Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、戻れない選択肢を選んだね。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7』


恋愛編突入。
というだけあって、割と重めになった巻。3巻以降、引きの部分を重視しているこのシリーズ、前巻6巻の引きも十分気になる内容だった。

最初は前巻から予想のつきやすい展開から始まるが、無論ただのネタで終わらせることはないのがこの作品。予想以上に重い展開へとつながっていく。桐乃派、黒猫派、どちらも色々と悶えるのは間違いない。

こういう展開になる可能性はあったが、本当にこうするとはな・・・・と感じたのも事実。これ以上は内容に触れないが、大きな展開があった。


桐乃が大好きなエロゲーではないが、選ばれなかった選択肢はどれだけ可能性があったとしても起こらないのだし、選ばれなかったルートには決して入れない。例えば4巻に付けたアンケート葉書で5巻の内容を(どちらのルートにするか)決めたように、6巻においてあのダンボール箱の中のアルバムを見せてもらえなかった事に象徴されるように。
 人生ってのは、セーブデータの1つしかないエロゲーに似ている。
 一度決めた選択肢は、遡ってやり直すことはできないらしい。
作劇上の演出かもしれないし、作家と編集の間では実際に検討されたルートが存在するのかもしれない。

ゼロ年代のライトノベルやノベルゲームにはしばしば、描かれなかった物語が存在することを仄めかされる場合がある。西尾維新の戯れ言シリーズはそうした仄めかしの塊だし、『ひぐらし』『うみねこ』もメタ的な視点が前提になっているし、この『俺の妹』シリーズも例外ではない。

メタフィクションという手法は本質的に、読者を白けさせる危険性をはらんでいるが、ゼロ年代においては奇妙なことに、そうしたメタな構造を仄めかした作品にむしろ独特のリアリティを感じる。それは読者と作品のあり方が単にその2者だけで完結しなくなったという事。送り手と読者の関係が、メディアミックスやネットを含めた総体的なコミュニケーションになったのだろう。

それはつまり、作品をリアルタイムに体験することの価値が上がったのだ。そういう手法のほうが商売の上で都合が良いのだろうし、送り手の都合でもあり、同時にユーザーが望んだことでもあるのだろう。

5年後、10年後にはじめてこの作品を読んだ人は、おそらくここまで面白くは読めない。しかし古びない良さを追求することだけが正しいわけではないし、そもそもライトノベルというジャンルは世俗的なものであってよいのだろう。

アニメも始まって話題を集めているし、たかが7冊なら追いつくのもそう大変ではない。読んでみると、意外とシリアスと感じるかもしれないが、リーダビリティは高い。読み始めるなら今だろう。あとで読むという態度はちょっともったいない。

スポンサーサイト

コメント

自分も同意見です

初めまして、自分も同じように感じてます
桐乃が海外留学する話を読者のアンケートで決めたと知って、この作品は作者が最初から考えていたことを描いていくのではなく読者の意見も取り入れて作っていくまったく新しいタイプの作品ではないかと考えていました。
勝手な憶測ですが、桐乃が実の妹である以上京介が他の女性とくっつくというこは必然だと思います
では、それを誰にするかということで人気1位の黒猫が選ばれたのではと思っています
つまり決まる前までは沙織やあやせも候補に入っていたのかもしれません

まぁあの書き方ではすんなり黒猫とくっつくようには思えないんですけどね
ただうがった見方をすれば、人気1位を取ったのだから妹との関係になんらかの結論を出すのに黒猫が利用されているのは間違いないかと思っています

>KYK さん
ラノベ板のバレスレがすごい伸びですねw

ラノベ界においては、マリみての「レイニー止め」に匹敵する、やきもき感なのは間違いなさそうです。
今このやきもき感を体験しないのは嘘!リアルタイムに参加した方がいいのは確かですね。

> まぁあの書き方ではすんなり黒猫とくっつくようには思えないんですけどね
そうですね。
そういえば、黒猫の妹がアニメで描かれるらしいのですが、ねこシスの彼女達そっくりかどうかも含めて気になりますね。

ショックです

はじめまして、murasameと申します。
自分はアニメからこの作品に入ったクチなのですが、
アンケートによって今後の展開を決める、という事実があったことに、強いショックを受けました。

有り体に言えば、読者の意向で作品の展開が決まる、ということを、自分は受け入れられずにいます。
小説とは、作者の「俺はこういう作品を書きたいんだ!」という想いが結実したもの、という感覚が強くあったので・・・。

現実として、読者アンケートやネットの評判で、今後の展開を決めるということは勿論あるでしょう。
けどそれは、作者の脳内であったり、編集者との相談などの「密室」でやっていて欲しかったです。
小説の世界に没入したいのに、こういった「舞台裏」を見せられるのはアンフェアだと思います。

自分は桐乃派ですが、例え黒猫派でも、同じ感想を抱いたと思います。
どんな展開にするにしろ、製作者側が、いちいち読者にお伺いを立てた上で作品作りをしているとしたら、
正直興ざめです。

こういう感覚って、古い考え方なのでしょうか?

MURASAMEさんへ

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は、作者、編集者に加え、ニュースサイト、さらには読者からのフィードバックを受けて作られていくという新しい試みの循環で、ここまで盛り上がってアニメ化されるまでこぎつけた作品です。
そういう試みを行う作品もあっても良いのではないのでしょうか?

>小説とは、作者の「俺はこういう作品を書きたいんだ!」という想いが
>結実したもの、という感覚が強くあったので・・・。
少なくとも商業出版される小説において、書きたい作品だけを書いて出版してもらえる人は本当に希少です。
さらに、最初は書きたい作品だったとしても当たったからという理由で続編を執筆し続けるうちに、そうでなくなる例も多々あります。
書きたい作品を出版できない状況から抜け出すために、そうでない作品を書いて努力して売れた後、その実績をもって押し通して書きたい作品を出版したら、独りよがりでおもしろくないと読者にフルボッコにされた方さえ居ます。

作者の思い入れと作品のクオリティは、必ずしも比例するわけではありません。
私の経験や実際に見聞した事実から考えると、無関係なのではないかとさえ思えます。
オ◯ニーしたいなら同人でやれという言葉も、冗談ではありません。
実際に書きたい作品を書くために、プロでも同人活動を行っている方が多数居らっしゃいます。

以上、参考になりましたら幸いです。

筒井康隆氏が約20年前に朝日新聞朝刊で連載していた「朝のガスパール」が思い起こされます。ご存じの方も少なくないでしょうが、記憶を掘り起こすために説明すると……

新聞連載という掲載スパンの短さを活用し、読者からの投書だけでなく当時使われ始めたパソコン通信のBBSに書かれた反応も取り込みながら、物語の展開、進行に積極的に読者を取り込んでいました。読者がBBSで使ったハンドルネームも含めて作中にレスポンスが引用され、著者の代理キャラがズバズバと読者意見に対して批評し、時には酷評して全国的に晒し上げながら毎日連載が続いていくメタフィクションぶりがエキサイティングでした。
BBSで荒らしが発生する有様も観察、引用されて、ネット社会で発生する事象を先取りしていましたね。
正にリアルタイムで、読者参加の祭り感覚を体験する面白さが際立っていた作品といえます。日本SF大賞受賞作。SF畑の人たちの評価はさすがというか柔軟です。

俺妹のツイッターでの読者批評返しの例を見ても、リアルタイムで読んでいくとさらに面白くなる参加型の仕掛けが用意されているのであれば、参加してみるのもいいものです。
ただの読書に飽き足らない書痴にはたまらない遊びですよ。
(「まおゆう」書籍化発売日発表はまだか~)

作家だって結末を決めて書かない人もいます。三題噺のように、ランダムなキーワードから物語を紡ぐやり方もあります。
どんな風にでも物語を転がしていける達者な語り部は、プロだねぇ……と頼もしく思えませんかね。
読者の意見などお構いなしの作風に見える硬派な作家が、実は読者からのフィードバックにとても敏感だったのをインタビューで知る例など珍しくもありません。

ゲームでもプレイヤーからのフィードバックを重要視したソーシャルゲームが注目されているのは、こちらでも取りあげられている通り。コンソールゲームでも、前作の不満な点を改良した続編が的確なタイミングで出たとき、プレイヤーの好意的な意見と共に良好な売上実績を残せていると思いますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。