャルメディアでは、サードパーティが販売している義援金アイテムについては、ロイヤリティーを取らない方針が当たり前です。

チャリティーコンテンツにも通常のコンテンツと同じルールを適用するのは、常識で考えれば、あり得ません。人々の善意に基づいて売上が上昇し、そのあがった売上から利益をむさぼる。そういう義援金商法はゲーム業界の恥でしょう。ソフトメーカーが血と汗を流して貢献しているのに、ゲーム機メーカーがあぐらをかいて、チャリティーアイテムから利益をむさぼっている光景は悲しい。

無料ゲームは質が低いと断じるのはかまいませんが、その低品質なコンテンツばかりのプラットフォームに対して、社会貢献で大きく負けているのは恥ずかしくないんでしょうかね? チャリティーへの協力もできないダウンロードマーケットの、課金プラットフォームの、何たる、本当に何たる、無様なことか。

課金機能をもったサービスは、例えばpixivのようなゲーム機メーカーよりはるかに小さなベンチャー企業でさえ、寄付機能は提供しています。

プラットフォームとして当たり前の事ができない、やる気も無い。存在意義という点で、まったくもって恥ずかしいですね。そんな企業が常日頃、デジタルディバイド(笑)の解消とか、人々の役に立つとか、幸せにするとか、笑顔にするとか、いけしゃあしゃあと言ってるわけで、タチの悪いジョークにすぎません。

ゲーム機メーカーがロイヤリティーを徴収するのが当たり前で、そこにはいかなる例外も存在しない、なんてのは、ゲーム機業界の狭い常識にすぎません。新興企業のmixiあたりでさえ、社会常識はわきまえています。くだらない過去の慣習にとらわれず、チャリティー目的のコンテンツはロイヤリティーを徴収しないという新しいスタンダードに従い、社会的な王道を歩んでいただきたいものです。
参考:【追記】義援金アイテム販売のルール(mixi)


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。今回のエントリに対してコメントさせて頂きます。

被災地に対する支援の仕方は人それぞれです。
それに対して、「他の企業の支援方法に合致しないから非難する」のは
褒められた行為では無いと思います。
自分自身が行った支援に対して非難されたらどういう気持ちになるか考えて頂きますよう、
宜しくお願いします。

正しい批判を受ければ、当然、ありがとうという気持ちがわくのではないでしょうか?

そもそも、個人のチャリティーの仕方を問題にしているのではなく、企業でさえなく、プラットフォームを問題にしています。

プラットフォームホルダーは、自社がチャリティーアイテムを売らないにしても、チャリティーアイテムを売りたいというサードパーティがあらわれた時に、「うちの考え方とは違う」と拒否するだけでよいのでしょうか。それは誉められた態度でしょうか?


また、今回取り上げた問題は、義援金商法です。
各企業の義援金の金額の大小などを論じているわけではありません。

500円のチャリティーアイテムを購入した時、ユーザーは500円全額が寄付されるのを期待します。しかし仮にロイヤリティーを3割として、150円がプラットフォームホルダーの利益になるのだとしたら、がっかりですよね。

善意によってチャリティーアイテムを販売するサードパーティ、善意によって購入するユーザー。そして通常どおりロイヤリティーを徴収するゲーム機メーカー。この構図は、「被災地に対する支援の仕方は人それぞれ」で済む問題ですか? 支援する/支援しない、ではなく、善意から利益を得ているだけです。

こういった義援金商法は批判されても仕方ないと思います。

北米、欧州のPS blogでもこれについての記事がアップされているみたいですね。
PSユーザーのコメントも色々とあるみたいで、

「こうやって簡単に寄付できる方法を作ってくれてありがとう」
「すでに寄付していたけど、○○ドル寄付してきた」
「PSストアに入ったらこれを見つけて寄付した」

などですが、
「SONYよくやった」、「SONYすばらしい」
といったコメントが多いようです。

ちなみに、このお金はそのまま赤十字の方へ送られるようです。

日本でもこのテーマが欲しいという声があるようですが、そもそもSCEJ自体こういったことを行える状況なのかどうか心配です。

初めてコメントします。
なかなか興味深い記事ですね。

私個人の考えを申しますと、
チャリティーのDLCをやることは皆が幸せになれる、
そういう選択肢だと思います。
もちろん、そのDLCがユーザーに望まれる物である、などの条件は付きますが。
(さすがに「募金したかったらたとえ欲しくなくてもこれをDL購入しろ」みたいな押し付け型だと最低です。)

ユーザーはチャリティーDLCを購入して欲しいものをDLできて満足な上に、
社会貢献までできるから心理的に良い気分になれてさらに満足。
プラットフォームホルダーやサードはサーバーの用意やDLC制作の手間はあるものの、
ゲーム制作という自身らの本職部分でイメージアップを図れて、
(元々畑違いの広報宣伝活動に注力するまでもなく、という意味です。
どこも任天堂みたいに莫大な宣伝費を使ってCMを垂れ流せるわけないんですからね。)
これもどちらかと言えば、満足する方でしょう。
さらに言えば、ゲーム業界全体にとってもプラスのはず。
「ゲーム機は娯楽の為だけにあらず、社会貢献も簡単にできる」ということであれば、
(PS3のタンパク質計算などもあてはまりますが、これは敷居が高い上に貢献の度合いを喧伝しづらいです。)
今までゲームに対して白眼視で見てきた人にも見方を変えることができ得る、
と、まさに良い事尽くめのように私は思うのです。

できれば震災時限定だけではなく、常時そういう形態が維持されるのを期待と希望をしております。

うーん、前日の記事にもコメントさして貰いましたが・・ (アドレスいるんですね)

こういうの全額寄付って元に掛かるお金が少ないからこそ出来る物と思ってます。
ソーシャルゲームなんか典型で、地震発生から1週間後にはチャリティアイテムが販売されてるわけで
その程度(というと失礼ですが)の物です。

ソーシャルゲームはさらにメリット付き、
これによって、ユーザにチャリティ意識しているアピールが出来ます。
チャリティアイテム販売は華やかですね。
意識して見ない限り分からない各ゲームメーカの寄付とか地味なこと、

そして、ソーシャルゲームの最大の課題、課金してないユーザに課金を体験して貰うことも狙えます。


さて、ゲーム屋ですが・・・

便乗商法とおっしゃりますが、商法どころか、これで販売数が伸びるなんて思えません
(買おうかな?と思ってた人を多少後押しするかもという程度かと
 そもそもDLCを利用しての支援はほんの一部しかないようですが・・)

おっしゃる通りこれは確かに売り上げの中にはロイヤリティは入ってるでしょう。
しかし、ゲーム機メーカも多大な金額を義援金として出しています。
両者が同意の上でやってるんでしょう。 あとは買う人次第で結構だと思います。

ゲーム屋は大半が直接義援金の寄付の形が多いようです。
金額の大小ではないのでしょうが、チャリティアイテム販売より圧倒的な金額を寄付してると思います。
しかも大半が自腹を切って。

実際の売り上げから義援金を出すのと、
お手軽にチャリティアイテム作って義援金を集めるのは大違いと思います。
ゲーム屋に霞食って生きろとは私はいえません。

なぜそこまでゲーム屋に敵対しているかちょいと疑問です。

失礼しました。

突っ込みたくなったので・・・。
プラットフォームというか、インフラはタダではないということ。
チャリティコンサートだからといって会場費がタダにならないのと同じ。

もちろんチャリティコンサートに行く人はそんなことは承知の上です。
更にチケット代以上のコスト(交通費等、DLCなら通信費に相当、
定額プランだと無料と錯覚しがちだけど)もかけます。

マイクロソフトは日本でのIE9の公開を延期しました。
その意図を汲めば、この時期にDLCでチャリティというのは考えモノということでは?

>KKK さん
そう!
SCEの素早い対応には感服しましたね!

それに引き換え、マイクロソフトと任天堂ときたら・・・・。
まあチャリティーアイテムの販売の有無だけで、論じるつもりはありませんが、常日頃の姿勢がよくあらわれているな、とため息。SCEJについていえば、大企業は自宅待機の状態になっているところが多いので、対応するとしても、時間がかかるでしょうね。


>いでおん! さん
僕もゲーム業界が積極的にチャリティーアイテムを販売するのは好ましいことだと思います。だからこそゲーム機メーカーには、通常DLCとチャリティーDLCの扱いを変えて欲しいですね。ロイヤリティーを通常と同様に設定するのはおかしいと思います。


>ino さん
僕はゲーム会社を批判しているのではなくて、ゲーム機メーカーの姿勢を批判しています。チャリティーアイテムからロイヤリティーを取るのはおかしくないか、という事です。

おっしゃるとおり、DLCの制作費はソーシャルゲームとコンシューマーゲームで大きく違います。制作費をかけたソフトや追加アイテムをチャリティーアイテムとしたサードパーティはすばらしいと思います。

しかしゲーム機メーカーは、既存の配信インフラで配信するだけですから、mixiあたりと比べて特別コストをかけているわけではありません。僕が批判しているのは、オンラインプラットフォームとして、一方ではmixiのようにロイヤリティーフリーにしているのに、もう一方ではロイヤリティーを徴収している事です。

>便乗商法とおっしゃりますが、商法どころか、これで販売数が伸びるなんて思えません
ゲームファンはチャリティーに興味が無い、という事でしょうか?
多少の効果はあると考えるのが自然です。

>ソーシャルゲームの最大の課題、課金してないユーザに課金を体験して貰うことも狙えます。
従来ゲーム機のDLCを購入していない人にとって、はじめて購入するきっかけになるという点では、ソーシャルゲームと同じような効果が期待できます。


>けい さん
もちろん、インフラは無料ではありません。
しかし通常「ロイヤリティー」はそこにプラットフォームホルダーの「利益」を載せているわけです。最低でも、その分は割り引けますよね? そうでないと、善意のユーザー、善意のサードパーティ、そこから利益をむさぼるゲーム機メーカーという構図になります。

コスト云々をいうなら、ソーシャルゲームでは「ロイヤリティー」を無料にしているのだから、できない理由がありません。企業体力の面でも、mixiあたりより、ずっと強大なのですから。

要は、どちらがより常識的な対応かということです。

「このDLCは被災地の人達のための募金です。しかしあなたがたの寄付のうち、3割(仮定)は○○○社の収益になります。」という状態と、「このDLCは被災地の人達のための募金です。全額、寄付となります」という状態、どちらがより好ましいですか? どちらがよりゲームとゲーム業界のイメージの向上につながりますか? 答えは明らかでしょう。

チャリティーアイテムから不必要な利益を徴収している構造は、改善されたほうがよいと思います。善意のユーザー、善意のサードパーティ、利益をむさぼるゲーム機メーカーという構図は醜悪です。

長らく、ゲーム機メーカーのロイヤリティー徴収が当たり前のものだったので、業界もサードパーティもゲーム機メーカーも、あたかもそれが「不変不可侵の税金」のように考えている、いわば感覚が麻痺しているだけです。DLCなのだから、ディスクやROMと同等の扱いにこだわる必要はありません。SNS屋さんは、新しい会社ばかりだから、正常な感覚で物事を判断できるのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。