Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に登場した役者、NGP。SCEの戦略が明確に!ゲーマーにとっての最良携帯機という朗報

やー、NGPがついに発表。
多くのゲーマーにとって予想以上のハイエンドなスペックが明らかになり、一瞬で3DSが過去のハードになってしまったような錯覚さえおぼえますね。

「PS3並み」をアピールすべく、各社がHDゲームの内容を短期間で移植したデモを実演し、ハイエンド据置ゲーム機を持ち歩けて、しかもそれが3D回線でネットワークに繋がる、という「コアゲーマーにとっての夢のゲーム機」が具現化しようとしています。

競合する任天堂は以前にくらべてゲーマーを意識しています。カジュアルユーザーとコアゲーマーの市場が分裂してしまった事で、国内のPSP市場の台頭や、Wiiの全世界的な低迷を招いてしまったからです。3DSではサードパーティとの連携強化をうたい、ローンチでもサードパーティ製タイトルを前面に出していました。

そこでSCEのとった戦略は極めて正しいと言えるでしょう。PSPやPS3はゲーマー層からの支持を集めたハードですから、まずそこはガッチリ取ることを印象づけ、業界関係者に「安心感」を与える。

カジュアルユーザーとコアゲーマーという二兎を、1つのハードで追いかけることはせず、NGPのコンセプトはあくまでゲーム機。その一方でPSS(PlayStation Suite)をAndroid端末に展開して、スマートフォンでゲームに触れるカジュアルユーザー層にも対応していく。

全世界に草の根開発者が増えているムーブメントにも、まずはPSSで対応。
PSSのデベロッパーになっていただく方々についても、なるべく間口を広げたいと考えています。トラディショナルなゲームデベロッパーさんとの関係も大切ですが、それだけでは間口が広がりません。場合によっては「ひとりデベロッパー」の方々でも参加できるような形にしないといけない、と考えています。なにしろAndroidのマーケットで戦おうとしているわけですから、「PS3と同じような環境で作って下さい」というアプローチはないんじゃないか、と考えています。広げる方向にやっていかなくては、と思っています。
iphoneによる「ゲーム開発の民主化」は素晴らしかったものの、従来のゲーム開発者が無数の草の根開発者と競争することになり、無料VS有料、1ドルゲームVS10ドルゲームのような、既存のゲーム会社にとって好ましくない展開も発生しました。

PSSとNGPの両展開によって、従来のビジネスをある程度守りつつ、新しいビジネス領域も作り出す。既存のゲーム会社にとっては既存の市場が守られるし、新しい領域でチャレンジする場所もきちんと提供されることになる。

価格やビジネスモデルについては未発表の事項もありますが、これからE3、東京ゲームショウとイベントが続くことを考えれば、随時発表されていくのは明らかです。

PlayStation 、獅子は笑顔で目覚めた・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第10回
互いに変数が多いハードです。ですが、今後、変数が埋まっていく速度はNGPのほうが早いと予測します。
(略)
そこで河野氏はきっぱりと「今は明言できないが、ビジネスモデルを変えていく」とおっしゃっていました。任天堂、ニンテンドー3DSが曖昧なのは、この部分です。「いつの間に通信」のために、無線LANアクセスポイントを増やしたら、設置した企業や店舗はどのような利益があるのか。したがって、どのような普及の道筋があるのか。ニンテンドー3DSの肝である、通信にかかわる部分が、発売を一ヶ月まえにしてぼやけていることに、一抹の不安を覚えます。

その点、NGPは変数を定数に変えていこうとする強い意志を感じます。
任天堂に対する不安感とSCEに対する期待感があらわれた、非常に良い比較記事です。

任天堂は新しい遊びを生み出す「発明家」ですが、新しいビジネスモデルを提案することには極めて消極的で、ファミコン時代からずっと、実験的な施策はおこなっても既存のビジネスモデルに傷を付けるようなプランは頑なに、神経質に否定してきました。一方、SCEは発明家としては決して優秀ではありませんが、「ビジネスマン」としての提案力と営業力は任天堂よりもはるかに高い。そうした構図は今なお、変わっていません。

参考:「遊びの革命児」と「営業・ビジネスの革命児」

おそらく序盤において3DSは3Dを売りにして、そして「いつの間に通信」等の新しい遊びで市場をリードするでしょう。しかしそれらが新しいビジネスを生み出すことは決して無く、開発費の高騰によるジリ貧化へと緩やかに向かっていくのでしょう。何故、新しい遊びが生まれて、ビジネスが生まれないのか? それができるならDSの時にできたからです。ニンテンドーゾーン? Wiiの間? 物珍しさはあったかもしれませんね、一種のジョークとして。

逆にNGPは新しいビジネスを生み出すでしょう。2,3年はかかるかもしれませんが。SCEはかつて一度それをやってのけたし、そこに成功体験があります。「外交」によって成功した企業と「外交」努力を評価してこなかった企業の、組織文化の埋めがたい差。

かつてSCEは多くのビジネスチャンスを生み出したから、ゲーム開発者が集まって「すべてのゲームがここに集まる」を成し遂げたのです。タイトルだけを引っ張ってくる強奪外交だけで、それを成し遂げたわけではありません。任天堂の最大の勘違いはその点にあります。モンハンを奪えばPS3を潰せるという考え方では、WiiはPS3を潰しきれませんでした。しかしかつて『FF』と『ドラクエ』を奪われたから負けたというルサンチマンは癒しがたいのかもしれませんね・・・・やれやれ。

携帯ゲーム機としての商売の安定感でいえば、現時点では3DSの方に若干軍配が上がるでしょう。あくまで現時点では。しかし時と共にそれは移ろいゆくでしょう。国内でいまPSPが盛り上がっているように。ワールドワイドにおいてWiiとHDゲーム2機種のソフト売上で、HDゲームが優勢になっているように。

「前半戦の任天堂、後半戦のSCE」という構図はおそらく今回も同じでしょう。ただし今回は、5年後の両者のシェアはもっと均衡するかもしれない。何故ならそのほうが、サードパーティ各社と全世界の草の根開発者にとって好ましい未来が期待されるからです。それら潜在的な期待感が具体的な形に結実するまで、多少の時間は掛かるはずです。

3DSがその時点までにどこまで圧勝してみせるか、NGPがその時点までにどれだけ持ちこたえるか。今度もまた、時間は任天堂の敵であり、SCEの味方なのでしょう。


スポンサーサイト

コメント

ゲーマー向けはPSP2、カジュアル向けは2月に発表の噂のあるxperia playでしょうか。
こういう展開は任天堂には無理かもしれないですね。
任天堂は少なくとも自社ファン狙いでゼルダ程度は出すだろうと思ったんですけど出してこなかったですね。
PSP2はアンチャといいみんゴルといい背面タッチなどの操作と画像は見てるだけでも凄かったと思います。
年末にMHP3Gが決定して小島さんもE3で何か発表するみたいですしやっぱり期待しちゃいます。
あとは値段ですけど・・なんとか3万までに抑えてほしいです。
3DSは奥行きが出来るらしいですが寒くて体験会行かなかったのでどういう感じなのかわかるようにCMでも流して欲しかった。
嵐がスゲースゲー言っても何が凄いのかわかんないですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

切り替わった構図

任天堂は発明家と書かれていますし、私もそう思ってますが
今回は珍しく逆転したかなという感じがします。
3DSは3Dゲームという新しい体験(ソフトが特にないけどPS3でも可能は可能ですが)
を提供してはいますが、それでゲームプレイが変わるとは思えない。
コレがホログラムで横から見ると見える物が違うとか上下左右から覗き込むと普通に見るのとは違った視覚情報が得られるなら話は違うでしょうけど。
要は3DSの3Dなんてグラフィック強化でしかないですよね。
逆にNGPの方が背面タッチでボタンから指を外さずタッチ操作が可能であり、通常操作とタッチ操作の融合した遊びが考えられ、今までと一つ違った遊び方が出来そうな期待感がありますね。まぁ3Gは全部につくのかオプションなのかで話が変わってきそうなので何とも言えない感じもしますが・・・
DSとPSPの発表時はDSの方がわくわく感や期待度が強かったけど、今回はNGPの方がわくわくする感じです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

売れてないからこそ冒険できた?

考えてみるに、欧米では死んでいると言っても過言ではないPSPだからこそ、売れるために冒険してきたし、大胆にメディアも変更できた。
その意味では失敗は成功のもと、なんですよね。
つまりはソニーにも任天堂にも頑張って「覇者は存在しない」でいただきたい、と考えるのが真のゲームファンではないか?というご意見かと推察いたしました。わはは。

コメントをどうぞ
 今回の発表を見てがっかりしたというのが正直なところです、CPUにARMを使ってくるとは ipod ipad と戦っていったら負けるのが眼に見えている正常進化と喜んでいられない。
 フェースブックのジンガなどのマフィアウォーズ(怪盗ロワイアルのパクリ元)などのソーシャルゲームと発表のとおりガチで戦っていくとしたら不安しか頭に浮かんでこない。
 今までのように市場の一極集中しているとんでもなく安定している状態(三国志のどの国が勝ってもいいですけど)を望んでいる身としては辛いですね、この多極化の流れは食い止められそうにないのがイラダダシい。
 ipadの原価予想表とかを見ているとGNPの値段もいくらで登場するのかハラハラしますね逆ざやで頑張るにしても限界があるでしょうし、まあ物理キーを持たないipod何かと比べると世界的な市場でのスケールメリットを活かせる物と戦うのですから辛いのは当たり前ですけど。

NGPに関しては、開発者の方々が口を揃えて「非常に開発し易いハード」
と評していたのが印象的でした。
ソニー製ハードというと、毎回開発者の方々を泣かせている、という
イメージがあったので、そういう意味では今回のNGPは多方面の声を真摯に
聞いて作り上げてきたな、という印象です。
右アナログスティックも、ユーザーからの要望がとても多かったものですし。
PS3との連動も含めて、どんなゲームが出てくるのか、本当にわくわく
するハードだな、と今から年末が楽しみですね。
27日はあえてサードの開発中タイトルは明らかにしなかった様な印象が
あったんですが、価格も含めて一体どんなタイミングでサードのタイトルを
明らかにするのか、その辺りのSCEの作戦もちょっと楽しみです。

3DSはブランドの力である程度戦えるでしょう。
しかし…今回ばかりは状況が違いすぎます。
それはPSPがまだ現役であるということ。
勢いが完全に落ちたDSとは違って、まだまだ勢いが落ちていないし、なによりNGPがUMD互換を持たないことにより、世代交代がPS2PS3のようにかなり緩やかになるということ。
つまりゲーマー層がPSPから移ることはかなり少ないと予想されます。それにNGPにはもう既にモンハンが出ますからね(DL版だけですが)。
ちなみにスマートフォンとかiphoneとかは一部がNGPにもつんじゃないでしょうかね。3G回線を持っているわけですし。

俺的には正直なところ3DSに全く価値を見出せません。
3Dはなくてもどっちでもいい機能。タッチパネルは可能性を多く感じる。
性能はいうまでもなく、開発はPS3技術をそのまま使用できるので問題なし。
3DSは短く見ても来年までとしか…。

すみません、
>タッチパネルはNGPの方が可能性を多く感じる。
でした。

個人的にはPlayStation Suiteも興味深かったですね。
リーク情報は「ソニーエリクソンがPS互換のスマートフォンPS Phoneを出す」だったので、ソニエリ単体でiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォン勢と対抗すると想像していました。またPSアーカイブスが携帯電話で遊べるだけの過去資産利用と思っていたので、MSのWindowsPhone同様に「始まる前から失敗が確定した事業」としか見ていませんでした。
それが、まさかAndroid端末に溶け込んだ仮想プラットフォーム環境の提供だったとは。ソニエリが発売するPS PhoneはPSSに最適化した形状(ゲームを主目的とした初のスマートフォン)というだけで、PSSは全Android携帯で利用可能、かつ○×△□ボタンなどのライセンス貸し出し可能、PSS用アプリ開発環境の提供という、ゲーム機メーカーであるSCEのソーシャルゲームへの挑戦でしょう。今後はAndroid携帯だけでなく、全Android端末を狙っていくでしょうし。
ソーシャルゲーム市場を敵とするのではなく、新ソーシャル市場を立ち上げる、既に存在するAndroid市場に溶け込みさらに新ビジネスを構築しようとしてる。
成功するかは分かりませんが、PSで流通革命を起こし、PS2でネットワークの夢を語った(時期尚早でしたが)時のSCEの雰囲気を感じました。
しかも、このPSSはNGPとの連携は発表済みで、PS3とも確実に連動してくるでしょうし、もしかするとPSPでも利用できるかも?ゲームプレイに最適化されたPSWの端末を利用したソーシャルゲーム市場が一気に立ち上がる可能性もある。
完全に興味の範疇外だったPS Phone(というかPSS)が私の中で一気に関心の中心になりました。

自分的には3DS vs NGPという構図は正直どうでも良い感じですね。
ハード戦争なんて忘れて冷静な目で見ればどう考えてもNGPの方が魅力的なハードですよ。
単純な縦の性能でもそうですけど、今回はタッチパネルやジャイロ、オンライン機能等携帯ゲーム機であったらよさゲな物が全て完備されています。
3DSもそれなりに多機能ですが、やはり現状のDSソフトとPSPのソフトの質に大きな開きがある様に最終的には単純な3D性能の差が命運を分けそうですね。
3DSでPS2レベル以上のゲームが出てくる絵って中々想像できませんよ。所詮はDSの3D機能をちょっと強化したレベルですもん。
それと比較するとNGPは現在のPSPソフトのグラフィクを見る限りPS2レベルが最低基準になるのが容易に予想できますね。
開発も簡単らしいですから開発リソースでゲームを作った場合は明らかにNGPの方が豪華なゲームが作れてしまいますもん。
MHPがDSじゃ出せなかったみたいにNGPじゃないと出せない様なゲームが多く出るでしょうね。

それと忘れちゃいけないのが携帯機の性能が底上げされる事によって携帯ゲームがやたら強いという日本の歪なゲーム業界がある程度改善されるんじゃないか?という点です。
勿論、NGPが出れば据置機が売れるという訳では無いですが、据置と携帯ハードの性能が近くなればそれだけゲームの質も近くなります。
近年は携帯ゲームを中心に遊んでるユーザーと、据置機を中心に遊んでるゲーマーの間で一種のゲーム文化的な隔たりがあったと思うのですが、今後はこれが無くなっていくんじゃないでしょうか?
双方のユーザーのが求めるゲームの質が高められる事によって、携帯機だからこのレベルでいいやみたいなゲーム作りが許されなくなる。
それによって日本のゲーム業界全体の底上げが・・・

まあこの辺は負の側面を全部無視した希望みたいなもんですけどw

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。