Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃度の高い国内向けコンテンツを、濃度の高い日本人ユーザーに投入していく戦略

イメージエポック、ゲームパブリッシャー事業に参入
PSP「最後の約束の物語」、「ブラック★ロックシューター THE GAME」など新作を多数公開

噂通りイメージエポックがパブリッシャー事業に参入しました。
おそらく、上場をめざしていると予想されているレベルファイブ同様、同社も上場をめざしていくのでしょう。

メガヒット級のタイトルを抱えるレベルファイブと違い、イメージエポックは濃度の高い中堅RPGを多数制作してきたスタジオだけあり、戦略も大きく異なっています。発表会でSCEJの河野弘氏が登壇した事から伺えるとおり、濃度の高い国内向けコンテンツを、濃度の高い日本人ユーザーに投入していく戦略。
  • PSPで2タイトル、『最後の約束の物語』『ブラック★ロックシューター THE GAME』を発表。
  • また次世代型ブラウザゲームとして、PS3、PC、スマートフォンで『シュバリエ・サーガ・タクティクス』を発表。ネットワーク部分はイメージエポックの経験値が少ない分野ですが、なんとNHN Japanと組む戦略。
  • ニコアプリで『ぷちっと★ロックシューター』も投入。
  • 2011年以降、発表されるタイトルとして、TYPE-MOONとの完全新作、「ARK」「MARS」「REMS」の4タイトルの存在も明かされました。
全体として、PSフォーマットへの展開が目立った事と、他社と協力してオンライン分野にも乗り出しつつあることの2点が印象的です。

濃度の高いコンテンツを求めるユーザー層がPSフォーマットに集まってきている現状を正しく反映しています。またソロゲームの代表格だったJRPGも、「ソーシャル要素」やオンライン要素の導入が不可欠になりつつあるという判断も見えますね。


無論3DS向けに0本という事はさすがに考えられません(ARKあたりは怪しい)が、開発会社としてのイメージエポックは任天堂ハードでの実績が多かっただけに、意外に感じる人もいるかもしれませんね。

M☆G☆M+etc...
ちょっと意外だったのが任天堂ハードの新作が見当たらない事。
少し前のイメージエポックは任天堂ハードを中心に活動していましたからね。

何故こうなったか?
濃度の高い国内向けコンテンツを、濃度の高い日本人ユーザーに投入していくなら、PSフォーマット以外の選択肢がほとんど無い、という事です。Wiiは実質死んでいるし、次世代Wiiも不透明で、3DSはDSに似た性質のマーケットになる恐れも。

PSフォーマット以外を見渡すと、かつてのMMORPGのかわりとして、ブラウザゲームも。スマートフォンはガラケーと違い、ゲーマーからも”許されたハード”。ゲーマー系ブログでもたまにiphone等のゲームを紹介している所なども見かけますね。

国内では3DSのマーケットの「性質」が不透明な点がネック。
DSを基準に考えると、濃度の高いコンテンツは意外と苦戦する恐れもあります。開発費が高騰するだけに、慎重な判断が求められそうです。

発売されたら、結局「任天堂無双」で、DS市場のサブセットなんでしょ、というリスクは誰でも考えるでしょうからね。今の所そうならない保証は無いし、任天堂側の施策も未発表です(いっしょにスタートを切るというような抽象的で、無策でも言い逃れられるような公式発言のみ。アルケミスト社長からも突っ込まれてましたね)。

逆に、任天堂が本当にゲーマーを取り込むつもりなら、このクラスの会社が喜んでソフトを投入していく市場環境を作れなきゃ、お話にはならないんですが。ファルコムの地味な努力が結実したPSPと、大手の有名タイトルを強奪することに夢中になって新しい芽を育てられなかったWiiとの違い、というかね。ま、期待してません。某強奪タイトルを自慢げに振りかざすつもりなのは、すでに聞こえてきてますし。


スポンサーサイト

コメント

大手メーカーの多くが「普及台数」に振り回されていた中、中小メーカークラスは堅実にマーケットを見極めていた所が多かったように思います。
自分達が得意とする物、自分達についている顧客層、それらがきちんとわかっているから、どこかみたいなトチ狂った迷走をすることもなかったのでしょう。それに大手と違い、一度の失敗が致命傷になる事だってあるでしょうから、なおさらプラットフォーム選択には慎重だったと思います。どんなに評価が良いゲームを作ろうとプラットフォームをミスれば売れませんから。中小ゆえの小回りの良さも効いていたかも。
世間ではどうしても大手メーカーの動向の方がクローズアップされますが、中小メーカーがどこに集まろうとしているか、を見てみる方が、プラットフォームの勢いとかを実感できます。

今回の発表会について、河野氏がゲストで登壇することはあらかじめわかっていたのでPS系が多くなるとは思っていましたが、なんともまあ見事に、といった印象。DSは懐古層が中心ゆえ、「新しいチャレンジ」に対して冷淡な所があります。無難かつ当然かと。

やっぱり僕はRPGが一番好きで、このジャンルが衰退したらゲームを卒業せざるを得なくなってしまいます。
僕の手持ちのソフトを見てみると、新納一哉氏が関わっているソフトは全部持ってたりします。(世界樹で名前を知り、セブンスドラゴンでこの人についていこうと決めました。現在クリミナルガールズで萌え萌え中w)
そんなわけでイメージエポックのソフトの大半をプレイしているので、着実に成長されているのは感じます。
がんばれイメージエポック!

>某強奪タイトルを自慢げに振りかざすつもりなのは、すでに聞こえてきてますし
・・・あー・・・そーなんですか・・・。・・・はぁ・・・。・・・大丈夫かな・・・いろいろ。

> 唯一 さん
まあDSは、サイクルの後半では、保守的なマーケットになってしまいましたね。その辺は3DSも同様でしょう。

とはいえ、3DSを無視するのは、来期、来々期ではあり得ないので、前半においてはタイトルは集まってくるでしょう。秋のカンファレンスで業界向けに失望宣伝したおかげで、E3での発表当初のオーラはすでに見る影もありません。が、「DSの後継機」というポジションは伊達ではない。

PS3が伸びてきたけれども、ここにきて、SCE自身が自社タイトルをさほど予算回せていない(『GT5』『トリコ』の2本は別格として)のが痛いですね。ブーストが弱い。ま、国内向けはどのみち、大きな弾は残ってませんが。

PS3はもっとオンラインゲームに強いプラットフォームになると良いんですけど、ちと誘致活動が弱いのが残念。Xbox360は他のネットワークサービスに対する閉鎖主義が強いので、外交的には競合がいなくて、有利な分野なんですが。


>>某強奪タイトルを自慢げに振りかざすつもりなのは、すでに聞こえてきてますし
>・・・あー・・・そーなんですか・・・。・・・はぁ・・・。・・・大丈夫かな・・・いろいろ。
まー、任天堂としては、PSP次世代機の情報が本格的に露出される前に、「終わコン」化したいのかな、と考えると、来年早々に発表したいんじゃないかな。

「年末最大の弾」は来年も売れ続けるはずで、発表自体で悪影響がないといいんだけどね、という懸念もありますが。いや、任天堂としては、悪影響があった方が万々歳なんだろうけど。

マーケットを拡大するという建前と、競合機をぶっつぶせれば後の事は何にも知らんという本音が乖離しているのは、何も任天堂に限りませんし、どこのハードメーカーも似たり寄ったりですが、2005年以降、ハードメーカー同士の競争がマーケットを拡大する方向に作用していない、むしろソフトメーカー各社の戦略を混乱させる方向に作用し、結果としてマーケットを分散してしまった、という事実は記憶にとどめたいところです。

コンシューマーゲーム業界の混乱は、結果として、スマートフォンやソーシャルゲームの台頭を促進していますし。短期的な戦略はあれども、中長期的には意外と見えてない、というのが資金力と余裕があるはずのハードメーカーの実態ですね。

>某強奪タイトルを自慢げに振りかざすつもりなのは、すでに聞こえてきてますし
どんな判断だ 金をドブに捨てる気か

>名無し さん
> どんな判断だ 金をドブに捨てる気か
ユーザーが望まないハードに展開して、シリーズを衰退させてしまったバイオハザードの先例が頭をよぎりますが、まあ懲りない会社は懲りないって事ですかね。。。

バンダイナムコのテイルズの展開の仕方も、ユーザー視点ではありえませんでしたからね。。。。さすがに少しは懲りたようですが(苦笑 まー、SCEが頼りなさすぎるので、3DSに半信半疑でも、タイトルを出さざるを得ない、って会社もあるんでしょうが、開発費も高騰してますし、もうちょっと真面目に考えてほしいものです。


今年、特に感じることですが、大手企業の中には、お金をドブに捨ててる所が確かにありますよね。きちんと広報費かけないと売れないのに、けちって巨額の開発費を無駄にするとか。そこまで予算割けないのだとすると、単純にタイトル数が多すぎるんでしょう。タイトルの選別をきっちりやっていく他ない。

ただ、絞り込んじゃうと、プロジェクトを引っ張ったり回す人数が減って、人が育たなくなる恐れもある。だからまあ、ピラミッドを作って、ソーシャルやダウンロードの低予算、携帯機の中予算、据置機の大予算で、若い人には低予算のレイヤーからのぼっていってもらう仕組みを作るとかね。

ただ、これも理想論ではあって、予算をかけすぎる事が時として、成功につながることもあるので、杓子定規に当てはめられる事ではないんですが。そこは社内でのイチオシ枠を作るとか、まあ、仕組みを改善していくほかないんでしょうね。

近年コンシューマーゲーム業界が不調な最大の理由は、ハードメーカー、大手、中堅において、組織と市場環境が不適合を起こしているためです。当たる/当たらないは個人の才能にもよるし、運もあるし、極めて属人的ですが、経営とか組織作りってのは、その打率をどう統御するかという話であり、バクチをどう打つかという話にすぎません。

ただ、あまりにも、属人性の神話がまかり通ってしまった。
一方で、反動的に、組織化を進める動きも、経営レイヤーから圧力としてあったわけですが、上手くいってない。大手であれば、なんだかんだでコンサル入れて色々とやってるわけですが、駄目な話ばっかりですね。業務改善なんて、二の次なわけだけど、目先の事をやった方がアピールしやすいから、そういう話ばかりが進んで、間接コストが上がっちゃう。で、挙げ句の果てがリストラでしょ。


大きな話ができる中堅~上層部が減ってしまった。
でも会社は大きいから、お金は実は余ってる。そう、恐ろしい事にお金は余ってるんですよ。本質的な問題は、お金の使い道が無いのです。

お金があるからといって、どぶに捨ててよいはずがない。だから巨額の失敗があれば、責任を取らなければならないし、1つの案件自体が巨額になると決算への影響が大きくなりすぎる。そうなると、100本あって、それぞれ数千万~数億円の掛け金だった時代とは、同じやり方はできない。リスク回避の思考が強くなってしまう。

一方で、数十億円という額は1つの事業領域をじゅうぶん開拓できる金額です。にもかかわらず、モバゲーやグリーあたりの急成長を指をくわえてみているほかない。おかしな事が起きているわけですよ(苦笑

お金の使い道が無いというのはそういうこと。

で、従来のビジネスに大金を突っ込んだ挙げ句、やっぱり途中で怖くなって、張り方が半端になって、ドブに捨てるという。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まー、業界でも業界の外でもあまり3DSに関するポジティブな評価は聞こえてきませんねえ
「どうせ売れるんだろうけどさ…」みたいな。

ある雑誌のヒット予測番付でも10位にも入れない位置でひっそりとのってますが内容は「任天堂ソフトしか売れない」「3DSは迫力があるが…」

逆に上位はソーシャルやスマートフォン関連のものがズラリ
勝負あったな、と。
その雑誌は数年前にWiiはトップに近い位置にあった事を考えると、余計に世間の関心を失っている事が如実にわかるというものです

>モバゲーやグリーあたりの急成長を指をくわえてみているほかない。おかしな事が起きているわけですよ(苦笑

まー、3DSの「設計アーキテクチャの古さ」をみてるとさもありなんですねえ
所詮、「DSが3Dになって高性能になった。後は通信機能を少し強化」でしかなく、今の任天堂の抱えてる問題に気付いてないのか、「気付かないふりをしている」のか知れませんが、裸眼3Dの目新しさに慣れたらせいぜいいつものマリオポケモンなど一部大物タイトルに頼りきるいつもの任天堂スタイルになってDSブームで一時的にせよ払拭できた「古臭い。子供向け」のイメージの再来になってしまうのではないかと

それこそスマートフォン化するPSPのほうがマシじゃないかな。割と真面目に
アンドロイドでどこまで差別化できるのかって言う問題もありますけど、モンハン大ヒットでわかるようにPSPのブランドはゲーマー層には絶大なものがありますし、ソフトウェアでオープン化しているのは逆に何が出てくるかわからないワクワク感はありますね。

こんな事言うと一部の宗教の方からは「スマートフォンなんて関係ない。売れる訳が無い。任天堂は昔からそっちには行かない」の大合唱が聞こえてきそうですが(苦笑
まー、一言で言って「現実を見よ」と。
任天堂の御宣託がどうあれ、それは任天堂と一部の信者にしか影響力はありません
(それにそういうのなら、それこそアップルの方が今や力があります)

実際にPS2はDVDが再生できる機能がヒットしました
日本のPS3のトルネの大ヒット、北米市場でDSのシェアを猛烈な勢いで奪っているipod touchを見ればわかるように、消費者、それもゲーマーすら「ゲーム専用機」に拘る人なんて一部にしかいません

任天堂もそれがわかってるから音楽再生機能とかお天気(笑)とかつけてるんでしょうが(苦笑
失敗しているのは言うまでもありませんし、3DSにも同様の理由で期待できません
精々最初は3Dカメラのもの珍しさがアピールする程度ですかねえ。
それで、それを使った任天堂ソフトが1つヒットして終わり。
みたいな一過性のものになりそう…

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。