Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感。

海外、海外、海外。
その目標設定が間違ってるとは思わないが、このバンダイナムコのラインナップはなんなんだろうな・・・・。いや、別に失敗してるのはバンナムに限らないんだけど、「一周遅れのゲームばっかり」というのは何とかならないんでしょうか。

バーンアウトをリッジレーサーという名前でリスペクトしてどうするんでしょうか・・・・。
リッジレーサー新作『Ridge Racer Unbounded』PS3/360で登場!

今時、「重力」売りなんですか。グラビティガンは偉大な発明だというのは同意しますが、それにしたって今2011年よ?
海外病で痛い目を見たはずのバンナムが懲りずに新作を投入

過去の七英雄にも言えるし、じつは日本の大手の海外向け大作の爆死パターンにも言えるんですが、5年前の洋ゲーみたいな雰囲気が・・・・。作ってるのは日本だったり、海外だったりしますが、一口に海外と言ってもですね、というかじつは海外ディベロッパーって「あのゲームのあのフィーチャーを俺も作りたいZEEEEEE」的な情熱を持っている人達が結構いて、企画をきちんと見抜いて精査しないと、周回遅れゲームを平然と作ってたりするわけです。

あのEAが、あのUBIが、あのアクティビジョンが仕事を出してる会社なんだから、大丈夫に違いないみたいな考え方では火傷するだけです。よくわかんないから、海外大手パブリッシャーが仕事を出している安心ディベロッパーで、海外でめっちゃ売れたゲームのフィーチャーを盛り込んだ安心企画でGO!したいのはわかるんですけど、そんなもの売れるわけないでしょう。

日本で同じ事やったらどうなるか。いや、そういう商売もありだとは思いますが、ええ、ありだとは思いますけど、少額をセコセコ張っていく場合であって、そういうところに数十億円突っ込んだらいけないのは自明でしょう。


3DSのローンチの不幸と名前の不幸
リッジレーサーはハードの性能を低くプレゼンするという快挙を成し遂げたよなあ・・・・。まあ3DSがグラフィック勝負するマシンでないのは確かなんだけど、不必要に低く見せる必要性は皆無なんだよね。

あと、3DSという名前はわかりやすくてよいのだけど、じつは失敗していて、3Dが飽きられてしまった時がきても、それでも「3D」のイメージをずっと引きずらなきゃいけない。そこまでの物なのかってのが1つの不幸。

3Dが前面に立ちすぎてしまって、すれちがい通信やいつの間に通信を含めて、ソーシャルな仕組みの側が「変化球」感を拭えないまま、浸透しそう。ゲームで利用できる機能としては浸透しても、任天堂の作り出すユニークなインフラという位置づけにはなりそうに見えない。


NGPはひさしぶりに良いプレゼンだったね
結局、近年にしては珍しく、SCEが良いプレゼンをしたという事かな。意外と、というと、失礼だけど、ゲーマーの期待値と評価が意外と高い。その評価の高さは、じつは平均的な業界人の予想よりも高かった、と思います。

そのためにとりあえず何かやってるって事は言っておいたほうがいいかも感が出てきてるんだよね。実際に何か具体的な形で進行しているかどうかはさておき。

で、このNGPの評価の高さというのは、モンハンが発売したばかりで、「携帯機といえばPSP」というイメージが一時的であるにせよ強くなっている時期に、PSPユーザーが望むまっとうな改良を施した、全部入りと言っていい、王道にして直球の携帯ゲーム機だったから、に他ならない。

3D表示は王道ではなく、奇策の類であって、ゲーマーにとって必須と感じられる機能ではない。それ以外では3DSとNGPにどれほどの差があるかといえば、ほとんど無いし、性能はNGPの方が上で、3Dネットワークも利用できるのだから、魅力がわかりやすい。

PS3、Xbox360、NGPのマルチ展開が期待できる時点で、ラインナップが揃う期待感は一定の水準で担保されたし、自宅と出先で同じようにシームレスにゲームを体験できるという「夢」が実現しそうなのも良い。(冷静に考えて、その「夢」が現実になった時に幸せになれるかどうかは不明だけど)


スポンサーサイト

コメント

流石バンナムだ、そこにシビれる!あこがれるゥ!
バンナムがズレていてもなんとも思わなくなったぜ。

個人的にはPSP2はSonyの事だから
性能は上げてくるんだろうけど、やらかしもあるんだろうなと
王道と言うには足りなくて、飛び道具は斜め上感がある様な物を想像していたら
期待以上に王道を行く物+一応地味に使えそうな飛び道具付き(背面タッチ)
と来たので
おおぉぉSony良くやった!っておもっちゃうんでしょうね・・・

現状NGPの前評判がいいのは、目指す未来、戦略が素人目で見てもわかりやすく、かつ共感できるからだと思います。戦略としてのPSSと3G回線の利用は可能性を感じるし、ウケやすいとも思います。とは言っても本体価格や回線利用料と支払方法をミスれば一気に冷める危険性もあるので楽観はしてません。
平井氏が期待を持たせる発言をされてますが、えてしてSCEはツメがあまいので。

逆に3DSのゲーマー向け戦略は不透明かな、と。E3の第一報の時点では「サードと手を取り合います」程度のメッセージでも十分だと思いますが、結局それ以降コレといったメッセージや戦略を感じません。(そういえばアルケミ社長がぶっちゃけた流通がらみの話は多少なりとマシになったのでしょうか)
お手手つないで♪、なんて誰でも歌えるわけで手をつなぐだけの理由と根拠が必要。
まあ今は仕込みの最中で本体が発売されたらどどんと色々な発表がされていくんでしょう。・・・たぶん。
カジュアルユーザーについてはどう考えているのでしょう?
本体は当面、DS後継機の知名度で引っ張るとしてもソフトが犬猫とレイトンくらい。もちろんマリオ、ポケモン、ぶつ森といったド定番で需要は跳ね上がるでしょうが、DS時代の脳トレユーザーのマイナスをどう補完するのか。
もちろんなにかしら作っているでしょう。ただ、ライバルがSCEだけならともかく今はスマホがあります。
3DSがスマホをガン無視する形で行く以上、早急に3DSワールドを構築しなければ成人カジュアルユーザーがどんどんスマホに流れていくのではないでしょうか。それにともないサードメーカーも・・・。
NGPが発売前にして数年先のビジョンを示した後だけに、少々のんびりしているような印象を受けます。

バンナムはまあ・・・バンナムですから。スクエニもかな?
>企画をきちんと見抜いて精査しないと、周回遅れゲームを平然と作ってたりするわけです。
稲船さんがカプコンをやめる時もそんなこと言ってましたね。ほっといたら勝手なことする、と。
文化が違えば考え方も違う。わかってしまえば当たり前の事ですが、内容の割に高い授業料でしたね。

フロントミッションエボルブなんかも酷かったですね。
日本のロボットアニメにアメリカ70年代SFを無理やり組み込んだ様なチグハグなデザイン。
国内メーカーと海外メーカーが手を組んで良作を生み出す難しさを象徴している感じでした。

自分としては、任天堂はライトを卒業したレベル以上のゲーマーはどうでもいいと思っているように見えます。
3DSはこの先流行るかもしれない3D表示をいち早く取り入れて、流行りものに敏感な層を掴むためのもので
NGPと違い、forゲーマーというコンセプトがあって作られたものではないのは明らか。
このままでは口先で繕ったWiiの二の轍を踏む可能性は存外高いと考えます。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。